zuknow learn together

新しい教材を作成

●MEC(消化器01)

カード 98枚 作成者: k_ono (作成日: 2015/02/05)

  • 消化管は、(   )とつながる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

<CHECK>問題を中心に。 

✅構造と機能 

<参考文献>
病気がみえる 

医学/医療/国試/医師/臓器/CBT

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    消化管は、(   )とつながる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃→十二指腸→空腸→回腸
    • 誤答選択肢 胃→十二指腸→回腸→空腸
    • 横行結腸→下行結腸→直腸→S状結腸
    • 下行結腸→横行結腸→上行結腸→S状結腸

    解説

  • 2

    上行結腸は、(  動脈)で栄養される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上腸間膜動脈
    • 誤答選択肢 下腸間膜動脈
    • 内腸骨動脈

    解説

  • 3

    S状結腸は、(  動脈)に栄養される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下腸間膜動脈
    • 誤答選択肢 上腸間膜動脈
    • 内腸骨動脈

    解説

  • 4

    直腸の下2/3は、(  動脈)に栄養される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内腸骨動脈
    • 誤答選択肢 下腸間膜動脈
    • 上腸間膜動脈

    解説

  • 5

    小腸は、(  動脈)に栄養される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上腸間膜動脈
    • 誤答選択肢 下腸間膜動脈
    • 内腸骨動脈

    解説

  • 6

    小腸から大腸への移行部を(   )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回盲部
    • 誤答選択肢 Vater乳頭
    • Griffith点
    • Sudeck点

    解説

  • 7

    (   )は、後腹膜臓器である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膵臓
    • 誤答選択肢
    • 横行結腸
    • 脾臓
    • 小腸

    解説

  • 8

    (   )は、腹腔臓器である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓
    • 誤答選択肢 腎臓
    • 上行結腸
    • 膵臓
    • 尿管

    解説

  • 9

    食道に(   )はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漿膜
    • 誤答選択肢 粘膜層
    • 粘膜下層
    • 固有筋層
    • Meissner粘膜下神経叢

    解説

  • 10

    (   )に漿膜はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食道
    • 誤答選択肢
    • 小腸
    • 大腸

    解説

  • 11

    鉄は、(   )で吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十二指腸〜空腸上部
    • 誤答選択肢
    • 大腸
    • 回腸末端
    • 食道

    解説

  • 12

    (   )は、重層扁平上皮である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食道
    • 誤答選択肢
    • 小腸
    • 大腸

    解説

  • 13

    (   )は、円柱上皮ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食道
    • 誤答選択肢
    • 小腸
    • 大腸

    解説

  • 14

    消化管は、(  筋)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不随意筋
    • 誤答選択肢 随意筋

    解説

  • 15

    消化管は、(  筋)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平滑筋
    • 誤答選択肢 横紋筋
    • 骨格筋

    解説

  • 16

    消化管は、(  運動)により食物を送り進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蠕動運動
    • 誤答選択肢 分節運動
    • 振子運動

    解説

    分節運動:混和,攪拌

  • 17

    副交感刺激によって消化管運動が(   )される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亢進
    • 誤答選択肢 抑制

    解説

  • 18

    アセチルコリンは、(  神経系)の神経伝達物質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副交感神経系
    • 誤答選択肢 交感神経系

    解説

  • 19

    交感神経刺激によって消化管運動は、(   )される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制
    • 誤答選択肢 亢進

    解説

  • 20

    (   )は、交感神経系の神経伝達物質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルアドレナリン
    • 誤答選択肢 アセチルコリン

    解説

  • 21

    有機リン中毒では、有機リンが(   )を抑制(阻害)する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリンエステラーゼ
    • 誤答選択肢 アセチルコリン
    • ノルアドレナリン
    • アセチルコリン受容体

    解説

  • 22

    副交感神経刺激が過度に亢進すると、(   )を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹痛,下痢
    • 誤答選択肢 腹痛,便秘

    解説

  • 23

    肝臓は、(   )個の区域に分かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 8
    • 誤答選択肢 10
    • 4
    • 12
    • 6

    解説

  • 24

    肝臓について、 S8は、(  区域)にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前区域
    • 誤答選択肢 後区域
    • 外側区域
    • 内側区域

    解説

  • 25

    肝臓について、 S6は、(  区域)にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後区域
    • 誤答選択肢 前区域
    • 外側区域
    • 内側区域

    解説

  • 26

    肝臓について、 S1は、(  区域)にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内側区域
    • 誤答選択肢 外側区域
    • 前区域
    • 後区域

    解説

  • 27

    肝臓について、 S2は、(  区域)にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外側区域
    • 誤答選択肢 内側区域
    • 前区域
    • 後区域

    解説

  • 28

    肝臓について、 (   )は、前区域にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S5,S8
    • 誤答選択肢 S1,S4
    • S2,S3
    • S6,S7

    解説

  • 29

    肝臓について、 (   )は、後区域にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S6,S7
    • 誤答選択肢 S1,S4
    • S2,S3
    • S5,S8

    解説

  • 30

    肝臓について、 (   )は、外側区域にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S2,S3
    • 誤答選択肢 S1,S4
    • S5,S8
    • S6,S7

    解説

  • 31

    肝臓について、 (   )は、内側区域にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S1,S4
    • 誤答選択肢 S2,S3
    • S5,S8
    • S6,S7

    解説

  • 32

    肝臓の機能的分類では、(   )により右葉と左葉に分かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カントリー線
    • 誤答選択肢 肝鎌状間膜

    解説

  • 33

    肝臓の解剖学的分類では、(   )により右葉と左葉に分かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝鎌状間膜
    • 誤答選択肢 カントリー線

    解説

  • 34

    肝動脈と肝静脈は、併走(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しない
    • 誤答選択肢 する

    解説

  • 35

    肝臓について、 グリソン鞘に束ねられている3つ組のうち2つは、それぞれ(   )から分枝したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝動脈,門脈
    • 誤答選択肢 肝動脈,中心静脈
    • 門脈,胆管
    • 肝動脈,胆管
    • 中心静脈,胆管

    解説

  • 36

    肝臓について、 グリソン鞘に束ねられている3つ組のうち、1つは(   )へ合流する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆管
    • 誤答選択肢 肝静脈
    • 門脈
    • 肝動脈
    • 中心静脈

    解説

  • 37

    肝臓について、 グリソン鞘に束ねられている3つ組のうち(   )は、下方へ流れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小葉間胆管
    • 誤答選択肢 中心静脈
    • 小葉間静脈(門脈)
    • 小葉間動脈(肝動脈)

    解説

  • 38

    (   )では、アルブミンが合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓
    • 誤答選択肢 腎臓
    • 小腸
    • 膵臓
    • 脾臓

    解説

  • 39

    胃液には、(   )が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプシン
    • 誤答選択肢 トリプシン
    • リパーゼ
    • ペプチダーゼ
    • アミラーゼ

    解説

  • 40

    結核菌の採取には胃液が(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効
    • 誤答選択肢 無効

    解説

  • 41

    胃酸分泌亢進により、ガストリンの値は(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低下
    • 誤答選択肢 上昇

    解説

  • 42

    (   )は、胃酸の分泌を亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガストリン
    • 誤答選択肢 セクレチン
    • VIP
    • GIP

    解説

  • 43

    セクレチンは、胃酸分泌を(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制
    • 誤答選択肢 亢進

    解説

  • 44

    ヒスタミンは、胃液分泌を(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亢進
    • 誤答選択肢 抑制

    解説

  • 45

    胃液に粘膜保護作用は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある
    • 誤答選択肢 ない

    解説

    胃液の作用:消化,殺菌,タンパク分解,粘膜保護

  • 46

    胆汁中には、(   )が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接ビリルビン
    • 誤答選択肢 間接ビリルビン

    解説

  • 47

    胆汁中には、(   )が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロール、直接ビリルビン、胆汁酸
    • 誤答選択肢 コレステロール、間接ビリルビン、胆汁酸
    • コレステロール、間接ビリルビン、アミラーゼ
    • コレシストキニン、直接ビリルビン、胆汁酸
    • コレシストキニン、セクレチン、リパーゼ

    解説

  • 48

    (   )により、胆嚢が収縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレシストキニン(CCK)
    • 誤答選択肢 セクレチン
    • ガストリン
    • ソマトスタチン
    • トリプシン

    解説

  • 49

    卵黄摂取で胆嚢収縮は(   )される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亢進
    • 誤答選択肢 抑制

    解説

  • 50

    Oddi括約筋は、(   )で収縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モルヒネ
    • 誤答選択肢 迷走神経刺激
    • セクレチン

    解説

  • 51

    Oddi括約筋は、迷走神経刺激,セクレチンで(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弛緩
    • 誤答選択肢 収縮

    解説

  • 52

    膵外分泌液は、血液中へ(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流入しない
    • 誤答選択肢 流入する

    解説

  • 53

    膵液について、 (   )は、腺房中心細胞から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重炭酸イオン
    • 誤答選択肢 アミラーゼ
    • リパーゼ
    • トリプシン
    • エラスターゼ

    解説

    他は、腺房細胞から分泌。

  • 54

    膵液について、 アミラーゼは、(   )を分解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デンプン
    • 誤答選択肢 脂肪
    • 蛋白質

    解説

  • 55

    膵液について、 リパーゼは、(   )を分解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪
    • 誤答選択肢 デンプン
    • タンパク質

    解説

  • 56

    エラスターゼは、(   )を分解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質
    • 誤答選択肢 デンプン
    • 脂肪

    解説

  • 57

    膵液について、 トリプシンは、(   )を分解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質
    • 誤答選択肢 デンプン
    • 脂肪

    解説

  • 58

    膵液について 重炭酸イオンは、(   )を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸の中和
    • 誤答選択肢 デンプンの分解
    • 脂肪の分解
    • タンパク質の分解

    解説

  • 59

    鉄は、(   )から吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十二指腸〜空腸上部
    • 誤答選択肢 回腸末端
    • 上行結腸〜横行結腸
    • 横行結腸〜下行結腸

    解説

  • 60

    水分は、大半が(   )から吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小腸
    • 誤答選択肢 大腸

    解説

    80~90%は小腸で吸収される。

  • 61

    イレウスでは、脱水を(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呈する
    • 誤答選択肢 呈さない

    解説

  • 62

    小腸において、 脂肪の吸収は、(   )の順に行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小腸絨毛→リンパ管→胸管→静脈
    • 誤答選択肢 小腸絨毛→静脈→リンパ管→胸管
    • 小腸絨毛→毛細血管→門脈→肝臓→静脈
    • 小腸絨毛→リンパ管→門脈→肝臓→静脈
    • 小腸絨毛→リンパ管→門脈→静脈

    解説

  • 63

    小腸において、 糖や蛋白の吸収は、(   )の順に行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小腸絨毛→毛細血管→門脈→肝臓→静脈
    • 誤答選択肢 小腸絨毛→毛細血管→肝臓→門脈→静脈
    • 小腸絨毛→リンパ管→胸管→静脈
    • 小腸絨毛→リンパ管→門脈→肝臓→静脈
    • 小腸絨毛→門脈→胸管→静脈

    解説

  • 64

    ビタミンB12は、(   )から吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回腸末端
    • 誤答選択肢 十二指腸〜空腸上部
    • 上行結腸〜横行結腸
    • 横行結腸〜下行結腸

    解説

    ※胃の壁細胞から分泌される内因子が必要。

  • 65

    胆汁酸は、(   )から吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回腸末端
    • 誤答選択肢 十二指腸〜空腸上部
    • 上行結腸〜横行結腸
    • 横行結腸〜下行結腸

    解説

  • 66

    カルシウム,マグネシウムは、(   )から吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十二指腸〜空腸上部
    • 誤答選択肢 回腸末端
    • 上行結腸〜横行結腸
    • 横行結腸〜下行結腸

    解説

  • 67

    便は、小腸内では(  状)のことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 液体状
    • 誤答選択肢 固形状

    解説

  • 68

    排便時に腹壁は、(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮
    • 誤答選択肢 弛緩

    解説

  • 69

    排便時に恥骨直腸筋は、(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弛緩
    • 誤答選択肢 収縮

    解説

  • 70

    排便時に内肛門括約筋は、(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弛緩
    • 誤答選択肢 収縮

    解説

  • 71

    胃・結腸反射とは、食後に胃壁の伸展により、結腸の(   )が活性化することをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蠕動運動
    • 誤答選択肢 水分の吸収

    解説

  • 72

    排便時に(   )は、収縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹壁
    • 誤答選択肢 恥骨直腸筋
    • 内肛門括約筋

    解説

  • 73

    糞便が直腸まで到達し、直腸内圧が上昇すると、(  )排便中枢へ大脳からのシグナルが入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仙髄
    • 誤答選択肢 頸髄
    • 胸髄
    • 腰髄

    解説

  • 74

    ガストリンは、胃酸分泌を(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 促進
    • 誤答選択肢 抑制

    解説

  • 75

    セクレチンは、胃酸分泌を(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制
    • 誤答選択肢 促進

    解説

  • 76

    コレシストキニンは、胆汁分泌を(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 促進
    • 誤答選択肢 抑制

    解説

  • 77

    ソマトスタチンは、膵液分泌を(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制
    • 誤答選択肢 促進

    解説

    消化管ホルモンを全般的に抑制する。

  • 78

    VIPは、(   )様作用をもつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セクレチン
    • 誤答選択肢 ガストリン
    • ソマトスタチン
    • コレシストキニン
    • ヒスタミン

    解説

  • 79

    ガストリンは、(   )で分泌亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルシウム
    • 誤答選択肢 カリウム
    • ナトリウム

    解説

  • 80

    ガストリンの作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃酸・ペプシノゲン↑, 膵重炭酸イオン↑
    • 誤答選択肢 胃酸分泌↓, 膵液・胆汁↑
    • 胆嚢収縮,膵酵素↑
    • 胃液分泌↓,インスリン分泌↑
    • 胃液分泌↓,膵液分泌・腸液分泌↑

    解説

  • 81

    セクレチンの作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃酸分泌↓,膵液・胆汁↑
    • 誤答選択肢 胃酸・ペプシノゲン・膵重炭酸イオン↑
    • 胆嚢収縮・膵酵素↑
    • 胃液分泌↓,インスリン分泌↑
    • 胃液分泌↓,膵液分泌・腸液分泌↑

    解説

  • 82

    コレシストキニンの作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆嚢収縮・膵酵素↑
    • 誤答選択肢 胃酸・ペプシノゲン・膵重炭酸イオン↑
    • 胃酸分泌↓,膵液・胆汁↑
    • 胃液分泌↓,膵液分泌・腸液分泌↑
    • 胃液分泌↓,インスリン分泌↑

    解説

  • 83

    GIPの作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃液分泌↓,インスリン分泌↑
    • 誤答選択肢 胃酸・ペプシノゲン・膵重炭酸イオン↑
    • 胃酸分泌↓,膵液・胆汁↑
    • 胆嚢収縮・膵酵素↑
    • 胃液分泌↓,膵液分泌・腸液分泌↑

    解説

  • 84

    VIPの作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃液分泌↓,膵液分泌・腸液分泌↑
    • 誤答選択肢 胃酸・ペプシノゲン・膵重炭酸イオン↑
    • 胃酸分泌↓,膵液・胆汁↑
    • 胆嚢収縮・膵酵素↑
    • 胃液分泌↓,インスリン分泌↑

    解説

  • 85

    コレシストキニンは、十二指腸〜空腸の(  細胞)から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I細胞
    • 誤答選択肢 G細胞
    • D細胞
    • K細胞
    • S細胞

    解説

  • 86

    ソマトスタチンは、膵,胃〜十二指腸,視床下部の(  細胞)から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • D細胞
    • 誤答選択肢 G細胞
    • I細胞
    • S細胞
    • K細胞

    解説

  • 87

    GIPは、十二指腸〜空腸の(  細胞)から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • K細胞
    • 誤答選択肢 G細胞
    • I細胞
    • S細胞
    • D細胞

    解説

    GIP:糖依存性インスリン放出ペプチド

  • 88

    モチリンは、小腸のMo細胞から分泌され、(   )の生産を刺激する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプシン
    • 誤答選択肢 リパーゼ
    • アミラーゼ

    解説

  • 89

    永久歯は、(  本)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 32本
    • 誤答選択肢 30本
    • 20本
    • 40本
    • 24本

    解説

  • 90

    乳歯は、(  本)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20本
    • 誤答選択肢 32本
    • 30本
    • 24本
    • 10本

    解説

  • 91

    乳歯は、(  歳)で完成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3歳
    • 誤答選択肢 1歳
    • 6歳
    • 10歳
    • 20歳

    解説

  • 92

    舌下神経障害では、(   )が発音しにくくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「らりるれろ」
    • 誤答選択肢 「ぱぴぷぺぽ」
    • 「かきくけこ」
    • 「なにぬねの」
    • 「さしすせそ」

    解説

  • 93

    唾液量が(   )するとう歯になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減少
    • 誤答選択肢 増加

    解説

  • 94

    耳下腺は、唾液腺に(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 含まれる
    • 誤答選択肢 含まれない

    解説

    唾液腺:顎下腺,舌下腺,耳下腺

  • 95

    舌の運動は、(  神経)で支配される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舌下神経
    • 誤答選択肢 顔面神経
    • 舌咽神経
    • 副神経
    • 三叉神経

    解説

  • 96

    味覚は舌の前2/3が(  神経)で支配される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顔面神経
    • 誤答選択肢 舌下神経
    • 舌咽神経
    • 三叉神経
    • 滑車神経

    解説

  • 97

    味覚は舌の後1/3が(  神経)で支配される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舌咽神経
    • 誤答選択肢 顔面神経
    • 舌下神経
    • 三叉神経
    • 副神経

    解説

  • 98

    舌根部は、(   )に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎骨
    • 誤答選択肢 上顎骨
    • 硬口蓋
    • 甲状軟骨
    • 輪状軟骨

    解説

56903

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ