zuknow learn together

新しい教材を作成

レスポンデント条件づけ(CSとUSの時間関係)

カード 6枚 作成者: たかね (作成日: 2015/02/04)

  • 同時条件づけ
    (simultaneous conditioning)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

完成済。
【参考文献】
杉本 助男・佐藤 方哉・河嶋 孝 (1989) 行動心理ハンドブック 培風館

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    同時条件づけ (simultaneous conditioning)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CS呈示後,1〜5秒以内にUSが呈示される。この手続きのときに条件づけの形成かもっとも容易である。

    解説

  • 2

    遅延条件づけ (delayed conditioning)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CS呈示後,10秒〜1分以内にUSが呈示される。

    解説

  • 3

    痕跡条件づけ (trace conditioning)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CS呈示が終了してから一定の時間間隔をおいて,USを呈示する。

    解説

  • 4

    順向条件づけ (forward conditioning)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSがUSに先行する条件づけ3種の手続きを指す。

    解説

  • 5

    逆向条件づけ (backward conditioning)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSがUSのあとに呈示される。条件づけの形成は困難である。

    解説

  • 6

    時間条件づけ (temporal conditioning)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSがなく,USのみが一定の時間間隔で呈示される。時間間隔がCSになると考えられる。

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ