zuknow learn together

新しい教材を作成

危険物取扱者 甲種 性消 第六類

カード 27枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/02/04)

  • 第六類の危険物に共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

危険物取扱者 甲種 性消 第六類

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第六類の危険物に共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化性の液体である。
    • 誤答選択肢 液体の比重は1より小さい。
    • 水との接触により、激しく発熱する。
    • 沸騰すると、可燃性の有毒ガスを発生する。
    • 発煙性である。

    解説

  • 2

    第六類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大量にこぼれた場合は、水酸化ナトリウムの濃厚な水溶液で中和する。
    • 誤答選択肢 一般に皮膚を侵す作用が強い。
    • 薄めた溶液の方が、金属に対する腐食性が強くなるものがある。
    • 有機物と接触すると発火させる危険がある。
    • 水と反応して激しく発熱するものがある。

    解説

  • 3

    第六類の危険物の火災予防、消火の方法として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火源があれば燃焼するので、取り扱いには十分注意する。
    • 誤答選択肢 日光の直射、熱源を避けて貯蔵する。
    • 容器は耐酸性のものを使用する。
    • 可燃物、有機物との接触を避ける。
    • 水と激しく反応するものがある。

    解説

  • 4

    第六類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いずれも容器は密栓する。
    • 誤答選択肢 皮膚に付着すると腐食する。
    • 湿った空気に接触すると発煙するものがある。
    • すべて液体である。
    • いずれも無機化合物である。

    解説

  • 5

    第六類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発煙硝酸は、濃硝酸に二酸化窒素を加圧飽和させたもので、硝酸より酸化力は劣る。
    • 誤答選択肢 過塩素酸は、強い酸化力を持ち、空気中で強く発煙する。
    • ハロゲン間化合物には、水と激しく反応するものがある。
    • 硝酸の水溶液は、金属酸化物、水酸化物に作用して硝酸塩を生成することがある。
    • 過酸化水素は、熱、日光により分解する。

    解説

  • 6

    第六類の危険物に共通する火災予防の方法として、貯蔵容器に密封することが必要とされているが、例外的に通気孔のついた容器に入れ、できるだけ冷暗所に貯蔵しなければならない危険物は、次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過酸化水素
    • 誤答選択肢 硝酸
    • 発煙硝酸
    • 三フッ化臭素
    • 過塩素酸

    解説

  • 7

    過塩素酸の流出事故時における処置について、次のうち適切でないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過塩素酸は水と作用して激しく発熱するので、大量の水による洗浄は絶対に避ける。
    • 誤答選択肢 土砂等で過塩素酸を覆い、流出面積の拡大を防ぐ。
    • 過塩素酸は空気中で激しく発煙するので、作業は風下側を避け、保護具等を使用して行う。
    • 過塩素酸を消石灰やチオ硫酸ナトリウムと反応させて、大量の水で洗い流す。
    • 過塩素酸と接触するおそれのある可燃物を除去する。

    解説

  • 8

    危険物の性状と照らして、第六類のすべての危険物の消火に有効な方法は、次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥砂で覆う。
    • 誤答選択肢 噴霧注水する。
    • 棒状の水を放射する。
    • 泡消火剤を放射する。
    • 二酸化炭素消火剤を放射する。

    解説

  • 9

    過塩素酸の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オキシドールは過塩素酸の3%水溶液である。
    • 誤答選択肢 無色の発煙性液体である。
    • 有機物に触れると自然発火することがある。
    • 触れると皮膚が腐食する。
    • 水に触れると発熱する。

    解説

  • 10

    過塩素酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 褐色の流動しやすい液体である。
    • 誤答選択肢 無水物は、鉄や銅と激しく反応して酸化物を生成する。
    • おがくず、木片等と接触すると、これらを発火させることがある。
    • 水と作用して発熱する。
    • 強い酸化性を有する。

    解説

  • 11

    過塩素酸を車両で運搬する場合の注意事項として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流出したときに吸いとるための布やおがくずを用意しておく。
    • 誤答選択肢 容器の外部には、危険物の品名、危険等級、化学名及び可燃物接触注意の表示をする。
    • 運搬の際は、日光の直射を避ける為遮光性のもので被覆する。
    • 容器の外部に、緊急時の対応を円滑にするために、「容器イエローカード」のラベルを貼る。
    • 休憩、事故のため一時停止するときは、交通量の少ない安全な場所を選ぶ。

    解説

  • 12

    過酸化水素の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オキシドールとして市販されているものは40〜50%の水溶液である。
    • 誤答選択肢 純粋なものは、粘性のある液体である。
    • 水によく溶解するが、ベンゼンには溶けない。
    • 強力な酸化剤であるが、還元剤として使用されることもある。
    • 不安定な物質であるため、種々の安定剤が加えられる。

    解説

  • 13

    過酸化水素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水と混合すると、上層に過酸化水素、下層に水の2層に分離する。
    • 誤答選択肢 高濃度のものは、粘性のある液体である。
    • 金属等の混入により、爆発的に分解することがある。
    • リン酸、尿酸等を添加することにより分解が抑制される。
    • 消毒殺菌剤として用いられることがある。

    解説

  • 14

    過酸化水素の貯蔵の際の安定剤として使用できるものは、次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿酸
    • 誤答選択肢 酢酸
    • ピリジン
    • 二酸化マンガン粉末
    • 金属粉末

    解説

  • 15

    過酸化水素の貯蔵・取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高濃度のものは、空気と反応しやすいので容器は密栓しておくこと。
    • 誤答選択肢 有機物、金属粉等との混合は、爆発の危険性があるので避けること。
    • 流出した時は、多量の水で洗い流すこと。
    • 日当たりの良い場所を避け、冷暗所に貯蔵すること。
    • 濃度の高いものは、皮膚や粘膜を腐食するので注意すること。

    解説

  • 16

    過酸化水素及び硝酸に共通する性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水に溶けない。
    • 誤答選択肢 触れると皮膚がただれる。
    • それ自体は不燃性である。
    • 加熱すると分解し可燃性ガスを生じる。
    • 有機物などと接触すると発火する危険がある。

    解説

  • 17

    硝酸の性状について、次のAからEのうち誤っているものの組み合わせはどれか。 A 水と任意の割合で溶ける。 B 光や加熱により分解し、二酸化窒素と酸素を生じる。 C 鉄、アルミニウム、ニッケルは濃硝酸に侵されるが、希硝酸には侵されない。 D 濃度の高いものは、湿気を含む空気中において発煙する。 E 濃硝酸は、硫黄、リン等の非金属とは反応しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CE
    • 誤答選択肢 AC
    • AD
    • BD
    • BE

    解説

  • 18

    硝酸の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 濃硝酸は金、白金を腐食する。
    • 誤答選択肢 水より重く、水によく溶ける。
    • 純粋な硝酸は無色の液体である。
    • 熱濃硝酸はリンを酸化させ、リン酸を生成する。
    • 湿った空気中で発煙する。

    解説

  • 19

    硝酸と接触すると発火又は爆発する危険性がある物質として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硫酸
    • 誤答選択肢 二硫化炭素
    • アミン類
    • 木片

    解説

  • 20

    硝酸の貯蔵・取扱いの注意事項として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄、ニッケル、アルミニウムは濃硝酸と激しく反応して可燃性ガスを発生するので、これらの材質の貯蔵容器は使用しないようにする。
    • 誤答選択肢 光をあてると分解して腐食性の二酸化窒素を発生するので、日光の直射を受けないようにする。
    • 希硝酸でも強い酸化力を有するので、還元性物質と混触しないようにする。
    • 人体に触れると皮膚をおかすので、接触しないようにする。
    • 硝酸自体は燃焼しないが、強い酸化力を有するので、可燃物から話すようにする。

    解説

  • 21

    硝酸の貯蔵・取扱いについて、次のうち適切でないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腐食性があるため、ステンレス鋼製の容器による貯蔵は避ける。
    • 誤答選択肢 分解して発生する二酸化窒素を吸い込まないようにする。
    • 還元性物質との接触を避ける。
    • 直射日光を避け、冷暗所に保存する。
    • 硝酸自体は燃焼しないが、強い酸化性があるため、可燃物と話して貯蔵する。

    解説

  • 22

    発煙硝酸の性状として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硝酸より比重は大きい。
    • 誤答選択肢 無色の液体である。
    • 弱酸性である。
    • 比重は、1以下である。
    • 水に溶けない。

    解説

  • 23

    ハロゲン間化合物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金属とは反応しない。
    • 誤答選択肢 2種のハロゲンからなる化合物の総称である。
    • 多数のフッ素原子を含むものほど反応性に富む。
    • 水と反応し発熱と分解を起こす。
    • 無色の液体である。

    解説

  • 24

    ハロゲン間化合物の火災の消火について、次のうち最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥砂で覆う。
    • 誤答選択肢 噴霧注水する。
    • 棒状の水を放射する。
    • 泡消火剤を放射する。
    • 二酸化炭素消火剤を放射する。

    解説

  • 25

    ハロゲン間化合物にかかわる火災の消火方法として、次のうち最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膨張ひる石(バーミキュライト)で覆う。
    • 誤答選択肢 水溶性液体よう泡消火剤を放射する。
    • ハロゲン化物消火剤を放射する。
    • 霧状の水を放射する。
    • 強化液消火剤を放射する。

    解説

  • 26

    五フッ化臭素の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無色の液体であるが、約10度前後の低温で固化する。
    • 誤答選択肢 多数のフッ素原子を含むためほどんどの金属、非金属と反応してフッ化物をつくる。
    • 沸点が低く蒸発しやすい。
    • 2種類のハロゲン元素を含んでおり、一般にハロゲン元素に似た性質を持っている。
    • 燃焼した場合は、リン酸塩類を使用した粉末消火剤が有効である。

    解説

  • 27

    五フッ化ヨウ素の性状として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応性に富むので、ほとんどの金属及び多くの非金属元素と反応し、フッ化物を生成する。
    • 誤答選択肢 常温(20度)において茶褐色の液体である。
    • 沸点は50度である。
    • 水には溶けない。
    • 融点は-10度である。

    解説

56576

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ