zuknow learn together

新しい教材を作成

危険物取扱者 甲種 性消 第三類

カード 25枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/02/03)

  • 第三類の危険物を保護液中に保存しなければならない理由として、次のうち正しいものはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

危険物取扱者 甲種 性消 第三類

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第三類の危険物を保護液中に保存しなければならない理由として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空気と接触すると発火するから。
    • 誤答選択肢 引火性蒸気が発生するから。
    • 沸点が低いため常温において沸騰するから。
    • 空気中の窒素と反応するから。
    • 常温(20度)において人体に有毒な腐食性のガスを発生するから。

    解説

  • 2

    第三類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水と接触すると過酸化物を生じ、強い酸化性を示す。
    • 誤答選択肢 ほとんどの物質は、自然発火性及び禁水性の両方の危険性を有する。
    • 常温(20度)において、固体及び液体がある。
    • 物質そのものは、可燃性と不燃性の物質がある。
    • ハロゲン元素等と激しく反応し、有毒ガスを発生するものがある。

    解説

  • 3

    次のAからEの第三類の危険物のうち禁水性物質に該当するものはいくつあるか。 A ジエチル亜鉛 B 水素化ナトリウム C ノルマル(n-)ブチルリチウム D リン化カルシウム E 黄リン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つ
    • 誤答選択肢 1つ
    • 2つ
    • 3つ
    • 5つ

    解説

  • 4

    第三類の危険物のうち、禁水性物質の貯蔵、取り扱いについて、次のAからDのうち正しいものを掲げている組み合わせはどれか。 A 保護液に入れて貯蔵しているものは、保護液の量に注意して点検する。 B 容器は、腐食や亀裂などの有無について常に点検する。 C 容器は、通気口のあるふたをして貯蔵する。 D 黄リンと同一の室に貯蔵する場合、離して貯蔵する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AB
    • 誤答選択肢 AC
    • AD
    • BD
    • CD

    解説

  • 5

    第三類の危険物の貯蔵方法として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄リンは、水との接触を避けて貯蔵する。
    • 誤答選択肢 ナトリウムは、保護液として灯油の中に小分けして貯蔵する。
    • アルキルアルミニウムは、容器に不活性ガスを封入して貯蔵する。
    • 炭化カルシウムは、乾燥した場所に貯蔵する。
    • 金属の水素化物は、窒素封入ビン等に密栓して貯蔵する。

    解説

  • 6

    ナトリウムの保護液として適しているもののみを掲げている組み合わせは、次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軽油、流動パラフィン
    • 誤答選択肢 灯油、二硫化炭素
    • 灯油、グリセリン
    • 軽油、エチレングリコール
    • 二硫化炭素、流動パラフィン

    解説

  • 7

    第三類の危険物火災の消化方法として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不燃性ガスにより窒息消火する。
    • 誤答選択肢 禁水性物質は、炭酸水素塩類等を用いた粉末消火剤で消火する。
    • 乾燥砂は、すべての第三類の危険物に適する。
    • 黄リン等は、水、泡、強化液等の水系の消火剤を使用する。
    • 高圧注水により消火する方法は適切でない。

    解説

  • 8

    アルキルリチウムは危険性を軽減するため、溶媒で希釈して貯蔵又は取り扱われることが多いが、この溶媒として適しているものは、次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘキサン
    • 誤答選択肢
    • アルコール
    • アセトアルデヒド
    • グリセリン

    解説

  • 9

    カリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水との反応によりアセチレンガスを発生する。
    • 誤答選択肢 有機物に対して強い還元作用を示す。
    • 銀白色の軟らかい金属である。
    • 貯蔵は、灯油などの保護液中でする。
    • 吸湿性を有する。

    解説

  • 10

    ナトリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリウムと異性体である。
    • 誤答選択肢 常温(20度)では、固体である。
    • 水と激しく反応して水素を発生する。
    • 比重は、1より小さい。
    • 銀白色の軟らかい金属である。

    解説

  • 11

    危険物と水とが反応して生成されるガスについて、次のA〜Eのうち誤っているものの組み合わせはどれか。 A リン化カルシウム…水素 B トリクロロシラン…塩化水素 C リチウム…水素 D ジエチル亜鉛…エタン E 炭化アルミニウム…水素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AE
    • 誤答選択肢 AB
    • BC
    • CD
    • DE

    解説

  • 12

    水素化ナトリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常温(20度)で粘性のある液体である。
    • 誤答選択肢 水と反応して水素を発生する。
    • 高温で、水素とナトリウムを発生する。
    • 鉱油中で安定である。
    • ベンゼン、二硫化炭素には溶けない。

    解説

  • 13

    リチウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固形の場合は常温(20度)で空気に触れると、直ちに発火する。
    • 誤答選択肢 銀白色の柔らかい金属である。
    • 深紅色又は深赤色の炎を出して燃える。
    • カリウムやナトリウムより比重が小さい。
    • 水と反応し、水素を発生する。

    解説

  • 14

    水素化リチウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比重は1より大きい。
    • 誤答選択肢 結晶性の固体である。
    • 水と反応して水素を発生する。
    • 強い還元性を有する。
    • 有機溶媒に溶けない。

    解説

  • 15

    バリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水とは常温(20度)で反応し、酸素を発生する。
    • 誤答選択肢 炎色反応は、黄緑色を呈する。
    • ハロゲンと反応し、ハロゲン化物を生成する。
    • 空気中では、常温(20度)で表面が酸化する。
    • 水素と高温で反応し、水素化バリウムとなる。

    解説

  • 16

    有機金属化合物であるジエチル亜鉛の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水と反応しない。
    • 誤答選択肢 無色の液体である。
    • 空気中で容易に酸化され、自然発火する。
    • 窒素等の不活性ガス中に貯蔵し、又は取り扱う。
    • 消火には粉末消火剤を使用する。

    解説

  • 17

    有機金属化合物であるジエチル亜鉛の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消火の際には、ハロゲン化物消火剤を使用する。
    • 誤答選択肢 無色の液体である。
    • 空気中で容易に酸化され、自然発火する。
    • 水と激しく反応し、可燃性ガスを発生する。
    • 窒素等の不活性ガスの中で貯蔵する。

    解説

  • 18

    黄リンの火災の消火方法として、次のうち適切でないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハロゲン化物消火剤を使用する。
    • 誤答選択肢 噴霧で注水する。
    • 霧状の強化液を使用する。
    • 泡消火剤を使用する。
    • 乾燥砂で覆う。

    解説

  • 19

    黄リンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発火点は100度より高い。
    • 誤答選択肢 水に溶けないが、二硫化炭素に溶ける。
    • 空気中で燃焼すると、十酸化四リン(五酸化二リン)を生じる。
    • 濃硝酸と反応して、リン酸を生じる。
    • 極めて反応性に富み、ハロゲンとも反応する。

    解説

  • 20

    アルキルアルミニウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルキル基の炭素数が多いほど危険度は大きい。
    • 誤答選択肢 純品で流通する場合もあるが、ヘキサン溶液で流通することもある。
    • 一般に無色の溶液で、空気と触れると急激に酸化され燃焼する。
    • 泡消火剤や強化液消火剤などの水を基材とした消火剤とは、爆発的に反応する。
    • 一般にアルキル基がアルミニウム原子に1以上結合した物質であるが、ハロゲンを含んだものもある。

    解説

  • 21

    アルキルアルミニウムを消火する方法として、次のA〜Eのうち誤っているものはいくつあるか。 A リン酸塩類等を使用する粉末消火剤で燃焼を抑制する。 B 乾燥砂で覆う。 C ハロゲン化物を放射する。 D 泡消火剤で窒息消化する。 E 膨張ひる石で燃焼物を囲む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3つ
    • 誤答選択肢 1つ
    • 2つ
    • 4つ
    • 5つ

    解説

  • 22

    ノルマルブチルリチムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常温(20度)で赤褐色の結晶である。
    • 誤答選択肢 水、アルコールと激しく反応する。
    • 眼や皮膚を刺激し、ただれさせる。
    • ベンゼン、ヘキサンに溶ける。
    • 空気に接触すると白煙を生じる。

    解説

  • 23

    ノルマルブチルリチウムは危険性を軽減するため、溶媒で希釈して貯蔵又は取り扱われることが多いが、この溶媒として適しているものは次のうちいくつあるか。 水、ヘキサン、アルコール、ベンゼン、グリセリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つ
    • 誤答選択肢 1つ
    • 3つ
    • 4つ
    • 5つ

    解説

  • 24

    リン化カルシウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸と混合すると、分解が抑制される。
    • 誤答選択肢 暗赤色の固体である。
    • 水よりも重い。
    • 火災の際に、有毒なガスを生じる。
    • 加水分解により猛毒で可燃性の気体を発生する。

    解説

  • 25

    炭化カルシウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水とは直ちに反応し、エチレンを発生し、水酸化カルシウムとなって崩壊する。
    • 誤答選択肢 純品は、常温(20度)で無色又は白色の正方晶系の結晶であるが、一般的な流通品は不純物のため灰色を呈している。
    • 一般的な流通品は、不純物を空気中の湿気とが反応して生じる極微量のリン化水素、硫化水素、アンモニアなどの特有な臭いがする。
    • 高温では強い還元性があり、多くの酸化物を還元する。
    • それ自体には爆発性も引火性もない。

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ