zuknow learn together

新しい教材を作成

危険物取扱者 甲種 性消 第一類

カード 16枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/02/03)

  • 第一類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

危険物取扱者 甲種 性消 第一類

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第一類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水と反応して、可燃性ガスを発生しやすい。
    • 誤答選択肢 酸化性固体である。
    • 水に溶けるものがある。
    • 可燃物との混合物は、加熱等により爆発しやすい。
    • 不燃性である。

    解説

  • 2

    第一類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分解を抑制するために、保護液に保存されているものがある。
    • 誤答選択肢 加熱、衝撃、摩擦等により分解し、酸素を発生する。
    • 一般に不燃性の物質である。
    • 酸化されやすい物質と混合すると非常に危険である。
    • 水と反応して発熱するものがある。

    解説

  • 3

    第一類の危険物に共通する貯蔵・取扱いの基準について、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分解を防ぐため水で湿らせる。
    • 誤答選択肢 加熱、衝撃及び摩擦等を避ける。
    • 分解を促す薬品類との接触を避ける。
    • 熱源、酸化されやすい物質及び強酸とは隔離する。
    • 容器の破損を防ぎ、漏出しないようにして、冷暗所に保管する。

    解説

  • 4

    次に掲げる危険物の性状として、誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硝酸カリウムは、無臭の黄色結晶であり、吸湿性及び潮解性により固化する傾向がある。
    • 誤答選択肢 塩素酸カリウムは、無臭で無色の結晶又は白色の粉末であり、硫黄や赤リン等の可燃性物質との混合物は、摩擦、衝撃で激しく爆発する。
    • 過酸化ナトリウムは、一般に黄白色の粉末であり、水と激しく反応して酸素を発生する。
    • 過マンガン酸カリウムは、黒紫色又は赤紫色の結晶であり、濃硫酸を加えると爆発することがある。
    • 三酸化クロムは、暗赤色の針状結晶であり、水を加えると腐食性の酸になり、また、加熱すると酸素を発生する。

    解説

  • 5

    危険物の性状に関する説明として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩素酸カリウム、加熱すると酸素を発生する。
    • 誤答選択肢 過塩素酸ナトリウム、水に溶けない。
    • 過酸化カリウム、水に溶かすと水素を発生する。
    • 過マンガン酸カリウム、無色又は白色の粉末である。
    • 硝酸ナトリウム、潮解性はない。

    解説

  • 6

    第一類の危険物と木材等が共存する火災における適切な消火方法として、次のA〜Eのうち誤っているものはいくつあるか。 A 塩素酸塩類、注水により消火する。 B 無機過酸化物、注水を避け、乾燥砂をかける。 C 硝酸塩類、二酸化炭素等による窒息消火が最も有効である。 D 亜塩素酸塩類、強酸の液体により中和する。 E 過塩素酸塩類、注水は避けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3つ
    • 誤答選択肢 1つ
    • 2つ
    • 4つ
    • 5つ

    解説

  • 7

    次のAからCに該当する語句として、正しい組み合わせはどれか。 「第一類の危険物の火災を抑制するには、一般的には、大量の水で冷却し(A)物質を、(B)以下とすれば良い。ただし、アルカリ金属の過酸化物には、水と反応して(C)するものがあるので注意する必要がある。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化性、分解温度、発熱
    • 誤答選択肢 引火性、引火点、分解
    • 還元性、発火点、発熱
    • 還元性、分解温度、分解
    • 酸化性、発火点、分解

    解説

  • 8

    塩素酸アンモニウムの性状として、誤っているものはいくつあるか。 A 無色の結晶である。 B 水によく溶ける。 C 常温では安定な物質である。  D エタノールにはよく溶ける。 E 高温では爆発する恐れがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つ
    • 誤答選択肢 1つ
    • 3つ
    • 4つ
    • 5つ

    解説

  • 9

    塩素酸ナトリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水には溶けるが、アルコールには溶けない。
    • 誤答選択肢 無色又は白色の結晶である。
    • 比重は1より重い。
    • 300度以上に加熱すると分解して酸素を発生する。
    • 可燃物との混合物は爆発する危険がある。

    解説

  • 10

    塩素酸カリウムの貯蔵・取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安定剤として塩化アンモニウムを用いる。
    • 誤答選択肢 摩擦や衝撃を避ける。
    • 容器は密栓する。
    • 冷暗所に保管する。
    • 有機物との接触を避ける。

    解説

  • 11

    塩素酸バリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水に溶けない。
    • 誤答選択肢 無色又は白色の結晶である。
    • 加熱又は衝撃、摩擦により爆発することもある。
    • 硫酸に接触すると爆発することもある。
    • 可燃物と混合し燃焼させると、炎は緑色を呈す。

    解説

  • 12

    過塩素酸塩類の性状として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リン、硫黄と混合した場合、わずかの刺激で爆発する危険がある。
    • 誤答選択肢 過塩素酸カリウムは、水によく溶ける。
    • 過塩素酸ナトリウムには、潮解性はない。
    • 過塩素酸アンモニウムは、濃紫色の粉末である。
    • 消化方法は、無機過酸化物と同様に注水は適さない。

    解説

  • 13

    塩素酸カリウムに関する火災の消火方法について、次のうち適切でないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハロゲン化物消火剤で消火する。
    • 誤答選択肢 強化液消火剤(噴霧状)で消火する。
    • 粉末消火剤(リン酸塩類を使用するもの)で消火する。
    • 泡消火剤で消火する。
    • 水で消火する。

    解説

  • 14

    過塩素酸ナトリウムにかかわる火災の消火方法について、次のA〜Eのうち適切なもののみの組み合わせはどれか。 A 二酸化炭素消火剤 B 泡消火剤 C 水消火剤 D ハロゲン化物消火剤 E 強化液消火剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BCE
    • 誤答選択肢 ABD
    • ACD
    • ACE
    • BDE

    解説

  • 15

    過塩素酸カリウムの性状として、次のうち誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 400度以上の加熱により、主として塩素を発生し、分解する。
    • 誤答選択肢 無色又は白色の結晶である。
    • 熱湯には溶けるが、冷水にはわずかしか溶けない。
    • ジエチルエーテルには溶けない。
    • 強い酸化力を有する。

    解説

  • 16

    過塩素酸アンモニウムの性状として、次のうち正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加熱により分解する。
    • 誤答選択肢 赤紫色の結晶である。
    • エーテルに溶ける。
    • 水、エタノール及びアセトンに溶けない。
    • 酸化力は弱く、有機物と混合しても発火の危険はない。

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ