zuknow learn together

新しい教材を作成

酵素

カード 66枚 作成者: shkosh (作成日: 2015/02/01)

  • 酵素とは、生体内で起こるさまざまな反応において触媒として働くである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    酵素とは、生体内で起こるさまざまな反応において触媒として働く____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質

    解説

  • 2

    酵素が作用する物質を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質

    解説

  • 3

    反応により産生される物質を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生成物

    解説

  • 4

    基質が結合する部位を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性中心

    解説

  • 5

    反応が起こるためには反応物は障壁を越えなければならず、障壁を超えるためのエネルギーを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性化エネルギー

    解説

  • 6

    活性化エネルギーを小さくする能力がある物質を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触媒

    解説

  • 7

    活性化エネルギーを小さくする触媒には、酵素として____がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質

    解説

  • 8

    活性化エネルギーを小さくする触媒には、リボザイムとして____がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RNA

    解説

  • 9

    触媒があると反応が起こりやすくなる。すなわち____が大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応速度

    解説

  • 10

    酵素の特性 酵素はタンパク質なので立体構造が壊れる(____)と、反応性(____)が失われる(____)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変性、活性、失活

    解説

  • 11

    酵素が一つの反応に対してのみ働く特異性を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応特異性

    解説

  • 12

    酵素が一つの基質に対してのみ働く特異性を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質特異性

    解説

  • 13

    酵素活性が最大となる温度を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適温度

    解説

  • 14

    酵素活性が最大となるpHを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適pH

    解説

  • 15

    触媒反応は____で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性中心

    解説

  • 16

    多くの酵素は、基質との結合や触媒作用に関与するビタミン誘導体や金属を含んでおり、それらを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補酵素

    解説

  • 17

    補酵素 酵素分子に強固に組み込まれている補酵素を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補欠分子族

    解説

  • 18

    補酵素 補欠分子族のうち、特に金属イオンを含む酵素を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金属酵素

    解説

  • 19

    酵素分子に一次的に弱く結合するものを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補酵素

    解説

  • 20

    基質から水素原子を___つ奪う酵素を脱水素酵素と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    脱水素酵素 基質から水素原子を2つ奪い、補酵素であるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(補酵素____)を渡す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAD+

    解説

  • 22

    脱水素酵素 引き抜かれた2つの水素原子のうち1個の水素原子と1個の電子は____に結合し、残りのH+(プロトン)は溶液中に放つ。、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAD+

    解説

  • 23

    アルコール脱水素酵素 エタノール→アセトアルデヒド→酢酸→アセチルCoAにして____へ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クエン酸回路

    解説

  • 24

    アルコール脱水素酵素 エタノール→(____酵素)→アセトアルデヒド→(____酵素)→酢酸→アセチルCoAに変換してクエン酸回路へ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルコール脱水素酵素、アルデヒド脱水素酵素

    解説

  • 25

    構造(アミノ酸配列)が異なっていながら同じ反応を触媒する酵素を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイソザイム

    解説

  • 26

    アイソザイムの例 ____脱水素酵素: 1〜4型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルデヒド

    解説

  • 27

    アイソザイムとは、____が異なっていながら同じ反応を触媒する酵素のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸配列(構造)

    解説

  • 28

    活性を示さない酵素前駆体(____)として細胞で産生分泌され、後に必要に応じて活性が高いとなるものがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チモーゲン

    解説

  • 29

    細胞で産生分泌され、後に必要に応じて活性型となる酵素は_____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素前駆体(チモーゲン)

    解説

  • 30

    酵素前駆体の例として、____などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリプシノーゲン、フィブリノーゲン

    解説

  • 31

    酵素活性の調節として、____の調節と____の調節などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素量、酵素活性

    解説

  • 32

    酵素活性の調節 酵素量の調節は、____の合成・分解による調節などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素タンパク質

    解説

  • 33

    酵素活性の調節 酵素の科学的修飾には、____によるリン酸化と、____による脱リン酸化がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リン酸化:プロテインキナーゼ 脱リン酸化:プロテインホスファターゼ

    解説

  • 34

    酵素活性の調節 ____により、セリン・トレオニン・チロシン残基にリン酸基が付加される科学的修飾をリン酸化と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロテインキナーゼ

    解説

  • 35

    酵素活性の調節 ____によりリン酸基がはずされる科学的修飾を脱リン酸化と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロテインホスファターゼ

    解説

  • 36

    酵素活性の調節 酵素の科学的修飾以外の調節には、______に低分子化合物が共有結合することで酵素活性が変化することなどがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性中心以外の部位(アロステリック部位)

    解説

  • 37

    酵素の反応速度 反応速度は単位時間あたりの____、または基質の減少量で表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生成物の増加量

    解説

  • 38

    酵素(E)+基質(S)→____→酵素(E)+生成物(P)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素基質複合体(ES)

    解説

  • 39

    酵素反応の速度を出す計算式を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミカエリス-メンテンの式

    解説

  • 40

    酵素と基質の____を表す定数をミカエリス定数と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親和性

    解説

  • 41

    ミカエリス定数の値が小さいほど、酵素と基質の結合が____。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 起こりやすい

    解説

  • 42

    酵素に固有の値であり、ミカエリス-メンテンの式におけるKmを____と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミカエリス定数

    解説

  • 43

    酵素の反応速度を低下させる物質を____と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阻害剤

    解説

  • 44

    阻害様式の種類として____と____がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不可逆阻害、可逆阻害

    解説

  • 45

    阻害剤が酵素の活性中心に共有結合により強く結合するものを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不可逆阻害

    解説

  • 46

    阻害剤が酵素に非共有結合するものを____と言う。医薬品として用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可逆阻害

    解説

  • 47

    可逆阻害には、____阻害、____阻害、____阻害がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 競合、非競合、不競合

    解説

  • 48

    競合阻害の阻害剤は____と構造が類似しており、活性中心に基質と競合的(拮抗的)に結合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質

    解説

  • 49

    競合阻害のKmは____なる(酵素と基質の親和性は____なる)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きく、低く

    解説

  • 50

    競合阻害において、酵素の最大反応速度Vmaxは____。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不変

    解説

  • 51

    活性中心と異なる部位に結合し、酵素の構造を変えることにより阻害作用を示すものを____剤という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非競合阻害

    解説

  • 52

    非競合阻害においてKmは____(酵素と基質の親和性は____)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不変

    解説

  • 53

    非競合阻害において、最大反応速度Vmaxは____。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低下

    解説

  • 54

    アルコール脱水素酵素は____酵素である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化還元酵素

    解説

  • 55

    転移酵素の例を一つのあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘキソキナーゼ

    解説

  • 56

    細胞に取り込まれたグルコースをリン酸化する酵素を、____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘキソキナーゼ

    解説

  • 57

    キナーゼとは、基質に____のリン酸基を転移させるリン酸化酵素である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 58

    酵素を反応特異性、基質特異性に従って分類し、ECに続く4組の数字で表したものを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素番号

    解説

  • 59

    酵素番号はECに続く_組の数字で表される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    酵素番号における1番目の数字は、____を表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触媒する反応

    解説

  • 61

    酵素番号で分類される反応には、 ____酵素、____酵素、____酵素などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化還元、転移、加水分解

    解説

  • 62

    酵素番号 EC1.1.1.1は、____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルコール脱水素酵素

    解説

  • 63

    酵素番号 EC2.7.1.1は、____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘキソキナーゼ

    解説

  • 64

    酵素が活用されるもの 医薬品、臨床検査薬、食品製造への応用、日用品への応用(デキストラナーゼ→____)などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯磨き

    解説

  • 65

    酵素の疾患診断への応用 臓器障害による____酵素を測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逸脱

    解説

  • 66

    肝炎になると、 アスパラギン酸アミノ基転移酵素(____)、 アラニンアミノ基転移酵素(____)が血中に漏れ出る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AST、ALT

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ