zuknow learn together

新しい教材を作成

脂質代謝

カード 59枚 作成者: shkosh (作成日: 2015/02/01)

  • 食物中の脂質の約95%はである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    食物中の脂質の約95%は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリグリセリド

    解説

  • 2

    トリグリセリドは胆汁酸と消化酵素____によって分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膵リパーゼ

    解説

  • 3

    トリグリセリドは___に分解され、小腸上皮細胞に吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2-モノグリセリドと脂肪酸

    解説

  • 4

    脂質は分解されたのち、____経由で血中に入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ管

    解説

  • 5

    エネルギー不足時、グルコース利用ができなくなってくると、脂肪組織に貯蔵されていたトリグリセリドが____の働きにより加水分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルモン感受性リパーゼ

    解説

  • 6

    脂肪組織に貯蔵されていたトリグリセリドはホルモン感受性リパーゼに加水分解されて____が血中に放出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪酸

    解説

  • 7

    血中に放出された脂肪酸は不溶なので____と結合して各組織へ運ばれ、細胞内に取り込まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルブミン

    解説

  • 8

    細胞内に取り込まれた脂肪酸は____に変換される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシルCoA

    解説

  • 9

    アシルCoAに変換された脂肪酸はミトコンドリアのマトリックスで____により分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β酸化

    解説

  • 10

    CoA(coenzymeA:補酵素A)の末端のSH基(チオール基)には、脂肪酸のアシル基が結合してアシルCoAとなり、____を運搬する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシル基

    解説

  • 11

    リパーゼとは、トリグリセリドを分解する____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加水分解酵素

    解説

  • 12

    ホルモン感受性リパーゼの産生部位は____であり、作用する場所は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪組織など、脂肪細胞内

    解説

  • 13

    リポ蛋白質リパーゼの産生部位は____であり、作用する場所は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋•脂肪組織、血管内

    解説

  • 14

    肝性リパーゼの産生部位は___であり、作用する場所は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓、血管内

    解説

  • 15

    膵リパーゼの産生部位は____であり、作用する場所は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膵臓、腸管内

    解説

  • 16

    脂肪酸のβ酸化 ____が____に分解される代謝経路である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシルCoAがアセチルCoA

    解説

  • 17

    脂肪酸のβ酸化では、____が生成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADHやFADH2

    解説

  • 18

    脂肪酸のβ酸化で生じたアセチルCoAは____に入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クエン酸回路

    解説

  • 19

    脂肪酸のβ酸化で生じたNADHやFADH2は____に入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子伝達系

    解説

  • 20

    β酸化によりアシルCoAがアセチルCoAに代謝されるが、その際一度の代謝でアシルCoAは炭素数が__個減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    β酸化が亢進する状態として、____がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病や飢餓状態

    解説

  • 22

    糖尿病や飢餓状態ではグルコース利用低下によりクエン酸回路のアセチルCoA処理能力が低下するため、____が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケトン体産生

    解説

  • 23

    ケトン体とは、____とその代謝物の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセト酢酸

    解説

  • 24

    ケトン体のアセト酢酸の代謝物とは____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3-ヒドロキシ酪酸、アセトン

    解説

  • 25

    β酸化で生じる____が過剰になるとケトン体が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルCoA

    解説

  • 26

    血液中のケトン体濃度が高くなったじょを____という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケトーシス

    解説

  • 27

    アセト酢酸と3-ヒドロキシ酪酸は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルボン酸

    解説

  • 28

    ケトーシスでは、血液中のpHが____となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸性側

    解説

  • 29

    血液中のpHの基準値は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7.35〜7.45

    解説

  • 30

    血液のpHが酸性側になる病態を____という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシドーシス

    解説

  • 31

    ケトーシスとアシドーシスの両方がみられる状態を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケトアシドーシス

    解説

  • 32

    脂肪酸の生合成 グルコース由来のアセチルCoAは____に変換される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マロニルCoA

    解説

  • 33

    脂肪酸の生合成 アセチルCoAがマロニルCoAに変換されたのち、____が合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パルミチン酸(C16:0)

    解説

  • 34

    脂肪酸の生合成は____で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質

    解説

  • 35

    脂肪酸の生合成は多くの組織で行われるが、肝臓や脂肪細胞、____で活発である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳腺(授乳期)

    解説

  • 36

    脂肪酸の生合成における律速酵素は_____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルCoAカルボキシラーゼ

    解説

  • 37

    脂肪酸の生合成における律速酵素のアセチルCoAカルボキシラーゼの酵素活性は、クエン酸により____する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇

    解説

  • 38

    脂肪酸の生合成における律速酵素のアセチルCoAカルボキシラーゼの酵素活性は、アシルCoA(空腹時に脂肪酸から作られる)により____する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低下

    解説

  • 39

    脂肪酸の生合成における律速酵素のアセチルCoAカルボキシラーゼの酵素活性は、グルカゴンやアドレナリンにより____する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不活性化

    解説

  • 40

    脂肪酸の生合成における律速酵素のアセチルCoAカルボキシラーゼの酵素活性は、インスリンにより____する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性化

    解説

  • 41

    トリグリセリドの生合成 エネルギーが不要なとき 細胞内に取り込んだ脂肪酸は____に変換したのち、トリグリセリドに変換して貯蔵する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシルCoA

    解説

  • 42

    トリグリセリドの生合成 エネルギーが必要なとき 細胞内に取り込んだ脂肪酸は____に進む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β酸化

    解説

  • 43

    トリグリセリドは、アシルCoAのアシル基が____に結合して合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリセロール3-リン酸

    解説

  • 44

    トリグリセリドの合成時、アシルCoAのアシル基とグリセロール3-リン酸は__回結合する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    コレステロールの役割 ____の構成成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体膜

    解説

  • 46

    コレステロールの役割 ____の前駆体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆汁酸、ステロイドホルモン、ビタミンD

    解説

  • 47

    コレステロールの生合成 ____や小腸において、1日約0.8gが合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 48

    コレステロール生合成の出発点は____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルCoA

    解説

  • 49

    高コレステロール血症の治療や予防にはコレステロール生合成の律速酵素を阻害する____が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HMG-CoA還元酵素阻害剤 (3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA)

    解説

  • 50

    高コレステロール血症治療薬はプラバ____やシンバ____などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタチン

    解説

  • 51

    胆汁酸 ____でコレステロールから一次胆汁酸が合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 52

    一次胆汁酸はグリシン、タウリンと結合して____中に排泄される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆汁

    解説

  • 53

    胆汁酸は____に分泌され、腸内細菌の働きで二次胆汁酸となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十二指腸

    解説

  • 54

    胆汁酸は食物の脂質を消化しやすいように____する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可溶化

    解説

  • 55

    胆汁酸が腸管で99%再吸収されることを____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸肝循環

    解説

  • 56

    エイコサノイド 炭素数____の多価不飽和脂肪酸(____など)の誘導体で細胞に対する強い生理活性をもつ化合物の総称である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20、アラキドン酸

    解説

  • 57

    エイコサノイド 炎症に関与するものは____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロスタグランジン

    解説

  • 58

    エイコサノイド 白血球遊走、血管透過性亢進 ____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロイコトリエン

    解説

  • 59

    エイコサノイド 血小板凝集 ____である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トロンボキサン

    解説

57038

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ