zuknow learn together

新しい教材を作成

●MEC(循環器系03)

カード 108枚 作成者: k_ono (作成日: 2015/01/29)

  • 僧帽弁狭窄症(MS)では、(   )を聴取する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

<CHECK>問題を中心に。 

◆疾患 
✅弁膜症 
✅心筋・心膜疾患 
✅先天性心疾患 
✅動脈疾患 
✅静脈・リンパ管疾患 
✅高血圧症 


<参考文献>
病気がみえるvol.2 

医学/医療/CBT/国試/医師

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    僧帽弁狭窄症(MS)では、(   )を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張期ランブル
    • 誤答選択肢 汎収縮期雑音
    • 収縮期駆出性雑音
    • 拡張期灌水様雑音

    解説

  • 2

    僧帽弁狭窄症(MS)では、(   )を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前収縮期雑音
    • 誤答選択肢 汎収縮期雑音
    • 収縮期駆出性雑音
    • Austin-Flint雑音

    解説

  • 3

    僧帽弁狭窄症(MS)では、(   音)が亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅰ音
    • 誤答選択肢 Ⅱ音
    • Ⅲ音
    • Ⅳ音

    解説

  • 4

    僧帽弁狭窄症(MS)では、(   )が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僧帽弁開放音(Opening Snap)
    • 誤答選択肢 Ⅲ音
    • Ⅱ音奇異性分裂
    • Ⅳ音

    解説

  • 5

    僧帽弁狭窄症(MS)により肺高血圧をきたすと、(  雑音)を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Graham Steell雑音
    • 誤答選択肢 Carey Coombs雑音
    • Austin Flint雑音
    • 収縮期駆出性雑音

    解説

    グラハム スティール

  • 6

    僧帽弁狭窄症(MS)では、M弁前尖拡張期後退速度(DDR)は、(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅くなる
    • 誤答選択肢 速くなる
    • 変わらない

    解説

  • 7

    僧帽弁閉鎖不全症(MR)では、(  雑音)が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 汎収縮期雑音
    • 誤答選択肢 前収縮期雑音
    • 収縮期駆出性雑音
    • 拡張期灌水様雑音
    • Graham-Steell雑音

    解説

  • 8

    僧帽弁閉鎖不全症(MR)では、(  音)が減弱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅰ音
    • 誤答選択肢 Ⅱ音
    • Ⅲ音
    • Ⅳ音

    解説

  • 9

    僧帽弁閉鎖不全症(MR)では、(  音)が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅲ音
    • 誤答選択肢 Ⅳ音
    • 僧帽弁開放音

    解説

    健常な若者でも聴取することもある。

  • 10

    大動脈弁狭窄症(AS)では、(  雑音)が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期駆出性雑音
    • 誤答選択肢 前収縮期雑音
    • 汎収縮期雑音
    • 拡張期灌水様雑音
    • Austin-Flint雑音

    解説

  • 11

    大動脈弁狭窄症(AS)では、(   )が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅱ音奇異性分裂
    • 誤答選択肢 Ⅱ音固定性分裂
    • Ⅱ音病的分裂
    • 単一Ⅱ音
    • Ⅱ音生理的分裂

    解説

    ⅡPがⅡAに先行し、吸気時よりも呼気時の方が分裂がはっきりする。

  • 12

    大動脈弁狭窄症(AS)では、(  音)が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅳ音
    • 誤答選択肢 Ⅲ音
    • Austin-Flint雑音
    • 拡張期ランブル
    • to-and-fro雑音

    解説

  • 13

    大動脈弁狭窄症(AS)では、(  脈)を呈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小脈
    • 誤答選択肢 大脈
    • 速脈
    • 反跳脈
    • 交互脈

    解説

    失神発作,狭心痛が生じ、ときに突然死する。

  • 14

    大動脈弁狭窄症(AS)では、(  脈)を呈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅脈
    • 誤答選択肢 大脈
    • 速脈
    • 奇脈
    • 交互脈

    解説

  • 15

    大動脈弁閉鎖不全症(AR)では、(  雑音)が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張期灌水様雑音
    • 誤答選択肢 拡張期ランブル
    • 前収縮期雑音
    • 汎収縮期雑音
    • 収縮期駆出性雑音

    解説

  • 16

    大動脈弁閉鎖不全症(AR)では、(  脈)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脈,速脈
    • 誤答選択肢 小脈,遅脈
    • 小脈,速脈
    • 大脈,遅脈

    解説

  • 17

    大動脈弁閉鎖不全症(AR)では、脈圧は(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加
    • 誤答選択肢 低下

    解説

  • 18

    大動脈弁閉鎖不全症(AR)では、(  雑音)が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • to-and-fro雑音,Austin-Flint雑音
    • 誤答選択肢 Graham-Steell雑音,汎収縮期雑音
    • Carey-Coombs雑音,拡張期ランブル
    • 収縮期駆出性雑音,Austin-Flint雑音
    • to-and-fro雑音,僧帽弁開放音

    解説

  • 19

    (   )は、感染性心内膜炎(IE)のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁膜症
    • 誤答選択肢 狭心症
    • 肺炎
    • 心房中隔欠損症
    • COPD

    解説

    弁膜症:僧帽弁閉鎖不全症(MR),大動脈弁狭窄症(AS),僧帽弁逸脱症(MVP)など。  先天性心疾患,心筋症,開心術後などもリスクとなる。 ※心房中隔欠損症(ASD)には合併しにくい。

  • 20

    (   )は、感染性心内膜炎のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先天性心疾患
    • 誤答選択肢 狭心症
    • 肺炎
    • Basedow病
    • COPD

    解説

    心室中隔欠損症(VSD),動脈管開存症(PDA)など。  ※心房中隔欠損症(ASD)には合併しにくい。

  • 21

    (   )は、感染性心内膜炎のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋症
    • 誤答選択肢 狭心症
    • 肺炎
    • COPD
    • 橋本病

    解説

    閉塞性肥大型心筋症(HOCM)

  • 22

    先天性心疾患のうち、(   )には感染性心内膜炎が合併しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房中隔欠損症(ASD)
    • 誤答選択肢 心室中隔欠損症(VSD)
    • 動脈管開存症(PDA)
    • Fallot四徴症
    • 完全大血管転換症

    解説

  • 23

    感染性心内膜炎(IE)では、塞栓症状として(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Osler結節
    • 誤答選択肢 Wickham線条
    • 水泡
    • Nikolsky現象
    • 白斑

    解説

    有痛性

  • 24

    感染性心内膜炎(IE)では、塞栓症状として(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Janeway発疹
    • 誤答選択肢 Wickham線条
    • Nikolsky現象
    • 水泡
    • 白斑

    解説

    無痛性

  • 25

    感染性心内膜炎(IE)では、塞栓症状として(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Roth斑
    • 誤答選択肢 Wickham線条
    • Nikolsky現象
    • 水泡
    • 白斑

    解説

    眼底にみられる。

  • 26

    感染性心内膜炎(IE)では、(   )がみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Wickham線条
    • 誤答選択肢 Osler結節
    • Janeway発疹
    • Roth斑
    • 爪下線状出血

    解説

  • 27

    感染性心内膜炎(IE)の診断には、(   )が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心エコー
    • 誤答選択肢 胸部X線
    • 運動負荷試験
    • 心電図
    • 聴診

    解説

    疣贅の証明  ※聴診△:心雑音が聞こえるが診断に有用とまではいかない。 原因不明の発熱と心雑音があればIEを疑い、血液培養と心エコーによる確定診断を行う。

  • 28

    感染性心内膜炎(IE)の診断には、(   )が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液培養
    • 誤答選択肢 胸部X線
    • 運動負荷試験
    • 心電図
    • 聴診

    解説

    病原微生物の検出

  • 29

    抜歯による感染性心内膜炎(IE)の原因菌は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緑色レンサ球菌
    • 誤答選択肢 腸球菌
    • 黄色ブドウ球菌
    • 表皮ブドウ球菌
    • 淋菌

    解説

    最多、亜急性

  • 30

    尿路感染症による感染性心内膜炎(IE)の原因菌は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸球菌
    • 誤答選択肢 黄色ブドウ球菌
    • 表皮ブドウ球菌
    • 緑色レンサ球菌
    • 肺炎球菌

    解説

    亜急性

  • 31

    切り傷などによる感染性心内膜炎(IE)の原因菌は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄色ブドウ球菌
    • 誤答選択肢 緑色連鎖球菌
    • 腸球菌
    • 淋菌
    • 肺炎球菌

    解説

    急性

  • 32

    感染性心内膜炎(IE)では、(   )などの症状がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不明熱、心雑音
    • 誤答選択肢 体重増加、浮腫
    • 肝腫大、門脈圧亢進
    • 動悸、呼吸困難
    • 高血圧、不眠

    解説

  • 33

    感染性心内膜炎(IE)では、(   )などの症状がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脾腫、脳塞栓
    • 誤答選択肢 体重増加、高血圧
    • 肝腫大、動悸
    • 門脈圧亢進、呼吸困難
    • 浮腫、不眠

    解説

    感染性脳動脈瘤、脳膿瘍

  • 34

    拡張型心筋症(DCM)は、(  心筋症)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特発性心筋症
    • 誤答選択肢 二次性心筋症

    解説

  • 35

    虚血性心筋症は、(  心筋症)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二次性心筋症
    • 誤答選択肢 特発性心筋症

    解説

  • 36

    拡張型心筋症(DCM)と虚血性心筋症の鑑別には、(   )が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冠動脈造影
    • 誤答選択肢 心エコー
    • 胸部X線
    • 聴診

    解説

  • 37

    先天性心疾患のうち(   )は、成人で発見されるものとしては最多である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房中隔欠損症(ASD)
    • 誤答選択肢 心室中隔欠損症(VSD)
    • 動脈管開存症(PDA)
    • Fallot四徴症(TOF)

    解説

    症状が乏しいため成人になって発覚する。

  • 38

    先天性心疾患のうち(   )は、感染性心内膜炎をきたしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房中隔欠損症(ASD)
    • 誤答選択肢 心室中隔欠損症(VSD)
    • 動脈管開存症(PDA)
    • Fallot四徴症(TOF)

    解説

  • 39

    心房中隔欠損症(ASD)では、聴診にて(   )を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期駆出性雑音(胸骨左縁第2肋間)
    • 誤答選択肢 収縮期逆流性雑音(胸骨左縁第3~4肋間)
    • 連続性雑音(胸骨左縁第2肋間)

    解説

    相対的肺動脈弁狭窄症(PS)

  • 40

    心房中隔欠損症(ASD),心室中隔欠損症(VSD)では、拡張期ランブルを聴取(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • する
    • 誤答選択肢 しない

    解説

  • 41

    心房中隔欠損症(ASD)では、聴診にて(   )を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅱ音固定性分裂
    • 誤答選択肢 Ⅱ音病的分裂
    • Ⅱ音奇異性分裂
    • 単一Ⅱ音

    解説

    ⅡA〜ⅡPの間隔が呼吸によらず一定。

  • 42

    (   )では、心エコーにて心室中隔奇異性運動がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房中隔欠損症(ASD)
    • 誤答選択肢 心室中隔欠損症(VSD)
    • 動脈管開存症(PDA)
    • Fallot四徴症(TOF)

    解説

    収縮期に右室側(前方)へ向かう。(通常左室側へ向かう)

  • 43

    心房中隔欠損症(ASD)では、心エコーにて(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右房,右室拡大
    • 誤答選択肢 左房,左室拡大
    • 大動脈拡大
    • 右房,右室肥大
    • 左房,左室肥大

    解説

  • 44

    (   )では、心電図にて不完全右脚ブロック(IRBBB),右軸偏位がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房中隔欠損症(ASD)
    • 誤答選択肢 心室中隔欠損症(VSD)
    • 動脈管開存症(PDA)
    • Fallot四徴症(TOF)

    解説

  • 45

    (   )は、先天性心疾患の中で最多である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室中隔欠損症(VSD)
    • 誤答選択肢 心房中隔欠損症(ASD)
    • 動脈管欠損症(PDA)
    • Fallot四徴症
    • 完全大血管転換症

    解説

    約60%がVSD

  • 46

    心室中隔欠損症(VSD)では、聴診にて(   )を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期逆流性雑音(胸骨左縁第3~4肋間)
    • 誤答選択肢 収縮期駆出性雑音(胸骨左縁第2肋間)
    • 連続性雑音(胸骨左縁第2肋間)

    解説

  • 47

    Eisenmenger化したASD,VSDには、手術適応は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ない
    • 誤答選択肢 ある

    解説

    Eisenmenger化:左→右シャントから右→左シャントへ移行することをいう。

  • 48

    動脈管開存症(PDA)では、(  脈)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脈,速脈
    • 誤答選択肢 大脈,遅脈
    • 小脈,遅脈
    • 小脈,速脈

    解説

  • 49

    動脈管開存症(PDA)では、脈圧は(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇
    • 誤答選択肢 低下

    解説

  • 50

    動脈管開存症(PDA)では、(   )徴候がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Quincke
    • 誤答選択肢 Babinski
    • Chaddock
    • Kernig
    • Romberg

    解説

  • 51

    動脈管開存症(PDA)がEisenmenger化すると(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下半身のみのチアノーゼ
    • 誤答選択肢 上半身のみのチアノーゼ
    • 四肢のチアノーゼ
    • 中心性チアノーゼ

    解説

    differential cyanosisの1つ。

  • 52

    (   )では、心エコーにて下行動脈から肺動脈への流入がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈管開存症(PDA)
    • 誤答選択肢 心房中隔欠損症(ASD)
    • 心室中隔欠損症(VSD)
    • Fallot四徴症(TOF)

    解説

  • 53

    動脈管開存症(PDA)では、聴診にて(   )を聴取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連続性雑音(胸骨左縁第2肋間)
    • 誤答選択肢 収縮期駆出性雑音(胸骨左縁第2肋間)
    • 収縮期逆流性雑音(胸骨左縁第3~4肋間)

    解説

  • 54

    動脈管開存症(PDA)において、開存部の閉鎖をしたい場合は、(   )を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インドメタシン
    • 誤答選択肢 プロスタグランジン

    解説

  • 55

    動脈管開存症(PDA)において、開存部を維持したい場合、(   )を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロスタグランジン
    • 誤答選択肢 インドメタシン

    解説

  • 56

    Fallot四徴症(TOF)は、(   )の4つを特徴とする心疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VSD,大動脈騎乗,肺動脈狭窄,右室肥大
    • 誤答選択肢 ASD,大動脈騎乗,肺動脈狭窄,右室肥大
    • VSD,大動脈騎乗,肺動脈狭窄,左室肥大
    • VSD,肺動脈騎乗,大動脈狭窄,左房肥大
    • VSD,肺動脈騎乗,大動脈狭窄,右室肥大

    解説

  • 57

    Fallot四徴症(TOF)では、(   )頃からチアノーゼ,ばち指,無酸素発作がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後2~3ヶ月
    • 誤答選択肢 生後初期
    • 5,6歳
    • 20歳

    解説

  • 58

    Fallot四徴症(TOF)では、1~2歳以後に(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蹲踞
    • 誤答選択肢 チアノーゼ
    • ばち指
    • 無酸素発作

    解説

    歩いたり走ったりすると、途中でしゃがみこむ姿勢をとること。

  • 59

    Fallot四徴症(TOF)では、聴診にて(   )が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期駆出性雑音
    • 誤答選択肢 連続性雑音(胸骨左縁第2肋間)
    • 収縮期逆流性雑音(胸骨左縁第3~4肋間)

    解説

  • 60

    Fallot四徴症(TOF)では、(   )が聴取される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単一Ⅱ音
    • 誤答選択肢 Ⅱ音病的分裂
    • Ⅱ音奇異性分裂
    • Ⅱ音固定性分裂
    • Ⅱ音生理的分裂

    解説

    ⅡAのみでⅡPは消失

  • 61

    (   )では、胸部X線にて木靴心(coeur en sabot)がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fallot四徴症(TOF)
    • 誤答選択肢 動脈管開存症(PDA)
    • 心房中隔欠損症(ASD)
    • 心室中隔欠損症(VSD)

    解説

    主肺動脈部(左第2弓)の陥凹と右室肥大による心尖の挙上。

  • 62

    Fallot四徴症(TOF)では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右室肥大
    • 誤答選択肢 左室肥大
    • 右室拡大
    • 左室拡大
    • 肺動脈拡大

    解説

  • 63

    Fallot四徴症(TOF)における無酸素発作に対して、(   )を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β遮断薬
    • 誤答選択肢 β刺激薬
    • ジギタリス

    解説

    β刺激薬,ジギタリスは禁忌。

  • 64

    Fallot四徴症(TOF)に対するBlalock-Taussing手術は、(   手術)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 姑息手術
    • 誤答選択肢 根治手術

    解説

    1歳頃までは姑息的治療。

  • 65

    Fallot四徴症(TOF)に対する心内修復術(VSDの閉鎖+右室流出路形成)は、(  手術)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根治手術
    • 誤答選択肢 姑息手術

    解説

    1~3歳に行う。

  • 66

    (   )は、動脈硬化の危険因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂質異常症
    • 誤答選択肢 若年者
    • 女性
    • 飲酒

    解説

    適度な飲酒ならOK。 若年者より中年者、女性より男性の方がリスクが大きい。

  • 67

    (   )は、動脈硬化の危険因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧
    • 誤答選択肢 飲酒
    • 低血圧
    • 貧血

    解説

  • 68

    (   )は、動脈硬化の危険因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病
    • 誤答選択肢 糖原病
    • 低血圧
    • 飲酒

    解説

  • 69

    (   )は、動脈硬化の危険因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喫煙
    • 誤答選択肢 飲酒
    • 貧血
    • 痩せ

    解説

    危険因子となる生活習慣:肥満(内臓脂肪型),運動不足,ストレス

  • 70

    メタボリックシンドロームは、動脈硬化の危険因子で(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある
    • 誤答選択肢 ない

    解説

    メタボリックシンドローム:肥満+高血圧,脂質異常症,耐糖能異常

  • 71

    動脈硬化病変が進行すると(   )は起こらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大動脈弁狭窄症
    • 誤答選択肢 脳梗塞
    • 大動脈瘤
    • 腎血管性高血圧
    • 腎硬化症

    解説

  • 72

    動脈硬化の分類のうち、(   )が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粥状硬化
    • 誤答選択肢 小動脈硬化
    • Mönckeberg型動脈硬化

    解説

  • 73

    大動脈瘤では、大動脈壁が(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張
    • 誤答選択肢 収縮

    解説

    脆弱化により大動脈壁が異常に伸展する。

  • 74

    大動脈瘤では、交感神経圧迫により(   )が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Horner症候群
    • 誤答選択肢 嗄声
    • 嚥下障害
    • 間欠性跛行

    解説

  • 75

    大動脈瘤では、左反回神経圧迫により(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嗄声
    • 誤答選択肢 Horner症候群
    • 嚥下障害
    • 間欠性跛行

    解説

  • 76

    大動脈瘤破裂によりショックを(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呈する
    • 誤答選択肢 呈さない

    解説

    胸背部,胸腹部の激痛,喀血,突然死

  • 77

    (  型)の大動脈解離は、緊急手術の適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Stanford A型
    • 誤答選択肢 Stanford B型
    • DeBakey Ⅲa型
    • DeBakey Ⅲb型

    解説

    人工血管置換術

  • 78

    大動脈解離において、上行大動脈に解離腔が存在した場合、(  型)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • StanfordA型
    • 誤答選択肢 Stanford B型
    • DeBakey Ⅲa型
    • DeBakey Ⅲb型

    解説

    DeBakey Ⅰ型,DeBakey Ⅱ型

  • 79

    Stanford A型の大動脈解離は、最終的に(   )を合併しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺動脈弁閉鎖不全症
    • 誤答選択肢 心タンポナーデ
    • 急性心筋梗塞
    • 大動脈弁閉鎖不全症

    解説

    悪化すると心タンポナーデ,AMI,ARなどをきたし死亡する。

  • 80

    (   )は、大動脈解離の原因疾患に含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大動脈弁閉鎖不全症
    • 誤答選択肢 Marfan症候群
    • Behçet病
    • Ehlers-Danlos症候群
    • 梅毒

    解説

    Stanford A型の合併症の1つであり、大動脈解離の原因疾患にはならない。

  • 81

    (   )は、閉塞性動脈硬化症(ASO)と閉塞性血栓性血管炎(TAO)の共通点ではない。

    補足(例文と訳など)

    • ASOのみの病態

    答え

    • 主幹動脈の狭窄
    • 誤答選択肢 喫煙がリスクファクターであること
    • 間歇性跛行
    • 末梢動脈の拍動を触れないこと
    • 冷感

    解説

  • 82

    閉塞性動脈硬化症(ASO)は、(   )に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中高年男性(50歳以上)
    • 誤答選択肢 若年男性(40歳以下)
    • 若年女性(40歳以下)
    • 中高年女性(50歳以上)
    • 小児

    解説

  • 83

    閉塞性血栓性血管炎(TAO)は、(   )に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若年男性(40歳以下)
    • 誤答選択肢 中高年男性(50歳以上)
    • 若年女性(40歳以下)
    • 中高年女性(50歳以上)
    • 小児

    解説

  • 84

    閉塞性動脈硬化症(ASO)では、(   )により虚血状態となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈硬化による主幹動脈の狭窄
    • 誤答選択肢 膝窩動脈,前腕動脈より末梢の血管炎による動脈狭窄,閉塞

    解説

  • 85

    閉塞性血栓性血管炎(TAO)では、(   )により虚血状態となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝窩動脈,前腕動脈より末梢の血管炎による動脈狭窄,閉塞
    • 誤答選択肢 動脈硬化による主幹動脈の狭窄

    解説

  • 86

    閉塞性動脈硬化症(ASO)では、動脈造影において(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 虫食い像,途絶
    • 誤答選択肢 先細り像
    • コークスクリュー状側副血行
    • 樹根状側副血行
    • 架橋状側副血行

    解説

    他の選択肢は全てTAOに特徴的な所見 ※側副血行自体はASOでもみられる。

  • 87

    (   )は、Leriche症候群を合併しうる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉塞性動脈硬化症(ASO)
    • 誤答選択肢 閉塞性血栓性血管炎(TAO)

    解説

    Leriche症候群:腎動脈分岐部以下のASO。該当部分の不快感(しびれ)やインポテンスがみられる。

  • 88

    (   )は、閉塞性動脈硬化症(ASO)と閉塞性血栓性血管炎(TAO)に共通の治療である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗血小板薬
    • 誤答選択肢 経皮的動脈形成術
    • 人工血管バイパス術
    • 交感神経節ブロック
    • 交感神経切除術

    解説

    共通:禁煙,抗血小板薬,血管拡張薬 ASO:経皮的動脈形成術,人工血管バイパス術  TAO:交感神経節ブロック,交感神経切除術

  • 89

    慢性動脈塞栓症において、間歇性跛行がみられ、安静時疼痛がみられない場合、Fontaine分類(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅱ度
    • 誤答選択肢 Ⅰ度
    • Ⅲ度
    • Ⅳ度

    解説

  • 90

    慢性動脈塞栓症において、安静時疼痛がみられ、虚血性潰瘍がみられない場合、Fontaine分類(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅲ度
    • 誤答選択肢 Ⅰ度
    • Ⅱ度
    • Ⅳ度

    解説

  • 91

    (   )では、遊走性静脈炎を合併しうる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉塞性血栓性血管炎(TAO)
    • 誤答選択肢 閉塞性動脈硬化症(ASO)

    解説

  • 92

    Buerger病とは、(   )のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉塞性血栓性血管炎(TAO)
    • 誤答選択肢 閉塞性動脈硬化症(ASO)

    解説

  • 93

    深部静脈血栓症(DVT)の原因となるVirchowの三徴に(   )は含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧上昇
    • 誤答選択肢 血流停滞
    • 静脈壁障害
    • 血液凝固亢進

    解説

  • 94

    深部静脈血栓症(DVT)では、Homans徴候が(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陽性
    • 誤答選択肢 陰性

    解説

  • 95

    深部静脈血栓症(DVT)では、Dダイマーが(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇
    • 誤答選択肢 低下

    解説

  • 96

    深部静脈血栓症(DVT)の予防に(   )が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弾性ストッキング
    • 誤答選択肢 長時間の座位
    • 長期臥床
    • 上肢挙上

    解説

  • 97

    深部静脈血栓症(DVT)の治療には、ヘパリンが(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効
    • 誤答選択肢 無効

    解説

  • 98

    深部静脈血栓症(DVT)では、(   )で血栓が描出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈エコー
    • 誤答選択肢 心エコー
    • 腹部エコー
    • X線

    解説

  • 99

    深部静脈血栓症(DVT)では、腫脹が(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • みられる
    • 誤答選択肢 みられない

    解説

  • 100

    (   )では、うっ血による色調変化がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深部静脈血栓症(DVT)
    • 誤答選択肢 リンパ浮腫

    解説

  • 101

    下肢の深部静脈血栓症(DVT)では、(  徴候)がみられる。

    補足(例文と訳など)

    • Lowenberg徴候

    答え

    • Homans徴候
    • 誤答選択肢 Quincke徴候
    • Kussmaul徴候
    • Gowers徴候
    • Kernig徴候

    解説

    膝を伸展させ足部を背屈させると腓腹部に疼痛が生じる。

  • 102

    本態性高血圧症は、高血圧症全体の(  割)を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9割
    • 誤答選択肢 3割
    • 5割
    • 1割
    • 10割

    解説

  • 103

    血圧150/90mmHgは、(  度)高血圧である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅰ度
    • 誤答選択肢 Ⅱ度
    • Ⅲ度
    • 正常

    解説

  • 104

    血圧168/98mmHgは、(  度)高血圧である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅱ度
    • 誤答選択肢 Ⅰ度
    • Ⅲ度
    • 正常

    解説

  • 105

    血圧164/112mmHgは、(  度)高血圧である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅲ度
    • 誤答選択肢 Ⅰ度
    • Ⅱ度
    • 正常

    解説

  • 106

    本態性高血圧の合併症に(   )は含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺機能亢進症
    • 誤答選択肢 脳卒中、虚血性心疾患
    • 糖尿病
    • 網膜症
    • 腎不全

    解説

    二次性高血圧症の原因

  • 107

    (   )は、二次性高血圧症の原因とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Bartter症候群
    • 誤答選択肢 Cushing症候群
    • 妊娠高血圧症候群
    • 腎血管性高血圧
    • 糸球体腎炎

    解説

  • 108

    (   )は、二次性高血圧症の原因とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Sheehan症候群
    • 誤答選択肢 褐色細胞腫
    • 甲状腺機能亢進症
    • 原発性アルドステロン症
    • 多発性嚢胞腎

    解説

56638

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ