zuknow learn together

新しい教材を作成

健康科学

カード 138枚 作成者: ぺんぺん (作成日: 2015/01/28)

  • 10.サバ、サケ、マスなどの寄生虫

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

前日にまとめたワロロン

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    10.サバ、サケ、マスなどの寄生虫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アニサキス

    解説

  • 2

    10.ホタルイカ生食後、腸閉塞症を起こすのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旋尾線虫

    解説

  • 3

    10.ヒラメの筋肉中の寄生虫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クドア・セプテンプンクタータ

    解説

  • 4

    10.馬や犬の寄生虫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サルコシスティス・フェアリー

    解説

  • 5

    10.原虫で、水道水や食物にいる。水溶性下痢起こす。塩素剤に強い。5類感染症指定。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリプトスポリジウム

    解説

  • 6

    10.人獣共通感染症で4類指定。キタキツネ、イヌなどにいる。肝機能障害起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エキノコックス

    解説

  • 7

    8.フグ毒の名前、作用機序、1MU何分?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テトロドトキシン、ナトリウムチャネル→アセチルコリン遊離阻害

    解説

  • 8

    8.シガテラ毒魚の毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シガトキシン

    解説

  • 9

    8.アオブダイの毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パリトキシン

    解説

  • 10

    8.イシナギの毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンA

    解説

  • 11

    8.ワックスが毒として持つ魚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アブラソコモツ

    解説

  • 12

    8.麻痺性貝毒の名前、作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サキシトキシン、Naの膜透過阻害→神経麻痺

    解説

  • 13

    8.下痢性貝毒の名前、どこにある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オカダ酸、ジノフィシストキシン、渦鞭毛藻類を食べた二枚貝の中腸腺

    解説

  • 14

    8.記憶喪失性貝毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドウモイ酸

    解説

  • 15

    8.唾液腺毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テトラミン

    解説

  • 16

    8.アワビ類による光過敏症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェオフォルビドa、ピロフェオフォルビドa

    解説

  • 17

    8.エムルシン、加水分解、シアン化水素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミグダリン

    解説

  • 18

    8.キャッサバ、タピオカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リナマリン

    解説

  • 19

    8.モロコシ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドーリン

    解説

  • 20

    8.アグリコンがソラニジン、名前と作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソラニンとチャコニン、コリンエステラーゼ阻害作用

    解説

  • 21

    8.トロパン系アルカロイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チョウセンアサガオ、ハシリドコロ

    解説

  • 22

    8.ジテルペン系アルカロイド、猛毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アコニチン

    解説

  • 23

    8.ツキヨタケ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イルジンs

    解説

  • 24

    8.シロタマゴテングタケ、ドクツルタケ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アマトキシン、フェロトキシン

    解説

  • 25

    8.テングタケ、ベニテングダケ、クサウラベニタケ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムスカリン

    解説

  • 26

    8.ワライタケ、シビレタケ、マジックマッシュルーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シロシン

    解説

  • 27

    8.代謝活性化によるエポキシ化で究極発ガン物質。ナッツ、トウモロコシ、麦、香辛料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アフラトキシン

    解説

  • 28

    8.カビ毒、トウモロコシ、麦、ナッツ、コーヒー豆

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オクラトキシン

    解説

  • 29

    8.カビ毒、りんご

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パツリン

    解説

  • 30

    8.カビ毒、麦、再生不良性貧血、白血球減少症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニバレノール、デオキシニバレノール

    解説

  • 31

    8.赤カビによる汚染

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フザリウムカビ毒、ATA症(食中毒性無白血球症)

    解説

  • 32

    5.有機リン系4つ、作用機序、薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラチオン、マラチオン、メタミドホス、フェニトロチオン、コリンエステラーゼ阻害、PAM、アトロピン

    解説

  • 33

    5.カルバメート系の名前、作用機序、薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルバリル、コリンエステラーゼ阻害、アトロピン

    解説

  • 34

    5.化審法第1種特定物質の特徴、列挙、中でも有機塩素系殺虫剤はどれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難分解性、高蓄積性、長期毒性 殺虫剤:DDT,αβγ-HCH,アルドリン、エンドリン、ディルドリン、クロルデン、ジコホール、ヘプタクロル その他’:PCB(ポリ塩化ビフェニル)、ペルフルオロ(PFOS)

    解説

  • 35

    5.第2種特定化学物質の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難分解性、長期毒性

    解説

  • 36

    5.ピレスロイド系薬剤、作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナトリウムチャネルに作用、神経伝達阻害

    解説

  • 37

    5.ジチオカルバメート系の殺菌剤、発がん性が懸念されるのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エチレンチオウレア(ETU)

    解説

  • 38

    5.有機リン剤、カルバメート系中毒症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縮瞳

    解説

  • 39

    4.保存料3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安息香酸、ソルビン酸、ナイシン

    解説

  • 40

    4.防カビ剤、3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イマザリル、チアベンダゾール、オルトフェニルフェノール

    解説

  • 41

    4.殺菌料で過酸化水素、亜塩素酸ナトリウム、亜塩素酸水にかかれているのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最終食品の完成前に、分解または除去しなければならない

    解説

  • 42

    4.ゴマへの使用が禁止されている殺菌料は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次亜塩素酸ナトリウム

    解説

  • 43

    4.最終食品の完成前に、分解または除去しなければならないと書いてない殺菌料は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次亜塩素酸ナトリウムと高度サラシ粉

    解説

  • 44

    4.酸化剤のうち、キレートじゃないやつ3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • L-アスコルビン酸、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)

    解説

  • 45

    4.酸化防止剤のうち、キレートするもの一つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エチレンジアミン四酢酸ニナトリウム

    解説

  • 46

    4.肉の変色と発色剤の作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    4.亜硝酸塩の安全性

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    4.甘味料3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サッカリン、アセスルファムカリウム、キシリトール

    解説

  • 49

    1.リスク評価するのはどこの管轄の何

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内閣の食品安全委員会

    解説

  • 50

    1.リスク管理するのはどこ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚労省、農水省

    解説

  • 51

    9.何とシアヌル酸が結合して結晶を生じて乳幼児の腎結石が起きた?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メラミン

    解説

  • 52

    9.エストロゲン作用の内分泌撹乱化学物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノニルフェノール

    解説

  • 53

    9.内分泌撹乱物質で、原材料に関連するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビスフェノールA

    解説

  • 54

    9.内分泌撹乱物質で、プラスチック製品の可塑剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フタル酸ジ-(2-エチルヘキシル)<DEHP>

    解説

  • 55

    9. カネミ油事件の原因物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PCB,PCDF(ポリ塩化ジベンゾフラン)

    解説

  • 56

    9.ダイオキシン特別措置法におけるダイオキシン類3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDD)、 ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)、 コプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)

    解説

  • 57

    9. 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾ-パラ-ジオキシン(TCDD)の毒性を1とした数字

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毒性透過係数(TEF)

    解説

  • 58

    9.濃度掛けるTEF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毒性等量(TEQ)

    解説

  • 59

    9.遺伝子や染色体を損傷することで発がん性を示し、遺伝毒性試験陽性の物質のことをなんという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝毒性発がん物質

    解説

  • 60

    9.遺伝毒性発がん物質の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無毒性量(NOAEL)および1日摂取許容量(TDI)は決められない

    解説

  • 61

    9.ソテツの実の発がん物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイカシン

    解説

  • 62

    9.食品調理で生成する発がん物質2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘテロサイクリックアミン、多環芳香族炭化水素

    解説

  • 63

    9.食品成分の反応で生成する発がん物質は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニトロソアミン

    解説

  • 64

    9.食品汚染物で、発がん物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アフラトキシン

    解説

  • 65

    9.魚の焼け焦げ中にあるHCAs(ヘテロサイクリックアミン)のうち、グループ2Aにされているもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IQ

    解説

  • 66

    9.多環芳香族炭化水素のうち、直火で焼いた物に含まれ、グループ1に指定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンゾピレン

    解説

  • 67

    9.14.アクリルアミドがよく含まれる、コレ作る反応の名前、反応物2つ、発がん性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポテチ、メイラード反応、グルコース、アスパラギン、2A

    解説

  • 68

    9.ワラビの遺伝毒性発がん物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プタキロシド

    解説

  • 69

    9.ナツメグ、シナモンの遺伝毒性発がん物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サフロール

    解説

  • 70

    9.マッシュルームの遺伝毒性発がん物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒドラジン類

    解説

  • 71

    9.フルーツブランデー作った時にできる遺伝毒性発がん物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エチルカーバメート

    解説

  • 72

    12.食物アレルギーを起こすのは何型のアレルギー?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 即時型アレルギー

    解説

  • 73

    13.腐敗に影響を及ぼす因子3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度、pH、水分活性

    解説

  • 74

    13.アルギニンが脱炭酸すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アグマチン

    解説

  • 75

    13.リシンが脱炭酸すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カタベリン

    解説

  • 76

    13.オルニチンが脱炭酸すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プトレッシン

    解説

  • 77

    13.トリプトファンが脱炭酸すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリプタミン

    解説

  • 78

    13.グルタミン酸が脱炭酸すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • γアミノ酪酸

    解説

  • 79

    13.チラミン中毒とは?原因は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    13.システインから分解されるとできるもの2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硫化水素、メルカプタン

    解説

  • 81

    13.トリプトファンが脱アミノ脱炭酸するとできるもの2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スカトール、インドール

    解説

  • 82

    13.魚肉にあるトリメチルアミンオキシドが還元されるとできるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリメチルアミン

    解説

  • 83

    13.揮発性塩基窒素3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンモニア、トリメチルアミン、トリエチルアミン

    解説

  • 84

    13.不揮発性アミン類3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒスタミン、チラミン、カタベリン

    解説

  • 85

    13HACCPとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)して、製造工程のどこでどのような対策をすればいいかという重要管理点(Critical Control Point)を定める安全管理の手法。

    解説

  • 86

    11.葉酸過剰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉酸過敏症

    解説

  • 87

    11.葉酸不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 巨赤芽球性貧血

    解説

  • 88

    11.ビタミンA不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夜盲症

    解説

  • 89

    11.ビタミンD不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くる病、骨軟化症

    解説

  • 90

    11.ビタミンA過剰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児奇形

    解説

  • 91

    11.ビタミンK欠乏症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新生児、乳児出血症

    解説

  • 92

    11.ビタミンK過剰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸困難

    解説

  • 93

    11.ビタミンD過剰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高カルシウム血症

    解説

  • 94

    11.ビタミンB1不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脚気、ウェルニッケ脳症

    解説

  • 95

    11.ビタミンB12不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 巨赤芽球性貧血

    解説

  • 96

    11.ビタミンC不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 壊血病

    解説

  • 97

    11.ナイアシン不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペラグラ(皮膚炎)

    解説

  • 98

    14.ヒドロペルオキシドを測るのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過酸化物価

    解説

  • 99

    14.カルボニル化合物を測るのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルボニル価

    解説

  • 100

    14.アルデヒドを測るのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チオバルビツール酸価

    解説

  • 101

    14.遊離脂肪酸を測るのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化

    解説

  • 102

    14.過酸化物価の測定方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    ヨウ素価とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    14.ヨウ素価の求め方の名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハヌス法

    解説

  • 105

    14.油脂の変質に関する試験

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    14.油脂の変敗に伴う変化

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    6.ハンターラッセル症候群の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動失調、言語障害、求心性視野狭窄、感覚障害及び難聴

    解説

  • 108

    6.水俣病の原因物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メチル水銀

    解説

  • 109

    3.キャリーオーバーとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    3.表示は何名で表示されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物質名

    解説

  • 111

    3.添加物のうち、物質名、と用途名まで書くものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 着色料、発色剤、漂白剤、保存料、酸化防止剤、防カビ剤、甘味料、増粘剤

    解説

  • 112

    3.食品添加物に関する法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品衛生法

    解説

  • 113

    3.バラ売りでも表示しなければならないのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防カビ剤、サッカリン、サッカリンカルシウム、サッカリンナトリウム

    解説

  • 114

    3.表示免除されるのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 店頭バラ売り、加工助剤、キャリーオーバー、栄養強化剤

    解説

  • 115

    3.一括名で表示できるのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イーストフード、ガムベース、かんすい、酵素、光沢剤、香料、酸味料、調味料、豆腐用凝固剤、苦味料、乳化剤、pH調整剤、膨張剤、軟化剤

    解説

  • 116

    3.食品添加物の成分規格、使用基準の法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品添加物公定書

    解説

  • 117

    15.保健機能食品とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定保健用食品、栄養機能食品

    解説

  • 118

    15.遺伝子組み換え表示対象外品目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 醤油、大豆、コーン油、3位まで5%以下✖︎、4位以下なら24%でもOK

    解説

  • 119

    15.IPハンドリングとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分別生産流通管理。遺伝子組み換えと非遺伝子組み換え農作物を生産、流通、加工の各段階で混入が起こらないようにし、かつ書類証明あり。

    解説

  • 120

    13.我が国で、遺伝子組み換え生物などが野生種に影響を与えないように管理する法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルタヘナ法

    解説

  • 121

    6.メチル水銀中毒に対する措置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • D-ペニシラミン投与

    解説

  • 122

    6.カドミウム中毒に対する措置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • EDTA二ナトリウム BALはダメ。

    解説

  • 123

    6.ヒ素中毒に対する措置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジメルカプロール(BAL)

    解説

  • 124

    6.水銀中毒に対する措置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジメルカプロール(BAL)かD-ペニシラミン

    解説

  • 125

    6.食品衛生法による清涼飲料水の成分規格は150.0ppm以下

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スズ

    解説

  • 126

    6.コレの欠乏症で克山病。コレの過剰症で脱毛、爪の欠落、神経症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セレン

    解説

  • 127

    6.放射線物質の生体への影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    6.放射能を出す能力の高さ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベクレル

    解説

  • 129

    6.放射線の全身の人体影響(実効線量)の単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーベルト

    解説

  • 130

    6.放射性物質が、放射線を放出して別の原子核に変化して、半分に減るまでの時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理的半減期

    解説

  • 131

    6.体内に取り込まれた放射性物質が、代謝などにより体外に放出されることで半分に減るまでの期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物学的半減期

    解説

  • 132

    11.CaやPが塩の形で骨や歯に存在しているもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒドロキシアパタイト

    解説

  • 133

    14.油脂の自動酸化について図を用いて示せ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 14.油脂の自動酸化について図を用いて示せ

    解説

  • 134

    14.酸価の求め方

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    14.メラニン色素を生成して食品の褐変を起こす酵素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリフェノールオキシダーゼ

    解説

  • 136

    14.メイラード反応とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非酵素的な反応。糖のカルボニル基とアミノ酸のアミノ基がシッフ塩基を作ってアマドリ転位してケトアミンかジカルボニル化合物になって重合してメラノイジンになる

    解説

  • 137

    14.ジカルボニル化合物が遊離アミノ酸と反応してアルデヒドやピラジンを作る反応。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレッカー分解

    解説

  • 138

    14.油脂の変敗防止方法5個

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光遮断、冷所冷蔵保存、酸素遮断、ラジカル捕捉、ペルオキシラジカルの産生防止

    解説

56721

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ