zuknow learn together

新しい教材を作成

行政学

カード 36枚 作成者: rei (作成日: 2015/01/28)

  • フリードリッヒの唱えた責任論で、客観的に確立された技術的・科学的基準に対応する責任

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    フリードリッヒの唱えた責任論で、客観的に確立された技術的・科学的基準に対応する責任

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能的責任

    解説

  • 2

    アメリカでの、議会や主張の決定事項についての是非を住民投票で決定する仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レファレンダム

    解説

  • 3

    一定数・一定率の署名を集め、住民が法律案や条例案の制定や改廃を提案すると、住民投票が行われ、一定数・一定率の賛成が得られればそのまま成立する仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接イニシアティブ

    解説

  • 4

    一定数・一定率の署名を充足して住民有権者が法律案や条例案の制定や改廃を提案した場合、案がまず議会に送付され、議会で可決すれば法律・条例となるが、議会がその内容を否決や修正した時は、住民投票が行われる仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間接イニシアティブ

    解説

  • 5

    1961年にマクナマラによってアメリカ国防省に導入され、1965年にジョンソン大統領が全連邦省庁への導入を命じた制度。複数のプログラムを事前に相対比較、分析する困難性から挫折

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PPBS

    解説

  • 6

    民主政における行政責任は議会に対する外在的な政治責任でなければならないと主張した人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイナー

    解説

  • 7

    政策の実施のために投入された資源が実施活動によって形を変えた直接的な結果。例えば事業遂行によって生まれた新しい道路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウトプット

    解説

  • 8

    政策の直接的な結果を政策目的に沿って活用したことによって達成された社会環境への成果、効果。例えば、都市機能の利便性の向上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウトカム

    解説

  • 9

    政策の成果が時間的、空間的に広がりを持つようになり、社会環境の広い範囲に与える影響。 例えば都市機能の利便性が高まったことで人口が増加た

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インパクト

    解説

  • 10

    各評価規準としてある目的が達成された程度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効性

    解説

  • 11

    各評価規準として同じ成果をより安い経費でもっと高い成果を上げることができるかどうかをはかるもの、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済性

    解説

  • 12

    同じ経費でもっと高い成果を上げることができるかどうかの評価規準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 効率性

    解説

  • 13

    行政統制の方法を、外在的ー内在的の軸、制度的ー非制度的の軸として4類型に整理したアメリカの行政学者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギルバード

    解説

  • 14

    何かあることをする結果として失うかもしれない利益・便益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機会費用

    解説

  • 15

    実現可能かどうか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実行可能性

    解説

  • 16

    組織の資源は有限であるため、これを効率的に活用するためには、影響力の甚大な政策についてのみ走査法で現実性の高いごく限られた選択肢を選び、これについて綿密な分析を加えることとしらその他の政策案の立案はインクリメンタリズムに委ねるべしという、折衷案的モデル エチオーニが提唱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混合走査法モデル

    解説

  • 17

    政策立案に際して見られる一般的な行動様式モデルで、馴染みのある少数の政策選択肢のみ分析し特に現在ある問題を改善することに分析が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インクリメンタリズム

    解説

  • 18

    人間の認知能力の限界を前提とし、効用最大化ではなく、願望水準の充足を目指せば足りるとするモデル。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 充足モデル

    解説

  • 19

    解決すべき問題を設定し、問題解決のための手段選択の基準となる諸価値を明確にし、価値実現のために可能な全ての政策を列挙し、さらにその結果を全て予測し、最大の効用の得られるものを選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総覧モデル

    解説

  • 20

    政府目標の達成水準に対する評価基準としとて、できることならこの水準まで達成したいという理想の目標値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 期待値基準

    解説

  • 21

    政府目標の達成水準に対する評価基準で、この水準まで達成すれば一応はよしとする当面の水準。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 充足基準値

    解説

  • 22

    政府目標の達成水準に対する評価基準でこれ以下の状態に陥ることだけは絶対に避けなければいけない、最低限の基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 限界値基準

    解説

  • 23

    行政サービスに対する人々の要求ないし願望

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行政需要

    解説

  • 24

    政府の側が、行政サービスによって対応すべき課題と認定したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行政ニーズ

    解説

  • 25

    クライアントに対する、冷淡な態度を伴う極度の身体疲労。対人的な多忙な過重負担など、疲労し消耗した挙句、手抜きやサボりらひとを人と思わない冷酷な態度になって表出され、結果的に、サービス提供に深刻な被害を及ぼすこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーンアウト

    解説

  • 26

    ストリートレベルの官僚制という言葉を考えた人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リプスキー

    解説

  • 27

    組織的権威から相対的に高い自律性と相当程度の裁量を、もちながら、対象者と直接接触し、個別的に社会サービスを供給している行政職員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストリートレベルの官僚制

    解説

  • 28

    多くのOECD諸国における1970年代末からの官僚制改革アジェンダを特徴付けてきた、広範囲に類似している行政教義の傾向を表す簡略な名称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NPM

    解説

  • 29

    行政における管理活動を計画、組織、命令、調整、統制の5要素からなる。 命令の統一性原則 階層性の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイヨール

    解説

  • 30

    管理者の役割を 組織のコミュニケーションの維持、意欲の確保、組織目的の明示とした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーナード

    解説

  • 31

    意思決定の分析。 価値判断と事実判断 決定前提

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモン

    解説

  • 32

    ギューリックの組織原理としてあげた同質性の基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的 仕事の方法 対象 地域

    解説

  • 33

    行政の科学における基本的善は能率であり、能率は行政の価値尺度ナンバーワンの公理である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギューリック

    解説

  • 34

    フォーマル組織概念とインフォーマル組織概念とを統合して組織を、人間の協働システムとして、みようとした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーナード

    解説

  • 35

    組織理論に意思決定の理論を受け継ぎ、合理的決定の性質と限界について緻密な分析を、行った

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモン

    解説

  • 36

    自我を個人我と集団我に分け、現代の人間の創造精神は孤立した自我の中ではなく、集団の組織を通じてのみ発揮される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォレット

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ