zuknow learn together

新しい教材を作成

【リラクゼーション】アロマテラピークイズ【基礎編】

カード 12枚 作成者: 新しい自分に出会うレッスン探し「グースクール」公式アカウント (作成日: 2015/01/27)

  • アロマテラピークイズ【基礎編】
    Procuced by [国際アロマニスト協会アロマテラピースクール]

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

アロマテラピーのツボがクイズに答えるだけで学べます!

ストレスや悩みをかかえて自分の意思ではどうにもならないのが人のココロ。それを瞬時にどうにかしてくれるのが植物の香りを使うアロマテラピーです。基礎が楽しく学べるように国際的に活躍するアロマテラピスト、ケミリー園子がクイズを作りました。これをクリアすればアロマテラピーの基本はほぼOKです。さらに深く精油やブレンド、香りのパワーについて知りたい人はグースクールのアロマ講座で学べます。

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アロマテラピークイズ【基礎編】 Procuced by [国際アロマニスト協会アロマテラピースクール]

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アロマテラピークイズ【基礎編】 Procuced by [国際アロマニスト協会アロマテラピースクール]

    解説

  • 2

    アロマテラピーは日本語で?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芳香療法
    • 誤答選択肢 嗅覚療法
    • ハーブ療法
    • 自然療法

    解説

    Aroma(芳香)とTherapy(療法)の合成語です。日本語ではTherapyのthの発音をテまたはセと表記するためアロマテラピーともアロマセラピーとも言います。

  • 3

    アロマテラピーという言葉を作ったのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルネ・モーリス・ガットフォセ(1881~1950)
    • 誤答選択肢 クレオパトラ(BC69~AD30)
    • アビケンナ=イブン・シナー(980~1037)
    • ナイチンゲール(1820~1910)

    解説

    フランスの比較病理学者ルネ・モーリス・ガットフォセが1928年頃に作った造語ですが、紀元前から人類は植物の香りを食物保存や健康維持のために活用してきました。

  • 4

    アロマテラピーの必須アイテムは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精油
    • 誤答選択肢 ゴマ油
    • エタノール
    • ベビーパウダー

    解説

    植物が作り出す香りのことを精油と言います。アロマテラピーはその精油を、嗅ぐ、空間を香らす、肌につけるなど、さまざまな方法で用います。

  • 5

    精油の英語名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エッセンシャルオイル
    • 誤答選択肢 アロマオイル
    • フラワーオイル
    • ハーブオイル

    解説

    エッセンシャルオイル(Essential oil)が正解。アロマオイルの直訳は芳香油となり合成香料などをさすこともあり、精油のことではありません。

  • 6

    次のうち精油はどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペパーミントオイル
    • 誤答選択肢 ローズウォーター
    • オリーブオイル
    • ナタネ油

    解説

    精油を定義すると「植物中に含まれている、香りの高い、揮発性の、油となります。他の選択肢は揮発性(アルコールのように気化する)ではないので精油ではありません。

  • 7

    シソ科以外の精油はどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レモンオイル
    • 誤答選択肢 ラベンダーオイル
    • ローズマリーオイル
    • バジルオイル

    解説

    レモンオイルはミカン科。レモンオイルは果実と同じように土壌や天候の影響を受けて香りに差が生じるためランク付けされます。他の精油も同様です。脳に届ける精油だから高品質ものを使いましょう。

  • 8

    アロマテラピーで実践しないのはどの行為?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸入による疾病の治療
    • 誤答選択肢 エステ、リンパドレナージュなどの施術
    • お湯に香りをつける芳香風呂入浴
    • お部屋を香らせる室内森林浴

    解説

    アロマテラピーは精油を活用して、眠れないなどの心身が発するサインに対処し、自然治癒力を高めることで健康維持の手助けをするものです。治療といった医療行為ではありません。

  • 9

    精油拡散器(アロマポット、ディフューザー)の使い方で正しいのはどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 60分ぐらいで消す
    • 誤答選択肢 受け皿には精油だけで水を入れない
    • 就寝中ずっとつけたままにする
    • 拡散器を風上に置く

    解説

    鼻は10分もしないうちに香りを感じなくなりますが脳は刺激を受け続け長時間だと疲労します。風が運ぶ一瞬の香りに脳が強く反応するように香りのオン・オフの演出が効果を高めます。

  • 10

    精油をお肌につける場合に正しいのはどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2%以下まで薄めてつける
    • 誤答選択肢 そのままつける
    • 50%に薄めてつける
    • 10%に薄めてつける

    解説

    精油は原液のままだと肌への刺激があるため、ホホバ油やオリーブ油などの植物油で精油量が2%以下になるまで希釈(濃度を下げること)してからお肌につけます。

  • 11

    精油の使い方で間違っているのはどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お気に入りの精油1本だけを愛用する
    • 誤答選択肢 直射日光を避けて保管する
    • 子共の手の届かないところに保管する
    • 2種類以上の精油をブレンドして使う

    解説

    精油は揮発性なので高温多湿をさけて子供が誤飲しない所に保管します。また2、3種類の精油をブレンドして使うのか基本で、その方が効果的でかつ安全です。

  • 12

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ