zuknow learn together

新しい教材を作成

【10分学習】中小企業診断士(法務①)

カード 21枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 定款への絶対的記載事項

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士をテーマ別に学習できます。通勤用。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    定款への絶対的記載事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①会社の目的②商号③本店所在地④設立に際して出資される財産の価額⑤発起人の氏名及び住所⑥発行可能株式総数

    解説

  • 2

    変態設立事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現物出資、財産の引受、発起人の報酬その他の特別利益、設立費用

    解説

  • 3

    現物出資、財産の引受で検査役の調査が不要になるケース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①総額500万円を超えない場合、②市場価格のある有価証券で定款で定める価格がその相場を超えない場合、③弁護士等の証明を受けた場合

    解説

  • 4

    設立時、発行株式について発起人全員の同意が必要な場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①発起人が割り当てを受ける発行株式数 ②同じく払い込み金額 ③資本金及び資本準備金の額

    解説

  • 5

    雇用保険の適用除外者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①個人事業主や代表取締役②昼間学生

    解説

  • 6

    労働基準監督署へ届け出るもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①労働保険・保険関係設立届→雇用翌日より10日以内 ②労働保険概算保険料申告書→雇用翌日より50日以内

    解説

  • 7

    ハローワークへ届け出るもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①雇用保険適用事業所設置届→雇用翌日10日以内 ②雇用保険被保険者資格取得届→雇用月の翌月の10日まで

    解説

  • 8

    取締役会の定義と職務事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役全員で構成される会議体で①業務の意思決定②取締役の監督③取締役の専任・解任

    解説

  • 9

    株主総会普通決議の要件と具体例

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要件:株主の議決権の過半数の出席を要し、議決権の過半数によって決する。具体例:役員及び会計監査人の専任/解任

    解説

  • 10

    株主総会特別決議の要件と具体例

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要件:議決権の過半数の出席を要し、出席株主の議決権の2/3以上の多数によって決する。具体例:①定款変更②資本金の減少③事業譲渡④合併等

    解説

  • 11

    取締役会の重要決議事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・重要な財産の処分及び譲受 ・多額の借財・募集株式の発行 ・株式の分割 ・新株予約権の発行 ・社債の発行

    解説

  • 12

    監査役の権限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会計監査権限と業務監査権限。なお定款で定めることにより監査役の権限を会計監査権限に限定することができるが、その場合は監査役設置会社ではない

    解説

  • 13

    取締役会の設置義務のある会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①すべての公開会社②監査役設置会社③委員会設置会社

    解説

  • 14

    取締役の競業避止義務の取り扱い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事前に情報を開示し、株主総会の承認が必要となる。ただし、取締役会設置会社は取締役会の承認。利益相反取引も同様。

    解説

  • 15

    監査役の持つ具体的権限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①事業報告請求権・業務財産調査権②子会社に対する事業報告請求権・業務財産調査権③違法行為差止請求権④意見陳述権

    解説

  • 16

    自己株式取得のタイプ3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①株主との合意による取得-株主総会決議、1年以内。②特定の株主からの取得-総会特別決議。③TOB-取締役会決議。

    解説

  • 17

    株主割当による募集と、株主割当以外による募集の違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どちらも公開会社は取締役会決議事項、非公開会社は株主総会特別決議事項だが、有利発行の場合は公開会社であるかに関わらず株主総会特別決議事項となる。

    解説

  • 18

    社債の発行の決定機関

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役会

    解説

  • 19

    持分会社は社債を発行できるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる。

    解説

  • 20

    事業譲渡の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合併等と異なり、相手会社の法人格を引き継ぐことはできない。手間がかかる。

    解説

  • 21

    株式取得による買収方法2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市場買付け-金商法による5%ルール。②相対取引-上場会社が対象ならTOBが義務。

    解説

56638

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ