zuknow learn together

新しい教材を作成

【10分学習】中小企業診断士(経営・政策②)

カード 30枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 小規模企業の全従業員数に占める割合は

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士をテーマ別に学習できます。通勤用。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    小規模企業の全従業員数に占める割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 21.20%

    解説

  • 2

    小規模企業の従業員数の構成割合が全体や中小企業と比較して大きい業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建設業(20.4%とダントツ)、宿泊業・飲食サービス業、不動産業・物品賃貸業

    解説

  • 3

    小規模企業の経常利益率は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均的には大企業より低いが、上位1割では小規模企業が大企業を上回っている

    解説

  • 4

    付加価値額は「従業者4~299人」と「従業員者300人以上」といずれが多いか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一貫して従業員4~299人が従業員300人以上を上回っている。中小企業にとって付加価値を高めることは生命線。わが国の中小企業の技術力が高く、大企業を上回っている。

    解説

  • 5

    従業員数1から99人の卸売業の事業所数の割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一貫して99%であるが、2004~2007年における事業所数は減少している

    解説

  • 6

    従業員数1から99人の卸売業の従業員数の割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一貫して80%超であり、2004~2007年における従業員数は従業者数1~99人は減少、従業者数100人以上は増加、合計は減少してる

    解説

  • 7

    卸売業における2004~2007年の年間販売額は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員1~99人は減少、従業員数100人以上は増加、合計は増加している。買収により増加に寄与している

    解説

  • 8

    卸売業における2004~2007年の従業員1人あたりの年間販売額は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体的に増加している。IT化・物流の効率化により1人あたりの販売額は増加している

    解説

  • 9

    卸売業 1991年と2007年を比較すると従業員1人あたり年間販売額は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員1-99人は増加、従業員100人以上は減少、合計は減少している

    解説

  • 10

    小売業 1997年(インターネット普及元年)と2007年の事業所数は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員数1-49人は減少、50人以上は増加、合計は減少

    解説

  • 11

    小売業 1997年(インターネット普及元年)と2007年の従業員数は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員数1-49人は減少、50人以上は増加、合計は増加(大企業の影響が大きい)

    解説

  • 12

    小売業 1997年(インターネット普及元年)と2007年の年間販売額は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員1-49人は減少、50人以上は増加、合計は減少

    解説

  • 13

    小売業 1997年(インターネット普及元年)と2007年の従業員一人あたりの年間販売額は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体的に減少している

    解説

  • 14

    全体の倒産件数の推移は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2001-2005年まで減少、2005-2008年は増加(2008年リーマンショック)、2009年以降は減少(円滑化法施行の影響)

    解説

  • 15

    全体の負債金額の推移は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2001-2007年は減少傾向、2008年に急増(グレーゾーン金利の廃止による過払い金返還請求権による消費者金融の倒産増加、リーマンショック)、2009年以降は減少

    解説

  • 16

    2001-2011年まで倒産件数が多い業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建設業が一貫して多い

    解説

  • 17

    2011年に負債額が多い業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業(設備投資があるから)⇒サービス業の順番

    解説

  • 18

    2011年に唯一倒産が増加している業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービス業(大震災により風評被害を受けたホテルやゴルフ場の倒産が多かったため)

    解説

  • 19

    鉱工業生産指数の地方別寄与度の推移は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サプライチェーンの寸断の影響が大。関東地方⇒中部地方⇒東北地方の順番。東北地方の下請工場を多く有する関東地方、中部地方(トヨタ)の影響が大きかった

    解説

  • 20

    BCPのポイント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業継続計画のこと。まだまだ中小企業には浸透していないというのがポイント。

    解説

  • 21

    わが国の人口推移予測

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2010年12,806万人⇒2030年11,662万人(91%に減少)が予測されている。2010年をピークに20年後に1割減となる

    解説

  • 22

    海外進出企業の海外生産比率の推移は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2000年から2007年(33.8%)までは一貫して増加していたが、リーマンショックの2008-9年に31%まで減少している。現地生産による情報漏えいや付加価値を高めるために国内回帰が進んだもの。

    解説

  • 23

    製造業 2009年の輸出企業の割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.8%が出る

    解説

  • 24

    製造業 輸出企業の業種構成は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産用機械器具製造業18.7%(農業用機器)⇒化学工業8.7%(石油精製)⇒電気機械器具製造業7.9%(家電)⇒金属製品製造業7.5%(バネ)の順。上位4種で輸出業全体の42.8%を占める

    解説

  • 25

    製造業 輸出企業の従業員の傾向は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員規模の大きい企業ほど輸出している割合が高い

    解説

  • 26

    卸売業の輸出事業所数は2002年⇒2007年増減は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約400事業所増加している 暗記!

    解説

  • 27

    卸売業 商品別で輸出事業所数が多いものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械器具・化学製品

    解説

  • 28

    卸売業 事業所数はどの商品も概ね増加しているが減少している業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械器具、衣服・身の回り品・繊維品(従来より海外との競争が激しいため)

    解説

  • 29

    卸売業 輸出事業所の割合が高い業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械器具、自動車

    解説

  • 30

    卸売業 唯一事業所割合が平均の2.9%を下回っている業種は(その他業種以外)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農畜産物、水産物、食料、飲料が0.9%。一方で今後日本食の見直しなどにより伸びが期待されている

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ