zuknow learn together

新しい教材を作成

【10分学習】中小企業診断士(経営・政策①)

カード 30枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 中小企業は事業所ベースで全体の何%を占めるか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士をテーマ別に学習できます。通勤用。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    中小企業は事業所ベースで全体の何%を占めるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 99.00%

    解説

  • 2

    中小企業は企業ベースで全企業数の何%を占めるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 99.70%

    解説

  • 3

    中小企業基本法における中小企業の定義は?(資本金ベース)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業・建設業・運輸業 3億円以下、卸売業1億円以下、小売業・サービス業5千万円以下

    解説

  • 4

    中小企業基本法における中小企業の定義は?(従業員ベース)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業・建設業・運輸業300人以下、卸売業・サービス業100人以下、小売業50人以下

    解説

  • 5

    中小企業の定義語呂合わせ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セイオロコサ 3.3 1.1 5.5 5.1

    解説

  • 6

    中小企業のうち小規模企業とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常時雇用者20人以下(卸売業・小売業・飲食店・サービス業は5人以下)の企業のこと

    解説

  • 7

    日本の全従業員のうち中小企業の従業員数の占める割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 66%=約7割

    解説

  • 8

    中小企業の事業所ベース・企業ベースで最も数の多いのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小売業

    解説

  • 9

    中小企業のうち小規模事業所で2番目に多いのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建設業

    解説

  • 10

    中小企業の代表的な産業で事業所ベース・企業ベースともに数が多い順番は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小売業⇒宿泊業・飲食サービス業⇒建設業⇒製造業⇒卸売業

    解説

  • 11

    中小企業のうち従業員数で多い産業の順番は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業⇒小売業⇒宿泊業・飲食サービス業⇒建設業⇒卸売業

    解説

  • 12

    従業員数で中小企業の構成率が大きい業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療・福祉91.5%、建設業87.1%

    解説

  • 13

    従業員数で中小企業の割合が5割を超えていない業種は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電気・ガス・熱供給・水道業・情報通信業・金融・保険・複合サービス業(郵便事業など)

    解説

  • 14

    企業規模別企業数割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うち小規模企業87.0%⇒中小企業99.7%⇒大企業0.3%

    解説

  • 15

    従業員数ベース企業規模別割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うち小規模企業21.2%⇒中小企業66.0%%⇒大企業34.0%

    解説

  • 16

    中小企業と大企業の比較シリーズ 当座比率は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資金繰りを表すので中小企業は重要。これが高い中小企業のみが生き残っているから。中小企業が大企業を上回っている。借入割合は中小企業の方が大きいが、設備資金に回さず手元に置いている(安全のため)。状態的には良くないと言える。大企業は設備に回している。

    解説

  • 17

    借入利子率は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中小企業=大企業。中小企業の方が債務償還年数を長くしているため。

    解説

  • 18

    固定長期適合率は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中小企業=大企業。

    解説

  • 19

    債務償還年数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中小企業が大企業の3倍以上(中小企業が13年、大企業が4年)

    解説

  • 20

    経常利益率は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大企業が中小企業の約2倍と開きあり

    解説

  • 21

    付加価値率は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中小企業が大企業を一貫して上回っている。∵中小企業は付加価値を高めないと生き残れないから。

    解説

  • 22

    労働生産性・労働装備率(設備の率)は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中小企業は500万円程度、大企業は800万円程度。約1.6倍の格差がある

    解説

  • 23

    当座比率の業種別順位は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービス業⇒建設業⇒製造業⇒卸・小売業

    解説

  • 24

    自己資本比率の業種別順位は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービス業⇒建設業⇒製造業⇒卸・小売業

    解説

  • 25

    売上高計上利益率の業種別順位は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業⇒サービス業⇒建設業⇒卸・小売業

    解説

  • 26

    付加価値率の業種別順位は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービス業⇒建設業⇒製造業⇒卸・小売業

    解説

  • 27

    開廃業率逆転したのはいつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1989年以前は開業率>廃業率だったが、1989-1991年を境に開業率<廃業率と逆転、以後一貫して開業率<廃業率となっている。

    解説

  • 28

    2004-6年と2006-9年の廃業率変化は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基本的に廃業率が上昇しているが、サービス業だけは廃業率は低下している。

    解説

  • 29

    開業率の業種別順位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービス業・小売業⇒卸売業⇒製造業。サービス業・小売業は開業資金が他の業種と比較して小額で済みやすい

    解説

  • 30

    廃業率の業種別順位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小売業⇒卸売業⇒製造業⇒サービス業。サービス業は運転資金が少ないため(人件費のみ)最も廃業率が低いことと、リーマンショックの影響が最も少ないのも理由。

    解説

56571

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ