zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H24 基礎(51~100)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2015/01/25)

  • 胸腹部外傷について、損傷した肺から、胸腔内へ空気が漏れることを血胸という。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生や現役での合格を目指す学生、全ての受験生をサポートするグループ。 身近な先輩ATによるAT教本をベースとした「講義」と レベルアップを目指したAT関連の「文献抄読」、「実技練習」、 ゲストによる特別講義など 1ヶ月2〜3回の勉強会とオンラインサービスを活用した学習で、 一緒に学びAT取得を目指します。 卒業校に関係なく、KnowHow「ノウハウ」の共有を目指します! facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    胸腹部外傷について、損傷した肺から、胸腔内へ空気が漏れることを血胸という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    胸腹部外傷について、fail chest では、呼気時に胸部が陥没する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    胸腹部外傷について、胸部外傷の一般症状は、体動時などの胸痛、呼吸困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    胸腹部外傷について、AED とは自動体外式除細動器のことで、胸痛に対して用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    胸腹部外傷について、心臓振とうとは、胸部の打撃による胸郭の破壊により生じる心停止である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    インフルエンザの感染経路は経口感染である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    インフルエンザウイルスは抗原変異が大きいので、予防接種が好ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    インフルエンザについて、潜伏期間は約 1 週間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    インフルエンザについて、かぜ様症状、全身倦怠感、高熱などが主な症状であるが、消化器症状を伴うこともある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    インフルエンザについて、抗インフルエンザ薬には予防効果はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    物体は外力が作用しない限り静止し続けるか、等速直線運動をし続ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    外力が作用したとき、物体はその質量に反比例し、力に比例する加速度を持つことを慣 性の法則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    質量と重量は同じ物理量である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    運動エネルギーは速度の 2 乗に比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    2 物体間に作用し合う力は大きさが等しく、方向が逆である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    骨の健康状態は、骨密度測定を1回実施すれば評価できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    骨密度の測定法の一つに、二重X線吸収法(DXA)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    骨障害と栄養摂取について、カルシウム摂取をしっかりすれば、エネルギー摂取が少なくても影響はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    骨障害の予防のためにはカルシウム補給とカルシウム沈着を助ける栄養素摂取の両方が必要であ る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    骨障害と栄養摂取について、女子選手は月経状況により骨密度が低下することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    頚椎は 7、胸椎は 12、腰椎は 5 個の脊椎骨から構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    脊椎を側面からみると頚椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    Carrying angle とは上腕骨軸と尺骨軸のなす角度をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    Q-angle とは大腿骨軸と下腿軸のなす角度をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    Leg-heel alignmentとはアキレス腱の長軸(あるいは下腿の軸)と踵骨軸のアライメン トをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    若年者の運動中の突然死で多いのは循環器疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    突然死について、肥大型心筋症は、スポーツ心臓との鑑別が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    突然死の原因となる多くの循環器疾患の診断には心エコー検査が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    突然死について、不整脈原性右室心筋症ではすべてのスポーツ活動が禁止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    マルファン症候群で突然死の原因となるのは冠動脈瘤である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    Jone's 骨折は第 4 中足骨の疲労骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    足関節内果疲労骨折は、予後がよく、少しの運動量減少で骨癒合が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    足部の疲労骨折について、母趾基節骨に疲労骨折が生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    足部の疲労骨折について、踵骨疲労骨折には足底挿板が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    足部の疲労骨折について、舟状骨に疲労骨折が生じることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    サイキングアップ技法について、緊張が強すぎる場合に最適レベルまで緊張レベルを低下させることに有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    サイキングアップ技法について、試合相手が異様に強そうに見えて萎縮したり、「相手にのまれている」と感じた時にはリ ラクセーションの技法が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    サイキングアップ技法について、試合前に、エネルギッシュな音楽を聴くとプレッシャーにつながるのでやめた方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    サイキングアップ技法について、ロウソクの火を吹き消すように、短く早い呼吸を繰り返すことによって緊張レベルは低 下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    サイキングアップ技法について、気持ちを奮い立たせるためには、自身に言い聞かせるように、さらに、自分に暗示をか けるように、積極的な独り言を口にすることが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    膝の正常可動域は腹臥位(股関節伸展位)で伸展 0°から屈曲 150°である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    膝関節の運動について、脛骨関節面上の大腿骨顆部の動きは転がりとすべりの混合運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    膝関節屈曲位から伸展していくと最終伸展時に脛骨は大腿骨に対し内旋する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    膝関節の屈曲運動、伸展運動に伴い半月板は前後に動く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    膝の基本的運動は矢状面における屈曲・伸展運動のみである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    脊髄損傷について、中心性脊髄損傷は、飛び込みや衝突などでの頚部の過伸展で多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    脊髄損傷が疑われた場合には、無理に頚部を動かさないよう、担架などで運ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    脊髄損傷では、手足の運動感覚障害を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    脊髄損傷について、脊髄は脊椎によって保護されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    脊髄損傷について、スポーツ外傷では、胸髄、腰髄の損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    筋持久力のトレーニングは、小学生頃から導入していく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    筋力トレーニングの効果における男女差は、思春期以降に大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    基本的な運動のスキルは、中学生頃に身につけるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    高校生に比べて中学生は筋力トレーニングの効果が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    トレーニングと発育・発達の関係について、発達速度が最大になる時期に、個人差はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    膝半月板について、外側半月板は内側半月板よりも可動性が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    膝半月板について、半月板には血行がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    膝半月板について、内側と外側の半月板は同じ形態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    膝半月板について、半月板は硝子軟骨で構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    膝半月板について、半月板の主な機能は荷重伝達・分散である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    アイソメトリックトレーニングでは、トレーニングを行う関節角度により発揮される筋力が異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    アイソメトリックトレーニングでは、負荷強度の設定と確認が難しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    アイソトニックトレーニングでは、動作の開始から終了まで一定の負荷が筋に与えられ る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    アイソトニックトレーニングでは、負荷強度と繰り返し数を設定しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    アイソキネティックトレーニングでは、専用の機器や装置を必要とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    スポーツ心臓について、心臓への負荷は、圧負荷と容量負荷がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    スポーツ心臓について、圧負荷による左室肥大では壁厚が増大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    スポーツ心臓について、容量負荷による左室肥大では心内腔が拡大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    スポーツ心臓について、長期間にわたる高度のトレーニングによりもたらされるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    スポーツ心臓について、心筋収縮性は正常であるが心拍数が低下するので、心ポンプ機能は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    腰椎椎間板ヘルニアについて、好発年齢は 50〜60 歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    若年層の腰椎椎間板ヘルニアは、何らかの外傷による線維輪の損傷が契機となって発症することが考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    腰椎椎間板ヘルニアについて、腰椎椎間板の髄核は、いずれの方向にも移動する可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    腰椎椎間板ヘルニアについて、椎間板内圧は座位より立位で高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    腰椎椎間板ヘルニアの徒手的検査として、SLR(Straight Leg Raising)テストは有用な検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    信頼のおける方法で入手したサプリメントは、栄養成分表示や JADA(日本アンチドー ピング機構)マークを参考にする必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    サプリメントの使用は、各競技者の責任に任されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    サプリメントの原材料が、天然成分や自然食品由来であるものには、副作用がなく、安全であることの証􏰀になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    階級性競技における厳しいウエイトコントロールのために摂食制限がある場合には、食事からの栄養素の摂取量は考えずにサプリメントから十分に摂取できるように摂取計画 を立てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    試合スケジュールによって食事や間食に十分な時間がとれないときは、サプリメント摂取が必要となる場合もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    ACL 損傷に合併する半月板損傷は内側の前節部に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    膝前十字靭帯(ACL)について、損傷しても治癒する場合が多いのであまり困らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    ACL に対する不安定性テストとしては、McMurray test が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    ACL 再建術の移植腱としては、わが国では自家腱を用いる場合がほとんどである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    ACL 再建術後のスポーツ復帰時期は、本人の希望にあわせて行なう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    全身運動時には、運動強度の増大に伴って収縮期血圧、拡張期血圧ともに増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    運動時には心拍数、心拍出量ともに増加し、増加した心拍出量によって酸素需要の高い 組織では血流か増す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    交感神経は心臓の拍動頻度を増加させ、収縮力を強くするなど、心ポンプ作用の促進に 作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    運動と循環について、心筋は短収縮しかせず、骨格筋のような共縮が起こらないので、心臓全体として収縮と 弛緩が毎回必ず交互に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    運動時には、1 回拍出量と心拍数の両方が増加し、単位時間当たりの拍出量が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    足関節内がえし捻挫について、足関節外側靭帯は損傷を受けない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 92

    足関節内がえし捻挫について、足関節外側靭帯のうち前距腓靭帯が損傷されやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    足関節内がえし捻挫について、前距腓靭帯損傷のみであれば局所の安静は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    足関節内がえし捻挫について、軟骨損傷の合併がみられることは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    足関節内がえし捻挫について、踵腓靭帯損傷が生じると距骨下関節への影響もありうる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    成長期のスポーツ医学について、子どもの特徴は心身の未熟性と成長発達であるが、一定の範囲で個人差がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    身長の伸びは骨の伸びであり、骨によって化骨化する年齢(成長が止まる年齢)が異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    運動誘発性気管支喘息や食物依存性運動誘発性アナフィラキシーなどのアレルギー性疾患を持つ子どものスポーツ参加は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    理想的な子どものスポーツ指導の原則の一つとして、「一種目でなく、数種目の運動やス ポーツを行うように指導する」がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    年齢による発育・発達パターンでは、筋骨格系が脳・神経系や呼吸・循環系に比べて最 後にピークを迎える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    足関節の靭帯について、二分靭帯は足関節内側靭帯の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 102

    足関節の靭帯について、踵腓靭帯は足関節外側靭帯の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    足関節の靭帯について、踵腓靭帯は腓骨下端前方からやや前方へ走行して立方骨に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    足関節の靭帯について、後距腓靭帯は足関節内側靭帯の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    足関節の靭帯について、三角靭帯は足関節外側靭帯の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    着地の瞬間にタイミングよく膝を曲げ、クッションを使うと力積を小さくすることがで きる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    着地時の運動量と力積の関係について、膝を伸ばしたまま飛び降りると力積が大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    着地の瞬間にタイミングよく膝を曲げ、クッションを使うと地面反力の作用時間を短くすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 109

    着地時の運動量と力積の関係について、膝を伸ばしたまま飛び降りると地面反力の作用時間が短くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    着地の瞬間にタイミングよく膝を曲げ、クッションを使うと衝撃力を小さくすることが できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    肩甲上腕関節について、臼蓋(肩甲骨関節窩)は上腕骨頭に対して小さいため、その支持性は骨組織に依存する 割合が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    肩甲上腕関節について、肩甲骨関節窩は洋梨状の形態であり、関節窩下方部分はほぼ正円形である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    肩甲上腕関節について、関節包自体が靭帯(関節上腕靭帯)として機能している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    肩甲上腕関節について、関節唇とは、関節上腕靭帯が関節窩に付着する部分の盛り上がった線維性の組織である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    肩甲上腕関節について、肩甲上腕関節における陰圧の関節内圧は、静的安定化機構の一つになっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    パワーと筋力は同じ意味である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    パワーは単位時間当たりの仕事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    パワーは力と時間の積として計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    パワーは力と距離の積として計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 120

    スピードがゼロならばパワーもゼロである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 121

    脳振とうについて、意識消失は必発の症状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    脳振とうについて、試合前後の記憶がないこと(健忘)も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    脳振とうについて、一度起こした競技者は再び起こす危険性は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    脳振とうについて、意識状態が悪い場合は􏰁睡体位をとり、直ちに救急車を要請する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    脳振とうについて、ラグビーでは、全外傷の約30%が脳振とうといわれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    オーバートレーニング症候群について、早期発見には血中コルチゾル値の変化が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 127

    オーバートレーニング症候群について、軽症から重症まであるが、うつ状態や分裂病に類似した精神異常を示すようなことはな い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    オーバートレーニング症候群について、予防には POMS 試験が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 129

    オーバートレーニング症候群について、交感神経緊張型と副交感神経型に分類され、副交感神経型は典型的なオーバートレーニ ング症候群の特徴を示している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    オーバートレーニング症候群について、現在の運動トレーニング強度が過大、トレーニング量が過剰であると運動後 10 分経っても心拍数か100 拍/分以下にならないことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    投球障害肩について、投球動作における運動連鎖の破綻によって、肩甲上腕関節に過剰な負担がかかることが 投球障害肩の主たる病態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    投球障害肩について、肩甲上腕関節の過剰な水平外転や内旋が繰り返されることにより、下方関節唇剥離や腱 板滑液包側の断裂が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    投球障害肩について、運動療法を中心とした機能低下部位の改善が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    投球障害肩について、肩甲上腕関節内に造影剤を注入する造影 MRI が、関節唇病変の診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    投球障害肩について、エックス線像では、Bennett 骨棘の有無などを確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    アキレス腱断裂について、救急処置は、足関節を軽度背屈位で固定して行なう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 137

    アキレス腱断裂について、下腿三頭筋筋力を急激に発揮したときに断裂する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    アキレス腱断裂について、テニスやバスケットボールで好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    アキレス腱断裂について、画像診断はエックス線が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    アキレス腱断裂について、衝撃が強いため、受傷後の疼痛が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    1988 年ソウル以降の夏季オリンピックではドーピング違反件数の減少が続いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    ドーピングによる副作用は自己責任の問題なので、ドーピングを禁止する理由にはなら ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    国際的なドーピング防止活動は国際オリンピック委員会が統括している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    禁止物質や禁止方法を保有することはドーピングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    WADA 規程(世界ドーピング防止規程)にはドーピングとして 8 項目が定義されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    ソフトコンタクトレンズは装用感が良く、乱視の矯正効果も高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 147

    視神経が眼球網膜を貫き出てくるところを中心窩と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    眼窩骨折では、視力低下よりも複視が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    角膜損傷では、激痛や視力低下、光過敏を訴える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    眼瞼損傷では涙管損傷による流涙がみられることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    運動負荷試験の目的について、胸痛の診断

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    運動負荷試験の目的について、心疾患の治療効果や予後の判定 解離性大動脈瘤の診断

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    運動負荷試験の目的について、解離性大動脈瘤の診断

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    運動負荷試験の目的について、心疾患のリハビリテーションのメニュー作成のため

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    運動負荷試験の目的について、健康維持・増進のための運動処方作成のため

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    頚椎椎間板ヘルニアについて、頚椎椎間板の髄核が線維輪を破って脊柱管内に突出し発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第 5 頚椎・第 6 頚椎間に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根を圧迫し神経根障害を呈することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根障害を呈する場合でも、必ずしも手術の適応にはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第 5 頚椎・第 6 頚椎間の椎間板ヘルニアでは、小指にしびれを呈することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    アスリートの骨作りについて、骨の約 70%を占める無機成分の主体は、リン酸カルシウムである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    アスリートの骨作りについて、骨のリモデリングにより 1 年間で 4%程度の組織が入れ替わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    アスリートの骨作りについて、カルシウムとリンの摂取比率として 5~10 が勧められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    アスリートの骨作りについて、骨の成長には、骨への機械的刺激が影響する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    アスリートの骨作りについて、過度のたんぱく質摂取は、カルシウム排泄量を増加させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    暑熱環境について、深部の体温は環境温度が変化しても一定に保たれるようになっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 167

    暑熱環境について、熱放散に関して、輻射、伝導、対流の効率は皮膚温と環境温の差が関係し、蒸発には湿 度が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    暑熱環境について、脱水は運動時の熱放散の効率を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    暑熱環境について、運動時には脳で大量の熱が発生するが、激しい運動では安静時の 10~15 倍の熱が発生す る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    暑熱環境について、熱中症の中で最重症の熱射病は体温調節の破たんを特徴とするが、死亡することはまれ である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    足関節外側靭帯損傷について、足関節の軟骨損傷は合併しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    足関節外側靭帯損傷について、不安定性の診断でストレスエックス線撮影は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    足関節外側靭帯損傷について、新鮮損傷に対してはまず、保存治療が行われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    足関節外側靭帯損傷について、前距腓靭帯の損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    足関節外側靭帯損傷について、小児においては腓骨側の裂離型骨折を起こすことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    アスリートの筋肉作りについて、食事から摂取したたんぱく質は、ブドウ糖にまで分解されて吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    アスリートの筋肉作りについて、分岐鎖アミノ酸は、アラニン、トリプトファン、スレオニンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 178

    アスリートの筋肉作りについて、レジスタンス運動後には、筋肉のたんぱく質の合成と分解が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 179

    アスリートの筋肉作りについて、窒素出納は、たんぱく質の摂取量よりもエネルギー摂取量の影響を大きく受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    アスリートの筋肉作りについて、成長ホルモンは、体たんぱく質の合成を促す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    鼻について、キーゼルバッハ部での鼻出血はまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 182

    鼻には外頚動脈系からも内頚動脈系からも血流が分布している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    鼻腔後部からの出血は医療機関で対処しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    鼻骨骨折は徒手整復後、鼻腔ガーゼ充填と鼻ギブスによる固定を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    鼻中隔骨折や脱臼では、鼻出血や鼻閉をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    体水分量の損失は循環血液量の減少と血液粘性の上昇を招き、心臓への負担が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    体水分量の損失は長時間運動時のみにみられる現象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    運動時、発汗で失われる電解質の大部分は Na+や Cl-である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    運動開始 30〜40 分前の高濃度糖摂取は、運動時の低血糖を引き起こす可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    筋のグリコーゲン・ローディングは超回復の原理に基づいている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    成長期の野球肘について、変形性肘関節症は成長期に認められる野球肘の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    成長期の野球肘について、離断性骨軟骨炎は上腕骨滑車部の発生が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    リトルリーグ肘は上腕骨外側上顆の靭帯付着部の障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 194

    成長期の野球肘は手術適応になる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    成長期の野球肘について、離断性骨軟骨炎は病期が進行すると関節遊離体(ネズミ)を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 196

    高尿酸血症について、脱水が原因で高尿酸血症になることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    高尿酸血症について、腎臓の機能低下は発生要因の一つとされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    高尿酸血症について、血中尿酸値を下げるには有酸素運動の実施も効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    高尿酸血症について、運動選手には高尿酸血症が少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    高尿酸血症について、対策としてプリン体を多く含む食品やアルコールを控えるのが良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    持久能力を必要とする競技者ほど最大酸素摂取量が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    運動時、呼吸筋の素早く力強い収縮により肺換気量が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    一般人では、換気閾値と乳酸閾値は最大酸素摂取量の 80%に相当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    運動時の換気亢進は、神経性と体液性の多重制御を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    運動時の呼吸調節について、最大運動時でも、換気能力には予備力がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    脊椎・脊髄損傷について、高所転落により胸腰椎移行部を骨折しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    脊椎・脊髄損傷について、腰椎の破裂骨折により腰髄損傷が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    頚髄損傷の発生要因で最も多いのは水中への飛び込みである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    アメリカンフットボールの spearing タックルは胸髄損傷を起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    頚部脊柱管狭窄を有する選手は頚髄症の危険性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    アスリートの貧血について、よくみられる貧血は、鉄欠乏性貧血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    アスリートの貧血について、鉄需要の増大には、成長、筋肉量、循環血液量の要因が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    アスリートの貧血について、1 日に鉄を 30mg 以上摂取しなければいけない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    アスリートの貧血について、予防と対策には、食生活面の確認と同時に練習内容の確認も行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    アスリートの貧血について、野菜中心の食生活を継続することで、鉄欠乏を予防できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 216

    運動負荷試験結果の判定基準について、運動負荷により心電図で ST 下降あるいは上昇を認めた場合、心筋虚血性変化ありと判定 される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 217

    運動負荷試験結果の判定基準について、ST 下降が出現しても右下向型(sagging type)の場合には心筋虚血の可能性が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    運動負荷試験結果の判定基準について、運動負荷を中止してから 3 分以上経過しても有意な ST 下降が認められる場合、真の心筋 虚血を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    運動負荷試験結果の判定基準について、安静時に不整脈を有し、運動負荷によりその不整脈が消失あるいは減少した場合、その 不整脈の重症度は高いと考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    運動負荷試験結果の判定基準について、Bruce Protocol による運動負荷の一段階上昇で、20mmHg 以上の収縮期血圧上昇を認め た場合、血圧上昇の程度が強いと判断される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    筋力発揮のメカニズムについて、人体の主要な関節では、てこを利用することで、筋が発揮した力よりも大きな力を外部 に作用させることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 222

    筋力発揮のメカニズムについて、筋は関節をまたいで隣接する骨に付着しているため、関節の回転を起こしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 223

    筋力発揮のメカニズムについて、筋は等尺性収縮よりも伸張性収縮のほうが大きな力を発揮できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    筋力発揮のメカニズムについて、筋原線維は、長く引き延ばされた状態であるほど大きな力を発揮できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 225

    筋力発揮のメカニズムについて、平滑筋を随意的に収縮させることで、その筋力を増加させることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 226

    20 歳代以下の外傷性前方脱臼は、多くの場合、反復性に移行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    反復性脱臼でも、多くの選手は保存療法にてスポーツ完全復帰が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    肩関節の外傷について、前方脱臼が多く、後方脱臼はまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    腱板断裂は、棘上筋腱や棘下筋腱に起こる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    腱板断裂が画像診断で確定した場合、ただちに手術が必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 231

    集中力を高めたり、気持ちを切り替えたりする目的で「プリ・パフォーマンス・ルーテ ィーン」が使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 232

    「プリ・パフォーマンス・ルーティーン」は、試合のときだけに行うことが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    リハビリテーションの合間に集中力を高め、気持ちを切り替える方法を身につけることは困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    物、道具、場所などの自分で決めたポイントを見ることで集中力を高めるテクニックがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    集中力を高めることができるかは、選手の性格上のことなので、変化させることは困難 である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    ドーピングコントロールについて、競技会外検査では、検査対象競技者は検査通告後にトレーニングを継続することはでき ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    WADA 規程(世界ドーピング防止規程)禁止表国際基準は毎年改訂される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    ドーピングコントロールについて、、特定物質の違反では制裁が軽減されることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 239

    ドーピングコントロールについて、、一般的な漢方薬は化学物質ではないので、禁止物質は含有しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    TUE(治療目的使用に係る除外措置)申請書は医師と競技者とが記入して、医師が日本 アンチドーピング機構(JADA)へ提出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    脊柱弯曲について、若い女性では頚椎の前弯が少なく、後弯位をとることもまれではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    脊柱弯曲について、骨盤が後傾すると仙骨傾斜角は増加し、腰椎の前弯は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    脊柱弯曲について、骨盤の傾斜は股関節、膝関節の可動性によって影響を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    脊柱弯曲について、生まれつきの脊椎骨奇形による側弯症を特発性側弯症と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    脊柱弯曲について、腰椎椎間板ヘルニアによって疼痛性側弯を呈することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    速筋線維は、収縮速度が速く ATPase の活性が高いが疲労しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    遅筋線維は、収縮速度が遅いが酸化系酵素活性が高く疲労しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    筋線維の種類と特徴について、一般人における外側広筋の速筋線維と遅筋線維の数の比は、おおよそ 2:1 である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    筋線維の種類と特徴について、競技者の非常に偏った筋線維組成は、遺伝的要素が高いと考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    筋線維の種類と特徴について、FOG(タイプ IIa)線維は、SO(タイプ I)線維と FG(タイプ IIb)線維の中間の特性を持 つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ