zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H24 基礎(1~50)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2015/01/25)

  • 柔軟性について、柔軟性に影響するものは、骨の形状、関節、筋の緊張のみである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生や現役での合格を目指す学生、全ての受験生をサポートするグループ。 身近な先輩ATによるAT教本をベースとした「講義」と レベルアップを目指したAT関連の「文献抄読」、「実技練習」、 ゲストによる特別講義など 1ヶ月2〜3回の勉強会とオンラインサービスを活用した学習で、 一緒に学びAT取得を目指します。 卒業校に関係なく、KnowHow「ノウハウ」の共有を目指します! facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    柔軟性について、柔軟性に影響するものは、骨の形状、関節、筋の緊張のみである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    柔軟性について、SLR(Straight Leg Raising)テストはハムストリングスのタイトネスも評価できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    柔軟性について、FNS(Femoral Nerve Stretching)テストは大腿四頭筋のタイトネスも評価できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    柔軟性について、ストレッチングは準備運動だけでなく、筋・腱のコンディションの評価にもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    柔軟性について、成長、疲労が筋・腱の柔軟性に影響を及ぼすが、老化は影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    女性のスポーツ医学について、女性競技者の注意すべき障害として、摂食障害、月経異常、骨粗鬆症がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    女性のスポーツ医学について、性別による筋力トレーニングの効果の差には性ホルモンが関係している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    女性のスポーツ医学について、女性競技者では、続発性無月経は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    女性のスポーツ医学について、体脂肪率は月経異常と関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    女性のスポーツ医学について、女性競技者は男性競技者と比べ鉄欠乏性貧血になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    腓腹筋の肉ばなれについて、求心性筋収縮の時に起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    腓腹筋の肉ばなれについて、内側頭に起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    腓腹筋の肉ばなれについて、MRI 画像は有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    腓腹筋の肉ばなれについて、テニスのサーブの時に生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    腓腹筋の肉ばなれについて、救急処置の際、固定角度は足関節中間位が望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    内分泌系について、下垂体前葉から分泌される成長ホルモンは、発育に関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    内分泌系について、激しいトレーニングをしている競技者では、男女ともに性腺系の抑制がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    内分泌系について、ストレスホルモンの血中濃度は、運動中の血中乳酸の増加とともに急激に増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    内分泌系について、運動によるカテコールアミン分泌の亢進によって遊離脂肪酸の動員が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    内分泌系について、運動はインスリン作用を増強させて、筋への糖の取り込みを抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    耳について、耳は耳介から鼓膜までの外耳・耳小骨を入れた内耳・蝸牛や三半規管を持つ中耳の3つから成る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    耳について、迷路振とう症では、はじめ高音部が聞き取れない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    耳について、鼻骨骨折では中耳や外耳道が損傷されることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    耳について、高飛び込み・潜水・登山では、空気圧変化による内耳損傷が起きることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    耳について、「頭を動かすとめまいがする」なら、耳の問題というより中枢性のめまいである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    貧血について、血中 Hb と最大酸素摂取量は相関する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    貧血について、鉄欠乏性貧血では、経口鉄剤の摂取から 1 週間程度でHb が正常化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    貧血について、アスリートによくみられる貧血は再生不良性貧血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    貧血について、貧血の治療は Hb の値に関わらず、まず鉄剤の注射を行うのが良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    貧血について、成長期のアスリートや女性アスリートは鉄欠乏性貧血になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    腰部について、腰椎の椎体は、前方は前縦靭帯、後方は後縦靭帯により、それぞれ補強されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    腰部について、椎間板は主に垂直方向の力を受けるが、1/2 を髄核が、残り1/2 を線維輪が受け持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    腰部について、椎間関節は前方要素の一部であり、その関節面の方向により運動の方向を決定している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    腰部について、腰部脊柱管後方には、黄靭帯(黄色靭帯)があり、上下の腰椎の椎弓を連結し補強している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    腰部について、仙腸関節は仙骨と腸骨をつなぐ関節で、前方は前仙腸靭帯で、後方は後仙腸靭帯で補強されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    水中で身体に働く力について、体積の大きい人ほど浮力が小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    水中で身体に働く力について、水中では重力が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    水中で身体に働く力について、浮心と重心の位置が横にずれていると回転が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    水中で身体に働く力について、移動スピードが大きいほど抵抗力が増す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    水中で身体に働く力について、移動スピードが大きいほど揚力が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    全身関節弛緩性について、肩・肘・手・股・膝・足関節の他に脊椎の伸展性を評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    全身関節弛緩性について、関節弛緩性と競技特性はあまり関係がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    全身関節弛緩性について、関節弛緩性を有する場合は、スポーツ外傷などが発生するリスクが高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    全身関節弛緩性について、関節弛緩性は先天的要素が影響することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    全身関節弛緩性について、肩・肘・手・膝・足関節は、片側のみ陽性ならば0.5 点とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    パワーとトレーニングについて、パワーアップを目的としたトレーニングは、最大速度で実施する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    パワーとトレーニングについて、最も大きなパワーが発揮されるのは、一般的に最大挙上重量の 80%程度とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    パワーとトレーニングについて、最大筋力を向上させずにパワーアップを図るためには、高重量低回数性のトレーニング を採用しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    パワーとトレーニングについて、最大筋力を向上させなければ、パワーアップは不可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    パワーとトレーニングについて、パワーは成した仕事を所要時間で除したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    試合当日は、朝・昼・夕の 3 食の食事を必ずとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    試合当日の食事について、高糖質食にし、消化のよい食べ物にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    試合当日の食事について、軽食や補食に頼らないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    試合当日の食事について、遅くとも試合開始3時間前までに食事をすませておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    試合当日の食事について、緊張して食べられない場合は、何も食べなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    スポーツ外傷・障害の特徴について、女性に多いものには、アライメントや関節弛緩性も関連する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    スポーツ外傷・障害の特徴について、成長期に多いものには、成長軟骨に由来するものに限定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    スポーツ外傷・障害の特徴について、成長期には、骨の長さの成長により筋の相対的な短縮が発生し、外傷・障害の原因とな る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    スポーツ外傷・障害の特徴について、高齢者は加齢により骨密度の低下がみられるが、男女差はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    変形性膝関節症は女性よりも男性に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    超回復について、休息によって、枯渇したエネルギーの回復や損傷した筋線維の修復が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    超回復について、疲労した身体が回復する期間は、有酸素運動中心のトレーニングでは 24 時間程度、強度 の高いレジスタンストレーニングでは 72 時間程度とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    同じ内容のトレーニングを継続する場合、実施頻度の高いほうが同じ期間内でのパフォ ーマンスの改善幅が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    超回復について、トレーニング頻度を落とさないためには、高負荷と低負荷のトレーニングを組み合わせ ることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    超回復について、以前と同じレベルにまで身体機能が回復する過程は超回復とは呼ばない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    肘関節の靱帯について、外側側副靱帯は、内側側副靱帯より強固である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    肘関節の靱帯について、内側側副靱帯後斜走線維は、肘関節屈曲に従い短縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    肘関節の靱帯について、内側側副靱帯は内側上顆下端後方から起始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    肘関節の靱帯について、輪状靱帯は橈側側副靱帯と連続性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    肘関節の靱帯について、内側側副靱帯の前斜走線維が損傷すると肘関節外反不安定性をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    男子の除脂肪量は、思春期に著しく増大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    体脂肪率に性差はみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    成人の体脂肪率は男子の方が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    男女間の体脂肪率を比較することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    体重に占める体脂肪の重量を除脂肪体重という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車内側では前方に生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車外側に生じることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    距骨離断性骨軟骨炎について、診断には MRI が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    距骨離断性骨軟骨炎について、治療には鏡視下ドリリングの他、骨釘移植や骨軟骨移植などが行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    距骨離断性骨軟骨炎について、関節鏡視下に変性軟骨を切除するだけでは症状が改善することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    筋肉中のグリコーゲンの枯渇は血糖の低下を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    糖質を十分に摂取するための目安は、総摂取エネルギー量の 50%程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    減少した筋グリコーゲンの回復には、1 日あたり体重 1kg あたり 5g程度の糖質が必要てある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    運動後に速やかに摂取したい糖質の量は、体重 1kg あたり 1〜1.5gが適当である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    グリコーゲン貯蔵量は、運動時の体たんぱく質の分解には影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    下腿疲労骨折について、10〜30歳代に好発するが、発症のピークは 16歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    下腿疲労骨折について、陸上競技の長距離選手に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    下腿疲労骨折について、初期単純エックス線像で、シンスプリントと鑑別することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 89

    下腿疲労骨折について、骨シンチグラフィーは早期発見に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    下腿疲労骨折について、跳躍型疲労骨折は脛骨中央にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    呼吸器感染症について、上気道から下気道にいたる急性炎症性気道疾患をかぜ症候群という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    呼吸器感染症について、かぜ症候群の多くはウイルス感染で、特にインフルエンザが主である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    呼吸器感染症について、ウイルス感染後に心筋炎や胸膜炎を併発することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    呼吸器感染症について、インフルエンザウイルスの主たる感染経路は飛沫感染である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    呼吸器感染症について、運動量および強度が高いほど、上気道炎にかかるリスクは低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    有鉤骨骨折について、有鉤骨鉤に生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    有鉤骨骨折について、野球中にフルスウィングで空振りやファールチップした際にグリップエンドがあたり生 じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    有鉤骨骨折について、ゴルフで地面をたたいた際に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    有鉤骨骨折について、通常の手関節 2 方向撮影で骨折は良好に描出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    有鉤骨骨折について、保存療法は長期の固定を要し、かつ骨癒合が得られないことがあるため、骨片摘出術か選択されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    筋活動のエネルギー供給について、乳酸性機構では最終的な代謝産物として乳酸が産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    筋活動のエネルギー供給について、非乳酸性機構のエネルギー供給速度には限界がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    筋活動のエネルギー供給について、筋収縮のエネルギー源は ATP(アデノシン三リン酸)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    筋活動のエネルギー供給について、有酸素性機構のエネルギー供給速度は乳酸性機構よりも速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    筋活動のエネルギー供給について、グリコーゲンは分解されることなく筋収縮のエネルギーとして利用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    アスリートの場合、軽度の貧血では身体症状は何も現れない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    鉄の吸収率は、一緒に食べた食品や個人の鉄欠乏の程度、食品中の鉄の形態なとにより 異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    貧血とは、血液中のヘモグロビンの量が減少した状態をいい、男性て12g/dl 未満、女性 て10g/dl 未満を目安としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 109

    鉄欠乏性貧血はサプリメントの日常的な利用により回避できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    貧血予防と改善のためには、血液生化学検査項目、食生活面のチェック、練習面のチェ ックについてのアセスメントが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    手根管症候群について、手関節の掌背屈を繰り返して行う競技で発症しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    手根管症候群について、手関節の酷使による屈筋腱滑膜炎で手根管内圧が上昇して発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    手根管症候群について、ウエイトリフティングの選手では、虫様筋の肥厚により手根管内圧が上昇して発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    手根管症候群について、手根管内圧が上昇して、最終的に尺骨神経が圧迫されて発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    手根管症候群について、母指、示指、中指、環指橈側の疼痛としびれを認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    スポーツカウンセリングについて、競技力向上を主たる目的とした心理的支援だけではなく、選手の精神健康の問題につい ても関心が向けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    スポーツカウンセリングについて、長時間の練習、不愉快な体験や外傷体験といった部活動におけるストレスは、中学生の メンタルヘルスにはあまり影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    スポーツカウンセリングについて、大学スポーツ選手にとって部離脱は、自分の支えを失ってしまうほどの大きな心理的出 来事になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 119

    スポーツカウンセリングについて、スポーツ選手における受傷後の心理的反応として、緊張、抑うつ、怒り、混乱など強い 否定的な情緒の経験が現れることが􏰀らかになっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    スポーツカウンセリングについて、摂食問題の発症においては、スポーツ種目の特徴は特に関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    女性に多いスポーツ外傷・障害について、上肢の挙上動作で上肢のだるさやしびれを訴える場合、胸郭出口症候群を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    女性に多いスポーツ外傷・障害について、手関節の屈伸動作を繰り返すときに手指のしびれを訴える場合、尺骨神経炎を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    女性に多いスポーツ外傷・障害について、関節弛緩性が高い女性の肩関節亜脱臼では、前方を含めた多方向に不安定性かみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    女性に多いスポーツ外傷・障害について、バレエなどのつま先立ちを行うスポーツでは、踵骨と脛骨との衝突が痛みを引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    女性に多いスポーツ外傷・障害について、膝外反位で膝蓋骨不安定性を訴える選手には、つま先を外に向けるフォームを練習させ る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    ドーピングコントロールについて、A ボトルの検体から禁止物質が検出された場合には、ただちに聴聞会が開かれて処分か決定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 127

    ドーピングコントロールについて、競技者とともに検査に立ち会う、所属チームのスタッフや通訳をシャペロンと呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    ドーピングコントロールについて、検査の公正さを確認するために、競技者が未成年の場合でも同伴者をつけることはでき ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    ドーピングコントロールについて、競技者が成年の場合、同伴者は競技者のトイレでの排尿を監視することがてきる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    ドーピングコントロールについて、競技者は通告された検査は原則として拒否できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    膝関節の解剖について、大腿骨の内側顆と外側顆では、外側顆の方が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 132

    膝関節の解剖について、大腿骨顆間窩には十字靭帯が存在している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    膝関節の解剖について、膝蓋骨の内側関節面は二次隆起を境に、狭義の内側関節面と odd facet に分けることがてきる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    膝関節の解剖について、腓骨は膝関節面を構成しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    膝関節の解剖について、脛骨関節面の矢状断の形状は、内側顆は凹面であるのに対し、外側顆は凸面である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    サプリメントを取り巻く問題点について、スポーツ界ではしばしばドーピング問題にまで発展することかある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    サプリメントがタブレットや粉末などの場合は、安全の可能性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 138

    体調の違いにより、サプリメントの腸管からの吸収率は変わる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    サプリメントの安全性を確かめる方法の 1 つに日本アンチ・ドーピング機構(JADA)認 定商品マークがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 140

    サプリメントの使用については、トレーナーや指導者の責任に任されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    概日リズムの乱れは、西行きのフライトが、同じ時間で東方にフライトしたときに比へて大きいことが知られている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    航空機内で、不快症状を訴える競技者の具体的な症状は、胸痛や動悸が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    概日リズムの乱れを早く解消する薬物療法の一つとしてメラトニンの使用が挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    ドクターが帯同せずにアスレティックトレーナーのみが帯同する場合も、処方箋により 購入できる処方せん医薬品をそろえて用意したほうがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 145

    旅行者血栓症は航空機内の長時間の座位などにより、下肢動脈血のうっ滞から血栓が生 じて肺塞栓症が起こった状態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    顔面骨のエックス線正面像だけでは骨折の有無を把握できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    顔面は血流が多く創傷治癒しやすいので、創洗浄後は縫合せず、乾燥させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    顔面外傷では、頭蓋内の損傷や眼球損傷の治療を優先する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    上顎骨骨折では気道閉塞の恐れがあるので、早期に気管切開を必要とすることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    ボクシングのマウスピースは、頬骨骨折を防ぐ効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    オーバートレーニングについて、トレーニングにおける過負荷の原理と同義である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 152

    オーバートレーニングについて、慢性的な疲労状態をつくりだし、競技力を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    オーバートレーニングが原因で疾病にかかることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 154

    運動中の血中乳酸濃度は、オーバートレーニング状態の指標になりえない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    オーバートレーニングを防ぐには、トレーニングの負荷強度と所要時間の両方を見直す 必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    遠征時の食事について、普段と同じ心身の状態にするために、できる限り普段と同じ食事環境を整えるようにす る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    遠征時の食事について、栄養面を考慮し、生野菜を積極的にとるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    遠征時の食事について、宿泊施設の好意で試合結果に悪影響を及ぼす可能性がある食事が提供された場合、競技 者は食べないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    遠征時の食事について、海外遠征での情報収集では、飲み水以外の水の衛生状態にも注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    遠征時の食事について、ビュッフェスタイルで食べ過ぎないようにするため、おかわりをしないように1度で盛 りつけるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    上腕骨外側上顆炎について、成人に特徴的で、成長期にみられることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    上腕骨外側上顆炎について、上腕骨内側上顆炎より少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 163

    上腕骨外側上顆炎について、手関節伸筋群の起始部の障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 164

    上腕骨外側上顆炎について、Chair test が陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    上腕骨外側上顆炎について、手術治療を要することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 166

    スポーツ心理学における目標設定について、現実的で挑戦的な目標としては、主観的な成功確率が 20〜30%くらいが適当である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    勝敗や競技の順位などの結果目標は、対戦相手などの要因の影響を受けにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    短期目標を設定することにより、達成についてのフィードバックが早期に得られるので、長期目標は重要視しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 169

    具体的な目標を設定することにより、自身の進歩を的確に把握でき、達成への自信が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    チーム目標は、チームワークの向上やメンバーの試合などへの動機づけを高めるが、併せて適切な個人目標も設定しないと効果的ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    ギオン管症候群について、橈骨神経の急性・慢性圧迫により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    ギオン管症候群について、自転車競技、野球(捕手)などの競技でみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    ギオン管症候群について、環指尺側と小指掌側の知覚障害を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    ギオン管症候群について、自転車における手の位置の調整も治療として有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    ギオン管症候群について、野球の捕手の場合、キャッチャーミットのパッドを厚くすることも治療として有効であ る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    中高齢者のトレーニングについて、動的筋力よりも静的筋力の方が加齢に伴い顕著に低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    中高齢者のトレーニングについて、高齢者の全身持久力トレーニングは、強度を高めても効果に影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 178

    中高齢者のトレーニングについて、運動習慣と内科的疾病の発生率は、ほとんど関係がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 179

    中高齢者のトレーニングについて、骨密度は、加齢に伴い男女差なく低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 180

    中高齢者のトレーニングについて、高齢者の筋力向上は、筋肥大よりも神経系の改善によるところが大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    離断性骨軟骨炎は、変形性肘関節症を起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    変形性肘関節症が進行すると、肘関節の可動域制限をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    変形性肘関節症について、骨棘の折損が小さければ、疼痛は起こさない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 184

    変形性肘関節症について、神経障害をきたすことはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    変形性肘関節症について、炎症が軽快しても、骨棘があると、スポーツ復帰は困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    アスリートのエネルギー消費量について、1日の総エネルギー消費量は、基礎代謝量と身体活動によるエネルギー消費量の和である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 187

    アスリートのエネルギー消費量について、摂取エネルギーが充足しているかについての有効な指標の一つに食欲がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    アスリートのエネルギー消費量について、身体活動量の推定には、各種身体活動におけるエネルギー消費量を安静時代謝量で除した値であるメッツを用いて算出する方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    アスリートがエネルギー消費量を把握することは、十分なエネルギー補給のために重要 となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    アスリートのエネルギー消費量について、身体活動レベル(PAL)はアスリートを対象とした値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    膝靭帯損傷について、内側側副靭帯損傷新鮮例の場合、合併十字靭帯損傷があれば手術をすることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    膝靭帯損傷について、後十字靱帯損傷の保存的治療では、膝伸展筋群の筋力強化が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    膝靭帯損傷について、後十字靱帯損傷は手術の必要がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 194

    膝靭帯損傷について、内側側副靭帯損傷の診断には、内反ストレステストが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    膝靭帯損傷について、後十字靭帯損傷は非接触で損傷することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    運動と循環について、運動強度に依存した筋血流量の増加は、すべての筋で一様である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 197

    運動と循環について、脳への絶対的な血流量は、運動強度が増加しても維持される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    運動と循環について、運動開始直後の筋血流量の増加は、筋収縮が要因となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    運動と循環について、運動強度の増大に伴う心拍出量の直線的な増加には、1 回拍出量の変化は関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    運動と循環について、持久性トレーニングは毛細血管の密度や心臓の 1 回拍出量を増加させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    頭部外傷について、脳は「対貫通性」に優れた頭蓋骨に保護されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    頭部外傷について、頭蓋骨骨折の続発症として、急性硬膜外血腫が起こりえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    頭部外傷について、頭皮からの出血は、頭蓋骨骨折を強く疑わせるので、圧迫しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    頭部外傷について、脳挫傷とは、脳組織の損傷を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    頭部外傷について、頭皮は血管に富んでいて、出血が多くなる傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    垂直跳びの特徴として、空中に跳んだ後、膝を曲げて足を引きつけると重心はより高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 207

    垂直跳びの特徴として、腕の振り込みを行った方が高く跳べる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 208

    垂直跳びの特徴として、直立姿勢からしゃがむより、はじめからしゃがんでいた方が高く跳べる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 209

    垂直跳びの特徴として、ゆっくりとした動作の方が筋のばね要素を利用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    垂直跳びの特徴として、初速度が同じであれば、体重が軽い方が高く跳べる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 211

    肘関節の解剖について、上腕三頭筋は肘頭に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    肘関節の解剖について、肘部管には、正中神経が走行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 213

    肘関節の解剖について、上腕二頭筋は尺骨神経が支配する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    肘関節の解剖について、円回内筋は外側上顆に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    肘関節の解剖について、上腕動脈と正中神経は併走する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    気管支喘息について、咳や息切れは慢性的で、呼吸器症状は常に同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    気管支喘息について、医療機関受診時に、咳、喘鳴、呼気延長がほとんどの患者で認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    気管支喘息について、症状はストレス、気道感染、アルコールなどで悪くなることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    気管支喘息について、治療の第 1 選択薬は糖質コルチコイド経口療法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    気管支喘息について、咳や息切れがいつもあるので、トレーニング負荷を軽減させる必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 221

    腓腹筋の筋力は、膝屈曲より膝伸展位にて調べた方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    ヒラメ筋の機能は足関節の底屈であり、起始部は大腿骨顆上部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 223

    前脛骨筋の機能は足関節の背屈と内がえしである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    後脛骨筋の機能は底屈と外がえしである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 225

    足関節の背屈に関与する神経は腓骨神経である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    足払いされて転ばないためには、重心を低くして構えたほうがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    同じ体格の人間であれば、体重の軽い方が姿勢の安定性は高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    同じ重心の高さであれば、基底面を広げることで安定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    子どもは相対的に頭が重いので、大人よりも安定して立っていることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    地面に接する部分の面積が十分に広ければ、重心位置がどこにあろうとも安定性は変わ らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    腰椎分離症の好発年齢は、14 歳を中心に 11〜17 歳の間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 232

    腰椎分離症の病変である分離部は、棘突起と下関節突起の間の椎弓の部分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    腰椎分離症の単純エックス線画像所見では、斜位像の「テリアの首輪」がよく知られて いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 234

    筋・筋膜性腰痛症の発生要因は、オーバーユースや腹筋群の筋力低下なとが考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    筋・筋膜性腰痛症での病変部は、筋や筋膜に限定して考えてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    A 型肝炎の感染経路は経口感染である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 237

    非接触スポーツと接触スポーツにおいて B 型肝炎ウィルスの既感染率はほとんど変わら ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    スポーツによる接触でB型肝炎ウイルスが感染する可能性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    B 型肝炎が慢性化する例は C 型肝炎より多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    B 型肝炎ウィルスキャリアでは肝障害がなければスポーツを行ってよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 241

    手関節尺側部痛をきたす疾患について、occult ganglion

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    手関節尺側部痛をきたす疾患について、STT 関節変形性関節症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    手関節尺側部痛をきたす疾患について、三角線維軟骨複合体損傷(TFCC 損傷)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    手関節尺側部痛をきたす疾患について、de Quervain 病 豆状三角骨障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    手関節尺側部痛をきたす疾患について、豆状三角骨障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    アスリートに対する栄養教育は、計画をたてて実行するというマネジメントサイクルに したがって進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    栄養指導はいつも個別に実施した方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 248

    食事指導を実施する前に、アセスメントとして、食事調査を行うことが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 249

    アスリートの栄養状態と知識レベルの状況把握や課題の抽出については、スポーツ栄養 士と相談するとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 250

    栄養教育の最終目標は、アスリートが練習量や目的に応じて食事内容を調整することが できるように行動の変容を促すことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ