zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H24 応用(51〜100)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2015/01/25)

  • アスレティックトレーナーの業務について、競技能力の発揮に必要な要因を望ましい状態に整えるための働きかけを行う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生や現役での合格を目指す学生、全ての受験生をサポートするグループ。 身近な先輩ATによるAT教本をベースとした「講義」と レベルアップを目指したAT関連の「文献抄読」、「実技練習」、 ゲストによる特別講義など 1ヶ月2〜3回の勉強会とオンラインサービスを活用した学習で、 一緒に学びAT取得を目指します。 卒業校に関係なく、KnowHow「ノウハウ」の共有を目指します! facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アスレティックトレーナーの業務について、競技能力の発揮に必要な要因を望ましい状態に整えるための働きかけを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    アスレティックトレーナーの業務について、救急処置、アスレティックリハビリテーションで必要な検査や診断を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    アスレティックトレーナーの業務について、スポーツ現場における傷病者に対する救急処置およびサポートを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    アスレティックトレーナーの業務について、スポーツ活動に支障をきたす身体的な不具合を改善するための働きかけを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    アスレティックトレーナーの業務について、スポーツ外傷・障害および内科的疾患の治療に関する対策を講じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    走動作について、腕振りの効果は下半身の角運動量を打ち消し、不必要な体幹の回旋を抑制していると考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    走動作について、走速度を規定する要因はピッチ(歩/秒)とストライド(m/歩)の積で決定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    走動作について、距骨下関節の回内運動は内側縦アーチを高め、足部の剛性を高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    走動作について、前脛骨筋はテイクオフ後から活動し、リカバリー期からサポート期前半を活動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    走動作について、足部回外運動に伴う踵骨内反位からフットストライクし、ミッドサポートにかけて回内運動していく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    アジリティとは、一般的に「敏捷性」を意味し、直線的な動きの中での加速、減速を伴う素早い動作ができる能力を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    アジリティトレーニングについて、急激なストップやターン動作の際に、傷害予防の面から、リアクションを加えた動作も十分に行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    アジリティトレーニングについて、ドリルを行う際には、ボールを使用してもその動作に必要なステップワークや必要な要素は変化しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    アジリティトレーニングについて、トレーニングを行う際、すべての動作において、正しい姿勢などを意識して行うことよりも、まず素早く動作を行うことが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    アジリティ改善のためには、爆発的な筋力や動的な柔軟性、リアクション能力などを含めた総合的な能力改善も必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    救急処置用器材について、全ての競技において頭頚部外傷時の救急処置に使用する物品も備えるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    救急処置で使用するネックカラーは、つけ心地を重視し病院などで処方される厚手のものを使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    救急処置用器材について、脊柱を固定する場合は、布製の担架とコルセットが最も適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    救急処置用器材について、人工呼吸の際の感染予防を目的として、フィルター付きまたは一方弁付きのシールドが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    救急処置用器材について、保温を行う際は、毛布などの保温用品を身体の上にかけるだけでよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    柔道の外傷発生について、上肢の急性外傷の発生機転で多いものとして、相手に投げられた時がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    柔道の外傷発生について、肩から落下した場合、直達外力で肩関節前方脱臼を生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    柔道の外傷発生について、下肢外傷は相手を投げようとした際、軸足に発生することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    柔道では頚椎捻挫など頚部外傷も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    柔道の外傷予防には、スキルの向上も重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    個別性の原則は、トレーニングの量や強度を段階的に増加させる ことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    過負荷の原則は、トレーニングの量や強度を段階的に増加させる ことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    全面性の原則は、トレーニングの量や強度を段階的に増加させる ことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    漸進性の原則は、トレーニングの量や強度を段階的に増加させる ことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    特異性の原則は、トレーニングの量や強度を段階的に増加させる ことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    陸上競技の各種目と発生頻度が高い外傷・障害の組み合わせについて、やり投げ-肘関節内側側副靱帯損傷

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    陸上競技の各種目と発生頻度が高い外傷・障害の組み合わせについて、短距離種目-足関節捻挫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    陸上競技の各種目と発生頻度が高い外傷・障害の組み合わせについて、砲丸投げ-手関節の外傷・障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    陸上競技の各種目と発生頻度が高い外傷・障害の組み合わせについて、短距離種目-ハムストリングス肉ばなれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    陸上競技の各種目と発生頻度が高い外傷・障害の組み合わせについて、走跳種目-シンスプリント

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    あたり動作で発生する外傷について、頭頂部からのコンタクトは、圧迫力により頚椎脱臼骨折を招きやすい危険な方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    あたり動作で発生する外傷について、体幹固定を犠牲にして相手を持ち上げようとすると腰椎過伸展による腰痛が生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    あたり動作で発生する外傷について、タックルの際に発生する肩関節前方脱臼は、肩関節外旋位での水平伸展強制で生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    あたり動作で発生する外傷について、下腿遠位外側への外力で起こる足関節の接触型外傷は、足関節内反強制による例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    あたり動作で発生する外傷について、膝関節外傷で、接触型は膝外反強制による膝内側側副靭帯損傷が代表的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    アクティブウォーミングアップについて、各競技における有酸素系の基本運動を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    アクティブウォーミングアップについて、競技特性に合わせた要素を取り入れると効果が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    アクティブウォーミングアップについて、身体外部から積極的な働きかけを行い体温を上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    アクティブウォーミングアップについて、マッサージやホットパックの使用も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    アクティブウォーミングアップについて、パッシブ(他動的)なウォーミングアップの補助として行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    肘関節について、肘内側側副靱帯損傷は肘内反ストレスによって生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    肘関節について、肘内側側副靱帯損傷は転倒などでは生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    肘関節について、肘内側側副靱帯は内側線維、斜走線維、外側線維より構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    肘関節について、外側上顆炎では、特に橈側手根伸筋が関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    肘関節について、投球による内側上顆炎には外反ストレスが関与することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    テニスでは、下肢障害として、シンスプリント、アキレス腱炎などが多く発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    バドミントンでは、前後左右に素早いフットワークで動き回ることから、足関節捻挫、下肢の肉ばなれが多く発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    体操競技において、支持姿勢や懸垂姿勢になると、肘関節屈曲可動域が低下する競技者が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    体操競技では、競技者の柔軟性向上は関節の不安定性や傷害要因とはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    テニスの場合、コートサーフェイスが違ってもシューズのアウトソールのグリップ性は変わらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    Anaerobic Threshold(AT)について、AT レベル以上の運動強度では、主にエネルギー産生を脂質代謝に依存する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 57

    Anaerobic Threshold(AT)について、AT レベル以下の運動強度では、主にエネルギー産生を糖質代謝に依存する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    Anaerobic Threshold(AT)について、AT レベル以上の運動強度では、主に無酸素的エネルギー(供給)機構が働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    Anaerobic Threshold(AT)について、AT は無酸素性作業閾値と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    Anaerobic Threshold(AT)について、AT は酸素性作業閾値と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    腰部のテーピングを行う際、アンカーの目安は、大腿部外側の中央部から第9肋骨までである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    肋軟関節分離に対するテーピングを行う際、背部のアンカーは胸部のアンカーよりも低い位置に貼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    腸骨稜打撲に対するテーピングの際、損傷部の少し下方に交点がくるようにX サポートをはじめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    腰部のテーピングで用いるX サポートは、下方から上方に向けて強く引っ張り上げるようにアンカーからアンカーまで貼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    肋軟関節分離に対するテーピングを行う際、サポートテープは呼息の状態で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    腰痛発生動作からは屈曲型腰痛、伸展型腰痛、回旋型腰痛、混合型腰痛に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    下腿前傾が不十分な状態での構えであると腰椎前弯が増強されやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    股関節屈筋の短縮を確認するテストをトーマステストという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    腰痛の発生機序を問わず、第一に体幹筋群を積極的に強化することが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    腰部疾患について、可動域や筋力の確保のみならず、効率の良い安全な動作の習得など競技特性に必要な機能を獲得して復帰することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    ウォーミングアップによる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋肉中のカルシウムイオンが活性化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    ウォーミングアップによる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋肉の酵素活性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    ウォーミングアップによる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋肉の粘性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    ウォーミングアップによる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、ヘモグロビンの酸素結合度が弱まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    ウォーミングアップによる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋収縮におけるエネルギー消費が低減する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    投球動作にとって骨盤・体幹の回旋(回転)は力源として重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    投球動作における股関節・体幹の運動について、ステップ脚の骨盤回旋(回転)は、主に股関節の外転・外旋運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    投球時の股関節運動は、主に固定された大腿部に対する骨盤の運動としてとらえることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    右投手の場合、加速期からフォロースルー期にかけて体幹は骨盤に対して主に左回旋する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    投球動作における股関節・体幹の運動について、加速期からフォロースルー期にかけてステップ脚の股関節は主に屈曲運動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    ラグビーでは、国内ルールで19 歳以下の競技者にヘッドキャップとマウスピースの着用がともに義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    バスケットボールでは、競技者が試合中に水分を補給できるのは、ピリオド間の休憩と交代でベンチに下がった時のみである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    バレーボールのスパイクにおいては、障害予防の観点から、体幹の屈伸を使ったフォームよりも、正中線を軸に体幹の回旋を使ったフォームの方が良いと考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    レスリングでは、コンディションを崩さないために短期間で減量することが理想である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    柔道選手のコンディショニングを考える場合、試合前の減量は、できれば5%以内としておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    股関節の可動域測定では、股関節伸展筋群として腸腰筋や大腿筋膜張筋が、股関節回旋筋群として股関節内・外旋筋の短縮や緊張がそれぞれの運動に影響する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    屈曲動作では、骨盤の前傾や胸椎部と腰椎部が、それぞれ適切に屈曲しているか確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    回旋動作では、背筋群の緊張により骨盤の傾斜が保たれ、胸椎の回旋と骨盤の水平面上での体幹回旋動作が可能かどうか確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    腰痛の原因になる股関節屈筋短縮は尻上がりテストで、大腿直筋の短縮はトーマステストでそれぞれ確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    股関節以外に腰痛に影響する部位は、胸筋など肩甲骨周囲筋の短縮、上肢の挙上制限、足関節可動性の低下などがあり、姿勢や動作を観察し必要と思われる部位の可動域を評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    大腿前面のストレッチングについて、股関節外旋位で股関節伸展することで腸腰筋が効果的に伸張される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 92

    大腿前面のストレッチングについて、股関節伸展位で膝関節屈曲することで、大腿直筋が伸張される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    大腿前面のストレッチングについて、股関節を伸展位にして腰椎前弯を強調するように行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    大腿前面のストレッチングについて、腹臥位でパートナーストレッチを行う場合には、腰椎を押さえて固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    大腿前面のストレッチングについて、股関節屈曲位で膝関節屈曲することで、大腿四頭筋のうち、特に内側広筋・外側広筋・中間広筋が伸張される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    周径を計測する場合、巻き尺は四肢の長軸に平行にあてる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 97

    棘果長とは上前腸骨棘と外果の直線距離である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    転子果長は大腿骨大転子から内果までを計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    膝関節に伸展制限がある場合、大腿と下腿の長さを別々に計測して下肢長とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    周径を正確に測定するためには、巻き尺を軽く締めつけた状態で計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    超音波を断続的に照射するパルス波と連続的に照射する連続波の2 種類の刺激モードが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    超音波療法について、パルス波は、創傷治癒、腫脹の軽減などを目的として急性期の症状に対して適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    超音波療法について、実施する場合は、トランスデューサーから実際に超音波が出ている面積の2 倍以内の範囲で刺激することが大切である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    超音波療法について、足関節など凹凸のある部分に対しては、水中法が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    超音波療法について、浅層組織を刺激する場合には1MHz、深層組織を刺激する場合には3MHz が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    衝撃緩衝性は、シューズの基本機能の1つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    伸展性は、シューズの基本機能の1つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    安定性は、シューズの基本機能の1つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    可逆性は、シューズの基本機能の1つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    適合性は、シューズの基本機能の1つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    アスレティックトレーナーも競技者に対して安全配慮義務はあるが、注意義務はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    アスレティックトレーナーと法的諸問題について、責任には、法律上負わなければならない法的責任と道義責任がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    アスレティックトレーナーと法的諸問題について、事故が発生した時を想定して、救急用具などの準備や救急処置のトレーニングをしておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    競技者の個人情報はプライバシーを尊重し、第三者に対し漏えいしてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    アスレティックトレーナーと法的諸問題について、アスレティックトレーナーは競技場全般の安全管理が求められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 116

    スタビリティトレーニングについて、競技場面において、片脚で体重を支持する場面は非常に多く、それらを安定して行えることは、外傷・障害の予防にはつながるものの、高いパフォーマンス発揮には関係ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    スタビリティトレーニングについて、バランスボールを使用して行うなどの、難易度の高い種目を行う場合は、身体の軸を保持できなくても問題ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    スタビリティトレーニングについて、多くのスポーツ動作で体幹部を安定させた状態が求められるため、股関節周囲筋群強化の際に腹圧を高めることも重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 119

    スタビリティトレーニングについて、難易度を高くするために、支持基底面を狭くすることも有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    スタビリティトレーニングについて、プローンポジションのボディキープにおいて、代償動作が大きく出てしまう場合には、足幅を狭くするとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    陸上競技の3 ステーション制は、メディカルステーション、トレーナーステーション、スタジアム救護ステーションに分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    ラグビーでは、試合中受傷した選手に接触するには、レフリーの許可が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    体操競技では、受傷した選手を競技区域から出して処置をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    事故発生時には、防具類を外すことを最優先する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    事故発生時に備え、搬送経路をあらかじめ設定しておくことが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    鏡視下Bankart 法術後リハビリテーションについて、肩関節固定の期間中から腱板筋などに電気刺激による筋収縮を実施する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    鏡視下Bankart 法術後リハビリテーションについて、術後は、可動域の獲得を優先し、屈曲方向から開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    鏡視下Bankart 法術後リハビリテーションについて、術後6 週頃より腱板筋のトレーニングを軽負荷で開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 129

    鏡視下Bankart 法術後リハビリテーションについて、術後のリハビリテーションでは肩関節後方構成体へのストレスを最小限にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    鏡視下Bankart 法術後リハビリテーションについて、スポーツ動作では過度の外旋を強制されないように、動作指導も重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    筋線維のタイプは、 筋力の大きさを決定する要因の一つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    小脳の興奮水準の高さは、 筋力の大きさを決定する要因の一つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    筋収縮に動員される筋線維数は、 筋力の大きさを決定する要因の一つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    筋線維の断面積は、 筋力の大きさを決定する要因の一つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    大脳の興奮水準の高さは、 筋力の大きさを決定する要因の一つである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    スケート選手の多くは腰痛を経験しているため、コアスタビライゼーションなどの再発予防を意図したエクササイズやセルフケアが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    スケート競技は腰部を強く屈曲した姿勢を維持するため、腰背筋群には常に緊張がかかり、腹筋群は短縮傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    スキーでは体幹の固定力が最も重要であるため、トレーニングにおいては背筋群のみを集中的に鍛える必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    スキージャンプのランディングの際は、骨盤後傾位を意識する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    フィギュアスケート競技者には、下肢の傷害が特に多く、足関節、足部の捻挫や骨折、膝や足関節周辺の過労性障害が多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 141

    全力疾走のランニングフォームの獲得において、上体の前傾・後傾や骨盤の傾斜は大腿部の筋への影響が大きいので注意を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    全力の跳躍動作の獲得においては、膝の方向が骨盤や上体の方向に対してねじれを強めることで外傷・障害の発生を減少させることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    長距離走においては、患部外のプログラムとしてエネルギー供給のためのプログラムを行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    陸上競技で使用される様々なシューズの特徴を理解しておくことも重要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    ハムストリングスや大腿直筋は、ランニング動作において主として膝関節運動で重要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    膝関節屈曲は矢状面、前額-水平軸で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    股関節屈曲運動は前額面、矢状-水平軸で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    肩関節外転運動は矢状面、垂直軸で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 149

    頚部の回旋は水平面、垂直軸で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    肩関節水平屈曲は矢状面、垂直軸で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    頚椎捻挫について、急性期の筋スパズムによる可動域制限に対しては、原則として温熱療法を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 152

    頚椎捻挫について、受傷現場からの搬送など急性期には、頚椎カラーを用い固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    頚椎捻挫について、あたり動作開始までは骨症など合併症がなくても、頚椎カラーでの固定は継続する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    頚椎捻挫について、あたり動作は、すべての方向への正常可動域およびMMT(徒手筋力検査)にて筋力が正常値に回復してから開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    頚椎捻挫について、急性期が過ぎ、痛みが軽減してきたら抵抗運動により可動域の回復を試みる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 156

    体力測定の方法について、敏捷性 ― 立ち幅跳び

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    体力測定の方法について、筋力 ― 垂直跳び

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    体力測定の方法について、全身持久力 ― 20mシャトルラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    体力測定の方法について、柔軟性 ― 長座体前屈

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    体力測定の方法について、筋パワー ― 握力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    ネックカラーは、頚椎屈曲・伸展・側屈・回旋などの頚部運動を適度に制限する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    ネックカラーは、フィラデルフィアカラーより制動力がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 163

    椎間板ヘルニアや腰椎分離症、腰椎捻挫には、ダーメンコルセットが広く処方される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 164

    硬性コルセットは、腰椎圧迫骨折や横突起骨折などの外傷後に安静目的で使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    軟性コルセットは座位でも装着感をチェックし、日常生活に必要な可動性を確認しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    機能評価について、最初のプロセスは問題点のリストアップである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    機能評価について、十分考慮したプログラムであれば、評価プロセスを繰り返す必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    機能評価について、得られたデータを統合・解釈することで問題点のリスト化を進めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    機能評価について、プログラムを作成する際には複数の問題への対応ゴールを達成するよりも、個別の問題解決を優先する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    機能評価について、立案されたプログラムが予定通り実施されていない時でも、処置やプログラムの効果判定となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    内側側副靭帯(MCL)損傷に対するテーピングは、下腿の内反、外旋を制限することを目的として、膝内側にX サポートテープを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    膝関節のテーピングについて、最後のアンカーはできれば大腿部3 本前後、下腿部2 本行うと効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    膝関節のテーピングについて、外側側副靭帯(LCL)損傷に対するテーピングの際、スパイラルテープの1 本目は、下腿内側から膝窩部を通り大腿外側にむかって引っ張りながら貼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    膝関節のテーピングについて、X サポート及び縦サポートテープを非伸縮テープで行う場合、膝蓋骨の横の部分でテープの前方の端を折り返し、二重にして補強する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    前十字靭帯(ACL)損傷に対するテーピングの際、脛骨上端の前方への動揺を抑えるために、アンカーは脛骨粗面を通るようにすると効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 176

    ラグビー選手のアスレティックリハビリテーションについて、実際にプレイしている時間(ボールインプレイ)よりもプレイが止まっている時間(ボールデッド)が長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 177

    ラグビー選手のアスレティックリハビリテーションについて、コンタクトプレイを繰り返し持続できる体力(コンタクトフィットネス)の獲得が復帰前に求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    ラグビー選手のアスレティックリハビリテーションについて、タックルされるよりもタックルするほうが、外傷が発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 179

    ラグビー選手のアスレティックリハビリテーションについて、スクラムは、脊柱に圧縮力がかかるため、背中を丸めて組むことにより脊柱への負荷を軽減する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 180

    ラグビー選手のアスレティックリハビリテーションについて、患部外のトレーニングは、早期から積極的に導入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    水泳競技に関わる場合、水の特性である、水の密度、水圧、熱伝導、浮力と重力、水中抵抗の種類、揚力、推進効率などの作用を知ることが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    競泳では、いわゆる使い過ぎ症候群に代表されるスポーツ障害の頻度が高く、筋・筋膜性腰痛、水泳肩、平泳ぎ膝、肘痛などが頻発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    シンクロナイズドスイミングでは、股関節、膝関節、腰部、肩関節のオーバーユースによる障害が多く発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    飛込競技では、手、肩、腰椎へのストレスが大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    水球競技では、下肢関節の中では足関節の障害が特に多い傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、意識の確認を行う際は、体を揺り動かして確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 187

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、搬送する際、布製の担架を使用することが最も安全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、スパインボードで搬送する際は、頭部方向に向かって進む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 189

    アメリカンフットボールでは、ヘルメットとショルダーを装着したままスパインボードに固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、うつ伏せで倒れた選手がいた場合、顔がみえるよう背臥位にしてから意識の確認を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    敏捷性測定について、全身反応時間テストは、光刺激に反応し、足がマットから離れるまでの時間を計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    敏捷性測定について、立位ステッピングテストでは、小刻みな脚の素早い切り替え動作を評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    敏捷性測定について、反復横とびでは、サイドステップの切り返しの素早さを評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    敏捷性測定について、ステップ50 では、球技スポーツなどに必要な敏捷性を評価することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 195

    敏捷性測定について、シャトルラン(10m を2 往復半ダッシュ)と50m 走とのタイム差が小さいほど協調性が低いといえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    単関節運動について、身体部位の固定が少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    単関節運動について、重力下での身体運動制御の能力を向上させることが可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    単関節運動について、対象筋群に適切な負荷が加わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    単関節運動について、動作の学習には不向きである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    単関節運動について、OKC(open kinetic chain)で行われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    筋力測定について、筋力計を用いて測定する場合はスポーツ種目に応じて測定装置を選択する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 202

    筋力の評価方法として、筋の太さの評価は含まれていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 203

    筋力測定について、競技者は体重を支え、移動させるという点から代表的な測定項目として握力測定がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    筋持久力の代表的な測定として上体起こしテストが用いられ、このテスト結果は腰痛との関連性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 205

    筋力を主観的に評価する方法として、徒手筋力テストがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    等尺性運動は、関節運動はなく筋長は変化しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    等尺性運動には、求心性運動と遠心性運動が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    遠心性運動は、筋は伸張されながら張力を発揮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    等速性運動には、求心性運動と等尺性運動が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    等速性運動は、関節運動速度が一定のものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    血行障害がある場合には、組織への血液供給を必要以上に阻害してしまう可能性があるため、冷却は避けるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    アイシングの禁忌・一般的注意事項について、凍傷の予防には、使用する氷の温度よりも冷却時間の方が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 213

    アイシングの禁忌・一般的注意事項について、寒冷蕁麻疹などの寒冷刺激に対する過敏症があったとしても、疲労回復に対するアイシングは積極的に用いるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    アイシングは、運動指令・知覚情報の伝達を妨げず、正確な運動遂行に影響を与えないとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    睡眠中や意識障害があるなど覚醒水準が低い場合でも、アイシングの実施は有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 216

    緊急対応計画について、事故や外傷を想定し、対応策を具体的に記した行動計画である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 217

    緊急対応計画について、関係者への周知のために明文化し、掲示する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 218

    緊急対応計画の変更は関係者の混乱を招くため、見直しや変更は望ましくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 219

    緊急対応計画について、多くの緊急状況に適応するよう抽象的表現を多用した内容が現実的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    緊急時の対応の評価手順をフローチャートと呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    徒手筋力検査について、主観的検査法であるが、個々の筋力を検査できることに意義がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    徒手筋力検査について、検査に際しては原則として抑止テスト(break test)を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    徒手筋力検査は5 段階で判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 224

    徒手筋力検査について、検査に用いる運動範囲とは、関節可動域測定の参考可動域とは異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    徒手筋力検査について、段階づけの際には、「+」、「-」を付記することはしない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 226

    大腿屈筋群肉ばなれについて、受傷直後は患側への体重負荷、歩行時は、車椅子や松葉杖などを用いたほうが良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    大腿屈筋群肉ばなれについて、リハビリテーション初期・中期では、急激な動作、過度のストレッチングは再受傷予防のため、なるべく避ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 228

    大腿屈筋群肉ばなれについて、リハビリテーション後期におけるランニング開始時には、急激なダッシュは避け、フォームに注意を向ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    大腿屈筋群肉ばなれについて、ランニング開始前の筋力トレーニングではクローズドキネティックエクササイズを中心に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    大腿屈筋群肉ばなれについて、筋力では大腿屈筋群と大腿伸筋群との比率を0.6 前後とするように筋力トレーニングをすることが理想である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 231

    サッカーにおける競技種目特性について、特有の外傷・障害予防のために、育成年代から積極的にアスレティックトレーナーが関わり、パッシブなコンディショニングを行っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    サッカー特有の動きや一面的なトレーニングによって、筋の不均衡を生じやすく、鼠径部周囲の疼痛、脊柱の疼痛、膝関節、足関節の疼痛などを発症させることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 233

    サッカーにおける競技種目特性について、股関節内転筋群の弱化傾向が起こり、上半身の重力が支えきれずに骨盤が傾斜、側方移動することで、下肢アライメント異常を起こし障害につながるケースも多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    サッカーにおける競技種目特性について、練習後、試合翌日などは、パッシブなコンディショニングとして、疲労回復を目的とした水中運動を行うことも必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    サッカーにおける競技種目特性について、筋力の強い股関節屈筋が、膝関節伸筋と組み合わさって、骨盤を前方に傾けてしまうことに対する代償として、背筋は短縮し、骨盤の後傾を助長してしまうことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    膝前十字靭帯(ACL)損傷のアスレティックリハビリテーションについて、膝ROM が100°以上になれば、早期よりペダリング動作を開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    膝前十字靭帯(ACL)損傷のアスレティックリハビリテーションについて、スクワットは膝内外反を制動し、下肢のアライメントがneutral になるようコントロールする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    膝前十字靭帯(ACL)損傷のアスレティックリハビリテーションについて、knee bent walk は股・膝関節屈曲位を保持し、膝が内外反しないよう注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    膝前十字靭帯(ACL)損傷のアスレティックリハビリテーションについて、ツイスティングは足先と膝の方向を一致させ、母趾球荷重でサイドステップを繰り返すものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    膝前十字靭帯(ACL)損傷のアスレティックリハビリテーションについて、ストップ動作は、一歩ではなく数歩かけてストップする練習を取り入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 241

    下肢のアライメントについて、X 脚は膝関節外側に伸張ストレスがかかりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    下肢のアライメントについて、扁平回内足の変形があると膝内反しやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    下肢のアライメントについて、Q-angle とは上前腸骨棘と脛骨粗面を結んだ線と下腿の中心線のなす角度をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 244

    下肢のアライメントについて、横アーチが消失し前足部が扇状に広がった状態を凹足という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    下肢のアライメントについて、母趾の基節骨が外転し、第1趾が外反した状態を外反母趾という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    アスレティックトレーナーの具体的な日々の業務内容は、時間の経過による影響を受けない不変のものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 247

    アスレティックトレーナーチームは、複数のアスレティックトレーナーがかかわることで人材育成の使命も持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    スポーツチームの中で、アスレティックトレーナーチームという小組織は、チームとは独立して活動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    トレーナー室は、アスレティックトレーナー活動の中心となるため、チーム活動が行われている施設内に設置される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    アスレティックトレーナーの活動には、歴史や制度の理解は重要ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56678

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ