zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H24 応用(1~50)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2015/01/25)

  • ストップ動作は膝蓋骨脱臼・亜脱臼が多い動作である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生や現役での合格を目指す学生、全ての受験生をサポートするグループ。 身近な先輩ATによるAT教本をベースとした「講義」と レベルアップを目指したAT関連の「文献抄読」、「実技練習」、 ゲストによる特別講義など 1ヶ月2〜3回の勉強会とオンラインサービスを活用した学習で、 一緒に学びAT取得を目指します。 卒業校に関係なく、KnowHow「ノウハウ」の共有を目指します! facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ストップ動作は膝蓋骨脱臼・亜脱臼が多い動作である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    トンビ座りなど膝蓋大腿関節にストレスが及ぶ日常生活での動作や姿勢にも注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    大腿四頭筋セッティングは、膝屈曲角度を調整しながら導入していく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    電気刺激により選択的に内側広筋の収縮を高めてからセッティングを開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    反復性膝蓋骨脱臼・亜脱臼の評価では、脛骨大腿関節の不安定性テストは実施しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、スタートポジションは痛みがなく、やや張りを感じる関節角度から始める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、競技者は徐々に力を発揮し、関節運動を行いながら5 カウントで徐々に力を発揮させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、力を徐々に抜きリラックスする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、リラックスしている間に受動的にストレッチングを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、ストレッチは3~5 回繰り返す。2 回目からは、初めの関節角度より拡げた位置からはじめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    アスレティックトレーナーの役割について、スポーツ外傷・障害の予防:スポーツ外傷・障害および内科的疾患の予防に関し、あらゆる対策を講じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    アスレティックトレーナーの役割について、スポーツ現場における救急処置:スポーツ現場における傷病者に対する救急処置およびサポート。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    アスレティックトレーナーの役割について、アスレティックリハビリテーション:スポーツ活動に支障をきたすあらゆる身体的な不具合を改善するための働きかけ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    アスレティックトレーナーの役割について、コンディショニング:より高い競技能力の発揮に必要なすべての要因を望ましい状態に整えるための働きかけ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    アスレティックトレーナーの役割について、検査、測定と評価:アスレティックリハビリテーション、コンディショニングでのみ必要な検査および評価と測定。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    現場における救急体制について、携帯電話を使用した救急車の要請では、通報地点を管轄していない消防本部につながることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    現場における救急体制について、消防署の位置、119 番通報の内容、最寄りの病院や診療科目並びに休診などの事前確認が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    現場における救急体制について、救助に関わるアスレティックトレーナーは、救急搬送ルートを把握しておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    現場における救急体制について、救急車を要請するのは、通常では大会主催者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    現場における救急体制について、陸上競技では、審判の許可無く選手に触れた時点で、その選手は失格となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    肩関節前方脱臼における装具の働きについて、過度の肩関節内旋および内転を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    肩関節前方脱臼における装具の働きについて、肩関節挙上および外転を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    肩関節前方脱臼における装具の働きについて、肩関節内転とわずかな伸展を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    肩関節前方脱臼における装具の働きについて、肩関節外転とわずかな外旋を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    肩関節前方脱臼における装具の働きについて、過度の肩関節伸展や外旋運動を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    コーディネーショントレーニングについて、さまざまな種類の能力が総合的に発揮される能力を向上するねらいで行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    コーディネーショントレーニングについて、身体バランスを維持し、崩れを素早く回復する定位能力を高めるねらいで行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    コーディネーショントレーニングについて、連結能力(コンビネーション能力)を高めるねらいもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    コーディネーショントレーニングについて、ダッシュを間欠的に繰り返す要素が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    コーディネーショントレーニングについて、反応能力やリズム能力の向上をねらいとするものもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    サイドステップは身体の向きを変えずに、進行方向を180°転換可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    クロスオーバーステップは片脚での方向転換が必要なために、大きな筋力が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    滞空時間の長いサイドステップは、相手選手の動きへの反応が早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    滞空時間の短いサイドステップは、移動スピードが遅い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    クロスオーバーステップによる方向転換では、外側の足で切り返すステップと内側の足で切り返すステップがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    スポーツ活動時の外傷は、日常生活でのものと発生の傾向に違いはなく、救急処置の差異はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    救急処置は必ず医師の指示を受けて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    救急処置に必要な救急用品や備品の確認は気が付いた時に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    アスレティックトレーナーは、傷害や疾病の救急処置の重要性を選手に教育しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    救急処置を迅速に行うためには救急体制を計画し、リハーサルをしておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    減速・ストップ・方向転換動作時の姿勢について、ストップの際に体幹に後方への慣性が働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    減速・ストップ・方向転換動作時の姿勢について、股関節外転筋の機能不全で遊脚側の骨盤が低下する肢位をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    減速・ストップ・方向転換動作時の姿勢について、トレンデレンブルグ肢位は、片脚立脚時に立脚肢の骨盤が低下してしまうものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    減速・ストップ・方向転換動作時の姿勢について、回外足の場合、脛骨は内傾し、膝は外反する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    減速・ストップ・方向転換動作時の姿勢について、身体の回旋の際、慣性モーメントが大きい方が身体の回転は速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    コンディションのセルフコントロールでの評価指標として、心拍数 を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    コンディションのセルフコントロールでの評価指標として、尿潜血チェック を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    コンディションのセルフコントロールでの評価指標として、運動負荷テスト を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    コンディションのセルフコントロールでの評価指標として、平衡機能 を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    コンディションのセルフコントロールでの評価指標として、血液検査 を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    大腿直筋や股関節屈筋群のストレッチングを行う時は、腹筋群を弛緩させ骨盤が自由に運動できる状態で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    腰痛に対するアスレティックリハビリテーションについて、下腿三頭筋のストレッチングもプログラムに含めておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    腰痛に対するアスレティックリハビリテーションについて、筋力増強運動では、股関節周囲筋群を中心に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    腰背部筋群のトレーニングでは、腹筋を緊張させて、股関節屈曲と肩甲骨の内転を意識し、腰椎が前弯しないように心がける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    股関節屈曲筋の強化の際に、腹筋群などの緊張が不十分だと骨盤を後傾させ腰椎を後弯させる運動となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    サーキットトレーニングの手順について、各自の専門種目、高めようとする体力、強化しようとする部位に応じて、実施するエクササイズを6~15 種目選ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    サーキットトレーニングの手順について、それぞれのエクササイズごとに30 秒間に繰り返すことができる最高回数を測定し、その半分を実施回数と定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    サーキットトレーニングの手順について、種目間のつなぎ(回復)の方法は、完全休息とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    サーキットトレーニングの手順について、セットを連続して行う方法、セット間に2~3 分間の短い休息をとる方法、心拍数を用いる方法などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    サーキットトレーニングの手順について、定期的に最高反復回数を測定し、実施回数を修正していく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    神経筋協調性エクササイズの強度を高める方法について、安定した姿勢

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    神経筋協調性エクササイズの強度を高める方法について、視覚的フィードバックの遮断

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    神経筋協調性エクササイズの強度を高める方法について、支持面の拡大

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    神経筋協調性エクササイズの強度を高める方法について、支持面と重心の距離の接近

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 65

    神経筋協調性エクササイズの強度を高める方法について、持続時間の短縮

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    代謝系トレーニングについて、運動強度の指標として心拍数はよく利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    主観的運動強度(RPE)は、20 段階のスケールからなっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    主観的運動強度(RPE)は、心拍数や酸素摂取量などの生理学的指標や速度、仕事量といった物理的指標と相関関係があまりない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    インターバルトレーニングとは、最大酸素摂取量を超える強度で30~90 秒運動を行い、長い休息をとることを反復する運動形態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    ファルトレクトレーニングは、森や野原など野外で自然の地形を利用して走るトレーニング形態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    前方へのランニングからのストップ動作では、体幹部に前方への慣性が働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    ストップ・方向転換動作に対する股関節、体幹機能の影響について、下肢に大きな筋力が要求される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    前方へのランニングからのストップ動作では、腹筋群が働かないと体幹のあおり動作が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    両脚を前後に広くスタンスをとるストップ動作時には後方の下肢に多くの減速力が加わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    ストップ・方向転換動作に対する股関節、体幹機能の影響について、股関節外転筋の機能低下は、トレンデレンブルグ肢位の誘因にもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    野球の投球フォームについて、投球障害の発生要因は、投球フォームの問題のみである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    野球の投球フォームについて、投球フォームの問題には、下肢関節の機能低下も関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    野球の投球フォームについて、投球動作の片脚立位時に、骨盤が後傾するよう指導する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    野球の投球フォームについて、ボールのリリース位置は体の後方の方が良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    野球の投球フォームについて、リリース時に肘が両肩のラインより上がっていることが好ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    体位とは身体が重力の方向とどのような位置関係にあるのかを示す用語である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    前額面での理想的な姿勢は、乳様突起、椎骨棘突起、殿裂、両膝関節内側の中点が垂直に並ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    重心を通る相互に直交する面は、基本前額面、基本矢状面、基本重心面である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    円背とは胸椎部の前弯が増強した姿勢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    基本的立位姿勢では前腕は回外位とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    クーリングダウンについて、疲労回復と外傷・障害予防が目的のため、両者を考慮した内容を組み入れるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    クーリングダウンについて、めまい、吐き気、失神の防止の効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    クーリングダウンについて、競技結果にとらわれず行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    クーリングダウンについて、試合や運動後の交感神経の興奮を下げ、精神的安定をもたらす効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    1クーリングダウンについて、日で複数の試合がある場合は、試合時間に関わらず常に十分な時間をかけて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    HOPSについて、History(問診)では既往歴、および症状などの現病歴と外傷・障害の発生機序につながる情報などを収集する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    HOPSについて、Observation(視診)では動作の分析も行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    HOPSについて、Palpation(触診)ではウィークポイントを基準に触診を進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    HOPSについて、Special test(スペシャルテスト)は外傷・障害の特徴をより正確に推測するプロセスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    HOPSについて、外傷・障害を有する場合の検査・測定と評価において活用されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    コンディショニングの要素である身体的因子として、技術 があげられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    コンディショニングの要素である身体的因子として、対人関係 があげられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    コンディショニングの要素である身体的因子として、高所順化 があげられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    コンディショニングの要素である身体的因子として、筋力 があげられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    コンディショニングの要素である身体的因子として、身体組成 があげられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    水泳選手は関節弛緩性の高い者が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    水泳のクロールのキャッチ動作では、肩挙上位での内旋動作となり鎖骨下面で棘上筋や棘下筋が擦れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    水泳選手の肩インピンジメント症候群について、患部の炎症が軽減したら、肩の3rd ポジションで肩甲上腕関節の外旋を行い、外旋筋をストレッチする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    水泳選手の肩インピンジメント症候群、近位抵抗の外転エクササイズにより外転初期での骨頭の上方移動を抑制しながら、棘上筋の骨頭の取り込み作用改善が期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    水泳選手の肩インピンジメント症候群、ビート板を用いたキック練習は、肩へのリスクがないことから早期より積極的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    関節可動域測定について、測定時の基本肢位は原則として解剖学的肢位を開始肢位0°とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    関節可動域測定について、測定時の基本肢位で例外となるものには、肩関節外旋・内旋、前腕回内・回外などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    関節可動域測定について、原則として多関節筋の影響を除いた肢位で他動的に測定し、5°単位で表示する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    関節可動域測定について、股関節の可動域が屈曲位20°から70°の場合、 伸展はマイナス20°である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    関節可動域測定について、測定結果は参考可動域と比較し、異常の有無を判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 111

    舟状骨骨折時には解剖学的嗅ぎタバコ入れに圧痛が生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷の主訴は橈側の痛みであり、握力低下も生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    舟状骨骨折では骨癒合が得られにくく、偽関節になることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    月状骨軟化症はバットや竹刀を使用するような競技では発生しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    有鉤骨骨折は合併症として小指屈筋腱皮下断裂を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    一般的にエクササイズで挙上した負荷、反復回数、セット数を積算し、トレーニング量として活用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    筋力、パワー改善においては、身体を十分に回復させて次のセットを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    トレーニング効果を高めるために、一般的に週5 回程度の頻度が多くの競技者に推奨されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    エクササイズの配列としては、一般的に大筋群を動員する種目から行い、その後小筋群を動員する種目を選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    同じ筋群が連続して使用されないようにするには、「ベンチプレス→ショルダープレス→ベントオーバーロー」の順で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    アスレティックトレーナーは1 次救命処置を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    アスレティックトレーナーは2 次救命処置を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    応急手当とは市民により行われる止血法ややけどの手当も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    自動体外式除細動器(AED)の使用は2 次救命処置に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    異物で窒息をきたした場合の気道異物除去は、1 次救命処置に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    あたりの優劣を決定する要因について、頚部を伸展し同時収縮することで、外力に対して十分な固定力を確保する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 127

    あたりの優劣を決定する要因について、肩甲骨を下制して体幹に固定し、重心の運動量を上肢によって相手に伝達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    あたりの優劣を決定する要因について、体幹を固めることにより不利な姿勢を防ぎ、衝突直後の有効な押しに移行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 129

    あたりの優劣を決定する要因について、膝関節と股関節を適切に屈曲し、衝突時の重心を下げることが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    あたりの優劣を決定する要因について、足底と地面の間に十分な摩擦力を得ることで、推進力を生むことが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    可動域エクササイズにおいて、関節運動を引き起こす運動は、他動運動 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    可動域エクササイズにおいて、関節運動を引き起こす運動は、自動介助運動 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    可動域エクササイズにおいて、関節運動を引き起こす運動は、抵抗運動 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    可動域エクササイズにおいて、関節運動を引き起こす運動は、等尺性運動 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    可動域エクササイズにおいて、関節運動を引き起こす運動は、自動運動 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    熱中症予防に有効なWBGTの測定因子について、気温、輻射熱、気流

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 137

    熱中症予防に有効なWBGTの測定因子について、気温、湿度、輻射熱

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    熱中症予防に有効なWBGTの測定因子について、湿度、輻射熱、気流

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    熱中症予防に有効なWBGTの測定因子について、気温、湿度、気流

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    熱中症予防に有効なWBGTの測定因子について、気温、体温、輻射熱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    心肺蘇生法を中止してよい場合は、傷病者自身が普段と変わらない自発呼吸や血液循環が回復した場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    心肺蘇生法を中止してよい場合は、医師や救急隊などに引き継ぐ場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 143

    心肺蘇生法を中止してよい場合は、救助者自身が蘇生不可能と判断した場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    心肺蘇生法を中止してよい場合は、救助者が疲労感をおぼえた場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 145

    心肺蘇生法を中止してよい場合は、別の救助者と交代する場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    バレーボール選手の外傷・障害について、ジャンプの踏み込み動作で膝が内反することで膝蓋靱帯炎(内側型)になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 147

    バレーボール選手の外傷・障害について、踏み込み動作では、つま先から踏み込んだ方が膝蓋靱帯炎は生じにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    バレーボール選手の外傷・障害について、大腿直筋の短縮により膝蓋靱帯炎は生じやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    バレーボール選手の外傷・障害について、膝蓋靱帯炎による荷重時の痛みはランジ動作などで確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    バレーボール選手の外傷・障害について、膝蓋靱帯炎の再発を繰り返す競技者は、フォームの問題について確認を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    クーリングダウンにおけるストレッチングの目的や方法について、トレーニングによる筋の緊張緩和を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    クーリングダウンにおけるストレッチングの目的や方法について、運動によって生じた疲労物質の除去を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    クーリングダウンにおけるストレッチングの目的や方法について、短縮した筋をトレーニング前の状態に戻す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 154

    クーリングダウンにおけるストレッチングの目的や方法について、疼痛が伴うほど筋が疲労している場合は、徒手抵抗ストレッチは効果的でない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    クーリングダウンにおけるストレッチングの目的や方法について、伸張反射が起きにくいスタティックストレッチングが適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の筋力増強エクササイズについて、下肢伸展挙上を実施する際は、重錘を脛骨近位に巻くなどの配慮が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の筋力増強エクササイズについて、大腿四頭筋セッティング時は、クッションを脛骨側に置くよう注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の筋力増強エクササイズについて、レッグカールは下腿外旋位で、大腿二頭筋を優位に収縮させると良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 159

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の筋力増強エクササイズについて、レッグエクステンションは、近位チューブ法や二重チューブ法を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の筋力増強エクササイズについて、片脚ヒップリフトは、大殿筋やハムストリングスだけでなく中殿筋も強化できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    外傷・障害を有さない対象者に実施する評価について、競技種目ごとの正しい効率的な動きの分析と把握は、動的マルアライメントの評価に有用となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    外傷・障害を有さない対象者に実施する評価について、ラボテストは実際の競技能力と直接関連しない場合もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    外傷・障害を有さない対象者に実施する評価について、育成年代のチームでは体格的特徴の分析により、個人の発育に適合したトレーニング計画が可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 164

    外傷・障害を有さない対象者に実施する評価について、フィールドテストでは測定する時間および場所の状況に応じて、測定条件や手順を変更して実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 165

    外傷・障害を有さない対象者に実施する評価について、神経系の発達が著しい時期に、競技者のタレント把握を目的に行うテストの場合には、体力的な側面を重視したテストを重点的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 166

    物理療法について、冷水浴で広範囲を冷却する場合の水温は、0~5℃が効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    物理療法について、寒冷療法の生理学的効果には、代謝の低下、一次的血管収縮と二次的血管拡張、毛細血管透過性の低下、神経活動の低下、筋紡錐活動の低下などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    物理療法について、寒冷過敏症、レイノー現象、末梢循環障害は寒冷療法の禁忌となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    物理療法について、温熱療法の生理学的効果には、血管拡張、疼痛閾値の上昇、代謝率の上昇、組織伸展性の上昇などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    物理療法について、冷水浴において、つま先に強い痛みを感じる場合には、トウキャップなどでつま先を保護することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    テーピングにおける注意事項について、腫れのある部位に行う場合、腫れが増さぬよう患部全体を包み強めに圧迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    テーピングにおける注意事項について、応急処置のテーピングは一般に3 日前後を適用時間の限度とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    テーピングにおける注意事項について、テーピングを正確に行えば神経障害を引き起こすことはほとんどない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    テーピングにおける注意事項について、テーピングを行う部分の筋腱を弛緩させ循環障害予防を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    テーピングにおける注意事項について、テープを剥がす際は、皮膚に影響を与えないように一気に剥がす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 176

    アイシングについて、2 次的低酸素症の抑制効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 177

    アイシングについて、炎症反応を抑制する効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    アイシングについて、強い冷却感→感覚麻痺→血管拡張期→血管収縮期という経過をたどる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    アイシングの有無は組織損傷の拡大と関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    アイシングについて、冷却媒体の温度が低いほど効果が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    足関節捻挫について、損傷が疑われる部位を絞り込むために、まず他動的なストレスを関節にかける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 182

    足関節捻挫について、側方安定性に関与する腓骨筋群、後脛骨筋などの筋機能の回復は重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    足関節捻挫について、外側靱帯損傷では、エックス線ストレス撮影によるcongruence angle で重症度を鑑別する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 184

    足関節捻挫について、急性期を過ぎたら、他動運動により痛みが出現する運動方向を確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    足関節捻挫について、慢性例では、骨棘形成や関節鼠を伴い、リハビリテーションの進行に難渋することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    熱傷について、Ⅰ度熱傷では2~3 分継続して冷却することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 187

    熱傷について、衣類の上から熱湯をかぶった際は、無理に衣類を脱がさず衣類の上から冷却する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 188

    熱傷について、Ⅰ度熱傷とは、患部に強い痛みがあり水ぶくれができるような程度と定義される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 189

    熱傷について、成人の熱傷面積を判断する際は、一側下肢で9%と算定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    熱傷について、体表の30%を超える重症熱傷の際にはショック状態を引き起こす可能性もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    足底挿板について、足型を石膏ギプスで採型する方法もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    足底挿板について、各チップを組み合わせて作製し、足部形状を矯正する方法もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    足底挿板について、ヒールウェッジは踵骨アライメントにも影響を及ぼす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    足底挿板について、アーチサポートは内側縦アーチの支持に使われるパーツのことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    足底挿板について、足部アーチをしっかりと保つために素材は極力硬い方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    コンタクトスポーツでは、敏捷性能力が劣るとタックルを受けやすく、また不十分な姿勢でのタックル動作になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    バランスの保持能力やリカバリー能力などが低ければ、外傷の危険性も高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    敏捷性や協調性の能力は、外傷・障害の予防には関係がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 199

    敏捷性や協調性のテストは、シーズンを通して継続的に計測することによって、コンディションチェックの一つにもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    特に球技系選手のリハビリテーションからの復帰時には、再発の予防のために敏捷性や協調性のテストは不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    エンデュランストレーニングについて、レペティショントレーニングも含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 202

    エンデュランストレーニングについて、同じランニングであっても強度と持続する時間の組み合わせによってトレーニング効果は異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    エンデュランストレーニングについて、持続トレーニングは、高強度と低強度の運動を交互に繰り返して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    エンデュランストレーニングについて、比較的強度の高い運動を長い時間持続するための体力を向上する目的で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 205

    エンデュランストレーニングについて、無酸素性作業閾値を改善するねらいもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    投球障害肩のリハビリテーション後、投球再開時に確認すべきことについて、炎症の兆候・症状が消失していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    投球障害肩のリハビリテーション後、投球再開時に確認すべきことについて、腱板機能が改善していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 208

    投球障害肩のリハビリテーション後、投球再開時に確認すべきことについて、肩関節外旋・内旋可動域の左右差が解消していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 209

    投球障害肩のリハビリテーション後、投球再開時に確認すべきことについて、投球動作に悪影響を及ぼすと考えられる関節機能が改善していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 210

    投球障害肩のリハビリテーション後、投球再開時に確認すべきことについて、可能な範囲でシャドウピッチング等を実施し、投球動作の問題が著明でないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    皮下脂肪厚測定において、キャリパー法は検者の熟練度による測定誤差が生じにくい測定方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 212

    身体(組成)測定について、生体電気インピーダンス法は体内の水分量変化に敏感に反映する特性を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    長座体前屈測定は、腰背部・下肢後面部の柔軟性を包括的に評価する測定方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 214

    大腿四頭筋の柔軟性テストで、大腿直筋の短縮の際には膝屈曲を強制すると股関節が伸展する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    立位体前屈測定は、上肢・体幹の反動動作を用いやすく、急激な腰・下肢後面の伸張によってストレスがかかりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    陸上競技におけるハムストリングス肉ばなれの受傷について、短距離種目、ハードル種目、長距離種目での発生が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    陸上競技におけるハムストリングス肉ばなれの受傷について、短距離走では、遊脚相で脚が前方へ振り出された時にも発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 218

    陸上競技におけるハムストリングス肉ばなれの受傷について、発生要因として、サーフェイスが硬い場合が挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    陸上競技におけるハムストリングス肉ばなれの受傷について、発生要因として、気温が高い場合や湿度が低い場合が挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    陸上競技におけるハムストリングス肉ばなれの受傷について、ハムストリングスの疲労がない場合は発生しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 221

    急性期のRICE 処置は、主に1~2 時間の間隔で少なくとも2 回以上実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 222

    RICE 処置の目的は、患部の治療を促進するのではなく二次的外傷性損傷を抑えることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    アイシング効果の高い氷は、水に変化する時は、約80cal/g の融解熱を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    RICE 処置について、凍傷の誘因は、冷却媒体の温度・種類、冷却時間、圧迫の度合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    RICE 処置について、氷の代わりにコールドスプレーを使用すると効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 226

    頚椎の外傷について、上位頚椎の損傷では、死亡事故に直結することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 227

    頚椎の外傷について、中下位頚椎の脊髄損傷では支配神経以下の可逆的な麻痺をきたし、予後は快復傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    頚椎捻挫では、自律神経の異常を伴ってめまいや嘔吐などが数ヶ月に及んで継続する、いわゆる「むちうち損傷」となることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    頚椎捻挫では、頚椎周囲の軟部組織に微細な損傷が繰り返されることで、発症にいたることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    ラグビーやレスリングのタックルなどによる頚椎捻挫では、伸展損傷が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    走動作について、コーナー走での内側に位置する下肢はknee-out & toe-in を呈しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    走動作について、舗装路では排水路に向かって傾斜があり、そのような路面を走る場合、高い方に位置する距骨下関節は回内が大きくなり、低い方では回内が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 233

    走動作について、股関節伸展の代償運動として股関節外転、外旋、膝関節屈曲などの運動が過剰に行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    走動作について、前方推進力を得るための重要な位相と関節運動は、リカバリー期全般の股関節伸展運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    走動作について、コーナー走での外側に位置する下肢はknee-in & toe-out を呈しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    炎症の急性期は、筋力エクササイズを実施してよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    腫脹や疼痛のある部位は、筋力エクササイズを実施してよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 238

    骨折のある部位は、筋力エクササイズを実施してよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 239

    廃用性筋萎縮は、筋力エクササイズを実施してよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 240

    易疲労性疾患は、筋力エクササイズを実施してよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    長距離種目では、オーバーユースによる下肢の障害が多く、腱の炎症や疲労骨折などが多く発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    短距離種目のスプリント動作では、大腿四頭筋の肉ばなれの発生が多いため、その柔軟性と筋力強化が重要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    跳躍種目では、踏み切り時に足関節にかかる負担が大きいため、足関節周囲筋群の筋力や柔軟性が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    投擲種目では、投げの最終局面での投げ腕の逆脚には大きな負荷がかかるため、コンディショニングが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 245

    陸上競技における競技種目特性について、コーナー走では、股関節内転筋、外転筋が大きな力を発揮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    スポーツ現場における救急体制を確立し、緊急時の対応計画を作成しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    スポーツ現場における救急処置について、内科的疾患に対する救急処置も実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    スポーツ現場における救急処置について、早期の治癒を促進するためにできる限りの治療を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    スポーツ現場における救急処置について、救急時の救命処置を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    スポーツ現場における救急処置について、受傷時の外傷、障害に対する評価および適切な救急処置を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56662

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ