zuknow learn together

新しい教材を作成

【中小企業診断士】運営管理JIS定義④

カード 30枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 現品管理

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

運用管理JIS定義をまとめています。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    現品管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資材、仕掛品、製品などの物について運搬・移動や停滞・保管の状況を管理する活動 備考:現品の経済的な処理と数量、所在の確実な把握を目的とする。現物管理ともいう

    解説

  • 2

    進捗管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事の進行状況を把握し、日々の仕事の進み具合を調整する活動

    解説

  • 3

    生産時点情報管理(POP)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産活動において発生する情報を、その発生場所(機械、作業者、ジョブ)で即時に収集し必要な指示(情報)を提供する情報管理システム

    解説

  • 4

    プッシュシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あらかじめ定められたスケジュールに従い、生産活動を行う管理方式。 備考:押出し方式ともいう

    解説

  • 5

    プルシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後工程から引き取られた量を補充するためにだけ、生産活動を行う方式。 備考:後工程引取方式、または引張方式ともいう

    解説

  • 6

    1個流し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1個を加工したら次工程に送る製造方式で、工程間に仕掛りを作らず1個ずつ流す生産方式

    解説

  • 7

    作業管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業方法の分析・改善によって、標準作業と標準時間を設定して、この標準を維持する一連の活動体系。 備考:作業管理に必要な基礎的技術を、作業研究または方法工学という

    解説

  • 8

    作業研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業を分析して最も適切な作業方法である標準作業の決定と、標準作業を行うときの所要時間から標準時間を求めるための一連の手法体系

    解説

  • 9

    方法研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業または製造方法を分析して、標準化、総合化によって作業方法または製造工程を設計・改善するための手法体系

    解説

  • 10

    作業測定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業または製造方法の実施効率の評価および標準時間を設定するための手法

    解説

  • 11

    工程分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産対象物が製品になる過程、作業者の作業活動、運搬過程を系統的に、対象に適合した図記号で表して調査・分析する手法

    解説

  • 12

    製品工程分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産対象の物を中心に、原材料、部品などが製品化される過程を工程図記号で表して調査・分析する手法

    解説

  • 13

    作業者工程分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産主体の作業者を中心に作業活動を系統的に工程図記号で表して調査・分析する手法

    解説

  • 14

    時間研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業を要素作業または単位作業に分割し、その分割した作業を遂行するのに要する時間を測定する手法

    解説

  • 15

    ストップウォッチ法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業を要素作業または単位作業に分割し、ストップウォッチを用いて要素作業または単位作業に要する時間を直接測定する手法

    解説

  • 16

    動作研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業者が行うすべての動作を調査・分析し、最適な作業方法を決めるための手法の体系

    解説

  • 17

    動作経済の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業者が作業を行うとき、最も合理的に作業を行うために適用される経験則。 備考:動作経済の原則は、a)身体の使用に関する原則、b)作業場の配置に関する原則、c)設備・工具の設計に関する原則に大別される

    解説

  • 18

    サーブリッグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の行う動作と目的別に細分割し、あらゆる作業に共通であると考えられる18の基本動作要素に与えられた名称

    解説

  • 19

    PTS法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の作業を、それを構成する基本動作にまで分割し、その基本動作から性質と条件に応じて、あらかじめ決められた基本となる時間値から、その作業時間を求める方法。 備考:PTS法の代表的手法には、WF法とMTM法がある。WF法は、基本動作、動作距離および動作時間に影響を及ぼす変数(work factor)、動作距離を考慮して作業時間を求める手法。MTM法は、基本動作、動作距離および条件に応じて作業時間を求める手法。

    解説

  • 20

    稼働分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業者または機械設備の稼働率もしくは稼働内容の時間構成比率を求める手法。 備考:1.稼働分析法の代表的手法には連続観測法と瞬間観測法がある。 2.稼働率は、作業者または機械設備の働きぶりを示す指標であり、次の式で表わされる。 稼働率=実際稼働時間/総時間

    解説

  • 21

    連続観測法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業者または機械設備の稼働状態を長時間にわたって連続的に調査・分析する手法

    解説

  • 22

    瞬間観測法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業者または機械設備の稼働状態を行動分類に従い、長時間にわたり瞬間的に度数によって調査・分析する手法。 備考:瞬間観測法の代表的手法として、確率・統計理論に基づいて観測回数と観測時刻を決めて観測を行い、観測項目の比率を推測するワークサンプリング法がある。

    解説

  • 23

    連合作業分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人と機械、2人以上の人が協同して作業を行うとき、その協同作業の効率を高めるための分析手法

    解説

  • 24

    モーションマインド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業方法または動作方法について、その問題点が判断でき、より能率的な方法を探し続ける心構え

    解説

  • 25

    5W1H

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 改善活動を行うときに用いられる、what(何を)、when(いつ)、who(だれが)、where(どこで)、why(なぜ)、how(どのようにして)による問いかけ

    解説

  • 26

    ECRSの原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 工程、作業、動作を対象とした分析に対する改善の指針として用いられる、E(eliminate:なくせないか)、C(combine:一緒にできないか)、R(rearrange:順序の変更はできないか)、S(simplify:単純化できないか)による問いかけ

    解説

  • 27

    複数台もち作業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1人または2人以上の作業者が複数台の機械を受けもって行う作業

    解説

  • 28

    標準時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その仕事に適正を持ち、習熟した作業者が、所定の作業条件のもとで、必要な余裕を持ち、正常な作業ペースによって仕事を遂行するために必要とされる時間

    解説

  • 29

    主体作業時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業サイクルごと、または一定周期ごとに発生する作業時間で、主体作業時間と付随作業時間とに分けることができる

    解説

  • 30

    準備段取時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロットごと、始業の直後および終業の直前に発生する準備、後始末、段取、運搬などの作業時間

    解説

57027

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ