zuknow learn together

新しい教材を作成

【実践】中小企業診断士(企業経営理論③)

カード 22枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • ケイパビリティとは?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士テスト対策問題です。ジャンル別。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ケイパビリティとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織が資源を有効活用し、目標の達成へとつながるように行動する組織のスキルや能力のこと。

    解説

  • 2

    電子産業などの収益構造を表す言葉の1つで、製品の組み立て・製造工程の利益率が低いことを表現しようとする場合によく利用される。例えば、製品企画やその製品の構成要素である部品の開発・製造、あるいは製品を製造した後のサービスなどによる付加価値が大きく、機器の組み立てなどの製造工程では大きな価値は加わらないと仮定する。この場合、横軸に製品開発から販売/サービスに至る工程、縦軸に付加価値をとって図示すると、両側が持ち上がった曲線を描が、これを何と言うか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「スマイル・カーブ」。人が笑ったときの口のような形なので。

    解説

  • 3

    組織の活性化の程度を、無関心度と一体化度の指標を使って判定すると、無関心度が高く、一体化度が低い状態が、最も活性化していると考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 無関心度とは、命令に対してどの程度受動的に行動するかという無関心圏の大きさを表し、一体化度とは組織構成員の価値観や目的が、組織の理念や目的とどの程度同一かを表すものである。

    解説

  • 4

    組織メンバー間の同質性は高いほうが、強い組織文化が形成される事が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 性や年齢、学歴、職能などの特性、興味や感心が似通っている事は、強い組織文化の形成要因となる。

    解説

  • 5

    イノベーションが期待される現場では、情報が錯綜し、冗長性が増し現場が混乱がちな傾向にあるので、冗長性を排除し、情報を整理したほうがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 冗長性とは「情報の伝達の際にある情報が必要最低限よりも数多く表現される」こと。言い換えると多用な解釈が存在すると言え、そのような状態がイノベーションの源泉となりうる。

    解説

  • 6

    昇格は役職の異動であり定員があるのに対し、昇進は資格等級の異動であるため定員がないため、基準を満たせば誰でも移動可能であり、原則的には定員がないという特徴がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 昇格と昇進が逆。資格等級の異動が昇格。「格」つながり

    解説

  • 7

    複線型人事制度における専門職コースの選択は、キャリア志向の多様化に対応し、従業員のキャリアで余裕を持って選択できるよう、設計されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 専門職には高い専門性が要求されるため、長期的な視点での育成が必要。そのため、キャリアの早い段階で選択されるべき。複線型の対義語は単線型で、ライン管理者として、より高いポジションに上がっていくことのみをモデルとしている。

    解説

  • 8

    職務給を基本給に導入した場合、運用が年功的になり、結果的に人件費が高騰してしまうリスクがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 職能給に関する記述。職能給は、個人の能力に基づいて支給されるもので、年齢員の能力は向上するという前提の下で、年功序列的な運用につながりやすい。一方、職務給は欧米などで採用されることが多く、担当する業務内容で支給される給与が決まる。職能は個人ベース、職務は仕事ベース。

    解説

  • 9

    中高年の継続雇用をはかる上で、中高年の能力向上の必要性が高まっているが、アウトプレイスメント・ビジネスの活用はその一環であるといえる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アウトプレイスメントビジネスとは、人員整理対象の人材を円満退社に導くために、外部の会社が対応するビジネスのことである。

    解説

  • 10

    市場細分化とは、市場を一定の規模を保ちながら異質的なニーズを持つ消費者の集合に区分していく手法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 異質的なニーズではなく、同質的なニーズ。女性に好まれる製品のみを細分化した市場に投入するイメージで。

    解説

  • 11

    ポジショニングを行うに当たって、戦略グループマップを作成することが一般的である。これは、自社製品の相対的な知覚上の位置付けを調べ、図で示したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 戦略グループマップではく、知覚マップ

    解説

  • 12

    製品に対するポジショニングは、マーケティングの観点から市場全体を適切な形で細分化することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ポジショニングではなく市場細分化に関する説明。

    解説

  • 13

    1次データの収集方法である質問法に関して。電話調査は追跡調査の時に再び回答者にコンタクトを取ることが容易で、回答者を無作為に選び易いというメリットがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 電話は繋がらないイメージがあり、追跡調査でコンタクトを取りづらいと誤解した。

    解説

  • 14

    新製品の採用者区分のうち、「アーリーアダプター」が属するのは「前期多数採用者」である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「前期多数採用者」が属するのは「アーリーマジョリティ」である。「早期採用者」に「アーリーアダプター」「オピニオンリーダー」が属する。

    解説

  • 15

    限定的問題解決は、主に価格が低く、購買頻度が高いような製品の購入時に見られる行動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 記述は日常的反応行動に関するもの。製品についての知識が豊富で、ブランドの選考も確立している製品を購入するときの購買決定行動であり、主に価格が低く、購買頻度が高いような製品の購買時に見られる行動である。

    解説

  • 16

    ブランドへの知識が乏しい場合、消費者は日常的反応行動あるいは限定的問題解決といった行動を選択する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ブランドへの知識が乏しい場合、限定的問題解決あるいは拡大的問題解決と言った行動を選択する。購買決定上の複雑さが増すにつれ「日常的反応行動」→「限定的問題解決」→「拡大的問題解決」という具体に購買決定行動が変わってくる。

    解説

  • 17

    産業財は、仮説を元にした間接的な開発方法で製品化され、汎用性が高いという特徴がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 消費財に関する説明。産業財は顧客のニーズを直接に反映させた商品開発をベースとしている。

    解説

  • 18

    操作型マーケティングとは、企業が顧客の情報創造過程に直接関与すると同時に、顧客も財の生産過程に直接介在し、相互に協働することで新しい価値を生み出そうとするものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 協働型マーケティングの記述。操作型マーケティングとは、企業が顧客に向けて製品・サービスの 提案を行い、顧客にその提案を受け入れて貰えるように、さまざまな方法を活用し、消費者を「操作」しようとするものです。

    解説

  • 19

    新たなブランド名を既存の製品カテゴリに導入するブランド戦略とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルチブランド 新市場開拓 ※既存の商品にあたらなブランドを投入。カニバリズムの危険がある、マルチブランド。

    解説

  • 20

    新たなブランド名を新しい製品カテゴリに導入するブランド戦略とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新ブランド 多角化戦略 ※全く新しい新ブランドを立ち上げる!

    解説

  • 21

    既存のブランド名を既存の製品カテゴリに導入するブランド戦略とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ライン拡張 市場浸透戦略 ※きめ細かい製品ラインアップにする→製品ラインを広げる

    解説

  • 22

    既存のブランド名をあらたな製品カテゴリに導入するブランド戦略とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランド拡張 製品開発戦略 ※同じブランド名の違う製品を開発→ブランドが広がる

    解説

56568

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ