zuknow learn together

新しい教材を作成

【実践】中小企業診断士(企業経営理論②)

カード 22枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • リーダーの行動を「配慮」と「構造設定」という2つの軸で捉えた研究はアイオワ研究である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士テスト対策問題です。ジャンル別。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    リーダーの行動を「配慮」と「構造設定」という2つの軸で捉えた研究はアイオワ研究である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アイオワ研究ではなくてオハイオ研究。アイオワ研究は、レヴィンがリーダーシップのタイプを専制型・放任型・民主型の3つに分類した研究。

    解説

  • 2

    非常災害の場合や労働協約による場合、時間外または休日に労働させることが認められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 労働協約ではなく「労使協定」である。

    解説

  • 3

    商業(販売、保管、理容の事業など)のうち、常時使用する労働者の数が10人以下の一定の事業については、労働時間の特例措置として、1週50時間まで労働させることが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原則40時間だが一定の場合は「44時間」まで認められている。また10人以下ではなく、「10人未満」である。

    解説

  • 4

    常時5人以上の労働者を使用する場合、就業規則を作成する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 5人以上ではなく「10人」以上である。

    解説

  • 5

    40人の小売業者は、1週間単位の非定型的変形労働時間制を採用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 採用できる業種は、小売業、旅館、料理店、飲食店など、対顧客サービスの業種である。また常時使用する労働者が30人未満の場合である。

    解説

  • 6

    産業クラスターは古くから当該地域で事業活動をしている地場企業とその下請業者によって形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 産業クラスターの中心的存在は、イノベーションの推進役と成り得るならば、老舗の地場企業に限らない。誘致で進出してきた外資系企業や、大学、行政機関などもあり得る。

    解説

  • 7

    官僚制組織について、規則を固守することとが、組織メンバーの目標になってしまうという「訓練された無能」と呼ばれる事象が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「目標の置き換え」と呼ばれる現象のこと。「訓練された無能」とは、規則に固執するあまり状況の変化に対応できないことを指す。

    解説

  • 8

    生産志向のマーケティングコンセプトは、プロダクトアウトという考え方が基本となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × プロダクトアウトという考え方が基本となるマーケティングコンセプトは「販売志向」であり、まずは生産し市場でその是非を問う、という考え方である。

    解説

  • 9

    供給が需要を上回り、企業間の競争が激化したいわゆる成熟市場におけるマーケティングコンセプトを「販売志向」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 販売志向ではなく「顧客志向」である。

    解説

  • 10

    官僚制組織の短所として、規則で行動が規制されるので、構成員は処罰をまぬがれる最低水準を知り、言われたことだけをやる。これを「革新の阻害」という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「最低許容行動」の事。「革新の阻害」とは、保守志向で新しい取り組みを脅威と考える事。

    解説

  • 11

    官僚制組織の短所として、人間関係の非人格化の協調により、ニーズや状況を配慮しないで規則の適用が行われる。これを「目標の置き換え」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「顧客の不満足」のこと。目標の置き換え」とは、目標達成の手段や価値が、それ自体目的になってしまうこと。

    解説

  • 12

    各組織構成員に与えられる権限の大きさは、担当する職務に相応しているとともに、それと等量の責任が負わされなければならない。これを統制範囲の原則(スパンオブコントロール)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 権限・責任一致の原則の事である。統制範囲の原則(スパンオブコントロール)とは、1人の管理者が直接的に管理できる部下の人数には一定の限界があり、これを超えて部下を持つと管理効率が低下するというもの。

    解説

  • 13

    マグレガーは、複雑な人間の欲求を5段階(階層)に体系化して、欲求段階説を提唱した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × マグレガーではなくてマズロー。マグレガーといえば、X理論とY理論。

    解説

  • 14

    ハーズバーグの欲求段階説は、人間の欲求は、人間行動を一番強く規定する生理的欲求から始まり、安全欲求、自我欲求、自己実現的欲求、社会的欲求まで5つの階層を形成し、低次から高次まで順に満足させようとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 欲求段階説を提唱したのは「マズロー」。欲求の順番が違い、①生理的欲求、②安全欲求、③社会的欲求、④自我欲求、⑤自己実現的欲求。社会的欲求は、(belongingness-love needs)といい、集団への帰属や愛情を求める欲求のこと。ハーズバーグは二要因理論(衛生理論、動機づけ要因)で有名。

    解説

  • 15

    アージリスによると、欲求によって人格が未成熟から成熟していく段階において、職務を垂直的に拡大させ、責任や権限の範囲を拡大して、動機づけをする職務充実を唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アージリスは権威が少数のトップに集中するべきではなく、職務を水平的に拡大させ、動力発揮の機会を増やす職務拡大を図ることで動機づけをすることが出来るとしていた。職務充実を唱えたのはハーズバーグ。

    解説

  • 16

    マクレランドは、欲求を達成欲求・権力欲求・親和欲求に分類し、達成欲求の強い従業員が優れた管理者になると主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ①何事も自分でやらねば気がすまず、仕事の結果について即時のフィードバックを求める高達成欲求の人は管理者には向かない。②親和欲求が強い、つまり他人から嫌われることに恐々としている人は、すぐれた管理者にはなれない。③利他的かつ抑制や自己統制の効いたパワーの発揮が、すぐれた管理者になるには求められる。としている。

    解説

  • 17

    分析麻痺症候群とは、業務的意思決定など定型的意思決定に忙殺され、戦略的意思決定など非定型的意思決定が後回しになることによって、将来の計画策定が事実上消滅してしまうことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 説明は「計画におけるグレシャムの法則」のこと。分析麻痺症候群とは、本社の経営企画スタッフだけで精密な分析を行っても、その計画が現場と遊離したものである場合、本社の経営企画スタッフと現場の事業部門との間に相互不信が生まれるため、計画が実行に移されないこと。

    解説

  • 18

    ローリングプランとは、企業の業績に対する影響の大きい不測事象をあらかじめ想定して、その適応行動を事前に策定しておき、その内容を具体化したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × コンティンジェンシープランの説明。ローリングプランとは、中長期の計画の内容を定期的に見直し、部分的に修正を加えていく技法のこと。

    解説

  • 19

    情報的経営資源は他の経営資源と比べて市場からの調達可能性が高いため、事業機会や脅威の分析の際には、通常、あまり考慮しない傾向がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 技術ノウハウやスキル、ブランド力などの情報的経営資源は他の経営資源(ヒト・モノ・カネ)と比べて市場からの調達可能性が低い。入手が困難な貴重な経営資源であり、競争優位の源泉と成り得る。

    解説

  • 20

    製品ライフサイクルにおける成熟期は、製品がある程度市場に浸透し、消費者に認知される時期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 消費者に認知される時期は「成長期」であり、成熟期は「需要が一段落する時期」である。

    解説

  • 21

    PPMの問題児はPLCの「導入期」に該当し、PPMの花形はPLCの「成長期」に該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × PPMの問題児はPLCの成長期の「初期」に該当し、PPMの花形はPLCの成長期「後期」に該当する。

    解説

  • 22

    その時々のプロジェクトのニーズに応じて臨機応変にパートナーを組み替えていくことのできる能力を持ったネットワーク組織のことを、コングロマリット、という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイナミック・ネットワーク組織のこと。コングロマリットとは、主に株式公開買付による吸収合併を繰り返すことで互いに無関連な分野の企業を統合した企業形態の事。

    解説

56665

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ