zuknow learn together

新しい教材を作成

【実践】中小企業診断士(企業経営理論①)

カード 22枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 「コモディティ化」について。
    多くの商品で基本的な機能の充足では満足できない消費者が大量に表れ、彼らの要望に基づいて顧客価値の絶え間ざる向上が実現しつつある。"

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士テスト対策問題です。ジャンル別。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「コモディティ化」について。 多くの商品で基本的な機能の充足では満足できない消費者が大量に表れ、彼らの要望に基づいて顧客価値の絶え間ざる向上が実現しつつある。"

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 多くの商品で顧客価値の頭打ちが起こっている。デジカメのCCD画素数や、PCのCPU処理速度など。

    解説

  • 2

    コア・コンピタンスという概念は、企業における経営資源そのものの量や質に焦点を当てている点に特徴がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 企業のスキルを調整すること、技術を統合することに焦点を当てている。プラハラッドとハメルはコア・コンピタンスを「組織における集団学習であり、特に多様な生産スキルを調整したり、複数の技術体系を統合したりする方法に関するもの」と定義している。

    解説

  • 3

    産業発展の初期の段階においては、「プロダクトイノベーション」が先行して起こり、その後、特定の製品概念が有力となると「ドミナント・デザイン」と呼ばれる。「ドミナント・デザイン」が確立されると、それを効率的に生産するための「プロセス・イノベーション」が中心となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 記述の通り。

    解説

  • 4

    シュンペーターは一貫して、既存の大企業こそがイノベーションを先導する存在であると主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 中小企業と言ったり、大企業と言ったり、主張が一貫していないそうです。

    解説

  • 5

    企業は「規模の経済」の実現を図るために多角化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 多角化の狙い目は「範囲の経済」、つまりシナジー効果が狙い目!同業企業の合併などが「規模の経済」狙い目!

    解説

  • 6

    日本企業の研究の成果から、一般に、多角化の程度が小さい戦略(本業型、集約型)のほうが成長性が高く、多角化の程度が大きい戦略(関連型、拡散型)のほうが収益性が高いと結論付けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 多角化の程度が小さい戦略(本業型、集約型)のほうが収益性が高く、多角化の程度が大きい戦略(関連型、拡散型)のほうが成長性が高いとされている。

    解説

  • 7

    ネットワーク外部性で、ハードのユーザー数の増大が、補完財であるソフトの多様性や価格低下を促すことによって得られる効果は、直接効果にあたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 補完財のメリットなので間接効果。携帯電話のユーザーが増えることにより価格低下するケースなどが直接効果。

    解説

  • 8

    ネットワーク外部性について。企業は、均衡下で維持可能な最低限のネットワーク・サイズ、すなわちクリティカル・マスを何とかして達成しようとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ ネットワーク外部性がはたらく財の普及では、「クリティカル・マス」と呼ばれる特別な普及率が存在するといわれている。このクリティカル・マスに達するまで普及させるには、大変な苦労をしなければならないが、いったんそれを超えると、急速に普及が拡大する。

    解説

  • 9

    デファクトスタンダードを確立するために企業がとるオープン戦略は、高い専有可能性を保証するが、同時に競争戦略上の問題が生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × クローズド(自社単独)戦略は、高い専有可能性を保証するが、同時に競争戦略上の問題(独占禁止法など)が生じることがある。オープン(他社連携)戦略は、自社のみで専有できないので、ライセンス収入などの可能性を探る。

    解説

  • 10

    行動理論が有効であれば、リーダーは生まれながらにしてリーダーであり、リーダーシップの有無は生まれつき決まっているはずである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × リーダーは生まれながらにしてリーダーであり、リーダーシップの有無は生まれつき決まっているはず、と考えるのはリーダーシップの要因を個人の特性と考える「特性論」である。行動理論は、優れたリーダーの行動を学習すれば、優れたリーダーを要請できるという理論である。

    解説

  • 11

    パス・ゴール理論によると、リーダーは部下の認知する報酬を大きくさせ、その報酬にいたる経路を明確にして障害を少なくし、その途上で個人的満足の機会を増加させることで、これらの報酬に容易に到達できるように導かねばならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    パスゴール理論によると、指示型は、困難な目標を設定し、メンバーに全力を尽くすように求める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 指示型は、何を期待されているかをメンバーに教え、するべき仕事のスケジュールを設定し、仕事の達成方法を具体的に指導するというものである。困難な目標を設定し、メンバーに全力を尽くすように求めるのは、達成志向型。

    解説

  • 13

    パス・ゴール理論によると、参加型は、親しみやすく、メンバーのニーズに気遣いを示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 親しみやすく、メンバーのニーズに気遣いを示すのは「支援型」。参加型は、決定を下す前にメンバーに相談し、彼らの提案を活用。非常に民主的なスタイル。

    解説

  • 14

    オハイオ州立大学での研究によれば、構造づくりと配慮のいずれについても高い程度を示したリーダーは必ず好結果を得ることができ、他の要因をこの理論に組み込む必要性は全く認められなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 構造づくりと配慮のいずれについても高い程度を示したリーダーは好結果を得られる可能性が高いが必ずではなく、状況要因を組み込む必要があった。

    解説

  • 15

    ブレイクとムートンは調査結果に基づき、マネジャーが最も優れた機能を果たすのは、9・1(タスク志向)か、1・9(社交クラブ型)のいづれかであるが、どちらが有効かは状況によって異なるという結論を導き出した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × A・Bで、Aは業績に対する関心、Bは人間関係に関する関心で、9・1は統制によるマネジメント、1・9は管理者が兄姉のような存在、1・1は業績にも人間にも興味なく与えられた仕事をこなすだけ。9・9は理想的で最も優れているが、ほとんど存在しない。

    解説

  • 16

    フィードラーの理論では、あるリーダーのリーダーシップスタイルについて、このリーダーの下で仕事をした経験のある従業員に「質問用紙」を配布し、その回答に基づいてリーダーシップスタイルを区分するというものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 質問に答えてリーダーのスタイルを区分するのはマネジリアルグリッド。フィードラーはLPC(LeastPreferedCoworker)つまり、最も一緒に仕事をしたくない人物に対する評価により、リーダーシップスタイルを判定できるとした。

    解説

  • 17

    連結の経済とは、複数事業を別々の起業で行うより、一つの企業で行うほうがコスト的に有利なことを表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 範囲の経済の説明。連結の経済とはネットワーク外部性のことで、複数の人や企業がネットワークとして結びつくことにより、経済的な効果が発生することをあわらす。

    解説

  • 18

    クラウンジュエルとは、買収の結果解任された取締役に巨額の退職金を支払うよう前もって定めておくことで、敵対的買収を抑止しようとする方策のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ゴールデンパラシュートの説明。クラウンジュエルは、被買収企業の魅力的な事業部門もしくは子会社などを指し、分社化することによって、自社の魅力を削ぐという戦略。王冠を外すと魅力のない人になる?

    解説

  • 19

    「経済性セグメント」を市場ターゲットとする競争地位は、ニッチャーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 経済性セグメントとは、中~低価格志向の顧客層を指し、フォロワーの市場ターゲットとなる。

    解説

  • 20

    ハーズバーグの動機づけ=衛生理論は、動機づけ要因の積極的な改善を図ることが必要であるとしているが、その具体的な方法とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ハーズバーグの動機づけ=衛生理論は、動機付け要因の積極的な改善の具体的な方法として、職務充実(ジョブエンリッチメント)を挙げている。類似した手法として、目標による管理(MBO)があるが、それを唱えたのは、マグレガーのX理論・Y理論である。

    解説

  • 21

    マグレガーの理論のよれば、Y理論に基づく人間観は「人間は目標達成に対し主体的に努力する」というものであり、X理論に基づく人間観とは「人間は生まれつき仕事が嫌いで、報酬によってのみしか働かない」というものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × Y理論に基づく人間観は「人間は目標達成に対し、獲得する報酬次第で主体的に働く」というものであり、X理論に基づく人間観とは「人間は生まれつき仕事が嫌いで、できる事なら仕事をしたくないと思っている」というものである。

    解説

  • 22

    マグレガーの理論によればX理論に基づく人間は自己統制によって管理され、Y理論に基づく人間は、命令と統制によって管理される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × X理論に基づく人間は(ネガティブなので)命令と統制によって管理され、Y理論に基づく人間は(ポジティブなので)自己統制による目標管理(Management By Objectives through Self Control:MBO)で管理される。

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ