zuknow learn together

新しい教材を作成

【実践】中小企業診断士(運営管理③)

カード 28枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 定期発注方式において、発注点の位置が安全在庫を下回らないタイミングで発注する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士テスト対策問題です。ジャンル別。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    定期発注方式において、発注点の位置が安全在庫を下回らないタイミングで発注する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 定期発注だから、タイミングは一定。急な需要返答で安全在庫を下回ることも考えられる。

    解説

  • 2

    定量発注方式は、発注ごとに需要予測をする必要はないが、発注時期がその都度変わり、複数品目を扱う場合は発注業務が非常に煩雑になるため不向きな発注方式である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 定期発注方式は、発注ごとに需要予測をする必要が有るため、複数品目を扱う場合は非常に煩雑になる。一方、定量発注方式は発注量は決まっているので、複数品目を扱い場合でも量で悩む必要はない。

    解説

  • 3

    在庫管理および購買管理のABC分析において、A品目は重点品目ではないため、定量発注方式が適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × A品目は重点管理品目であるため、定期発注方式で、都度、発注量を決めることが求められる。

    解説

  • 4

    アウトソーシングを実施すると財務的なメリットはないが、自社の得意分野に経営資源を集中でき、組織をスリム化できるというメリットが享受できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 財務的なメリットはある。総務を中国人スタッフに入れ替えるなど。自社にノウハウが無い場合もアウトソースしたほうがコストが安い場合がある。

    解説

  • 5

    方法研究とは作業者が行う全ての動作を調査・分析し、最適な作業方法を求めるための手法の体系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 方法研究ではなくて動作研究の事。方法研究とは、作業や製造方法を分析して、作業方法や製造工程を設計・改善することで、生産性を向上させる事である。

    解説

  • 6

    製品工程分析や流れ線図を使った改善手法としては、改善効果の大きいところから着目することが有効であるため、一般的には行程内における非効率的な手作業を自動化することを検討する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ECRSの順番で検討すべき。まずはなくせないかを検討すべきで、自動化を安易にすすめるべきではない。

    解説

  • 7

    サーブリッグ分析の記号は「手を伸ばす」というような単一動作のものだけで構成されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 組み合わせる、分解する、といつような複数の動作を組み合わせたものもある。

    解説

  • 8

    付随作業は、作業サイクルごと、または一定周期ごとに発生する作業時間のことで、主作業と付随作業に分類される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 主体作業のこと。

    解説

  • 9

    余裕は管理余裕と人的余裕に分類でき、管理余裕は疲労余裕と要達余裕に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 疲労余裕と要達余裕に分類されるのは人的余裕である。

    解説

  • 10

    稼働分析の代表的な手法の一つであるワークサンプリング法は、稼働時間と非稼働時間の時間値を直接計測して稼働時間を算出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 時間を直接計測するのは、ワークサンプリングではなくて連続観測法。ワークサンプリングは、瞬間的に作業者や機械が何をしているのかを観察し必要最小限のサンプルを採取する方法。

    解説

  • 11

    非繰り返し作業における標準時間設定のための余裕率を求める方法は、ワークサンプリングが最も適している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 非繰り返し作業の余裕率調査に最も適しているのは、連続観測法。ただしコストがかかり、観測対象者も限定されてしまう。ワークサンプリングが適している対象は、繰り返し作業やサイクルの短い作業。

    解説

  • 12

    散布図によって、2つの特性の相関を分析する際には、相関の度合いは相関係数によって示され、相関係数が-1の時は、無相関である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 1・・・正相関 0・・・無相関 -1・・・逆相関

    解説

  • 13

    品質のバラツキなどを調べるため、製品から一定量のサンプルを抜き取り、管理図を作成して分析することにした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 管理図は時系列に沿った変化を記録して管理するものである。記述はヒストグラムに対応するものである。

    解説

  • 14

    設備保全活動の改良保全は、故障発生時に設備の故障を検出し、故障部位を良品と交換あるいは修復し、設備の性能を改善することである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 記述は事後保全に該当

    解説

  • 15

    予知保全の目的は、設備のライフサイクルコストを最小にすることである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 予知ではなく生産保全の説明。生産保全は、生産目的に合致した保全を経営的視点から実施する、設備の性能を最大に発揮させるための最も経済的な保全方式の事である。

    解説

  • 16

    保全活動には、保全業務を専門とする保全部門によって活動を実施する集中保全と、設備の運転部門が部門別に分散して実施する部門保全がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    PDMの主な機能として、図面管理、開発プロセス管理、構成管理、変更履歴管理、などがあるが、変更対象となる部品の一元管理はできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ProductDataManagementで、製品開発プロセスと製品情報を一元的に管理することが可能となる

    解説

  • 18

    効率的な工場内物流を担うマテリアルハンドリング装置の中で、加工作業を伴わない装置には、自動倉庫システム、自動パレット交換システム、分散系数値制御(DNC)などがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 分散系数値制御(DNC)はマテリアルハンドルではなく、加工を伴う。

    解説

  • 19

    一部買回り品もあるが、最寄品主体の商店街を「地域型商店街」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 一部買回り品もあるが、最寄品主体の商店街は「近隣型商店街」という。最寄品と買回り品が混在している商店街を「地域型商店街」という。

    解説

  • 20

    広域型商店街は、商圏人口100万人以上と言われ、全国的な中心都市や政令指定都市の中心部にある商店街で、業種構成は買回品主体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 記述は「超広域型商店街」である。「広域型商店街」は商圏人口20万人以上と言われ、県庁所在都市、またはこれに準ずる都市以上の商店街である。

    解説

  • 21

    「商品の島出し陳列が多く、実質の通路幅が主通路で1mほどしかない」は訴求機能に関する記述である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 店頭の演出、入りやすい出入口、レイアウト、通路の工夫など顧客を誘導する誘導機能の問題である

    解説

  • 22

    セルフセレクションという販売形態は、商品の選択は顧客が自由にできるようにしつつ、一部側面販売を取り入れ、レジを一箇所だけ設けるような販売方式である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × レジが1箇所ではなく、必要に応じて数カ所設けてある売り方を言う。セルフセレクションは顧客の自由な商品選択という点だけではなく、一部に側面販売を取り入れている点があり、百貨店、買回品店、家電量販店が採用している。

    解説

  • 23

    利益率の高い商品をレジ前や主力商品の近くに置くことにより、店舗全体の利益率を向上させる事ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ レジ前には思い出し買いやついで買いを誘うような、高利益率の商品を陳列する。主力の生鮮野菜の隣に高級ドレッシングを置くなど。ワナww

    解説

  • 24

    側面販売では、客動線とサービス動線が同一になるため、客動線を優先して、双方の動線はできるだけ長く設計する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 側面販売の時、客・従業員の動線は同一になるが、客動線はできるだけ長く、従業員動線は効率化すべきなので、不適切。動線には、①客動線、②従業員(サービス)動線、③商品動線の3種類がある。

    解説

  • 25

    売場レイアウトを設計する目的は、売上の向上であり、顧客回遊性、売場生産性などが考慮されるが、コストダウンの観点は、レイアウト設計では困難であるため、通常は店舗オペレーションで考慮することになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × レイアウト設計の目的は単に売上向上だけではなく、利益の向上も目指す。 売上向上目的・・・顧客回遊性、ISM コストダウン・・・従業員動線・商品動線の合理化、商品ロスを極力減らすレイアウト設計等。

    解説

  • 26

    リーチインケースは商品の先入れ先出しが行い易い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 商品の先入れ先出しが行い易いのはウォークインケースである

    解説

  • 27

    展示陳列は、一般に単価が低い商品、商品回転率が高い商品、サイズ・デザイン・色柄などが豊富な商品、季節商品などボリューム感を演出する陳列法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 記述は量感陳列の説明。エンド陳列、ジャングル陳列、島出し陳列などの手法で行われる。

    解説

  • 28

    ゴールデンゾーンは、売り場の什器で最も購買されやすい高さの範囲を指し、その範囲のうち、より顧客が買いやすい位置を有効陳列範囲という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 有効陳列範囲は、顧客の手の届く範囲を言い、そのなかで手の届きやすい範囲をゴールデンゾーンという。 ゴールデンゾーンは、  男性で70CM~160CM  女性で60CM~150CM 程度とされている。

    解説

56997

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ