zuknow learn together

新しい教材を作成

【実践】中小企業診断士(運営管理①)

カード 27枚 作成者: tsuyoshi (作成日: 2013/12/19)

  • 共同店舗に出店する各店舗間において、個人情報保護の観点から顧客情報を共有化しないことが一般的である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士テスト対策問題です。ジャンル別。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    共同店舗に出店する各店舗間において、個人情報保護の観点から顧客情報を共有化しないことが一般的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 共同店舗間でポイントサービスを実施し、顧客情報を共有することも多い。共同店舗外に顧客情報が流出しないよう留意が当然に必要!

    解説

  • 2

    共同店舗の解説にあたっては、高度化事業の施設集約化事業による20年以内の長期貸付を受けることが可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 高度化事業の「施設集約化事業」に該当。都道府県、または中小企業基盤整備機構の診断・助言がある。

    解説

  • 3

    ショッピングセンターとは、核店舗と呼ばれる総合スーパー(GMS)が中心となって計画・開発した、単独店舗またはバラエティに富んだ小売専門店、飲食店等が入る商業施設のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ショッピングセンターは、核店舗ではなく、デベロッパーと呼ばれる経営体が中心となって開発した建物のこと。総合スーパーが中心ではない。

    解説

  • 4

    ショッピングセンターに1業種1店舗を配置するテナントミックスは、消費者の比較選択購買志向を満たすものであり、1業種複数の店舗を配置するテナントミックスは、消費者のワンストップショッピング志向を満たすものであり、一般に広域からの集客効果が高いのは前者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ショッピングセンターに1業種1店舗を配置するテナントミックスは、消費者のワンストップショッピング志向を満たすものであり、1業種複数の店舗を配置するテナントミックスは、消費者の比較選択購買志向を満たすものである。 一般に広域からの集客効果が高いのは後者である。

    解説

  • 5

    店舗レイアウトについて。 店外からも店内の賑わいが見えるよう、また特売品をレジ精算時にカゴに入れてもらえるよう、レジ前に特売商品を山積み陳列することにした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × レジ前に特売品を陳列すると、店奥に客が流れず、レジ前で客が滞留する。特売品はゴンドラエンド陳列して、マグネット効果により回遊性を高める。レジ前には、思い出し買い、ついで買いを誘う、高利益商品を陳列する。

    解説

  • 6

    オープン型ショーウインドウは、ウインドウバックがないため、視線をウインドウに集めやすく、ウインドウショッピングに向いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × オープン型ショーウインドウは、ウインドウバックがないため、店内への導入効果が期待できるが、内部が壁面になっているボックス型ショーウインドウに比べ、ウインドウ自体への集視効果は低い。

    解説

  • 7

    値入率には、売価基準と原価基準があり、販売前の設定値入率どおりに販売したとき、粗利益率と同じ数値を示すのは、原価基準値入率である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原価基準値入率ではなく、売価基準値入率である。

    解説

  • 8

    農地を含む土地利用の整序が必要な区域などに広く指定できるよう、準都市計画区域の要件を緩和するとともに、指定地権者を都道府県から市町村に変更した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 都市計画区域、準都市計画区域、どちらも都道府県が指定する。

    解説

  • 9

    建築物の地階で地盤面から2メートル以下に当たる部分は、建築面積に含まない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 2メートルではなく、1メートル。

    解説

  • 10

    適正な面積の店舗閑地を設けると、ゆとりある落ち着いた雰囲気を醸し出し店舗の風格を高めるが、目立たなくなるため、入りにくくなるという欠点がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 閑地があると道路から凹んで入りやすくなる。ただし、店舗面積が減ることが問題。

    解説

  • 11

    専門店や買回り品の店舗は開放度は高くして、開放感は低くする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ガラスドア、ガラススクリーンなどによって開放感を高めないと、入りにくい雰囲気なってしまう。ただ開放度が高いと誰でも入ってきてガヤガヤ落ち着かないので、開放度は低くする。

    解説

  • 12

    店舗から道路に突き出すように設置された看板を袖看板、建物の屋上に設置する看板を屋上看板もしくは広告塔とよび、どちらも高さ4メートルまでは、建築基準法に基づいた設計・施工は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 3メートル以上の場合、建築基準法に基づいた設計・施工は必要となる。

    解説

  • 13

    商品アイテム数を増大させる商品構成を行う場合、幅広い顧客ニーズに対応することができ、顧客のワンストップショッピングのニーズを満たすことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 商品アイテムではなく、商品ラインが正しい。商品ラインは商品アイテムの集合。

    解説

  • 14

    衣料品のマーチャンダイジングにおける品揃え要件は、サイズ、デザイン、色、素材などがあるが、その中でもっとも重要なものはデザインである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × サイズ!いくら気に入ったデザイン、色、素材であっても、サイズが合わないと絶対買わない。

    解説

  • 15

    ISMが重視されるようになった背景として、スーパーマーケットなどのセルフ販売業態における、顧客の計画購買の減少ということが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ ISMは店舗内マーケティング。計画購買の減少により、客単価、買い上げ点数をアップさせようとするものである。

    解説

  • 16

    特定の商品やカテゴリに対して、店内で刺激を与えることにより、消費者の購買促進を行うことを、スペースアロケーションという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 設問文は、インストアプロモーションの説明。スペースアロケーションとは、商品群のくくり仮説の設定、適正な構成比率、配置を検討する活動のこと。

    解説

  • 17

    ITFは、アルファベットや記号を用いることはできないし、同じ桁数の場合、他のコードよりもバーコードの大きさは大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ITFはバーとスペースのどちらにも情報を持たせているため、同じ桁数ならば、他のコードに比べ、情報を多く入れることができる。

    解説

  • 18

    CRPは、発注点方式などによりあらかじめ決められた発注点と、継続棚卸で算出した在庫量から発注量を自動的に計算して、自動発注するシステムである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × CAO(自動発注)のこと。CRPとは、メーカーが小売のPOSデータを元に需要予測を行い、商品の自動補充を行うものである。

    解説

  • 19

    JANは、メーカーコード、商品アイテムコード、チェックデジットの3つで構成されている。一度取得したメーカーコードは更新する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 3年ごとに更新する必要がある。「財団法人流通システム開発センター」にて管理されている。

    解説

  • 20

    EDIを利用することにより、小売店側の業務が大幅に効率化するため、卸売業に比べて小売店側のメリットが大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 卸売業は複数の小売店とデータのやり取りをするため、メリットが大きい。小売業がやり取りするのは、少数の卸売業だけ。

    解説

  • 21

    コーザルデータとは、顧客の氏名、年齢などの情報で、POSの基本データとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × コーザルデータとは、価格以外で商品の販売数に影響を与える環境情報、季節、天候、時間など、価格以外で売上に影響を与える要因のこと。

    解説

  • 22

    ショッピングバスケット分析の目的は、商品単価のアップであり、その分析結果から店舗にて、併買度の高い商品の関連陳列やカテゴリマネジメントなどに活用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ショッピング(マーケット)バスケット分析の主目的は、商品単価のアップではなく、「買上点数の向上」。ついついカゴに入れたくなる、衝動買いを誘うような売場づくりを目指す。

    解説

  • 23

    経済産業省における「響プロジェクト」では、ICタグの普及に向けて、1個20円以下のICタグを実現するための技術開発が行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 20円ではなく5円。

    解説

  • 24

    メーカー区分ではなく、カテゴリー区分で納品する「カテゴリー納品」は、通過型一括物流センターの場合、ベンダー仕分型が有利である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 在庫型一括物流センターでは、ベンダー仕分型でもカテゴリ納品は問題なく対応できるが、通過型一括物流センターで、カテゴリ納品を実施するためには、通過センターで仕分けしないといけないため、ベンダー仕分型では困難である。

    解説

  • 25

    一括物流により卸売業側のメリットは、検品作業が不要になることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 検品作業は卸売業側でやるため、設問文は小売店側のメリット。

    解説

  • 26

    小売店舗へ納品する一定期間当たりの車両数を比較した場合、通過型物流センターよりも、在庫型物流センターのほうが少ないことが特徴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 通過型と在庫型、どちらが多いか少ないかは一概には言えない。

    解説

  • 27

    集中貯蔵の原理とは、卸売業がメーカーと小売業の間に存在することにより、社会的コストが削減されるという原理である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 設問文は、取引数量最小化の原理のことである。集中貯蔵の原理(不確実性プールの原理)とは、卸売業が集中的に在庫を保有することにより、社会的な在庫量が減少するという原理である。

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ