zuknow learn together

新しい教材を作成

【試験対策問題】行政書士(行政法〜不服申し立ての要件〜)

カード 17枚 作成者: 川野智昭 (作成日: 2013/12/19)

  • 処分の全部または一部の取り消しの申立のほか、処分の不存在確認の申立て、不作為についての申立てを行うことができる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

行政書士試験対策の問題集をジャンル別にまとめています。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    処分の全部または一部の取り消しの申立のほか、処分の不存在確認の申立て、不作為についての申立てを行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 処分の不存在確認の申立は存在しない。

    解説

  • 2

    法人でない社団または財団も、代表者または管理人の定めがある場合、その名で不服申し立てをすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 代表者や管理人の定めがある場合、法人でなくても当事者能力がある。

    解説

  • 3

    審査請求は、原則として処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に、しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 審査請求期間を過ぎると、審査請求はできない。

    解説

  • 4

    弁明書の提出にあたり、正副2通を提出しなければならないが、電子情報処理組織を使用して弁明が為された場合には、弁明書の正副2通が提出されたものとみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 弁明書は正副2通を送るべきであるが、コンピューターを使うと2通送られたことになる。

    解説

  • 5

    審査庁は、申立てまたは職権に基づいて、必要な場所につき、検証をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 検証とは、審査庁が直接調べ、その結果を証拠資料とすることである。

    解説

  • 6

    不服申し立ては、他の法律や条例において書面でしなければならない旨の定めがある場合を除き、口頭ですることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 基本的に書面である。

    解説

  • 7

    不服申し立ては、代理人によってもすることができるが、その場合は、不服申立人が民法上の制限行為能力者である場合に限られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 制限行為能力者でなくても代理人によってすることができる。

    解説

  • 8

    代理人は、不服申立人のために、当該不服申し立てに関する一切の行為をすることができるが、不服申し立ての取り下げについては特別の委任を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 不服申し立ての取り下げは、特別の委任がなければならない。

    解説

  • 9

    処分について不服申立適格を有するのは、処分の相手方に限られ、それ以外の第三者は、法律に特別の定めがない限り、不服申立適格を有しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 法律上の利益があるものであれば、当事者である必要はない。

    解説

  • 10

    行政不服審査法に基づく不服申し立ては、行政庁の処分のほか、同法が列挙する一定の行政指導についても行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 行政指導については「列挙」されていない。

    解説

  • 11

    「処分があったことを知った日」とは、処分が個人に通知されるときは現実に知った日であり、処分があったことを知りえた日ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    処分が大多数の人に与えられるときは告示された日が「処分があったことを知った日」と考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    都市計画法に基づく開発許可処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    外国人の出入国に関する処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 元来国家主権に属し、国家が自由に行うことができるものであるべきであり、法的統制にはなじまない。

    解説

  • 15

    人の収容、物の留置その他その内容が継続的性質を有する事実行為は、行政不服審査法の不服申立ての対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    建築基準法上の建築確認処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    国税犯則事件に関する法令に基づき、国税庁長官が行う処分は、行政不服審査法の不服申立ての対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 当事者訴訟などの他の方法により行われるべきものである。

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ