zuknow learn together

新しい教材を作成

行政書士の用語リスト(民法④)

カード 37枚 作成者: 川野智昭 (作成日: 2013/12/19)

  • 保証の種類

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

行政書士の勉強用に、ジャンル別に用語をまとめています。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    保証の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①単純保証 ②連帯保証 ③共同保証

    解説

  • 2

    保証債務の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①同一内容性 ②付従性(成立・内容・消滅) ③随伴性 ④補充性(物上・連帯には無し)

    解説

  • 3

    保証債務の範囲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利息・違約金・損害賠償も含まれる(違約金・損賠は約定可能)

    解説

  • 4

    保証人の抗弁権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①催告の抗弁権 ②検索の抗弁権 ③保証人の相殺権

    解説

  • 5

    相対効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①増額 ②時効利益の放棄 ③請求・通知等

    解説

  • 6

    事前求償権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 委託を受けて保証人になった場合、弁済後に回収できなくなる恐れがある場合はあらかじめ求償権の行使が可能

    解説

  • 7

    連帯保証にないもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補充性(①催告の抗弁権②検索の抗弁権) 分別の利益

    解説

  • 8

    分別の利益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同保証の場合、各保証人は主たる債務額を全保証人の数で割った分についてのみ保証すればよい

    解説

  • 9

    連帯債務者の絶対効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①弁済②代物弁済 ③供託④請求 ⑤更改⑥相殺 ⑦免除⑧混同 ⑨時効

    解説

  • 10

    相殺の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①相殺適状を満たす ②相殺禁止に当たらない

    解説

  • 11

    相殺適状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①債権の対立 ②双方の債権が同種 ③自働債権が弁済期 ④双方の債権が有効に存在

    解説

  • 12

    禁止に当たらないもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①相殺禁止特約なし ②法律により相殺禁止されていない

    解説

  • 13

    不法行為による受働債権の相殺禁止の理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①治療費等の賠償を確保 ②不法行為の誘発を防止

    解説

  • 14

    債権自由譲渡性の例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①性質 ②法律上 ③意思(譲渡禁止特約)

    解説

  • 15

    譲渡禁止特約の例外の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特約について善意無過失である譲受人には対抗できない

    解説

  • 16

    債権譲渡の債権者に対する対抗要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①譲渡人の債務者に対する通知 ②債務者の承諾

    解説

  • 17

    債権譲渡の第三者に対する対抗要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①確定日付のある通知(二重譲渡の場合は到達主義) ②承諾

    解説

  • 18

    債権者代位権の成立過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①債務者が財産権を行使しない場合 ②債権者が債権を保全するために ③債務者に代わり ④自己の名において行使し ⑤債務者の責任財産の維持を図る

    解説

  • 19

    債権者代位権の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①債権保全の必要性 ②非保全債権が金銭債権 ③無資力 ④債務者の権利行使前 ⑤被保全債権が弁済期

    解説

  • 20

    弁済期未到達で可能なもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①裁判上の代位 ②保存行為としての代位

    解説

  • 21

    直接引渡し請求可能(事実上の優先弁済)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①物 ②金銭

    解説

  • 22

    債権者代位権の転用の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①責任財産保全の目的以外を目的 ②債務者の無資力要件が不要

    解説

  • 23

    債権者代位権の転用の効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①登記請求権の代位 ②指名債権譲渡の通知請求権の代位 ③所有権に基づく妨害排除請求権の代位

    解説

  • 24

    詐害行為取消権の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①財産権を目的 ②無資力 ③被保全債権が金銭債権 ④被保全債権が詐害前に発生 ⑤債務者・転得者が詐害を知っている

    解説

  • 25

    詐害行為取消権の範囲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被保全債権額の範囲(不可分なら全体)

    解説

  • 26

    親族の範囲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①6親等内の血族 ②配偶者 ③3親等内の姻族

    解説

  • 27

    内縁に生じない効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①氏の統一 ②姻族関係 ③成年擬制 ④相続

    解説

  • 28

    婚姻取消権者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不適齢婚・近親婚…各当事者・親族・検察官 ②重婚・禁止期間違反…①+配偶者・前配偶者 ③詐欺・強迫…表意者(被害者)のみ

    解説

  • 29

    婚姻の効力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①氏の共同 ②同居・協力・扶助義務 ③成年擬制 ④契約取消権

    解説

  • 30

    日常家事の法定代理の特殊性と例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①顕名不要 ②夫婦双方に効果帰属 ※例外…第三者が信じる正当の理由があった場合は110条類推適用

    解説

  • 31

    婚姻解消の順番

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①協議 ②調停 ③審判 ④裁判

    解説

  • 32

    裁判による婚姻解消の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不貞行為 ②悪意の遺棄 ③3年生死不明 ④強度の精神病 ⑤その他重大事由

    解説

  • 33

    特別養子の実父母の同意不要の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①意思を表示できない ②虐待・悪意の遺棄など養子の利益を著しく害する事由

    解説

  • 34

    特別養子の離縁可能な要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①養親による虐待・悪意の遺棄など養子の利益を著しく害する事由があり ②実父母が相当の監護可能 ③家庭裁判所の審判

    解説

  • 35

    直系・3親等内の傍系で婚姻可能なもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 養子と養方の傍系血族

    解説

  • 36

    遺言における法定単純承認となるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①財産の処分(保存・短期賃貸除く) ②3ヶ月無返答 ③隠匿・消費・悪意の未記載

    解説

  • 37

    成年被後見人の遺言

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①事理弁識能力の一時的回復 ②2人以上の医師の立会い →単独で可能

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ