zuknow learn together

新しい教材を作成

2ヶ月特訓!介護福祉士用語テスト_Day56

カード 27枚 作成者: yasu (作成日: 2013/12/19)

  • 21世紀福祉ビジョン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

介護福祉士試験用に、頻出用語をランダムにまとめました。全56day分あります。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    21世紀福祉ビジョン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平成6年3月に厚生労働大臣の私的懇談会である高齢社会福祉ビジョン懇談会が行った提言。

    解説

  • 2

    ジェネリック医薬品(じぇねりっくいやくひん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後発医薬品のこと。特許期間が切れた薬を、開発したメーカー以外が同じ成分・効果で製造した薬のことです。

    解説

  • 3

    老人休養ホーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 景勝地、温泉地などに高齢者の健全な保養の場を提供し、心身の健康の増進を図ることを目的に建設された宿泊施設のことです。

    解説

  • 4

    介助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護と同じく、介護を必要とする人に対し、具体的に助ける一連のサービス。

    解説

  • 5

    福祉用具

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体の不自由な部分を補う用具。

    解説

  • 6

    階段昇降機(かいだんしょうこうき) 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足腰が弱った人など、階段の昇り降りが困難な人のための移動機器です。階段の壁に設置したレールの上をいす型の機器が移動します。いすに腰かけたまま昇り降りできます。

    解説

  • 7

    熱布浴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱い布やタオルで体を覆い、入浴した時と同じような爽快感をえることができる。

    解説

  • 8

    ケアマネージャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護が必要な人の複数のニーズを満足させるために、適切な社会資源と結び付ける手続きを実施する者です。アセスメント、ケア計画作成、ケア計画実施での諸能力が必要とされます。

    解説

  • 9

    保健福祉事業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1号保険料を財源に市町村が独自に条例で定めて実施するサービスです。要介護・要支援認定者だけではなく被保険者全体を対象として行われるものです。

    解説

  • 10

    洗身

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浴室内でスポンジや手ぬぐい等に石鹸やボディーシャンプー等をつけて全身を洗うことで、洗髪行為は含まれません。

    解説

  • 11

    主治医

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある患者の診療を中心になって責任を持って行う医師のこと。

    解説

  • 12

    訪問看護計画(ほうもんかんごけいかく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者の希望や主治医の指示を訪問看護師がよく聞き、訪問看護の計画を立案することをいいます。または、その計画書を指します。その計画について、利用者と医師の承諾を受けてから、サービスが開始されます。

    解説

  • 13

    向精神薬(こうせいしんやく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神機能や行動に作用する薬物の総称です。中枢神経系に作用して効き目を発揮します。

    解説

  • 14

    生活指導員(せいかつしどういん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知症や知的障害者などの生活全般に関わる指導や金銭の管理事務、関係機関との連絡を行う専門職員のことです。福祉施設や援護施設に配置されます。

    解説

  • 15

    日常生活動作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間が毎日の生活を送るための基本的動作の事。

    解説

  • 16

    パーキンソン病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険で認定されている特定疾患のひとつ。脳内ドーパミンの不足により起こるとされている。

    解説

  • 17

    初老期うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初老期に発病する鬱病を指します。若年性のものに比べ精神運動の抑制が軽い一方、不安、焦燥、苦悶感が強く、貧困・罪業妄想をしばしば示します。自殺の危険性が大きく、病前性格は几帳面、まじめ、熱中性、責任感が強いのが特徴です。退行期鬱病、更年期鬱病とも呼ばれています。

    解説

  • 18

    機能回復訓練

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損なわれた身体機能を回復するために行う訓練。

    解説

  • 19

    難病(なんびょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難病対策要綱(1972年厚生労働省)で指定された、慢性の難治療性疾患のことです。原因不明で効果的な治療法がなく、患者や家族の経済的負担や介護の問題になっています。

    解説

  • 20

    アイスマッサージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嚥下反射が起こりやすいようにマッサージをすることです。凍らせた綿棒などを口の中に入れ、嚥下反射部位を軽くこすり「ごっくん」を促します。

    解説

  • 21

    社会福祉法人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会福祉事業法第二条に定められている、社会福祉事業を行なうことを目的として設立された法人。

    解説

  • 22

    仮性認知症(かせいにんちしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軽い意識障害や、うつ病など、認知症のような症状がみられる状態のことです。認知症に間違われやすい症状です。

    解説

  • 23

    アクティビティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歌やゲーム、手芸、園芸など、心身の状態を安定させ、元気づけるために行なわれる活動のこと。療法士が行なうリハビリテーション活動を表すこともあります。

    解説

  • 24

    居宅サービス計画(きょたくさーびすけいかく) 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在宅介護を支援するために立案されるケアプランです。利用者の状態や希望を考慮し、居宅支援事業者に属する介護支援専門員(ケアマネジャー)が、専門家の立場から作成します。

    解説

  • 25

    要介護状態区分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険制度を利用する上での介護度合いを示したもの。

    解説

  • 26

    ADL訓練

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常生活動作訓練。病気やケガなどで、困難を生じた人間が生活する上で必要な、食事や排泄、睡眠などの基本動作を、再びできるように訓練すること。

    解説

  • 27

    居宅支援サービス費(きょたくしえんさーびすひ) 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定居宅サービス事業者からサービスを受けた際に、在宅の要支援者に支給される費用のことです。利用者負担1割を除いた9割が支給されます。

    解説

56549

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ