zuknow learn together

新しい教材を作成

2ヶ月特訓!介護福祉士用語テスト_Day52

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2013/12/19)

  • 健康教育

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

介護福祉士試験用に、頻出用語をランダムにまとめました。全56day分あります。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    健康教育

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、心身の健康についての自覚を高め、関連知識を啓発したり、普及するために行われる教育。市町村がおおむね40歳以上の居住者を対象に、保健学級等を開催している

    解説

  • 2

    施設サービス計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 施設サービス計画 介護保険施設に入所している要介護者ひとり一人に対し、ケアマネジャーが作成する、施設が提供するサービスの内容や種類、担当者などを定めたケアプランのこと。

    解説

  • 3

    児童手当制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本国内に居住している者が、3歳未満の児童を監督保護し生計を維持している場合に支給される手当てを児童手当と言い、月額で第一子、第二子については5千円、第三子以降は一人につき1万円が支給される制度です。なお、前年の所得が一定額以上ある者には支給されません。

    解説

  • 4

    脳塞栓(のうそくせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突発的に発症し、重症になることが多い脳梗塞の一種です。脳以外の場所に出来た血液のかたまりが脳の静脈にたどりつき、血管が詰まって起こります。

    解説

  • 5

    特別養護老人ホーム(とくべつようごろうじんほーむ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉施設に規定された介護施設。65歳以上の要介護者のうち、身体または精神上、顕著な障害があり、在宅介護が困難な人を対象にしています。

    解説

  • 6

    認知症高齢者グループホーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1997年より創設された制度。比較的安定状態にある少人数の認知症高齢者が、家庭的な環境の中で職員とともに生活を行うことで、認知症の進行を遅くし、問題行動を減少させることを目的とした施設。

    解説

  • 7

    経管栄養 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害や機能低下により、食物が口から摂取できない場合、胃または小腸まで細いチューブを挿入して流動食を投与すること。

    解説

  • 8

    サテライトケア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 住みなれた地域で高齢者や障害者を支援するひとつの方法です。特別養護老人ホームが中心となり、小規模の施設(サテライト)をいくつか設け、介護サービスを提供しています。

    解説

  • 9

    ネフローゼ症候群(ねふろーぜしょうごうぐん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎障害の症候群で、腎臓糸球体の病変などによって生じます。尿の中にアルブミン(たんぱく)が漏れて、低たんぱく血症、高脂血症などの症状を起こします。

    解説

  • 10

    体験入居

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人ホームなどへ、1日あるいは数日入居し、実際の生活を体験し、今後そのホームへ入所するか否かを決定する。

    解説

  • 11

    コーディネーター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の関係者や組織の間に立って、課題を遂行する協力体制を組み立てる際に中心的な役割を果たす者です。権限を背景とする垂直的な関係を前提に行われる場合と、同等な権限をもつ組織や職種の間で行われる場合とがあります。サービス利用者の立場に立って、サービスの調整を行うことが重要視されています。

    解説

  • 12

    鼻腔経管栄養

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気や障害により口から食事の摂取ができない場合、鼻から管を通し、栄養剤を摂取する方法。

    解説

  • 13

    服薬管理(ふくやくかんり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬の量や飲む時間、回数、飲み忘れ、誤用など、薬が適正に服用されるように指導・管理することです。

    解説

  • 14

    半座位(はんざい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あおむけで上体を15~45度起こした体位。

    解説

  • 15

    指定特定施設入居者介護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定居宅サービス事業者により行われる介護。

    解説

  • 16

    日常生活動作能力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間が生活する上で必要な、食事や排泄、睡眠の基本動作能力。

    解説

  • 17

    特定疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険では特定疾患として以下の症状が対象とされています。1.初老期の痴呆 ・ アルツハイマー病 ・ 脳血管性痴呆 2.脳血管疾患 ・ 脳出血 ・脳梗塞 3.脳萎縮性側索硬化症(ALS) 4.パーキンソン病 5.脊椎小脳変性症 6.シャイ ・ ドレーガー症候群 7.糖尿病性の(腎症 ・ 網膜症 ・ 神経障害 ・ 糖尿病の合併症) 8.閉塞性動脈硬化症 9.慢性閉塞性肺疾患 ・ 肺気腫 ・ 慢性気管支炎 ・ 気管支喘息 10.両側の膝関節または股関節の著しい変形を伴う変形性関節症 11.慢性関節リウマチ 12.後縦靭帯骨化症 13.脊柱管狭窄症 14.骨折を伴う骨粗鬆症 15.早老症(ウェルナー症候群等) 

    解説

  • 18

    介護倒れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護者が介護労働で過労状態やノイローゼに陥ってしまい、体調を崩してしまうことを言います。主に介護を担っているのが高齢者や女性であることが、このような問題が起きる大きな一因であると考えられています。 

    解説

  • 19

    特別養護老人ホーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉法に基づく老人福祉施設の一種。65歳以上であって、身体上または精神上の著しい障害のため常時介護が必要で在宅生活が困難な寝たきり高齢者等を入所させて、入浴、排泄、食事等の介護、相談および援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行うことを目的とする施設。

    解説

  • 20

    住環境整備

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手すりの設置や段差の解消などの住宅改修や、家具の導入や移動、福祉用具の導入など高齢者が自宅や地域社会の中でより安全に、より快適に生活するための環境整備です。

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ