zuknow learn together

新しい教材を作成

2ヶ月特訓!介護福祉士用語テスト_Day48

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2013/12/19)

  • コミュニティ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

介護福祉士試験用に、頻出用語をランダムにまとめました。全56day分あります。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    コミュニティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 居住地域を同じくする共同体ことで、通常、地域社会といわれている。

    解説

  • 2

    特定施設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県により、特定施設入居者生活介護サービスの指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホーム(ケアハウス)。利用者は特定施設入所者生活介護として、居宅サービスの給付対象になる。

    解説

  • 3

    老人居宅生活支援事業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉法に規定する要援護高齢者の居宅生活を支援するための事業の総称。1.老人居宅介護等事業 2.老人デイサービス事業 3.老人短期入所事業 4.小規模多機能型居宅介護事業 5.認知症対応型老人共同生活援助事業の5事業からなる。

    解説

  • 4

    高齢社会NGO連携協議会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1998年10月に設立された「高齢者NGO連絡協議会」(高連協)は、「国際高齢者年」の終了をもって2000年に解散し、同年それを引き継ぐ形で設立されました。「高齢社会への対応対策の推進を目的とする我が国のNGO活動のために必要な連携を図り、国内外の活動拠点としての役割を務める」ことをその目的としています。

    解説

  • 5

    在宅中心静脈栄養療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養の経口摂取が困難な人などを対象に、生命維持に必要な栄養をカテーテルなどで静脈に送り摂取する方法です。

    解説

  • 6

    ホテルコスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護施設などの個室あるいは準個人的空間である個人スペースにかかる建設費用や光熱費、水道費、器具備品費用を指す。

    解説

  • 7

    支援費制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2003(平成15)年4月より施行された障害者の福祉制度で、障害者の自己決定を尊重し、利用者本位のサービスの提供を基本として、事業者との対等な関係に基づき、障害者自らがサービスを選択し、契約によりサービスを利用する仕組みです。

    解説

  • 8

    高齢者虐待

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者に対して行なわれる虐待行為です。主に、殴る、叩くなどの身体的虐待、裸にさせるなどの性的虐待、暴言や恫喝など言葉による心理的虐待、年金や生活資金の搾取などによる経済的虐待、介護放棄などによるネグレクトの5種類に分類されます。高齢者が安心して優良な賃貸住宅に住み続けられるための措置などについて定めた法律で、2001年8月5日に施行されました。正確には「高齢者の居住の安定確保に関する法律」と言います。高齢者の入居を拒まない民間賃貸住宅の登録・閲覧制度の創設、バリアフリーなど、高齢者向けの賃貸住宅の建築・改良を支援する、終身建物賃貸借・期限付死亡時終了建物賃貸借の契約の創設を三つの柱としています。

    解説

  • 9

    自己決定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個別援助の原則の一つであり、サービス利用者が自らの意思で自らの方向を選択することをいう。

    解説

  • 10

    訪問活動記録

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訪問介護計画に基づいたサービスの実施状況とそれに伴う評価などを記録したものです。援助内容の確認や利用者の状況確認、サービスの達成度など計画見直しの評価、資料にもなります

    解説

  • 11

    メンタルヘルス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神障害の予防・診断・治療を行い、こころの健康を保つために行う活動のことです。

    解説

  • 12

    要介護認定有効期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護認定に設けられた6ヵ月~2年間程度の有効期間。

    解説

  • 13

    医療保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疾病、負傷、死亡または分娩による短期的な出費に対して、保険給付を行う制度です。健康保険、船員保険、各種共済組合、国民健康保険があります。 

    解説

  • 14

    事例研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会福祉援助においては、サービス利用者の問題や性質が、援助過程でどのように対処されたかを観察・分析することで、援助者の着眼点や洞察力を深めていく目的のもの。

    解説

  • 15

    健康手帳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、40歳以上の者を対象として、市町村が交付する、健康診査等の記録、医療の受給資格、医療の記録、医療の記録の補足等の内容が盛り込まれている

    解説

  • 16

    自傷他害行為(じしょうたがいこうい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分や他人の身体を傷つけたり、器物破損・放火などの害を及ぼす行為のことです。

    解説

  • 17

    介護認定審査会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各市町村に設置された機関で、要介護・要支援認定の審査、判定を行い、結果を市町村に通知します。委員は、保険・医療・福祉の学識経験者で構成されています。

    解説

  • 18

    管理栄養士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カロリーや成分を考慮し、食事の管理や指導を行う専門家。

    解説

  • 19

    初老期認知症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老齢に達していない人がかかる認知(痴呆)症。

    解説

  • 20

    ストマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人工肛門。

    解説

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ