zuknow learn together

新しい教材を作成

2ヶ月特訓!介護福祉士用語テスト_Day21

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2013/12/19)

  • ホームドクター

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

介護福祉士試験用に、頻出用語をランダムにまとめました。全56day分あります。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ホームドクター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かかりつけ医(主治医)のことです。介護保険を受けるには、かかりつけ医の意見書が必要になります。かかりつけ医のいない場合には市区町村の保健福祉窓口で紹介してもらえます。

    解説

  • 2

    虚弱高齢者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寝たきりといった全面的な介護が必要ではないが、日常生活の一部に介助を要する高齢者。

    解説

  • 3

    高齢者総合相談センター 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者及びその家族が抱える心配事、悩み事を解決するために各種情報を収集・整理し、電話相談、面接相談に応じる他、福祉機器の展示なども行っています。シルバー110番とも言われます。各都道府県に1ヶ所設置されており、「#8080(ハレバレ)」を押せばセンターにつながります。

    解説

  • 4

    軽度生活支援事業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在宅のひとり暮らし高齢者等の自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止するため軽易な日常生活上(掃除、買い物等)の援助を行います。

    解説

  • 5

    アルツハイマー型老年認知症(痴呆)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人性認知症のひとつで、脳組織の萎縮、大脳皮質の老人斑の出現による認知機能低下、人格の変化などが主な症状。原因は不明で、発病するまで気付きづらく、徐々に進行していく。

    解説

  • 6

    福祉六法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童福祉法、身体障害者福祉法、生活保護法、知的障害者福祉法、老人福祉法、母子及び寡婦福祉法の6つの法律をいいます。

    解説

  • 7

    介護扶助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活保護を受けている低所得者が、介護保険を適用される時に介護保険から支給されるサービス給付のことです。 

    解説

  • 8

    排泄介助(はいせつかいじょ) 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寝たきりの人などの大小便の排泄を介助することです。その人の症状に合わせて、おむつから尿器・差し込み便器、ポータブルトイレへと、レベルを上げていくことが重要です。

    解説

  • 9

    構音障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定の語音を正しく発音できない状態です。

    解説

  • 10

    学習療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象者とスタッフがコミュニケーションを図りながら、音読と計算を中心とする教材を用いた学習を行うことにより、対象者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの回復を図る治療法。

    解説

  • 11

    機能障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常生活や社会生活上に困難をもたらす、心身そのものの障害の状態を言います。

    解説

  • 12

    弄便(ろうべん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知症の行動のひとつです。大便を手でこねたり、壁などに塗って弄(もてあそ)ぶことをいいます。

    解説

  • 13

    認定有効期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護認定の有効な期間。新規認定の場合、原則6ヶ月で変更できることになっていて、更新認定の場合は原則12ヶ月、 要介護認定では3~24ヶ月、要支援認定では3~11ヶ月の範囲で変更できることになっている。

    解説

  • 14

    権利擁護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、認知症の高齢者、障がい者の権利擁護やニーズ表明を支援し代弁することです。

    解説

  • 15

    視能訓練士(しのうくんれんし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師の指示のもと、眼の機能に障害のある人に矯正や訓練、検査を行う国家資格の専門職のことです。

    解説

  • 16

    脳血管性認知症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳血管が詰まったり破裂する脳血管障害により起こる認知症(痴呆)。

    解説

  • 17

    高齢化社会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総人口に占める65歳以上の割合(老年人口比率)が高くなっている社会のことです。日本の高齢化社会の始まりは1970年とされています。

    解説

  • 18

    失語症(しつごしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳の損傷によって、言語機能が障害を受けた状態をいいます。ブローカ失語、ウェルニッケ失語、健忘失語があります。

    解説

  • 19

    健側(けんそく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片麻痺がある人の、麻痺がない側のこと。

    解説

  • 20

    訪問調査員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険を利用申請した人の家庭を訪問し、本人や家族からの聞取り調査を行う人のことです。各市区町村の職員や介護支援専門員などが担当します。

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ