zuknow learn together

新しい教材を作成

3D レンダリング 各種技法

カード 14枚 作成者: よしだー (作成日: 2015/01/21)

  • 任意の視点から形状モデルを見たときに、見える面や線(可視領域)を判定し、見えない部分を描写しない技法

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

2級CAD利用技術者試験用

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    任意の視点から形状モデルを見たときに、見える面や線(可視領域)を判定し、見えない部分を描写しない技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陰線消去・隠面消去

    解説

  • 2

    各走査線ごとに走査面と形状モデルとの交点を調べて隠線・隠面を判定する技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキャンライン法

    解説

  • 3

    形状モデルの奥行値を2次元バッファに求めて判定する技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Zバッファ法

    解説

  • 4

    形状モデルの各画素と視点との交点をすべて計算し、反射光や映り込みなどまで画像に反映させる技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レイトレーシング法

    解説

  • 5

    視点の位置や光源の種類・特徴・面の光学属性・面の傾きなどから形状モデルの各面の色や明るさを計算し、表現する技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェーディング

    解説

  • 6

    形状モデルでは多面体で近似した曲面に陰影をつけるとともに、より滑らかに表現する技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スムーズシェーディング

    解説

  • 7

    各多面体内部の色や明るさを線形補間によって求める技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グローシェーディング

    解説

  • 8

    近隣の多面体の明るさを考慮した技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォンシェーディング

    解説

  • 9

    各面の相互反射までを計算し、より微妙な表現が可能な技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラジオシティ法

    解説

  • 10

    設計された形状モデルの想定素材に応じて、その素材のもつ表面の模様や肌理(きめ)などの「テクスチャ(特質)」を形状モデルに貼り付ける処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テクスチャマッピング

    解説

  • 11

    写真やCG、数学的に発生させた画像データを用いる技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 画像マッピング

    解説

  • 12

    想定する素材に応じて物体表面に凹凸があるかのように陰影をつける技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バンプマッピング

    解説

  • 13

    形状モデルがある仮想空間内の周囲の状況を貼り付け、金属的な質感を表現する技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境マッピング

    解説

  • 14

    木目など素材の模様が3次元的に定義されている場合に、立体的にテクスチャを貼り付ける技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソリッドテクスチャ

    解説

56679

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ