zuknow learn together

新しい教材を作成

平成23年度秋期 基本情報技術者試験(FE)午前 過去問

カード 80枚 作成者: taku (作成日: 2015/01/20)

  • 16ビットの2進数nを16進数の各けたに分けて,下位のけたから順にスタックに格納するために,次の手順を4回繰り返す。a,b に入る適切な語句の組合せはどれか。ここで,xxxx16は16進数xxxxを表す。
    〔手順〕
    (1)[a]をxに代入する。
    (2)xをスタックにプッシュする。
    (3)nを[b]論理シフトする。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

平成23年度秋期 基本情報技術者試験(FE)午前の過去問です。

[出題範囲]
・テクノロジ系(コンピュータ科学基礎・ハードウェア・稼働率・ソフトウェア・論理回路・データベース(SQL、正規化)・ネットワーク・セキュリティ・設計)
・マネジメント系(DFD・開発規模、工数など)
・ストラテジ系(全体計画立案・業務改善・契約タイプ・経営戦略・ABC分析・利益や費用の計算・関係法規など)

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    16ビットの2進数nを16進数の各けたに分けて,下位のけたから順にスタックに格納するために,次の手順を4回繰り返す。a,b に入る適切な語句の組合せはどれか。ここで,xxxx16は16進数xxxxを表す。 〔手順〕 (1)[a]をxに代入する。 (2)xをスタックにプッシュする。 (3)nを[b]論理シフトする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    16ビットの2進数があるとき、4桁ごとにビット列を取り出すことで16進数の各桁に分けることができます。 下位の桁から順番にスタックに格納していくので、aには2進数の下位4ビットを取り出すための演算がはいります。あるビット列から特定位置のビットの値を取り出すときに用いられるのがAND演算で、この場合は下位4ビットだけを1としたビット列「000F」とAND演算を行うことで下位4ビットの値のみを x に取り出すことができます。 bは、下位から5〜8ビット目に位置するビット列を、1〜4ビット目に移動したいので「右に4ビット」論理シフトします。 例として16ビットの2進数 1111 0000 1100 0011 で処理の流れを確認してみます。 1111 0000 1100 0011 AND 0000 0000 0000 1111 の演算結果 0011 をスタックに格納。 右に4ビット論理シフト 0000 1111 0000 1100 0000 1111 0000 1100 AND 0000 0000 0000 1111 の演算結果 1100 をスタックに格納。 右に4ビット論理シフト 0000 0000 1111 0000 0000 0000 1111 0000 AND 0000 0000 0000 1111 の演算結果 0000 をスタックに格納。 右に4ビット論理シフト 0000 0000 0000 1111 0000 0000 0000 1111 AND 0000 0000 0000 1111 の演算結果 1111 をスタックに格納。結果としてスタックには16進の各桁である0011,1100,0000,1111の順で値が格納されることになります。

  • 2

    10進数-5.625を,8ビット固定小数点形式による2進数で表したものはどれか。ここで,小数点位置は3ビット目と4ビット目の間とし,負数には2の補数表現を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10100110
    • 誤答選択肢 01001100
    • 10100101
    • 11010011

    解説

    まず正数の5.625を2進数で求め、その後、求めたビット列を2の補数表現にすることで-5.625を2進数に変換します。 整数部の"5"は 4+1と表せるので、22+20→0101(2),小数部の"0.625"は 0.5+0.125と表せるので、2-1+2-3→0.1010(2)となり、この二つを足し合わせた0101.1010(2)が5.625の8ビット固定小数点形式ということになります。。 10進数-5.625は負数なので、正数の5.625(2進数では0101.1010)を2の補数で表現したものになります。あるビット列の2の補数は、すべてのビットを反転し、最下位ビットに1を加えることで求められるので、  0101.1010を反転→1010.0101  1010.0101の最下位ビットに1を加える→1010.0110 したがって正解は「1010.0110」になります。

  • 3

    コンピュータで連立一次方程式の解を求めるのに,式に含まれる未知数の個数の3乗に比例する計算時間が掛かるとする。あるコンピュータで100元連立一次方程式の解を求めるのに2秒掛かったとすると,その4倍の演算速度をもつコンピュータで1,000元連立一次方程式の解を求めるときの計算時間は何秒か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 500
    • 誤答選択肢 5
    • 50
    • 5,000

    解説

    「連立一次方程式の解を求めるのに、式に含まれる未知数の個数の3乗に比例する計算時間が掛かる」ので、100元連立一次方程式の計算量を、  1003=1,000,000 とすると、1,000元連立一次方程式では、  1,0003=1,000,000,000 の計算量と求められます。 これを解くには100元連立一次方程式の1,000倍の計算時間を要するので、単純1,000倍すると、(2×1,000=)2,000秒ですが、4倍の演算速度をもつコンピュータを用いて計算を行うため、実際に掛かる計算時間は2,000秒の1/4である500秒になります。

  • 4

    次の規則から生成することができる式はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (A+B)*(C+D)
    • 誤答選択肢 A+(B+C)*D
    • (A+B)+(C+D)
    • (A*B)+(C*D)

    解説

    問題文のような構文定義法は、BNF(Backus-Naur Form,バッカス・ナウア記法)と呼ばれ、XMLをはじめ多くのプログラム言語の構文定義に用いられています。 BNFで使われている各記号は、「::=」が左辺と右辺の区切り,「|」がor(または),「<>」は非終端記号を表しています。 各式を規則に従って変換していき、最後に<式>の形になれば規則どおりであることになります。 A+(B+C)*D→<式>+<式> (A+B)+(C+D)→<式>+<式> 正しい。 (A+B)*(C+D)→<式>*<式>→<式> (A*B)+(C*D)→(<式>)*(<式>)

  • 5

    スタック1,2があり,図の状態になっている。関数f はスタック1からポップしたデータをそのままスタック2にプッシュする。関数g はスタック2からポップしたデータを出力する。b,c,d,a の順番に出力するためには,関数をどの順で実行すればよいか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • f,f,g,f,g,f,g,g
    • 誤答選択肢 f,f,g,f,f,g,g,g
    • f,f,g,f,g,g,f,g
    • f,f,g,g,f,f,g,g

    解説

    文章の説明よりも実際の流れを見たほうがわかりやすいので、アニメーションGIFで処理の流れを見てみましょう。 正解は「f,f,g,f,g,f,g,g」の順番になります。

  • 6

    次の規則に従って配列の要素A[0],A[1],… ,A[9]に正の整数kを格納する。kとして16,43,73,24,85を順に格納したとき, 85が格納される場所はどこか。ここで,x mod yはxをyで割った剰余を返す。また,配列の要素は全て0に初期化されている。 〔規則〕 (1):A[k mod 10]=0ならば,k→A[k mod 10] とする。 (2):(1)で格納できないとき,A[(k+1) mod 10]=0ならば,k→ A[(k+1) mod 10] とする。 (3):(2)で格納できないとき,A[(k+4) mod 10]=0ならば,k→A[(k+4) mod 10] とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A[9]
    • 誤答選択肢 A[3]
    • A[5]
    • A[6]

    解説

    整数が配列に格納されていく流れを1つずつ順番に考えてみましょう。 [16の格納] 16 mod 10=6,A[6]=0なので、16をA[6]に格納します。[43の格納] (1)43 mod 10=3,A[3]=0なので、43をA[3]に格納します。[73の格納] 73 mod 10=3,A[3]には43が入っているので格納できません。 (73+1) mod 10=4,A[4]=0なので、73をA[4]に格納します。[24の格納] 24 mod 10=4,A[4]には73が入っているので格納できません。 (24+1) mod 10=5,A[5]=0なので、24をA[5]に格納します。[85の格納] 85 mod 10=5,A[5]には24が入っているので格納できません。 (85+1) mod 10=6,A[6]には16が入っているので格納できません。 (85+4) mod 10=9,A[9]=0なので、85をA[9]に格納します。データの格納は上記の流れで行われるので、85が格納される位置はA[9]となります。

  • 7

    要素番号が0から始まる配列TANGOがある。n個の単語がTANGO[1]からTANGO[n]に入っている。図は,n番目の単語をTANGO[1]に移動するために,TANGO[1]からTANGO[n −1]の単語を順に一つずつ後ろにずらして単語表を再構成する流れ図である。aに入れる処理として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TANGO[i]→TANGO[i+1]
    • 誤答選択肢 TANGO[i]→TANGO[n−i]
    • TANGO[i+1]→TANGO[n−i]
    • TANGO[n−i]→TANGO[i]

    解説

  • 8

    XMLに関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者独自のタグを使って,文書の属性情報や論理構造を定義することができる。
    • 誤答選択肢 HTMLを基にして,その機能を拡張したものである。
    • XML文書を入力するためには専用のエディタが必要である。
    • 文書の論理構造と表示スタイルを統合したものである。

    解説

    XML(eXtensible Markup Language,拡張可能なマークアップ言語)は、ユーザが定義したタグや属性を用いて文書構造を記述することのできるマークアップ言語です。 HTMLが、あらかじめ定義済みのタグを用いてWebページを記述するための言語であるのに対して、XMLでは、データ交換をするのための汎用のデータ形式で、ユーザ独自のタグを用いて記述することが可能です。(タグ名に日本語を使うこともできます。) XMLは、文書構造をマークアップで定義するSGML(Standard Generalized Markup Language)を拡張して策定されました。 XMLはテキスト形式なので、OSに付属している普通のテキストエディタで作成・編集が可能です。 HTML(HyperText Markup Language)の説明です。 正しい。

  • 9

    主記憶のデータを図のように参照するアドレス指定方式はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間接アドレス指定
    • 誤答選択肢 指標アドレス指定
    • 相対アドレス指定
    • 直接アドレス指定

    解説

    コンピュータの命令は、命令部とアドレス部(オペランド)から構成されています。(ただし命令の種類によってはアドレス部がないものもあります) 命令の処理対象となるデータのメモリ上の位置がアドレス部で指定されますが、このとき各種レジスタおよび主記憶上のアドレスを関連付けて有効アドレスを指定する場合があります。このようなアドレス部の情報による有効アドレスを指定方式をアドレス指定方式といいます。 アドレス指定方式には次の6種類があります。 直接アドレス指定 アドレス部の値をそのまま有効アドレスとする。 間接アドレス指定 アドレス部の値で主記憶上のアドレスを指定し、そのアドレスに格納されている値を有効アドレスとする。 指標アドレス指定 アドレス部の値にインデックスレジスタの値を加えたものを有効アドレスとする。 基底アドレス指定 アドレス部の値にベースレジスタの値を加えたものを有効アドレスとする。 相対アドレス指定 アドレス部の値にプログラムカウンタの値を加えたものを有効アドレスとする。 即値アドレス指定 アドレス部の値を有効アドレスではなく、そのまま演算対象データとする。図では、アドレス部の値「20」によって主記憶上の20番地を指定し、20番地に格納されている値「25」を有効アドレスとしているので「間接アドレス指定」方式であることになります。

  • 10

    CPUのプログラムレジスタ(プログラムカウンタ)の役割はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令を読み出すために,次の命令が格納されたアドレスを保持する。
    • 誤答選択肢 演算を行うために,メモリから読み出したデータを保持する。
    • 条件付き分岐命令を実行するために,演算結果の状態を保持する。
    • 命令のデコードを行うために,メモリから読み出した命令を保持する。

    解説

    汎用レジスタの説明です。 アキュムレータの役割です。 命令レジスタの役割です。 正しい。プログラムカウンタは、次に実行するべき命令が格納されている主記憶上のアドレスを保持するレジスタです。

  • 11

    A〜Dを,主記憶の実効アクセス時間が短い順に並べたものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A,D,B,C
    • 誤答選択肢 A,B,C,D
    • C,D,A,B
    • D,C,A,B

    解説

    キャッシュメモリと主記憶が存在する場合、実際の1アクセスに要する平均時間を実効アクセス時間といいます。 実効アクセス時間は、  (キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率)+主記憶のアクセス時間×(1−ヒット率) の式で表すことができます。 AとBはキャッシュメモリがなく計算の必要がないため、CとDについてだけ実効アクセス時間を求めます。  [C] (20×0.6)+(70×0.4)=12+28=40  [D] (10×0.9)+(80×0.1)=9+8=17 したがって4つを実効アクセス時間が短い順に並べると、「A(15),D(17),B(30),C(40)」になります。

  • 12

    組込みシステムのプログラムを格納するメモリとして,マスクROMを使用するメリットはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出荷後のプログラムの不正な書換えを防ぐことができる。
    • 誤答選択肢 紫外線照射で内容を消去することによって,メモリ部品を再利用することができる。
    • 製品の量産後にシリアル番号などの個体識別データを書き込むことができる。
    • 動作中に主記憶が不足した場合,補助記憶として使用することができる。

    解説

    マスクROMは、電源を切っても記憶している内容を保持する性質を持つROM(Read Only Memory)の一種で、特に記録されている内容を書き換えることができないメモリのことを指します。集積回路の配線によって記憶情報を構成し、読み出せる内容が半導体製造に用いるフォトマスクによって固定されることから、マスクROMと呼ばれます。 組込みシステムを動作させるためのソフトウェアであるファームウェアには、ハードウェアと密接に結びついていたり、CPU自体の動作を決定するコードを含んでいることがあります。これらの機器に重大な影響を及ぼす可能性のあるデータをむやみに書き換えられないようにするための記憶媒体としてマスクROMが用いられています。

  • 13

    静電容量方式タッチパネルの記述として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タッチパネルの表面に電界が形成され,タッチした部分の表面電荷の変化を捉えて位置を検出する。
    • 誤答選択肢 タッチすることによって,赤外線ビームが遮られて起こる赤外線反射の変化を捉えて位置を検出する。
    • 抵抗膜に電圧を加え,タッチした部分の抵抗値の変化を捉えて位置を検出する。
    • マトリックス状に電極スイッチが並んでおり,押された部分の電極で位置を検出する。

    解説

    静電容量方式は、指先と導電膜との間の静電容量の変化を捉えて位置を検出するタッチパネル動作方式の一種です。静電容量方式では多点検出が可能であるため、1点をポイントするだけでなく「ジェスチャー」などの複雑な指示を行うことができます。このメリットを活かし、スマートフォンやタブレット機の入力デバイスに採用されています。 赤外線方式の説明です。 正しい。静電容量方式の説明です。 抵抗膜方式の説明です。 マトリックススイッチの説明です。

  • 14

    磁気ディスク装置のヘッドが現在シリンダ番号100にあり,待ち行列にシリンダ番号120,90,70,80,140,110,60への入出力要求が並んでいる。次の条件のとき,ヘッドが移動するシリンダの総数は幾らか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 120
    • 誤答選択肢 80
    • 160
    • 220

    解説

    〔条件〕(1)および(2)から、移動の最適化が行われると、ヘッドは現在の100から増加方向に110→120→140と移動し、140まで到達したら今度は逆方向に90→80→70→60と移動することになります。 移動シリンダ数は、増加方向100→140(移動シリンダ数 40),減少方向140→60(移動シリンダ数 80)なので、総数は(40+80=)120になります。

  • 15

    コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム,デュアルシステムを,システムの稼働率の高い順に並べたものはどれか。ここで,各システムを構成するコンピュータは同一であるものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デュアルシステム,コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム
    • 誤答選択肢 コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム,デュアルシステム
    • コールドスタンバイシステム,デュアルシステム,シンプレックスシステム
    • シンプレックスシステム,コールドスタンバイシステム,デュアルシステム

    解説

    各システムの特徴を押さえておきましょう。 デュアルシステム 同じ処理を2組のコンピュータで行い、その結果を照合機でチェックしながら処理を進行していくシステム構成。完全2系統なので信頼性が高い。 コールドスタンバイシステム 主系と待機系の2系統で構成されたシステムで、障害発生時には手動で切り替える。 シンプレックスシステム 必要最小限の機器で構成されたコンピューターシステムのこと。構成機器の一つでも障害が発生すればシステム全体が動作しなくなるため信頼性は低い。障害発生時にもう一方のシステムが自動で処理を引き継ぐ「デュアルシステム」は停止時間がないため最も稼働率が高くなります。次に切替えに要する時間だけシステムが停止する「コールドスタンバイシステム」、最も稼働率が低いのが機器が復旧するまでシステムが停止し続ける「シンプレックスシステム」という順番になります。

  • 16

    シンクライアントシステムの特徴として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントに外部記憶装置がないシステムでは,サーバを防御することによって,ウイルスなどの脅威にさらされるリスクを低減することができる。
    • 誤答選択肢 GPSを装備した携帯電話を端末にしたシステムであり,データエントリや表示以外に,利用者の所在地をシステムで把握できる。
    • 業務用のデータを格納したUSBメモリを接続するだけで,必要な業務処理がサーバ側で自動的に起動されるなど,データ利用を中心とした業務システムを簡単に構築することができる。
    • 周辺装置のインタフェースを全てUSBに限定したクライアントを利用することによって,最新の周辺機器がいつでも接続可能となるなど,システムの拡張性に優れている。

    解説

    シンクライアントのシン(Thin)とは「薄い、少ない」の意味で、ユーザが使用する端末にサーバに接続するための必要最小限のネットワーク機能、入出力をするためのGUIなどだけを装備させ、ほとんどの処理をサーバ側で行うシステム設計、またはその端末自体のことを指します。 コンピュータウィルスなどにより企業内で管理している個人情報などが外部に流出する事件が発生している現在、端末にデータを持たせない特性をもつシンクライアントがセキュリティ対策として注目されています。

  • 17

    信頼性設計におけるフェールソフトの例として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラスタ構成のシステムにおいて,あるサーバが動作しなくなった場合でも,他のサーバでアプリケーションを引き継いで機能を提供する。
    • 誤答選択肢 アプリケーションを間違って終了してもデータを失わないように,アプリケーション側の機能で編集中のデータのコピーを常に記憶媒体に保存する。
    • 一部機能の障害によってシステムが停止しないよう,ハードウェアやソフトウェアを十分に検証し,信頼性の高いものだけでシステムを構成する。
    • 電子メールでの返信が必要とされる受付システムの入力画面で,メールアドレスの入力フィールドを二つ設けて,同ーかどうかをチェックする。

    解説

    フェールソフトは、障害が発生した時に、多少のシステム性能の低下を許容し、システム全体の運転継続に必要な機能を維持させようとする考え方です。フェールソフトを実践する対応としてフォールバック(縮退運転)やフェールオーバがあります。 クラスタ構成のシステムにおいてアプリケーション障害が発生した場合、クラスタの別ノードにアプリケーションのリソースを移動し処理を引き継ぎます。これをフェールオーバといいます。 フールプルーフの例です。 フォールトアボイダンスの例です。 正しい。フェールソフトの例です。 フールプルーフの例です。

  • 18

    MTBFとMTTRに関する記述として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予防保守によって,システムのMTBFは長くなる。
    • 誤答選択肢 エラーログや命令トレースの機能によって, MTTRは長くなる。
    • 遠隔保守によって,システムのMTBFは短くなり, MTTRは長くなる。
    • システムを構成する装置の種類が多いほど,システムのMTBFは長くなる。

    解説

    MTBFとMTTRの意味は次の通りです。 MTBF(Mean Time Between Failure) 平均故障間隔。故障が回復してから次に故障するまでの平均時間のこと。 MTTR(Mean Time To Repair) 平均復旧時間。故障が発生したときに復旧に要する平均時間のこと。 エラーログや命令トレースは、故障原因の特定につながるのでMTTRは短くなります。 遠隔保守では、保守作業者の到着を待つことなく修理を開始できるのでMTTRを短くすることができます。 構成機器の種類が多いほど、1つの機器の故障によりシステム全体が停止する確率が高くなるためMTBFは短くなります。 正しい。「予防保守によって,システムのMTBFは長くなる。」は定番の出題ですので覚えておきましょう。

  • 19

    東京〜福岡を結ぶ回線がある。この回線の信頼性を向上させるために,図に示すような東京〜大阪〜福岡を結ぶ破線の迂回回線を追加した。迂回回線追加後における,東京〜福岡を結ぶネットワークの稼働率は幾らか。ここで,回線の稼働率は,東京〜福岡,東京〜大阪,大阪〜福岡の全てが0.9とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.981
    • 誤答選択肢 0.729
    • 0.810
    • 0.999

    解説

    まず通常の回線と迂回回線それぞれの稼働率を求めます。  東京−福岡の回線稼働率は、0.9  東京−大阪−福岡の回線稼働率は、0.9×0.9=0.81 迂回回線追加後は、上記のどちらかが稼働していればよいので並列の回線と考えて計算します。  1−(1−0.9)(1−0.81) =1−0.1×0.19 =1−0.019=0.981 よって正解は「0.981」になります。

  • 20

    図はマルチタスクで動作するコンピュータにおけるタスクの状態遷移を表したものである。実行状態のタスクが実行可能状態に遷移するのはどの場合か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分より優先度の高いタスクが実行可能状態になった。
    • 誤答選択肢 タスクが生成された。
    • 入出力要求による処理が完了した。
    • 入出力要求を行った。

    解説

    タスクは、生成されてから消滅するまでに次の3つの状態のいずれかをとります。 実行可能状態(Ready) いつでも実行可能な状態にあり,CPU使用権が割り当てられるのを待っている状態。 実行状態(Run) CPU使用権が与えられ、タスクを実行している状態。 待ち状態(Wait) 入出力の完了待ちや、他のタスクとの同期のためにすぐにはタスクの実行ができない状態。 正しい。優先度の高いタスクにCPU使用権が移るため、CPU使用権を失ったタスクは実行可能状態に遷移します。 新たに生成されたタスクは、実行可能状態タスクの待ち行列の最後尾に配置されます。優先度が現在実行中のタスクより低ければ、影響を与えることはありません。 通常、入出力要求を行ってるタスクは待ち状態をとります。この場合、待ち状態から実行可能状態に遷移することになります。 入出力の完了を待つため、タスクは実行状態から待ち状態に遷移します。CPU使用権が与えられ実行可能状態から実行状態に移ることをディスパッチ、逆にCPU使用権を失い、実行状態から実行可能状態に移ることをプリエンプションといいます。

  • 21

    小さいアプリケーションプログラムを意味し,コンパイル済みのオブジェクトコードがサーバに格納されていて,クライアントからの要求によってクライアントへ転送されて実行されるプログラムはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アプレット
    • 誤答選択肢 サーブレット
    • スクリプト
    • スレッド

    解説

    アプレット(applet)は、Webページと同時にサーバからダウンロードされ、クライアントのWebブラウザ上で動作するコンパイル済のプログラムです。知らない内にダウンロードされ実行されるという性質があるため、ユーザ環境のセキュリティを高めるために一般のアプリケーションプログラムにはない機能制限が課せられています。 正しい。 サーブレット(servlet)は、サーバ上でデータ処理やWebページの動的生成などを行うプログラムです。 スクリプト(script)は、処理手順をテキストで記述する簡易的なプログラム全般を指す言葉です。実行時にソースコードを1行ごとに解釈しながら実行するインタプリタ方式を採用しているためコンパイル作業が必要ありません。Webブラウザ上で動作するJavaScriptやVBScript、Webサーバ上で動作するPerl,PHPがその一例です。 スレッド(thread)は、プログラムの並列処理を実現するために、タスクをさらに細分化したCPUの処理単位です。

  • 22

    コンパイラにおける最適化の説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムコードを解析して,実行時の処理効率を高めたオブジェクトコードを生成する。
    • 誤答選択肢 オブジェクトコードを生成する代わりに,インタプリタ用の中間コードを生成する。
    • コンパイルを実施するコンピュータとは異なるアーキテクチャをもったコンピュータで動作するオブジェクトコードを生成する。
    • プログラムの実行時に,呼び出されたサブプログラム名やある時点での変数の内容を表示するようなオブジェクトコードを生成する。

    解説

    コンパイラは、高水準語で記述されたソースコードを機械語などに一括して翻訳するソフトウェアです。 コンパイラにおける最適化とは、そのプログラムが動作するコンピュータの設計・仕様に合わせて実行速度が速くなるような機械語に変換することをいい「不要な変数の省略」「関数のインライン展開」「レジスタ割当て」などの手法を用いることで、与えられたソースコードを最適化された機械語に変換します。 中間コードを生成する目的は、後続のインタプリタが最適化を行いやすくするためです。 クロスコンパイラの説明です。 正しい。 ソフトウェアのデバッグを支援するプログラムであるデバッガ(debugger)の説明です。

  • 23

    静的テストツールの機能に分類されるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソースコードを解析して,プログラムの誤りを検出する。
    • 誤答選択肢 テスト対象モジュールに必要なドライバ又はスタブを生成する。
    • テストによって実行した経路から網羅度を算出する。
    • プログラムの特定の経路をテストするためのデータを生成する。

    解説

    プログラミングやテスト工程を支援するツールは、静的,動的および環境を整える環境設定ツールに分類されます。 静的テストツール 構文チェッカ,コードオーディタ,モジュールインターフェイスチェックツールなどのプログラムを実行しない状態でプログラムの検証を行うためのツール。 動的テストツール インスペクタ,トレーサ,スナップショット,メモリダンプ,ガバレージモニタ,アサーションチェッカなどのプログラムを実行しながら検証を行うためのツール。 環境設定ツール テストベッドツール,テストデータ生成ツールなどのテスト環境を準備するためのツール。 正しい。静的解析ツールである構文チェッカの説明です。 テスト環境設定ツールであるテストベッドツールの説明です。 動的解析ツールであるガバレージモニタの説明です。 テスト環境設定ツールであるテスト自動生成ツールの説明です。

  • 24

    RFIDの活用事例として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微小な無線チップによる人又は物の識別及び管理
    • 誤答選択肢 紙に印刷されたディジタルコードをリーダで読み取ることによる情報の入力
    • 携帯電話とヘッドフォンとの間の音声データ通信
    • 赤外線を利用した近距離データ通信

    解説

    RFID(Radio Frequency IDentification)は、ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)と電磁界や電波を用いることで、数cm〜数mの範囲で情報のやり取りを行う技術です。 特徴として「見えなくても読める」ことが挙げられ、RFタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取り可能です。この利点を活かし 乗車カード(Suica, PASMOなど)以外に、電子荷札や野生動物の調査,家畜の管理などに利用されています。 OCR(Optical Character Reader,光学式文字読取装置)の活用事例です。 Bluetoothの活用事例です。 IrDA(Infrared Data Association)の活用事例です。 正しい。RFIDの活用事例です。

  • 25

    フラッシュメモリに関する記述として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロック単位で電気的に消去できる。
    • 誤答選択肢 高速に書換えができ, CPUのキャッシュメモリなどに用いられる。
    • 紫外線で全内容の消去ができる。
    • 周期的にデータの再書込みが必要である。

    解説

    フラッシュメモリは、1.書き換え可能であり、2.電源を切ってもデータが消えない、3.半導体メモリ です。区分的にはEEPROM(Electrically Erasable Programmable ROM)の一種ですが、1バイト単位の書込みを行う従来のEEPROMとは異なりブロック単位での書き換えを行います。 急激な低価格化の影響もあり、USBメモリやメモリーカードの内部に組み込まれ、携帯電話,デジタルカメラ,デジタルオーディオプレーヤーなどの記憶媒体として広く普及しています。 SRAM(Static RAM)の説明です。 UV-EPROM(紫外線消去型EEPROM)の説明です。 DRAM(Dynamic RAM)の説明です。 正しい。

  • 26

    論理式X=A(オーバーライン)・B+A・B(オーバーライン)+A(オーバーライン)・B(オーバーライン)と同じ結果が得られる論理回路はどれか。 ここで,論理式中の・は論理積,+は論理和,X(オーバーライン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    第1項~第3項の論理式をベン図で表すと次のようになります。 これら3つの集合の論理和をベン図で表すと以下のようになり、NANDを示しているため、正解は「イ」ということになります。

  • 27

    HTML文書の文字の大きさ,文字の色,行間などの視覚表現の情報を扱う標準仕様はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSS
    • 誤答選択肢 CMS
    • RSS
    • Wiki

    解説

    CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLの要素を、どのように修飾して表示させるかを定義する文書で、構造とデザインを別の文書に分離させるために提唱されたスタイルシートの仕様のひとつです。 PCサイトの構築においては1998年5月にW3Cにより勧告されたCSS2を用いるのが主流ですが、CSS3を先行実装する最新ブラウザを搭載するスマートフォンサイトの作成では、CSS3が用いられることが多くなっています。 現在のWebサイトデザインでは、文書の構造をHTML、デザインをCSS、インタラクティブ性をJavaScriptというように3つの技術で役割分担してWebサイトの構成を考えます。 Content Management Systemの略。Webコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称で、技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ウェブによる情報発信をおこなえるように工夫されています。ブログシステムを構築するWordPressやMovable Type、コミュニティサイトを構築するXOOPSが有名。 正しい。 RSSは、ニュースやブログなどの更新情報をまとめ、配信するためのXMLベースの文書フォーマットです。 複数の閲覧者がWebブラウザ上で自由に記事を追加・編集をすることでWebサイトを構築していくCMSの一つです。適正な運営を実現するためにパスワードによる制限や編集の凍結などの管理を行えるようになっています。最も有名なWikiサイトにWeb上の百科事典であるWikipediaがあります。

  • 28

    次のような注文データが入力されたとき,注文日が入力日以前の営業日かどうかを検査するために行うチェックはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理チェック
    • 誤答選択肢 シーケンスチェック
    • 重複チェック
    • フォーマットチェック

    解説

    シーケンスチェックは、データが定められた順番に並んでいるかどうかを検証します。 重複チェックは、入力データと同じデータが既に入力済みではないか(一意であるか)を検証します。 フォーマットチェックは、入力データのけた数や文字種などの書式や形式が正しいかを検証します。 正しい。注文日として入力された日付が入力日より後ということは起こり得ません。論理チェックは、このように入力されたデータが論理的に正しいかどうかを検証します。

  • 29

    音声のサンプリングを1秒間に11,000回行い,サンプリングした値をそれぞれ8ビットのデータとして記録する。このとき, 512×10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 775
    • 誤答選択肢 77
    • 96
    • 969

    解説

    1秒間に11,000回データを取得し、1つのデータを8ビットで記録するので、 1分間のデータ量は、単純に、  11,000回×8ビット×60秒=5,280,000ビット これをビット単位からバイト単位に変換すると、  5,280,000÷8=660kバイト=0.66Mバイト と計算することができます。 フラッシュメモリの容量は、512×106(512Mバイト)なので、記録可能な音声の長さは、  512÷0.66≒775 したがって正解は「775」分になります。

  • 30

    液晶ディスプレイなどの表示装置において,傾いた直線を滑らかに表示する手法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンチエイリアシング
    • 誤答選択肢 テクスチャマッピング
    • モーフィング
    • レイトレーシング

    解説

    正しい。アンチエイリアシングは、ディジタル画像の物体の輪郭に現れるピクセルのギザギザ(ジャギー)を、なめらかに見せるために周囲(背景)の画素値と平均化処理をして描画するCG技法です。 テクスチャマッピングは、3DCG表面に質感向上のために壁紙のように貼り付けられ、ノン・テクスチャ・モデルとは比べものにならないほど質感の向上をもたらす技法です。 モーフィングは、CGにおいてある物体から別の物体へ変形していく間の映像を、コンピュータ演算によって補完することで、自然な変形をする映像として作成する技法です。 レイトレーシングは、3DCGを作成する時に必要となる陰影をつけるときに使われる手法で、観察者(物体を見ている目)から光源の経路を逆に追跡して物体表面の状態を算術演算によって求める技法です。

  • 31

    関係データベースの説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを2次元の表によって表現する。
    • 誤答選択肢 親レコードと子レコードをポインタで結合する。
    • タグを用いてデータの構造と意味を表す。
    • データと手続を一体化(カプセル化)してもつ。

    解説

    関係データベース(RDB:Relational DataBase)は、データ構造を平坦な2次元の表によって定義するモデルで、現在最も広く利用されているデータベースモデルです。 関係データベースでは、表をテーブル,行をレコードまたはタプル,列をカラムまたはフィールドと呼び、複数の表の関連は、主キー同士または主キーと外部キーによって行われます。 木構造を使ってデータ構造を表す階層型データベースの説明です。 SGMLやHTMLなどのマークアップ言語の説明です。 オブジェクト指向におけるクラスの説明です。 正しい。関係データベースの説明です。

  • 32

    同じ属性から成る関係RとSがある。RとSの属性値の一部が一致する場合,関係演算R−(R−S)と同じ結果が得られるものはどれか。ここで,−は差集合,∩は共通集合,∪は和集合,×は直積,÷は商の演算を表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • R∩S
    • 誤答選択肢 R∪S
    • R×S
    • R÷S

    解説

    関係演算R−(R−S)を、ベン図で概念的に表現すると次の図のようになります。 R−(R−S)はRとSの共通集合と同じ部分を表すことがわかるので、正解は「R∩S」になります。

  • 33

    UMLを用いて表した図のデータモデルの解釈のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数回の納品分をまとめて請求できる。
    • 誤答選択肢 1回の納品に対して分割請求できる。
    • 顧客への請求を支払で相殺できる。
    • 請求処理は納品と同時に実行される。

    解説

    図をみると1つ以上の納品が、0または1回の請求に対応していることがわかります。 納品に対して請求がない場合が存在し、かつ、1回の請求が1つ以上の納品に対応することを考えると、複数回の納品分をまとめて請求することができることがわかります。 1回の納品に対して複数の請求が発生するので、「納品—請求は、1対1以上」の関係になります。 納品に対して請求がない場合が存在するので、「納品—請求は、1対0または1」の関係になります。 納品と請求が1対1で対応するので、「納品—請求は、1対1」の関係になります。 正しい。

  • 34

    DBMSにおけるデッドロックの説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のトランザクションが,互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり,実行できなくなること
    • 誤答選択肢 2相ロックにおいて,第1相目でロックを行ってから第2相目でロックを解除するまでの状態のこと
    • ある資源に対して専有ロックと専有ロックが競合し,片方のトランザクションが待ち状態になること
    • あるトランザクションがアクセス中の資源に対して,他のトランザクションからアクセスできないようにすること

    解説

    デッドロックとは、共有資源を使用する2つ以上のプロセスが、互いに相手プロセスが必要とする資源を排他的に使用していて、互いのプロセスが相手が使用している資源の解放を待っている状態です。 デッドロックが発生するとプロセスは永遠に待ち状態になってしまうためプロセスの続行ができなくなってしまいます。 セキュア状態(中間状態)の説明です。2相コミットメント制御において1相目で行うロック後に、各サイトのトランザクションがコミットもロールバックも可能な状態にあることです。 排他制御の説明です。 排他制御の説明です。 正しい。デッドロックの説明です。

  • 35

    関係データベースの操作の説明のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結合は,二つ以上の表を連結して,一つの表を生成することをいう。
    • 誤答選択肢 射影は,表の中から条件に合致した行を取り出すことをいう。
    • 選択は,表の中から特定の列を取り出すことをいう。
    • 挿入は,表に対して特定の列を挿入することをいう。

    解説

    正しい。 射影は、表の中から特定の列を取り出す操作です。 選択は、表の中から特定の行を取り出す操作です。 挿入は、表に対して特定の行を挿入する操作です。。

  • 36

    媒体障害時のデータベース回復に備え,あるバックアップ時点から次のバックアップ時点までの間のデータとして,稼働中のデータベースとは別の媒体に保存しておく必要のあるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ログデータ
    • 誤答選択肢 インデックスデータ
    • チェックポイントデータ
    • ディクショナリデータ

    解説

    ログデータは、ハードウェア障害などからデータベースを回復するためにデータベース更新前と更新後の状態の履歴を記録したファイルです。稼働中の媒体に障害が発生してもデータを保持できるように、ログファイルは補助記憶装置上のファイルに出力される場合が多いです。 障害発生時には、このファイルをもとにロールバックやロールフォワードによってデータベースを障害発生直前の状態に回復させます。 インデックスデータ,チェックポイントデータ,ディクショナリデータは稼働中の媒体に記録されます。 インデックスデータとは、データベースの検索効率を向上させるために設定されるインデックス情報のことです。 チェックポイントデータとは、ある時点での完全なデータベースの内容とログ情報のことです。 データベースに関する各種情報のことです。 正しい。

  • 37

    OSI基本参照モデルの各層で中継する装置を,物理層で中継する装置,データリンク層で中継する装置,ネットワーク層で中継する装置の順に並べたものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リピータ,ブリッジ,ルータ
    • 誤答選択肢 ブリッジ,リピータ,ルータ
    • ブリッジ,ルータ,リピータ
    • リピータ,ルータ,ブリッジ

    解説

    LAN間接続装置であるリピータ,ブリッジ,ルータについては次の通りです。 リピータ(Repeater) OSI基本参照モデルの物理層での接続し、データ伝送中に弱くなった電気信号を増幅し、データの伝送可能距離を延長するLAN間接続装置 ブリッジ(Bridge) OSI基本参照モデルのデータリンク層で接続し、通過するパケットのMACアドレスを見てパケットを中継するかどうかを判断する装置 ルータ(Router) OSI基本参照モデルのネットワーク層で接続し、通過するパケットのIPアドレスを見てパケットを最適な経路に中継する通信装置。物理層=リピータ、データリンク層=ブリッジ、ネットワーク層=ルータなので、正解は「ウ」になります。

  • 38

    TCP/IP階層モデルにおいて, TCPが属する層はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランスポート層
    • 誤答選択肢 アプリケーション層
    • インターネット層
    • リンク層

    解説

    TCP/IPでは、OSI参照モデルとは異なり全部で4層からなる独自の階層モデルを持ちます。 TCP(Transmission Control Protocol)は、TCP/IPのネットワークにおいて送達管理や、伝送管理などの機能を持つコネクション型プロトコルで、トランスポート層に位置します。 コネクション確立要求パケット(SYN)と確認応答パケット(ACK)パケットのやり取りによってコネクションの確立を試みる3ウェイハンドシェイクを行います。

  • 39

    TCP/IPを利用している環境で,電子メールに画像データなどを添付するための規格はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MIME
    • 誤答選択肢 JPEG
    • MPEG
    • SMTP

    解説

    MIME(Multipurpose Internet Mail Extension,マイム)は、ASCII文字しか使用できないSMTPを利用したメールで、日本語の2バイトコードや画像データを送信するための仕組みです。 S/MIME(Secure MIME)は、これに暗号化とディジタル署名の機能を付け電子メールの機密性と完全性を高めたものです。 Joint Photographic Experts Groupの略。ディジタルカメラで撮影したフルカラー静止画像などを圧縮するのに一般的な方式で、設定により非可逆圧縮方式と可逆方式が選択が可能です。 正しい。 Moving Picture Experts Groupの略。映像データの圧縮方式の一つで、MPEG1、MPEG2、MPEG4、MPEG7などの規格があります。 Simple Mail Transfer Protocolの略。インターネット環境で使われる電子メール転送プロトコルです。

  • 40

    TCP/IPネットワークにおいて,ネットワークの疎通確認に使われるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ping
    • 誤答選択肢 BOOTP
    • DHCP
    • MIB

    解説

    ping(Packet InterNet Groper)は、TCP/IPネットワークにおいて接続相手につながっているかを確認する際に使用するコマンドです。pingを実行して相手から応答があれば、相手のコンピュータがネットワーク上に存在することを確認できます。 具体的にはIPと同じネットワーク層のプロトコルICMPの"echo request"パケットを対象ノードに投げ、対象ノードから"echo reply"が返ってくることで到達性を確認します。 Bootstrap Protocolの略。ネットワークに接続されたクライアントが、IPアドレスやホスト名、サブネットマスク等を自動的に取得するためのプロトコルです。DHCPより前に開発されましたが、DHCPの登場により使用される機会は少なくなってきています。 Dynamic Host Configuration Protocolの略。TCP/IPで、ネットワークに接続するノードへのIPアドレスの割り当てを自動的に行うプロトコルです。 Management Information Baseの略。ネットワーク機器が外部に自分の状態・情報を知らせるために公開している情報のことです。SNMPは、MIBを参照することでネットワークを監視・制御を行います。 正しい。

  • 41

    メッセージ認証符号におけるメッセージダイジェストの利用目的はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メッセージが改ざんされていないことを確認する。
    • 誤答選択肢 メッセージの暗号化方式を確認する。
    • メッセージの概要を確認する。
    • メッセージの秘匿性を確保する。

    解説

    メッセージ認証符号(Message Authentication Code:MAC)は、通信コードの改ざん有無を検知し、完全性を保証するために通信データから生成する固定長のコード(メッセージダイジェスト)です。MACの目的は改ざんの検知なのでディジタル署名と似ていますが、生成には公開鍵鍵暗号方式ではなく共通鍵暗号方式やハッシュ関数が用いられます。 ※メッセージダイジェスト…ハッシュ値とも呼ばれ、入力データをハッシュ関数で固定長のビット列に変換したもの。

  • 42

    入力パスワードと登録パスワードを用いて利用者を認証する方法において,パスワードファイルへの不正アクセスによる登録パスワードの盗用防止策はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスワードをハッシュ値に変換して登録しておき,認証時に入力されたパスワードをハッシュ関数で変換して比較する。
    • 誤答選択肢 パスワードに対応する利用者IDのハッシュ値を登録しておき,認証時に入力された利用者IDをハッシュ関数で、変換して参照した登録パスワードと入力パスワードを比較する。
    • パスワードをそのまま登録したファイルを圧縮しておき,認証時に復元して,入力されたパスワードと比較する。
    • パスワードをそのまま登録しておき,認証時に入力されたパスワードと登録内容をともにハッシュ関数で変換して比較する。

    解説

    不正アクセスを受けると登録パスワードを保存してあるファイルの内容が盗み見られてしまいます。このような事態を防ぐため、暗号化・ハッシュ化などのようにパスワードファイルの内容を見ても元のパスワードが推測することができないような仕様とすることが有効な対策となります。 パスワードファイルは平文なので不正アクセスを受けて盗まれてしまう可能性があります。 認証時のファイルが復元されたときに、平文で保存されているパスワードが盗まれる可能性があります。 パスワードファイルは平文なので不正アクセスを受けて盗まれてしまう可能性があります。 正しい。パスワードファイルの内容が盗み見られても、パスワードはハッシュ化されているので元のパスワードが推測されることはありません。

  • 43

    コンピュータウイルス対策ソフトのパターンマッチング方式を説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既知ウイルスのシグネチャコードと比較して,ウイルスを検出する。
    • 誤答選択肢 感染前のファイルと感染後のファイルを比較し,ファイルに変更が加わったかどうかを調べてウイルスを検出する。
    • システム内でのウイルスに起因する異常現象を監視することによって,ウイルスを検出する。
    • ファイルのチェックサムと照合して,ウイルスを検出する。

    解説

    パターンマッチング方式は、コンピュータウイルスやワームを検出するための代表的な方式で、そのウイルスが持つ特徴的なコードをパターン(シグネチャコード)として検査対象のファイルと比較することでウイルスの検出を試みます。検出できるウイルスはパターンファイルに定義されているものに限るので、定義されていないものや次々と亜種が作られるもの、未知のウイルスなどを検出することは困難です。 コンペア法の説明です。 正しい。 ビヘイビア法の説明です。 チェックサム法の説明です。

  • 44

    電子メール送信時に送信者に対して宛先アドレスの確認を求めるのが有効であるセキュリティ対策はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子メールの誤送信対策
    • 誤答選択肢 OP25Bによるスパム対策
    • SPFによるスパム対策
    • 電子メールの不正中継対策

    解説

    選択肢の中で「電子メールの誤送信」だけが、ユーザに宛先アドレスを確認させることで防げる可能性が高まります。スパムメール(迷惑メール)やSMTPの脆弱性をついた不正中継は、もともと悪意を持って不特定多数のアドレスへ送信されるので、宛先アドレスの確認をさせても意味がありません。 OP25BとSPFの意味だけを確認しておきましょう。(この2つの用語は情報セキュルティスペシャリストで学ぶの範囲かも…) OP25B(Outbound Port25 Blocking) ISPのメールサーバを経由せずに、外部のメールサーバと直接コネクションを確立しようとするパケットを遮断することで、スパムメールの直接送信を防ぐ方式。外向きの25番ポート宛(SMTP宛)のパケットを遮断するのでOP25Bと呼ばれる。 SPF(Sender Policy Framework) 発信元ドメインのDNSサーバに正当なSMTPサーバのIPアドレスを登録しておき、受信側でこれを確認することで送信元SMTPサーバを認証する方式。

  • 45

    モジュール設計書を基にモジュール強度を評価した。適切な評価はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これは"論理的強度"のモジュールである。関連した幾つかの機能を含み,パラメタによっていずれかの機能を選択して実行している。現状では大きな問題となっていないとしても,仕様変更に伴うパラメタの変更による影響を最小限に抑えるために,機能ごとにモジュールを分割するか,機能ごとの入口点を設ける方がよい。
    • 誤答選択肢 これは"暗合的強度"のモジュールである。モジュール内の機能間に特別な関係はなく,むしろ他のモジュールとの強い関係性をもつ可能性が高いので,モジュール分割をやり直した方がよい。
    • これは"情報的強度"のモジュールである。同ーの情報を扱う複数の機能を,一つのモジュールにまとめている。モジュール内に各処理の入口点を設けているので,制御の結びつきがなく,これ以上のモジュール分割は不要である。
    • これは"連絡的強度"のモジュールである。モジュール内でデータの受渡し又は参照を行いながら,複数の機能を逐次的に実行している。再度見直しを図り,必要に応じて更にモジュール分割を行った方がよい。

    解説

    モジュール強度とは、モジュール内部の関連性の強さを表し、暗合的強度から機能的強度までの7種類があります。 暗合的強度(低) 関係のない機能をまとめたモジュール 論理的強度 関連する複数の機能をまとめたモジュール 時間的強度 プログラムの開始時など、ある特定の時期に実行する機能をまとめたモジュール 手順的強度 関連ある逐次的な機能をまとめたモジュール 連絡的強度 関連ある逐次的な機能で要素が連絡し合うものをまとめたモジュール 情報的強度 同じデータ構造や資源を扱う機能を一つにまとめたモジュール 機能的強度(高) 一つの機能を実現するためだけのモジュールモジュール強度が高いほど、他の影響を受けにくくなるので再利用や拡張がしやすくなり、逆にモジュール強度が低いほど修正を行ったときに影響を受けやすくなります。 このモジュール設計書では、1つのモジュールに挿入処理,更新処理,削除処理を行う機能を含み処理コード(パラメタ)によって機能を選択して実行しています。この3つの機能は上位モジュールのデータに対していずれか処理を行うという意味で関連性があるため、モジュール強度は「論理的強度」となります。

  • 46

    オブジェクト指向の基本概念の組合せとして,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抽象化,カプセル化,継承,クラス
    • 誤答選択肢 仮想化,構造化,投影,クラス
    • 具体化,構造化,連続,クラス
    • 正規化,カプセル化,分割,クラス

    解説

    オブジェクト指向は、システムの構築や設計で、処理や対象の対象となるもの(オブジェクト)同士のやり取りの関係としてシステムをとらえる考え方です。データと手続きをひとまとめにしてカプセル化することで実現します。 オブジェクト指向の考え方を取り入れたプログラム言語(オブジェクト指向言語)には、C++, Javaなどがありカプセル化,継承,多相性などの特徴をもっています。 オブジェクト指向の基本概念「抽象化,カプセル化,継承,クラス,多様性」については以下の通りです。 抽象化(汎化) 下位クラスに共通する特徴をまとめて、上位クラスを定義すること。例えば、人,犬,猫に共通する特性をまとめ上位クラスである「哺乳類」クラスを作成することが抽象化となる。 カプセル化(情報隠ぺい) データ(属性)とそのデータに対する手続きをひとつにまとめること。カプセルのようにオブジェクトの内部を隠ぺい(ブラックボックス化)することで、使う人は内部の情報を知らなくともオブジェクトを扱うことができる。 継承(インヘリタンス) 上位のクラスを継承して新たな下位クラスを定義することができます。この時、下位クラスに上位クラスの属性が継承されるという性質。 クラス いくつかの似ているオブジェクトに共通する性質を抜き出して、属性・手続きを一般化(抽象化)して新しく定義したもの。 多様性(ポリモルフィズム) オブジェクトへの操作呼び出しが、呼び出し側でなく受け手側の特性で決まる特性。同じメッセージを送っても受け手によって行われる操作が異なる様子のこと。 構造化と投影が誤りです。 具体化と連続が誤りです。 正規化と分割が誤りです。 正しい組合せです。

  • 47

    モジュールの内部構造を考慮することなく,仕様書どおりに機能するかどうかをテストする手法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラックボックステスト
    • 誤答選択肢 トップダウンテスト
    • ボトムアップテスト
    • ホワイトボックステスト

    解説

    ブラックボックステストは、入力と出力だけに着目して様々な入力に対して仕様書どおりの出力が得られるかどうかを確認していく、システムの内部構造とは無関係に外部から見た機能について検証するテスト方法です。テストケースの作成には、同値分割,限界値分析,原因−結果グラフなどの手法があります。 トップダウンテストは、モジュール間の結合テストでモジュール構成の上位モジュールから順にテストしていく方法です。未完成の下位モジュールの代替として必要となる仮のモジュールをスタブといいます。 正しい。 ボトムアップテストは、モジュール間の結合テストでモジュール構成の下位モジュールから順にテストしていく方法です。未完成の上位モジュールの代替として必要となるモジュールをドライバといいます。 ホワイトボックステストは、プログラムやモジュールのテストで、その内部仕様に基づき仕様書どおりに作成されているかを確認するテストです。主に単体テストとして実施されます。

  • 48

    ソフトウェアのテストの種類のうち,ソフトウェア保守のために行った変更によって,影響を受けないはずの箇所に影響を及ぼしていないかどうかを確認する目的で行うものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リグレッションテスト
    • 誤答選択肢 運用テスト
    • 結合テスト
    • システムテスト

    解説

    リグレッションテストは退行テスト/回帰テストとも呼ばれ、システムに変更作業を実施した場合に、それによって以前まで正常に機能していた部分に不具合や影響が出ていないかを検証するためのテストです。 運用テストは、システムの運用者が業務の流れに沿ってシステムのテストを行い、実際の稼働状況において不具合が発生しないかを検証するために実施されます。業務の担当者がシステムの操作に慣れることも目的の一つです。 結合テストは、単体テストが終了したモジュール同士を組み合わせて行うテストで、主にモジュール間のインターフェイス(接点)が設計通りに機能するかを検証するために実施されます。 システムテストは、システムとしての要件が満たされているかを検証するために行われるテストで、システム要件定義で定められた機能や能力がすべて備わっているかを確認する工程です。 正しい。

  • 49

    Webサービスを利用するときのSOAPの役割として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Webサ-ビスの送受信プログラム間で, XML形式のメッセージを受け渡す。
    • 誤答選択肢 Webサービスのインタフェースを記述して,プログラムからサービスを利用できるようにする。
    • Webサービスの情報を登録しておき,利用者がそのサービスを検索できるようにする。
    • Webサービスプログラム間の配信保証や重複防止など,データ転送の信頼性を確保する。

    解説

    SOAP(ソープ,Simple Object Access Protocol)は、ソフトウェア同士がメッセージを交換する遠隔手続き呼び出し(RPC)のためのプロトコルです。汎用なデータ形式であるXMLに基づいて記述されており、Webサービスにとって有効な手段の一つとなっています。 AmazonのWebサービスを例にすると、ソフトウェアが商品データを要求するときにXML形式であるSOAPリクエストを発行し、それに対してWebサービス側からも要求に基づいて商品データがSOAPメッセージとしてかえってくという仕組みです。 WSDL(Web Services Description Language)の説明です。 UDDI(Universal Description, Discovery and Integration)の説明です。 正しい。 WS-RM(Web Services-ReliableMessaging)の説明です。

  • 50

    要求分析から実装までの開発プロセスを繰り返しながら,システムを構築していくソフトウェア開発手法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スパイラルモデル
    • 誤答選択肢 ウォータフォールモデル
    • プロトタイピングモデル
    • リレーショナルモデル

    解説

    スパイラルモデルは、情報システムやソフトウェアの開発モデルの一つで、開発の初期段階でシステムを複数の独立性の高いサブシステムに分割し、そのサブシステムごとに設計〜テストまでのサイクルを繰り返しながらシステムを構築していく開発モデルです。 ウォータフォールモデルは、開発プロジェクトを時系列に、「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割して行う開発モデルです。 正しい。 プロトタイピングモデルは、システム開発プロセスの早い段階でシステムの試作品をつくり、ユーザにそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていくモデルです。 リレーショナルモデル(関係モデル)は、関係データベースの基礎となるデータモデルです。

  • 51

    次のアローダイアグラムで表されるプロジェクトがある。結合点5の最早結合点時刻は第何日か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7
    • 誤答選択肢 4
    • 5
    • 6

    解説

    結合点5の最早結合点時刻とは、結合点5に至る前工程がすべて終了し、作業Hが開始できる状態になる最も早い時刻を表します。 結合点5へと至る工程の流れは、A→D,A→E,A→C→F,B→Fの4つが存在します。それぞれの道筋の完了に要する時間を考えてみると、 A→D 3+4=7日 A→E 3+2=5日 A→C→F 3+1+2=6日 B→F 2+2=4日となり、結合点5に至る前工程の中で最も時間を要するのは「A→D」の7日であることがわかります。 つまり結合点5に至る前工程がすべて終了し、作業Hが開始できる状態になるのは作業開始から7日目であることになります。

  • 52

    表の機能と特性をもったプログラムのファンクションポイント値は幾らか。ここで,複雑さの補正係数は0.75とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 18
    • 誤答選択肢 24
    • 30
    • 32

    解説

    ファンクションポイント法は、ソフトウェアの見積もりにおいて、外部入出力や内部ファイルの数と難易度の高さから論理的にファンクションポイントを算出し、開発規模を見積もる手法です。 表中のそれぞれのファンクションタイプの個数に重み付け係数を掛け合わせたものの総和を求めます。  (1×4)+(2×5)+(1×10)+(0×7)+(0×4)=24 複雑さの補正係数が0.75なので、得られたポイント数に補正係数0.75をかけ合わせます。  24×0.75=18 以上の計算によって得られた18がこのプログラムの開発規模を表すファンクションポイントになります。

  • 53

    テストの進捗管理に使用する指標として,最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テスト項目の消化件数
    • 誤答選択肢 テストデータの作成量
    • プログラムの起動回数
    • プログラムの修正量

    解説

    ソフトウェアテストは、用意したテストをすべて消化することで、システムやモジュールに含まれる潜在的な欠陥を発見し、ソフトウェアとしての完成度を検証する工程です。 したがって正解は「テスト項目の消化件数」になります。 正しい。 テストデータの作成量はテスト手法によって異なり、テストの序盤と終盤で変わらないので不適切です。 1回の起動で実施するテスト回数は一定ではないので、起動回数と進捗の間に関連性はありません。 品質の良し悪しによって修正量は異なってくるため、修正量と進捗の間に関連性はありません。

  • 54

    生産物の品質を時系列に表し,生産工程が管理限界内で安定した状態にあるかどうかを判断するための図はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管理図
    • 誤答選択肢 散布図
    • 特性要因図
    • パレート図

    解説

    管理図は、工程の状態や品質を時系列に表した図であり、工程が安定した状態にあるかどうかを判断するために用います。 生産管理に用いる場合は、縦軸に不良品の個数、横軸に日付をとり、統計的に求めた上方管理限界と下方管理限界の線を横軸と平行に引いた図を使用します。毎日不良品個数をプロットしていき、管理限界から超えた位置にプロットがあれば、その日付に何らかの異常が発生していることがわかります。 正しい。 散布図は、縦軸、横軸に2項目の量や大きさ等を対応させデータを点でプロットした図で、2項目間の分布・相関関係を把握するのに使用します。 特性要因図は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表わした図です。 パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用します。

  • 55

    アプリケーションの保守に関する記述として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保守作業が完了しないまま放置されるのを防ぐためにも,保守の完了を記録する。
    • 誤答選択肢 テスト終了後は速やかに本稼働中のライブラリにプログラムを登録し,保守承認者に報告する。
    • 変更内容が簡単であると判断できるときは,本稼働用のライブラリを直接更新する。
    • 保守作業は,保守作業担当者によるテストが終了した時点で完了とする。

    解説

    保守作業者に連絡後に本稼働環境に移します。 変更内容が簡単でも予想がつかない影響がでる可能性があるので、本稼働環境に移す前にテストを実施しなくてはなりません。 正しい。 保守作業は、本稼働環境への移行完了までを含みます。

  • 56

    サービスデスク組織の構造の特徴のうち,ローカルサービスデスクの特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスデスクを利用者の近くに配置することによって,言語や文化の異なる利用者への対応,専用要員によるVIP対応などができる。
    • 誤答選択肢 サービスデスクを1拠点又は少数の場所に集中することによって,サービス要員を効率的に配置したり,大量のコールに対応したりすることができる。
    • サービス要員は複数の地域や部門に分散しているが,通信技術を利用することによって,単一のサービスデスクであるかのようなサービスが提供できる。
    • 分散拠点のサービス要員を含めた全員を中央で統括して管理することによって,統制の取れたサービスが提供できる。

    解説

    サービスデスクの組織構造には次のような形態があります。 ローカルサービスデスク ユーザのローカルサイト内に設置されたサービスデスクで、オンサイトが容易であり、ユーザの問題や改善点を把握しやすい。 中央サービスデスク 一箇所の拠点にてすべてのユーザからの問い合わせに対応するサービスデスクで、運営コストを低く抑えることができ情報の管理がしやすい。 バーチャルサービスデスク 実際には分散しているが連携することで擬似的に一つのサービスデスクとして機能を提供する。 フォロー・ザ・サン 2つ以上の異なる(大陸の)拠点に配置され、中央での統括管理によって24時間365日のサービスを提供する。 中央サービスデスクの説明です。 正しい。 バーチャルサービスデスクの説明です。 フォロー・ザ・サンの説明です。

  • 57

    次の条件でITサービスを提供している。SLAを満たすためには,サービス時間帯中の停止時間は1か月に最大で何時間以内であればよいか。ここで,1か月の営業日は30日とする。 〔SLAの条件〕 ・サービス時間帯は営業日の午前8時から午後10時まで。 ・可用性99.5%以上とすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2
    • 誤答選択肢 1
    • 3
    • 4

    解説

    サービス時間帯は営業日の午前8時から午後10時(22時)までなので、1日あたりのサービス提供時間は、14時間ということになります。 1カ月の営業日は30日なので、1カ月間では、  14時間×30日=420時間 のサービス提供時間になります。 求められる可用性が99.5%以上なので、停止許容時間は全サービス提供時間中0.5%までにとどめなくてはなりません。停止許容時間は、  420時間×0.005=2.1時間 と計算できるので、選択肢中2.1時間を超えない最長の時間である2時間が正解となります。

  • 58

    システム設計の段階において,ユーザ要件が充足されないリスクを低減するコントロールを監査するときのチェックポイントはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用部門が参画して,システム設計書のレビューを行っていること
    • 誤答選択肢 システム設計書に基づき,プログラム仕様書を作成していること
    • システムテスト要件に基づいてテスト計画を作成し,システム運用部門の責任者の承認を得ていること
    • プログラミングは定められた標準に従っていること

    解説

    プログラム設計を監査するときのチェックポイントです。 システムテスト工程を監査するときのチェックポイントです。 プログラミング工程を監査するときのチェックポイントです。 正しい。システム設計書は、開発及びユーザの責任者の承認を得ているかについてチェックします。

  • 59

    プログラミングの信頼性の監査において,指摘事項に該当するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラマは,プログラムの全てのロジックパスの中から,サンプリングで単体テスト項目を設定している。
    • 誤答選択肢 プログラマは,プログラム設計書に基づいてプログラミングを行っている。
    • プログラミングチームのリーダは,単体テストの実施結果を記録し保管している。
    • プログラムを作成したプログラマ以外の第三者が,単体テストを行っている。

    解説

    旧システム監査基準(平成8年1月30日改正)では、プログラミングにおける監査項目として次の3つを挙げています。 プログラム仕様書に基づいてプログラミングしていることを検証しているか。 プログラムテストの結果を記録及び保管しているか。 重要プログラムは、プログラム作成者以外の者がテストしているか。プログラミングのテストはホワイトボックステストで実施されますが、サンプリングによるテスト項目の設定では信頼性・品質が確保できるとは言えません。 ホワイトボックステストでは、仕様上の間違いを取り除くために内部仕様上にある条件を可能な限り多く網羅したテストケースを設定することが重要になります。 参考URL:旧システム監査基準  http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/systemauditG.htm

  • 60

    IT統制を予防統制と発見統制に分類した場合,発見統制に該当するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データ入力結果の出力リストと入力伝票とを照合する。
    • 誤答選択肢 データ入力画面を,操作ミスを起こしにくいように設計する。
    • データ入力担当者を限定し,アクセス権限を付与する。
    • データ入力マニュアルを作成し,入力担当者に教育する。

    解説

    IT統制とは、企業における内部統制およびその他の基本的要素の有効性を確保するためにITを有効かつ効果的に利用すること、そして内部統制およびその他の基本的要素を機能させることによりITが有効かつ適正に利用されるように監視・統制を行うことです。 一般的にIT統制は、予防統制と発見統制に分類されます。 予防統制 日常の1つひとつの取引レベルの業務に組み込まれた(設計された)手続きにより、不正や誤り・ミスが起こらないようにすること。例としては、職務に応じたアクセス権限の付与や特権IDの適切な管理などがある。 発見統制 不正や誤り・ミスが起こった時、速やかに発見すること。例としては、アクセス状況をモニタリングを実施し顕在化したリスクに対して適時適切に対応することなどがある。選択肢の事例をどちらかに分類すると、 予防統制に分類されます。 正しい。発見統制に分類されます。 予防統制に分類されます。 予防統制に分類されます。

  • 61

    BCPの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業中断の原因とリスクを想定し,未然に回避又は被害を受けても速やかに回復できるように方針や行動手順を規定したもの
    • 誤答選択肢 企業の戦略を実現するために,財務,顧客,内部ビジネスプロセス,学習と成長の視点から戦略を検討したもの
    • 企業の目標を達成するために業務内容や業務の流れを可視化し,一定のサイクルをもって継続的に業務プロセスを改善するもの
    • 業務効率の向上,業務コストの削減を目的に,業務プロセスを対象としてアウトソースを実施するもの

    解説

    BCP(Business Continuity Plan)は、事業継続計画とも呼ばれ、予期せぬ災害が発生した場合に、最低限の事業を継続し、または早期に復旧・再開できるようにする企業が定めた行動計画のことです。 バランススコアカードの説明です。 PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルの説明です。 BPO(Business Process Outsourcing)の説明です。 正しい。BCPの説明です。

  • 62

    エンタープライズアーキテクチャを構成する四つの体系のうち,データ体系を策定する場合の成果物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実体関連ダイアグラム
    • 誤答選択肢 業務流れ図
    • 情報システム関連図
    • ソフトウェア構成図

    解説

    エンタープライズアーキテクチャ(EA)は、組織の全体最適化の観点より、業務及びシステム双方の改革を実践するために、業務及びシステムを統一的な手法でモデル化し、改善することを目的とした、設計・管理手法です。 EAは、4つの体系から構成されています。 ビジネス・アーキテクチャ 政策・業務体系 政策・業務の内容、実施主体、業務フロー等について、 共通化・合理化など実現すべき姿を体系的に示したもの。 構成要素…業務説明書、機能構成図、機能情報関連図、業務フローなど データ・アーキテクチャ データ体系 各業務・システムにおいて利用される情報すなわちシステム上のデータの内容、 各情報(データ)間の関連性を体系的に示したもの。 構成要素…情報体系クラス図、エンティティ・リレーション図、データ定義表など アプリケーション・アーキテクチャ 処理体系 業務処理に最適な情報システムの形態を体系的に示したもの。 構成要素…情報システム関連図や情報システム機能構成図など テクノロジ・アーキテクチャ 技術体系 実際にシステムを構築する際に利用する諸々の技術的構成要素 (ハード・ソフト・ ネットワーク等)を体系的に示したもの。 構成要素…ネットワーク構成図、ソフトウェア構成図、ハードウェア構成図など ビジネス・アーキテクチャの成果物です。 正しい。データ・アーキテクチャの成果物です。 アプリケーション・アーキテクチャの成果物です。 テクノロジ・アーキテクチャの成果物です。

  • 63

    業務プロセスのモデリング表記法として用いられ,複数のモデル図法を体系化したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • UML
    • 誤答選択肢 DFD
    • E-R図
    • 状態遷移図

    解説

    UML(Unified Modeling Language)は、オブジェクト指向開発で用いられる標準表記法群で、UML2.0ではオブジェクト間の関連や動作・構成を表現する13種の図表から構成されています。 UML2.0の13の図法は表現する対象によって構造図,振る舞い図に分類されます。 構造図 システムの静的な構造をモデルで表現する。 クラス図,コンポジット構造図,コンポーネント図,配置図,オブジェクト図,パッケージ図 振る舞い図 システムの振る舞いをモデルで表現する。 アクティビティ図,ユースケース図,シーケンス図,インタラクション概念図,コラボレーション図,タイミング図,ステートマシン図 DFD(Data Flow Diagram)は、構造化分析手法の一つでデータの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する手法です。 E-R図(Entity-relationship Model)は、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図。データをモデル化する方法で、関係データベースの設計に利用されます。 正しい。 状態遷移図は、時間の経過や状態の変化に応じて状態が変わるようなシステムの振る舞いを記述するときに適した図式化手法です。

  • 64

    利用者が,インターネットを経由してサービスプロバイダ側のシステムに接続し,サービスプロバイダが提供するアプリケーションの必要な機能だけを必要なときにオンラインで利用するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SaaS
    • 誤答選択肢 ERP
    • SCM
    • XBRL

    解説

    SaaS(Software as a Service)は、専門の事業者が運用するサービスをネットワーク(インターネット)経由で利用する形態です。自分の企業でシステムを構築する比べて、時間と費用を大幅に節約することができるメリットがあります。 EnterPrise Resource Planningの略。企業資源計画とも呼ばれ、企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理し、経営の効率化を図るための手法です。 正しい。 Supply Chain Manegementの略。生産・在庫・購買・販売・物流などすべての情報をリアルタイムに交換することによってサプライチェーン全体の効率を大幅に向上させる手法です。 eXtensible Business Reporting Languageの略。各種財務報告用の情報を電子化して作成・流通・利用できるように標準化されたXMLベースの言語です。

  • 65

    要件定義プロセスで実施すべきものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新しい業務の手順やルール,制約条件を明確にし,利害関係者間で合意する。
    • 誤答選択肢 新システムによる業務運用の投資効果及び業務効果の実績を評価する。
    • 法規制,経済状況などの事業環境を分析し,事業目標や業務目標を作成する。
    • 要求事項を満たしているか,ソフトウェア及びデータベースのテストを実施する。

    解説

    共通フレーム2007によると要件定義プロセスは、「新たに構築する(あるいは再構築する)業務,システムの仕様を明確化し,それをベースにIT化範囲とその機能を具体的に明示することである。また,関連する組織およびシステムに対する制約条件を明確にし,定義された内容について取得者側の利害関係者間で合意することである。」と定義されています。 要件定義プロセスは、 プロセス開始の準備 利害関係者要件の定義 利害関係者要件の確認の3つのアクティビティから構成され、この内「利害関係者要件の定義」の中で「利害関係者のニーズの識別と制約事項の定義」のタスクが定義されているので正解は「ア」ということになります。 正しい。要件定義プロセスで実施するタスクです。 企画プロセスで実施するタスクです。 経営戦略策定プロセスで実施されるタスクです。 開発プロセスで実施するタスクです。

  • 66

    システム化計画を立案するときに考慮すべき事項はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発,保守,運用に関する費用と投資効果を明確にする。
    • 誤答選択肢 運用を考えて,自社の社員が開発する前提で検討を進める。
    • 失敗を避けるため,同業他社を調査し,同じシステムにする。
    • テスト計画,運用マニュアル及び障害対策を具体的に示す。

    解説

    システム化計画の立案は、企画プロセスを構成するアクティビティの1つで「業務モデルの作成」,「費用対効果の予測」,「プロジェクトの目標設定」,「プロジェクト計画の作成と承認」など18のタスクがあります。 システム化計画の立案で実施されるタスクに「システム実現時の定量的,定性的効果予測を行う。また,開発,運用,保守に関する期間,体制,工数の大枠を予測し,システム実現のための費用を見積もる。費用と効果とを対比させ,システムへの投資効果と時期などを明確にする。」という項目が含まれているので正解は「イ」になります。

  • 67

    "システム管理基準"によれば,情報システム全体の最適化目標を設定する際の着眼点はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営戦略への貢献を明確にしていること
    • 誤答選択肢 教育及び訓練に必要な資源を明確にしていること
    • システム保守手順に基づきプログラムの変更を行っていること
    • 人的資源の外部からの調達方針を明確にしていること

    解説

    システム管理基準は、経済産業省が 平成16年10月8日に策定した基準で、情報戦略を立案し,効果的な情報システム投資とリスクを低減するためのコントロールを適切に整備・運用するための事項をとりまとめたものです。 全体最適化計画は、経営戦略に基づいて設定され、組織体全体の情報システムのあるべき姿を明確にし、投資効果およびリスク算定の方法を明確にするなどの目的で策定されます。また組織体の長の承認および利害関係者の合意を得る必要があります。 開発計画についての基準です。 正しい。 保守の実施についての基準です。 人的資源管理の方針についての基準です。参考URL: システム管理基準(PDF)  http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/downloadfiles/system_kanri.pdf

  • 68

    企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最強の競合相手又は先進企業と比較して,製品,サービス,オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。
    • 誤答選択肢 企業全体の経営資源の配分を有効かつ総合的に計画して管理し,経営の効率向上を図ることである。
    • 顧客視点から業務のプロセスを再設計し,情報技術を十分に活用して,企業の体質や構造を抜本的に変革することである。
    • 利益をもたらすことのできる,他社より優越した自社独自のスキルや技術に経営資源を集中することである。

    解説

    ベンチマーキングは、自社の製品・サービス及びプロセスを定量的・定性的に測定し、それを業界で最も成功を収めている企業(ベスト企業)のものと比較しそのギャップを把握する企業経営で用いられる分析手法です。 分析により明らかになったギャップを埋めるためにベスト企業のベストプラクティスを参考に業務改善を進めていきます。 ERP(EnterPrise Resource Planning)の説明です。 BPR(Business Process Reengineering)の説明です。 正しい。ベンチマーキングの説明です。 コアコンピタンスの説明です。

  • 69

    マーケティングミックスの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品戦略,価格戦略,チャネル戦略,プロモーション戦略などを適切に組み合わせて,自社製品を効果的に販売していくこと
    • 誤答選択肢 顧客市場をある基準で細分化し,その中から最も競争優位に立てる市場を選定すること
    • 市場の成長率と自社の相対的市場シェアの組合せから,各事業の位置づけを明確にし,それぞれの事業の今後の施策を検討すること
    • 導入期,成長期,成熟期,衰退期のそれぞれにおいて,市場や競合商品などとの関係を意識した,適切な施策を採っていくこと

    解説

    マーケティングミックスは、企業がマーケティング戦略において目標とする市場から期待する反応を得るために、複数のマーケティング要素を組み合わせることです。 売り手側の視点である「4P理論」と、買い手側の視点である「4C理論」がよく知られていて、4Pと4Cの項目はそれぞれ以下のように対応しています。 Product(製品)⇔顧客価値(Customer value) Price(価格)⇔顧客コスト(Customer cost) Place(流通)⇔利便性(Convenience) Promotion(プロモーション)⇔Communication(コミュニケーション) セグメンテーションの説明です。 PPM(Products Portfolio Manegement)分析の説明です。 正しい。マーケティングミックスの説明です。 プロダクトライフサイクルの説明です。

  • 70

    T社ではA,B,Cの3種類の商品を販売している。現在のところ,それぞれの商品には毎月10,000人,20,000人,80,000人の購入者がいる。来年から商品体系を変更して,P,Q,R,Sの4種類の新商品を販売する予定である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品Sの新規顧客人数は,商品Cの購入者のうち商品Sを購入する人数より少ないと予想している。
    • 誤答選択肢 商品Aの購入者のうち,1,000人が商品Qを購入すると予想している。
    • 商品Bの購入者は,商品P,Q,R,Sのどれかを購入すると予想している。
    • 商品Pの購入見込者の5割は,商品Aの購入者であると予想している。

    解説

    商品Aの購入者のうち、商品Qを購入するのは0.3としているため、  10,000×0.3=3000 3000人が購入すると予想されます。 商品Bの購入者が、購入するであろう新商品の割合を足し合わせると、  P0.1+Q0.6+R0.1+S0.1=0.9 0.9となり残りの0.1の顧客は新商品を購入しないと試算されています。 商品Pの購入者は、既存顧客と新規顧客を合わせて20,000人であると試算されています。既存顧客の内訳は、  A商品購入者数10,000人×0.5=5,000(人)  B商品購入者数20,000人×01=2,000(人)  C商品購入者数80,000人×0.1=8,000(人) なので、  5,000÷20,000=0.25 となり、新商品Pの購入者数における商品Aの購入者は25%に過ぎないことがわかります。 商品Sの新規顧客人数は23,000人です。、商品Cの購入者のうち商品Sを購入する人数は、  80,000×0.3=24,000(人) となり、商品Sの新規顧客人数のほうが少ないので正しい説明とわかります。

  • 71

    技術経営におけるプロダクトイノベーションの説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新たな商品や他社との差別化ができる商品を開発すること
    • 誤答選択肢 技術開発の成果によって事業利益を獲得すること
    • 技術を核とするビジネスを戦略的にマネジメントすること
    • 業務プロセスにおいて革新的な改革をすること

    解説

    製品に関するイノベーション(innovation,新機軸・新しい活用)は、大きく分けてプロダクトイノベーションとプロセスイノベーションに分類することができます。 プロダクトイノベーション(product innovation) 製品革新とも呼ばれ、他社と差別化できる革新的な新商品を開発・販売することで事業利益を確保しようとする技術戦略手法。 プロセスイノベーション(process innovation) 開発・製造・物流などで他社が真似できない革新的なプロセスを実現することで、事業利益を確保しようとする技術戦略手法。 正しい。プロダクトイノベーションの説明です。 MOT(Management of Technology,技術経営)の説明です。 技術戦略マネジメントの説明です。 プロセスイノベーションの説明です。

  • 72

    ある工場では表に示す3製品を製造している。実現可能な最大利益は何円か。ここで,各製品の月間需要量には上限があり,組立て工程に使える工場の時間は月間200時間までとする。また,複数種類の製品を同時に並行して組み立てることはできないものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3,300,000
    • 誤答選択肢 2,625,000
    • 3,000,000
    • 3,150,000

    解説

    この問題のように最適な製品ミックスが問われた場合、まず先に行うことは作業時間当たりの利益が最も高い製品を明らかにすることです。 [製品X] 1,800÷ 6=300 [製品Y] 2,500÷10=250 [製品Z] 3,000÷15=200 作業時間当たりの利益が最も多いのは、製品Xであることがわかりました。これにより製品Xを優先させて製造することが、最大利益を上げるために必要な条件であることになります。 製造に使える時間は最大で200時間なので、まず製品Xを需要MAXの1,000個製造します。  200−(6×1,000÷60)=100 まだ製造時間が100時間あるので、続いて利益率が高い製品Yを製造します。製品Yに100時間の製造時間を割り当てると、  (10×n)/60=100  10n = 6,000  n = 600 の計算から、600個の製品Yが製造可能であることがわかります。 最後に、製品X1,000個と、製品Y600個製造した時の予想利益を計算すると、  (1,800×1,000)+(2,500×600)=3,300,000 となるので、実現可能な予想利益は 3,300,000となります。

  • 73

    算出式を基に生産計画を立案するとき,cは幾つか。ここで,4月1日の繰越在庫は,3月31日時点の実在庫400個である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4,850
    • 誤答選択肢 4,450
    • 4,550
    • 4,900

    解説

    4月3日の生産数(c)を、求めるの必要な各数値は、 販売計画 4月3日の4,800個 在庫計画 4月3日の300個 繰越在庫 4月2日終了時点で計画されている250個したがって、  4月3日の生産計画=4,800+300−250=4,850 と計算することができます。

  • 74

    MRP(Material Requirements Planning)システムを導入すると改善が期待できる場面はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造に必要な資材及びその必要量に関する情報が複雑で,発注量の算出を誤りやすく,生産に支障を来している。
    • 誤答選択肢 図面情報が電子ファイルと紙媒体の両方で管理されていて,設計変更履歴が正しく把握できない。
    • 設計変更が多くて,生産効率が上がらない。
    • 多品種少量生産を行っているので,生産設備の導入費用が増加している。

    解説

    MRP(Materials Requirements Planning)は、日本語では資材所要量計画と呼ばれる生産管理手法の一つです。 資材管理で生産を計画する手法で、 将来どれだけの製品(商品)が販売されるか予測する。 それぞれの製品が組み立てられる時間を逆算する。 資材表を使い製品を組み立てるのに必要な部品のリストを展開する 組み立て時間から逆算し、部品を順次注文する。という計画のもとに資材を管理します。 紙媒体で保存している図面を電子ファイルに移行し、図面管理システムを導入することで改善が可能です。 正しい。MRPシステム導入のメリットです。 PLM(Product Lifecycle Management,製品ライフサイクル管理)システム導入のメリットです。 多品種少量生産に適したセル生産方式を採用するなどの改善方法があります。

  • 75

    CIOの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報管理,情報システムの統括を含む戦略立案と執行を任務として設置した役員
    • 誤答選択肢 投資意思決定,資金調達,経理,財務報告を任務として設置した役員
    • 複数のプロジェクトを一元的にマネジメントすることを任務として設置した組織
    • 要求されたシステム変更を承認又は却下することを任務として設置した組織

    解説

    CIO(Chief Information Officer)は、経営戦略に沿った情報戦略やIT投資計画に関する責任を持つ役職である最高情報責任者のことです。CEO(最高経営責任者)やCOO(最高執行責任者)を補佐し、企業の情報戦略の策定に当たるのが主な職務となります。 正しいCIOの説明です。 CFO(Chief Financial Officer,最高財務責任者)の説明です。 PMO(Project Management Office)の説明です。 CAB(Change Advisory Board,変更諮問委員会)の説明です。

  • 76

    事業年度初日の平成21年4月1日に,事務所用のエアコンを100万円で購入した。平成23年3月31日現在の帳簿価額は何円か。ここで,耐用年数は6年,減価償却は定額法,定額法の償却率は0.167,残存価額は0円とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 666,000
    • 誤答選択肢 332,000
    • 499,000
    • 833,000

    解説

    減価償却(げんかしょうきゃく)は、企業会計において主に固定資産に対して行われる計算方法の一つです。 固定資産は、購入してから長期にわたり業務に使用されます。そのため固定資産を取得するために要した費用は、「費用収益対応の原則」にもとづき使用期間にわたって費用として分配することが企業会計のあり方として適切であることになります。 この取得原価を使用期間にわたって分配する手続き(計算方法)を減価償却と言います。 定額法は、毎年一定の額を耐用年数にわたって費用化していく減価償却方式です。 償却率が0.167なので、1年間の償却額は、  100万円×0.167=16.7万円 となり、この額を耐用年数の6年にわたり償却すると、取得時に100万円であった固定資産の帳簿価額が、残存価額の0円にになります。 この問題の条件では、取得日が「平成21年4月1日」、現在が「平成23年3月31日」なのでちょうど2年間にわたりエアコンを使用したことになります。現在での帳簿価額は取得原価から2年分の減価償却を行った額となるので、  100万円−(16.7万円×2)=666,000 になります。

  • 77

    売上高が100百万円のとき,変動費が60百万円,固定費が30百万円掛かる。変動費率,固定費は変わらないものとして,目標利益18百万円を達成するのに必要な売上高は何百万円か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 120
    • 誤答選択肢 108
    • 156
    • 180

    解説

    売上高と固定費、変動費および利益の間には次の式の関係があります。  利益=売上高−変動費−固定費 このうち変動費は売上高に比例して増減する費用であるため、売上高に対する変動費の割合(変動費率)を用いて(売上高×変動費率)と表すことができます。 この問題の条件では、固定費が30百万円,変動費率が(60÷100=)0.6ですので、18百万円の利益を上げるための売上高nを求めると、  18=n−(n×0.6)−30  18=n−0.6n−30  0.4n=48  n=120 以上の計算から正解は「120」百万円であることがわかります。

  • 78

    財務諸表のうち,一定時点における企業の資産,負債及び純資産を表示し,企業の財政状態を明らかにするものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸借対照表
    • 誤答選択肢 株主資本等変動計算書
    • キャッシュフロー計算書
    • 損益計算書

    解説

    貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)は、企業のある一定時点における資産、負債、純資産の状態を表す財務諸表で、バランスシート(B/S)とも呼ばれます。選択肢にある4つの会計書類は財務諸表と呼ばれ、株式会社においては官報、新聞、あるいはインターネット上での決算公告が義務付けられています。 株主資本等変動計算書は、貸借対照表のうち株主資本を示す純資産の部がどのように変動したのかを表す財務諸表です。 キャッシュフロー計算書は、会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出(キャッシュ・フロー)を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する財務諸表です。 損益計算書は、会計期間における収益と費用を明らかにして経営成績を表示した財務諸表です。 正しい。

  • 79

    著作権法において,保護の対象と

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム言語や規約
    • 誤答選択肢 インターネットで公開されたフリーソフトウェア
    • ソフトウェアの操作マニュアル
    • データベース

    解説

    著作権(ちょさくけん)とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現したものに認められる、それらの創作物の利用を支配することを目的とする権利です。特許権などの産業財産権とは異なり、申請をしなくても創作された時点で権利が発生するのが特徴です。 著作権法第10条では、「著作物に対するこの法律による保護は、その著作物を作成するために用いるプログラム言語、規約及び解法に及ばない。」と規定されていて、「プログラム言語」,「プログラム規約」,「アルゴリズム」の3つは保護の対象外とされています。 したがって保護の対象外は「プログラム言語や規約」ということになります。

  • 80

    派遣契約に基づいて就労している派遣社員に対する派遣先企業の対応のうち,適切なものはどれか。ここで,就業条件などに特段の取決めはないものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループウェアのメンテナンスを行うために,自社社員と同様に作業を直接指示した。
    • 誤答選択肢 営業情報システムのメンテナンスを担当させている派遣社員から,直接に有給休暇の申請があり,業務に差し障りがないと判断して,承認した。
    • 生産管理システムへのデータ入力を指示したところ,入力ミスによって,欠陥製品ができたので,派遣元企業に対して製造物責任を追及した。
    • 販売管理システムのデータ処理が定時に終了しなかったので,自社社員と同様の残業を行うよう指示した。

    解説

    派遣元企業と派遣先企業が締結する労働派遣契約には、業務の内容、就業場所、派遣期間、就業日・時間などが定められます。 派遣先企業の業務責任者は、この労働派遣契約に定められた範囲内で派遣労働者を直接指示命令して業務にあたらせることになります。つまり契約の範囲を超えた指示や許可は、労働派遣法違反にあたる行為となります。 派遣労働者の休日は、派遣元企業の定めに従います。派遣先企業が、休日を決めることは適切ではありません。 正しい。派遣先企業は、派遣元企業との労働派遣契約に定めに従い、契約の就業時間・場所・業務の範囲内で派遣労働者を直接指揮命令することができます。 派遣労働者は、派遣先企業の指揮命令のもとで業務従事することになるので、作業ミスによる損失の責任は派遣先企業にあります。 派遣労働者の就業時間は、派遣元企業の定めに従います。派遣先企業が、残業を指示することは適切ではありません。

56637

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ