zuknow learn together

新しい教材を作成

平成24年度春期 基本情報技術者試験(FE)午前 過去問

カード 80枚 作成者: taku (作成日: 2015/01/20)

  • 次の10進小数のうち,8進数に変換したときに有限小数になるものはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

平成24年度春期 基本情報技術者試験(FE)午前の過去問です。

[出題範囲]
・テクノロジ系(コンピュータ科学基礎・ハードウェア・稼働率・ソフトウェア・論理回路・データベース(SQL、正規化)・ネットワーク・セキュリティ・設計)
・マネジメント系(DFD・開発規模、工数など)
・ストラテジ系(全体計画立案・業務改善・契約タイプ・経営戦略・ABC分析・利益や費用の計算・関係法規など)

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    次の10進小数のうち,8進数に変換したときに有限小数になるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.5
    • 誤答選択肢 0.3
    • 0.4
    • 0.8

    解説

    2進数の0.1を10進数で表現すると1/2になるように、8進数の0.1を10進数で表現すると1/8になります。1/8は小数で0.125なので、選択肢中0.125で割り切れる「0.5」だけが8進数に変換したときに有限小数になることになります。  0.5÷0.125=4  0.5(10)=0.4(8)

  • 2

    非負の2進数b

    補足(例文と訳など)

    答え

    • b1b2…bnO+b1b2…bn
    • 誤答選択肢 b1b2…bnOO-1
    • b1b2…bn000
    • b1b2…bn1

    解説

    2進数はビット列全体を左へnビット分シフトすると2n倍、右へnビット分シフトすると1/2n倍になるという特徴を持っています。 この問題では、全体を1ビットだけ左にシフト(×2)してできるビット列に対して元のビット列の加算(+1)するという処理を組み合わせることで、3倍にする演算を行っています。 左へ1ビット分シフトする。空白になる最右ビットは0で埋める。  b1b2…bn   ↓  b1b2…bnO 1.で得られたビット列に元のビット列を加算する。  b1b2…bnO+b1b2…bn

  • 3

    隣接行列Aで表されるグラフはどれか。ここで,隣接行列とは,n個の節点から成るグラフの節点V

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    隣接行列と節点の関係を整理すると次のようになります。 V1〜V4の節点のうち結ぶ枝が存在する関係は、 V1とV2 V1とV3 V2とV4 V3とV4の4つが存在します。この関係を満たすグラフは「エ」です。

  • 4

    後置表記法(逆ポーランド表記法)では,例えば,式 Y=(A−B)×C を YAB−C×= と表現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • YAB+CDE÷−×=
    • 誤答選択肢 YAB+C−DE÷×=
    • YAB+EDC÷−×=
    • YBA+CD−E÷×=

    解説

    通常の式を、逆ポーランド表記法で表現するための基本は、A+B を AB+で表すことです。これと一回使った演算子は2度使わないことに注意して、普通に計算式を解くのと同じ要領で行っていくことで逆ポーランド表記法の式になります。 Y=(A+B)×(C−(D÷E))を、一つずつ順番に逆ポーランド表記法に変換していきましょう。 まず括弧内のA+B と D÷Eを変換します。  Y=AB+×(C−DE÷) 次にもう一つの括弧内の(C−DE÷)を変換します。  Y=AB+×CDE÷− この時「DE÷」を一つの項として考えると、「C」−「DE÷」⇒CDE÷−となることを理解しやすいかと思います。 次に右辺でまだ演算をしていない、"×"の左側と右側で演算します。先程と同様に「AB+」×「CDE÷−」⇒AB+CDE÷−×と考えます。  Y=AB+CDE÷−× 最後に 左辺と右辺を"="で演算して逆ポーランド表記法への変換が完了します。  YAB+CDE÷−×=したがって答えは、「イ」となります。 通常の式から、逆ポーランド表記法への変換はそれほど難しくありませんが、その逆(逆ポーランド⇒普通の式)は、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。今後も出題される可能性がありますので押さえておきたいですね。

  • 5

    図は70円切符の自動販売機に硬貨が投入されたときの状態遷移を表している。状態Q4から状態Eへ遷移する事象はどれか。ここで,状態Q

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50円硬貨又は100円硬貨が投入された。
    • 誤答選択肢 10円硬貨が投入された。
    • 10円硬貨又は50円硬貨が投入された。
    • 10円硬貨又は100円硬貨が投入された。

    解説

    投入される可能性のある硬貨は10円,50円,100円の3種類なので、現在までの投入額と投入された硬貨の種類によって制する状態が異なり、投入された合計金額が70円以上となった時点でEの状態に遷移し終了となります。 状態Q0〜Q6は、現在までの投入額が0〜60円の状態のそれぞれと対応していて、Q0→Q1→Q2→…,Q6 と1つずつ状態を遷移するのが10円ずつ投入された場合の状態遷移、上の5つ離れた状態に遷移するのが50円が投入された場合のということになります。 状態Q4は10円が4回続けて投入され、現在額が40円の状態を示しています。この状態で3種類の硬貨それぞれが投入されるケースを考えると、 10円:Q5へ遷移 50円:投入された合計額が90円となるのでEに遷移 100円:投入された合計額が140円となるのでEに遷移このことから状態Q4から状態Eに遷移するのは、50円又は100硬貨が投入されたときであることがわかります。

  • 6

    十分な大きさの配列Aと初期値が0の変数pに対して,関数f(x)とg()が次のとおり定義されている。配列Aと変数pは,関数f(x)とg()だけでアクセス可能である。これらの関数が操作するデータ構造はどれか。 function f(x) {  p=p+1;  A[p]=x;  return None; } function g() {  x=A[p];  p=p-1;  return x; }

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタック
    • 誤答選択肢 キュー
    • ハッシュ
    • ヒープ

    解説

    この2つの関数で使われている変数pは現在の配列の要素数を保持している変数で、このことを踏まえると、f(x)は、配列の最後に引数であるxを代入する関数、g()は、配列の最後の要素を返す関数と考えることができます。 「配列の最後にデータを追加する」および「最後に追加されたデータを取り出す」という2つの操作を合わせるとLIFO(Last In First Out,後入れ先出し)のデータ構造が実現されることになります。選択肢の中でLIFOのデータ構造はスタックだけなのでこれが正解となります。

  • 7

    多数のデータが単方向リスト構造で格納されている。このリスト構造には,先頭ポインタとは別に,末尾のデータを指し示す末尾ポインタがある。次の操作のうち,ポインタを参照する回数が最も多いものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リストの末尾のデータを削除する。
    • 誤答選択肢 リストの先頭にデータを挿入する。
    • リストの先頭のデータを削除する。
    • リストの末尾にデータを挿入する。

    解説

    〔リストの末尾のデータを削除する〕 このリストは各データが次ノードへのポインタのみを保持する単方向リストのため、リストの末尾以外のデータを参照する場合には先頭から順にポインタをたどっていく必要があります。 先頭ポインタを参照し、先頭データ[1:2]を得る。 先頭データ[1:2]を参照し、次ノード[2:3]を得る。 データ[2:3]を参照し、次ノード[3:4]を得る。 データ[3:4]を参照し、次ノード[4:5]を得る。 データ[4:5]がもつ次ノードへのポインタを削除する。  [4:-] 末尾ポインタに、末尾の1つ前のデータのポインタをセットする。  末尾ポインタ=4 以上で完了なのでポインタの参照回数は4回です。  [1:2][2:3][3:4][4:-],先頭ポインタ1,末尾ポインタ4 このように「エ」の操作はリストを末尾方向に1つずつたどっていく必要があるため、ほぼリストの長さと同じだけポインタの参照が発生することがわかります。

  • 8

    再帰呼出しの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関数の中で自分自身を用いた処理を行うこと
    • 誤答選択肢 あらかじめ決められた順番ではなく,起きた事象に応じた処理を行うこと
    • 処理が終了した関数をメモりから消去せず,必要になったとき再び用いること
    • 処理に失敗したときに,その処理を呼び出す直前の状態に戻すこと

    解説

    フィードバック制御の説明です。 正しい。再帰呼出しの説明です。 静的関数の説明です。 復帰の説明です。

  • 9

    Web環境での動的処理を実現するプログラムであって,Webサーバ上だけで動作するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Javaサーブレット
    • 誤答選択肢 JavaScript
    • Javaアプレット
    • VBScript

    解説

    Javaサーブレットは、Javaを用いてWebページのためのHTML文書を動的に生成したり、データ処理をWebサーバ上で実行するサーバサイドのプログラム技術です。JavaサーブレットはJava言語で書かれているのでさまざまなプラットフォームで使うことができる利点があります。 VBScriptもサーバサイドで動作しますが、こちらはブラウザを使用したスクリプティング処理やWindows上でのネイティブスクリプトにも対応した仕様となっているため「Webサーバ上だけで」という問題文の記述に照らすと誤りとなります。 JavaScriptは、主にユーザの動きに反応する動的なWebページの構築のために、HTML内に記述されるスクリプト言語です。 Javaアプレットは、HTMLと同時にWebを通してダウンロードされクライアント側で実行されるJavaで記述されたアプリケーションプログラムのことです。 正しい。 VBScriptは、Microsoft Windows上やInternet Information Server (IIS)上で動作するスクリプト言語で、サーバ側・クライアント側両方で動作可能な仕様となっています。

  • 10

    マルチコアプロセッサの特徴として適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費電力を抑えながら,プロセッサ全体の処理性能を高められる。
    • 誤答選択肢 コアの個数をn倍にすると,プロセッサ全体の処理性能はn <sup>2</sup>倍になる。
    • 複数のコアが同時に動作しても,共有資源の競合は発生しない。
    • プロセッサのクロック周波数をシングルコアより高められる。

    解説

    マルチプロセッサは、複数のプロセッサを並列に動作させることで高い処理能力や信頼性を得る形態です。マルチプロセッサシステムは、単一の主記憶を共有し単一のOSによって複数のCPUを制御する密結合型と、CPU毎に独立した主記憶とOSをもつ疎結合型があります。 マルチプロセッサと省電力化に関して下記参考URLから引用すると、 「例えばここに100MHz動作、100MIPSのCPUがあったとする。これを400MHzで動かせば400MIPSになるし、あるいは4プロセッサで動作させればやはり400MIPSということになる。問題はこの場合の消費電力である。このプロセッサが100MHzで5Wの消費電力だとすると、4プロセッサの場合は5×4=20Wとなる。一方400MHz動作はというと、やはり5×4=20W「にはならない」。100MHzと400MHzで、同じ動作電圧で動作するとは限らないからだ。  一般に、動作速度を上げるためには、コア電圧も上げてやる必要がある。そうなると消費電力は電圧の2乗に比例して増えるので、つまり400MHz動作の場合の消費電力は25Wとか30Wになっても不思議ではないことになる。つまりマルチプロセッサは、消費電力を抑えて処理性能を上げるためにはきわめて有効な手段となるわけである。」 すなわち動作クロックの高い1つのコアより、同様の性能をもつ複数のコアで構成されたプロセッサ構成の方が消費電力を低く抑えることができることになります。 コア数をn倍にすると(2倍ではなく)n倍の性能を得られそうですが、実際にはコアを協調させて動作させるためのオーバーヘッドが多くなるため性能はn倍を下回ります。 正しい。 特別な制御を行わず、1つのタスクを複数のプロセッサで処理するケースなどでは競合が発生しやすくなります。 1つ1つのコアのクロック数はシングルコアプロセッサと同様です。参考URL: 組み込み用マルチコアプロセッサ  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0521/epf02.htm

  • 11

    外部割込みに分類されるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターバルタイマによって,指定時間経過時に生じる割込み
    • 誤答選択肢 演算結果のオーバフローやゼロによる除算で生じる割込み
    • 仮想記憶管理において,存在しないページへのアクセスによって生じる割込み
    • ソフトウェア割込み命令の実行によって生じる割込み

    解説

    割込み(Interrupt)は、すぐに対処しなくてはならない問題などがシステムに生じたときに、実行中のプログラムの処理をいったん停止し、優先的に事象の解決を図ることを可能にする仕組みです。 割込みは、実行中のプログラムが原因でCPU内部で発生する内部割込みと、それ以外のCPU外部で発生する外部割込みに分類することができます。 内部割込み 実行中のプログラムが原因で起こる割込み 外部割込み 内部割込み以外の原因で起こる割込み 正しい。タイマ割込みは、CPUの内部で発生するものではなく内蔵されるタイマーで設定してある時間が経過した時に外部から割込みを発生させます。 内部割込みに分類されます。 内部割込みに分類されます。 内部割込みに分類されます。

  • 12

    DRAMのリフレッシュ動作の説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを保持するために,一定時間ごとにアクセスする。
    • 誤答選択肢 一定時間ごとに内容を外部記憶装置に書き込む。
    • システムの電源投入時に,全領域をOで初期化する。
    • 内容を更新するときに,データを一旦消去する。

    解説

    DRAM(Dynamic Random Access Memory)は、コンデンサに電荷を蓄えることにより情報を記憶し、電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリです。集積度を上げることが比較的簡単にできるためコンピュータの主記憶装置のメモリとして使用されます。 データを記憶しているコンデンサですが時間がたつと電荷を放電しデータが消えてしまいます。DRAMでは消えかけた電荷をコンデンサに充電するリフレッシュ動作を常に一定間隔で行うことでデータの保持をしています。 外部記憶装置に書き込む動作ではありません。 イニシャライズの説明です。 正しい。 リフレッシュ動作は規定された時間ごとに行われます。

  • 13

    キャッシュメモリに関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主記憶のアクセス時間とプロセッサの命令実行時間の差が大きいマシンでは, 多段のキャッシュ構成にすることで実効アクセス時間が短縮できる。
    • 誤答選択肢 キャッシュメモリの転送ブロックの大きさを仮想記憶のページの大きさと同じにすると,プログラムの実行効率が向上する。
    • キャッシュメモリは高速アクセスが可能なので,汎用レジスタと同じ働きをする。
    • ミスヒットが発生するとキャッシュ全体は一括消去され,主記憶から最新のデータの転送処理が実行される。

    解説

    キャッシュメモリは、CPUと主記憶の速度差を埋めるためCPU−主記憶間に設置される高速に動作するメモリです。 キャッシュメモリは多段構成にされることもあり、CPUに近いほうから1次キャッシュ,2次キャッシュといいます。例えばCPUが主記憶より読込むのは命令とデータの2種類がありますが、1次キャッシュはそれぞれに個別のキャッシュを用意する分離型,2次キャッシュはどのデータも記憶できる統合型というように階層構成にするとCPUは命令とデータを同時に読み出すことができるので実行アクセス時間を短くすることができます。 通常キャッシュメモリの転送ブロックサイズ(キャッシュラインサイズ)は数バイト〜数十バイトとページサイズと比較して相当に小さくなっています。キャッシュメモリの転送ブロックの大きさを大きくすると転送回数が減りますが、使われない部分が増えます。この使われない部分がキャッシュメモリに多く存在するとヒット率が低下することになるため、結果としてプログラムの実行効率は低下してしまうことになります。 キャッシュメモリは高速(数ナノ秒)ですが、レジスタは更に高速(数ピコ秒)です。 正しい。 ミスヒットした場合、必要となるブロックだけが主記憶からキャッシュに転送されます。

  • 14

    プラズマディスプレイの説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガス放電によって発生する光を利用して映像を表示する。
    • 誤答選択肢 自身では発光しないので,バックライトを使って映像を表示する。
    • 電極の間に有機化合物を挟んだ構造で,これに電気を通すと発光することを利用して,映像を表示する。
    • 電子銃から電子ビームを発射し,管面の蛍光体に当てて発光させ,文字や映像を表示する。

    解説

    プラズマディスプレイは、媒体の中にガスを注入しそこに電圧をかけることで発光することを利用したディスプレイです。 正しい。プラズマディスプレイの説明です。 液晶ディスプレイで説明です。 有機ELディスプレイの説明です。 CRT(ブラウン管)ディスプレイの説明です。

  • 15

    クラウドコンピューティングの説明として,最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータの資源をネットワークを介して提供することによって,利用者がスケーラピリティやアベイラピリティの高いサービスを容易に受けられるようになること
    • 誤答選択肢 あらゆる電化製品をインテリジェント化しネットワークに接続することによって,いつでもどこからでもそれらの機器の監視や操作ができるようになること
    • 数多くのPCの計算能力を集積することによって,スーパコンピュータと同程度の計算能力を発揮させること
    • 特定のサーバを介することなく,ネットワーク上のPC同士が対等の関係で相互に通信を行うこと

    解説

    クラウドコンピューティングは、目的のコンピュータ処理を行うために、自社のシステム資源を使う代わりに利用料金を支払いインターネット上のサービスを利用するシステムの形態です。従来のシステムは企業内でハードウェア・ソフトウェア・データを管理していたのに対し、クラウドコンピューティングではサービスを提供する側に設置されているため、システムの維持管理に要するコストが軽減される利点があります。 クラウド(雲)はインターネットを表し、クラウドコンピューティング上で提供されるソフトウェアパッケージがSaaSと呼ばれます。 ユビキタスコンピューティングの説明です。 グリッドコンピューティングの説明です。 正しい。クラウドコンピューティングの説明です。 ピアツーピアの説明です。

  • 16

    フォールトトレラントシステムを実現する上で不可欠なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム構成に冗長性をもたせ,部品が故障してもその影響を最小限に抑えることで,システム全体には影響を与えずに処理を続けられるようにする。
    • 誤答選択肢 システムに障害が発生したときの原因究明や復旧のため,システム稼働中のデータベースの変更情報などの履歴を自動的に記録する。
    • 障害が発生した場合,速やかに予備の環境に障害前の状態を復旧できるよう,定期的にデータをバックアップする。
    • 操作ミスが発生しにくい容易な操作にするか,操作ミスが発生しても致命的な誤りとならないように設計する。

    解説

    フォールトトレラントシステムは、システムの一部に障害が発生しても全体としては停止することなく稼働を続け、その間に復旧を図るような設計となっているシステムです。これを実現するには各機器を二重構成にし障害発生時には機器の切替えを即座に行えるシステム設計であることが条件となります。

  • 17

    図に示すシステム構成全体の稼働率を表す式はどれか。ここで,システムが正常に稼働するためには,磁気ディスクは2台とも正常でなければならず,それぞれのサイトで少なくとも1台の端末は正常でなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • D2C(1-(1-T)2)2
    • 誤答選択肢 D2C(1-T2)2
    • (1-D)2C(1-T2)2
    • (1-D)2C(1-(1-T)2)2

    解説

    このシステムが正常に稼働するためには、磁気ディスク2台,CPU1台,2つのサイトのすべてが正常である必要があります。つまりこれらはすべて直列に接続された状態と考えることができるので、  D×D×C×(サイトaの稼働率)×(サイトbの稼働率) の式が稼働率を表します。サイトaとサイトbの内部は同じ構成で稼働率は同じですので、上記の式をまとめると、  D2C(各サイトの稼働率)2 となります。各サイトは稼働率がTである端末2台がありどちらかが正常であればいいので、並列接続のときの稼働率を求める式を適用して、  各サイトの稼働率=1−(1−T)2 と表すことができます。最後にシステム全体の稼働率を表す式の「各サイトの稼働率」の項に 1−(1−T)2 を代入すれば、  D2C(1−(1−T)2)2 の式となります。

  • 18

    ベンチマークテストの説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用目的に合わせて選定した標準的なプログラムを実行させ,その処理性能を測定する。
    • 誤答選択肢 監視・計測用のプログラムによってシステムの稼働状態や資源の状況を測定し,システム構成や応答性能のデータを得る。
    • 将来の予測を含めて評価する場合などにモデルを作成して模擬的に実験するプログラムでシステムの性能を評価する。
    • プログラムを実際には実行せずに,机上でシステムの処理を解析して,個々の命令の出現回数や実行回数の予測値から処理時間を推定し,性能を評価する。

    解説

    ベンチマークテストは、システムの使用目的に合わせたプログラム、あるいは評価対象の業務の典型的な処理プログラムを用いて入出力や制御プログラムを含めたシステムの総合的な処理性能を測定するシステム性能評価の技法です。 代表的なベンチマークにSPEC,TPCなどがあります。 SPEC プロセッサの性能を評価するベントマークテストで、整数演算の性能を評価するSPECint、浮動小数点演算能力を評価するSPECfpがある。 TPC オンライントランザクション処理システムの性能を評価するベンチマークテスト モニタリングの説明です。 正しい。ベンチマークテストの説明です。 シュミレーションの説明です。 静的積算の説明です。

  • 19

    オンラインリアルタイム処理における一つのトランザクションについて,端末側で応答時間,回線伝送時間,端末処理時間が測定できるとき,サーバ処理時間を求める式として適切なものはどれか。ここで,他のオーバヘッドは無視するものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サーバ処理時間=応答時間−回線伝送時間−端末処理時間
    • 誤答選択肢 サーバ処理時間=応答時間+回線伝送時間+端末処理時間
    • サーバ処理時間=応答時間+回線伝送時間−端末処理時間
    • サーバ処理時間=応答時間−回線伝送時間+端末処理時間

    解説

    オンラインリアルタイム処理では、次のような手順で処理が行われます。 利用者が端末に情報を入力する。 入力された情報を端末がサーバにリクエストを送信する。 通信回線を経由してリクエストがサーバに届く。 サーバがリクエストに対して処理を行い、結果を端末に返す。 通信回線を経由して結果が端末に届く。 端末は結果を表示する。応答時間は端末がリクエストを送信した時刻(2)からサーバからの結果が返ってくる(6)までの時間,回線伝送時間は3,5,端末処理時間は1,6になります。サーバ処理時間は4の時間を示すので、応答時間から回線伝送および端末処理に要した分を減じた時間になります。

  • 20

    次の条件で四つのジョブがCPU処理及び印制を行う場合に,最初のCPU処理を開始してから最後の印刷が終了するまでの時間は何分か。 〔条件〕 多重度1で実行される。 各ジョブのCPU処理時間は20分である。 各ジョブはCPU処理終了時に400Mバイトの印刷データをスプーリングする。 スプーリング終了後にOSの印刷機能が働き,プリンタで印刷される。 プリンタは1台であり,印刷速度は100Mバイト当たり10分である。 CPU処理と印刷機能は同時に動作可能で,互いに影響を及ぼさない。 スプーリングに要する時間など,条件に記述されていない時間は無視できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 180
    • 誤答選択肢 120
    • 160
    • 240

    解説

    4つのジョブはそれぞれ400Mバイトの印刷データをスプーリングします。印刷速度は100Mバイト/10分なので、1つのスプールファイルにつき40分,4つで計160分の印刷時間が必要になります。 CPUと印刷は同時に動作可能なので、1つ目のジョブのCPU処理が終了する開始から20分後から印刷が開始できます。4つのジョブのCPU処理は開始から80分で完了しますが、印刷が完了するには160分間かかるので最後の印刷が終了するまでには、  20+160=180 180分の時間がかかることになります。

  • 21

    仮想記憶システムにおいて主記憶の容量が十分でない場合,プログラムの多重度を増加させるとシステムのオーバヘッドが増加し,アプリケーションのプロセッサ使用率が減少する状態を表すものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スラッシング
    • 誤答選択肢 フラグメンテーション
    • ページング
    • ボトルネック

    解説

    仮想記憶システムにおいて主記憶の容量が十分でない場合にプログラムの多重度が増加すると、ページング処理が多発します。このようにシステムのオーバヘッドが増加したことによりアプリケーションのCPU使用率が減少し、処理速度が遅くなる状態をスラッシング(Thrashing)といいます。 正しい。 フラグメンテーションとは、ディスク装置の記憶領域の中に使用されない領域の断片が存在した状態になりアクセス効率が低下する現象です。 ページングは、仮想記憶管理方式の一つで仮想アドレス空間と主記憶空間を「ページ」と呼ばれる固定長の区画に分割し、このページ単位で主記憶と補助記憶装置のアドレス変換を行う方式です。 ボトルネックは、処理性能や通信性能の向上を阻む支障となっている要素のことです。

  • 22

    ページ置換えアルゴリズムにおけるLRU方式の説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最後に参照されてからの経過時間が最も長いページを置き換える方式
    • 誤答選択肢 最後に参照されたページを置き換える方式
    • 最も参照回数の少ないページを置き換える方式
    • 最も古くから存在するページを置き換える方式

    解説

    LRU(Least Recently Used)方式は、置き換え対象の中で最も長い時間参照されていないものを置き換え対象とするアルゴリズムです。ページング方式だけでなくキャッシュメモリのブロック入替えにもよく使用されるアルゴリズムです。 LIFO(Last In, First Out,)方式の説明です。 正しい。LRU方式の説明です。 LFU(Least Frequently Used)方式の説明です。 FIFO(First In, First Out)方式の説明です。

  • 23

    様々なサイズのメモリ資源を使用するリアルタイムシステムのメモリプール管理において,可変長方式と比べた場合の固定長方式の特徴として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く一定である。
    • 誤答選択肢 メモリ効率が良く,獲得及び返却の処理速度は遅く一定である。
    • メモリ効率が良く,獲得及び返却の処理速度は遅く不定である。
    • メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く不定である。

    解説

    メモリ管理の固定長方式と可変長方式は次のような特徴があります。 固定長方式 主記憶をいくつかの固定長の区画に分割しておき、タスクが実行されるときにそれぞれのタスクが必要とする区画数を割り当てる方式。区画のサイズが同じなので、使用されない空き領域が生じる一方、アドレス計算やサイズ計算などのオーバーヘッドが減り、読み書き速度は安定化する。 可変長方式 タスクが実行されるときに、主記憶をそのタスクが必要とする大きさに区切って割り当てる方式。固定長方式と比較してメモリの使用効率はよいが、アドレス計算やサイズ計算などのオーバヘッドは増加する。したがって固定長方式の特徴として適切な記述は「メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く一定である」になります。 設問中にあるリアルタイムシステム(Realtime System)とは、使える資源(リソース)に限りがある状態で、ジョブの実行が命令された時、その処理を決められた時刻(デッドライン)までに終了することに着目した制御工学における概念の一つであり「リアルタイム処理」とも呼ばれています。 リアルタイムシステムでは速度が要求されるので、メモリ領域の有効活用よりも読み書き速度を優先した固定長方式のメモリ管理が採用されます。

  • 24

    シェルのリダイレクト機能による実現の可否に関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準入力と標準出力をファイルに切り替えることができ,標準出力をファイルに追加することもできる。
    • 誤答選択肢 標準出力をファイルに切り替えることはできないが,標準入力をファイルに切り替えることはできる。
    • 標準出力をファイルに追加することはできないが,標準入力と標単出力をファイルに切り替えることはできる。
    • 標準入力をファイルに切り替えることはできないが,標準出力をファイルに切り替えることはできる。

    解説

    シェル(shell)は、OSの機能の一部であり、ユーザーからの指示を受けて解釈し、プログラムの起動や制御などを行うプログラムです。OSの中核(カーネル)とユーザの橋渡しを行い、OS内部をユーザから隔てるという役割からシェル(殻)という名称が付けられています。 UNIX環境やWindowsのコマンドプロンプトなどの、シェルプログラムはキーボードからコマンドを入力し、結果をディスプレイに出力するようになっています。(標準入力がキーボード,標準出力がディスプレイ)リダイレクトとは、この標準入力,出力を変更する機能で、キーボードからのコマンドのかわりにファイルを入力元にしたり、出力先をファイルにする、または出力をしないなどの変更が可能です。出力先を切り替える「>」,出力先のファイルに追加する「>>」,入力元を切り替える「<」,複数行の入力を行える「<<」があり、これらを組み合わせることでリダイレクトの指定を行います。 標準出力をファイルに切り替えることは可能です。 標準出力をファイルに追加することも可能です。 正しい。 標準入力をファイルに切り替えることは可能です。

  • 25

    7セグメントLED点灯回路で,出力ポートに16進数で6Dを出力したときの表示状態はどれか。ここで,P7を最上位ビット(MSB),P0を最下位ビット(LSB)とし,ポート出力が1のとき,LEDは点灯する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    まず16進数6Dを2進数に変換する必要があります。  6D(16)→0110 1101(2) P7が最上位ビット,P0が最下位ビットに対応しているので点灯するLEDは、最下位ビットから順番に、a, c, d, f, g の5つです。点灯するLEDの場所を確認すると「ウ」の表示状態になることがわかります。

  • 26

    60分の音声信号(モノラル)を,標本化周波数44.1kHz,量子化ビット数16ビットのPCM方式でディジタル化した場合,データ量はおよそ何Mバイトか。ここで,データの圧縮は行わないものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 320
    • 誤答選択肢 80
    • 160
    • 640

    解説

    標本化周波数が44.1kHzなので、1秒間のサンプリング回数は44,100回になります。1回のデータをそれぞれ16ビット=2バイトに量子化するので、1秒のデータ量は、  44,100回×2バイト=88,200バイト ディジタル化を行う音声信号の長さは60分=3,600秒なので、  88,200バイト×3,600秒=317,520,000バイト ディジタル化後のデータ量は317.52Mバイト→約320Mバイトになります。

  • 27

    3次元コンピュータグラフィクスに関する記述のうち,ポリゴンの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉じた立体となる多面体を構成したり,2次曲面や自由曲面を近似するのに用いられたりする基本的な要素
    • 誤答選択肢 ある物体Aを含む映像aから他の形状の異なる物体Bを含む映像bへ,滑らかに変化する映像
    • コンピュータ内部に記録されているモデルを,ディスプレイに描画できるように2次元化した映像
    • モデリングされた物体の表面に貼り付ける柄や模様などの画像

    解説

    ポリゴン(polygon)は、元々多角形を意味する言葉ですが、3DCGにおいては多角形(多くの場合は三角形か四角形)を組み合わせて曲面や凹凸がある物体を近似的にモデリングする技法のことをいいます。 モーフィングの説明です。 レンダリング画像の説明です。画像や画面の内容を指示する情報(数値や数式データ)をもとにコンピュータ処理で具体的な画像を生成する操作(レンダリング)によって得られた画像のことです。 正しい。ポリゴンの説明です。 テクスチャマッピングの説明です。

  • 28

    E-R図に関する記述として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務で扱う情報をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして表現する。
    • 誤答選択肢 関係データベースの表として実装することを前提に作成する。
    • データの生成から消滅に至るデータ操作を表現できる。
    • リレーションシップは,業務上の手順を表現する。

    解説

    E-R図は、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、および実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図です。 任意のオブジェクトをその関連をデータモデル化する方ことができますが、関係データベースの設計によく利用されます。 E-R図は関係データベース用のモデリングだけに限らず、任意のオブジェクト(実体)とその関連を記述するのに使うことができます。 正しい。 DFD(Data Flow Diagram)に関する記述です。 リレーションシップは、実体がもつ関連を表現します。

  • 29

    関係データベース管理システム(RDBMS)におけるビューに関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビューとは,名前を付けた導出表のことである。
    • 誤答選択肢 ビューに対して,ビューを定義することはできない。
    • ビューの定義を行ってから,必要があれば,その基底表を定義する。
    • ビューは一つの基底表に対して一つだけ定義できる。

    解説

    ビューは、1つ以上の基礎となる表(基底表)または他のビューから何らかの関係データベース演算によって得られた仮想の表です。仮想の表なので実表のとは異なり実際のデータは持っていません。 正しい。 ビューをもとにしたビューを定義することは可能です。 ビューは基底表に依存するので、基底表が定義されていない状態ではビューを作成することはできません。 複数のビューを定義することも可能です。

  • 30

    "注文"表と"製品"表に対して,次のSQL文を実行したときに得られる結果はどれか。 SELECT 製品名,数量 FROM 注文,製品     WHERE 注文.製品コード=製品.製品コード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    注文表と製品表それぞれにある製品コードで2つの表を結合すると次のようになります。 この結合表から、SELECT 製品名, 数量 の問合せによって製品名と数量の列を抜き出すので、得られる結果は、 になります。

  • 31

    表Rに対する次のSQL文の操作はどの関係演算か。 〔SQL文〕 SELECT A1 A3, A5, FROM R

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 射影
    • 誤答選択肢 結合
    • 直積

    解説

    それぞれの演算は関係データベースの表に対する次のような操作を表してます。 射影 表から選択した列を取り出す操作 差 基準となる表から別の表に属する行を取り除いたものを新しい表とする操作 結合 2つの表がもつ共通の属性で表を繋ぎ新しい表を作りだす操作 直積 関係データベースの2つの表の要素をすべて掛け合わせたものを新しい表とする操作SELECT文は対象の表から指定されたデータを抽出するSQL文で、SELECT句につづき列名をカンマで区切って指定することでその列だけを抽出することができます。問題のSQL文では表RからA1,A3,A5列を抽出を指定しているので、答えは「射影」になります。

  • 32

    DBMSにおけるログファイルの説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データベースの回復処理のため,データの更新前後の値を書き出してデータベースの更新記録を取ったものである。
    • 誤答選択肢 システムダウンが発生したときにデータベースの回復処理時間を短縮するため,主記憶上の更新データを定期的にディスクに書き出したものである。
    • ディスク障害があってもシステムをすぐに復旧させるため,常に同一データのコピーを別ディスクや別サイトのデータベースに書き出したものである。
    • ディスク障害からデータベースを回復するため,データベースの内容をディスク単位で複写したものである。

    解説

    チェックポイントの説明です。 レプリケーションの説明です。 バックアップの説明です。 正しい。ログファイルの説明です。

  • 33

    DBMSの排他制御に関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の人が同時に更新する可能性のあるデータには,排他制御が必要である。
    • 誤答選択肢 アクセス頻度の高いデータの処理速度を上げるためには,排他制御が必要である。
    • 処理速度を上げるため,排他制御を行うデータの範囲は極力大きくすべきである。
    • データアクセス時のデッドロックを防止するために,排他制御が必要である。

    解説

    排他制御(占有ロック)は、同時更新による更新消失を防止し、データベースの一貫性を保つためにデータを更新する際に更新対象のデータに対する他のトランザクションからのアクセスを禁止する方法です。 排他制御を行うと、ロック制御のためのオーバーヘッドやロックの解除待ちに追加の時間が必要になります。つまり排他制御は処理速度を上げるために行われるわけではありません。 ロックは表,ブロック,列といった単位でかけることができます。範囲が広いほどロック解除待ち時間が長くなり並行実行力が低下するので、処理速度を高めるためにはロックの範囲を狭まる必要があります。 デッドロックは共有資源を使用する2つ以上のプロセスが、互いに相手プロセスが必要とする資源を排他的に使用していている場合に発生します。つまり排他制御はデッドロックの発生原因になります。 正しい。

  • 34

    10Mバイトのデータを100,000ビット/秒の回線を使って転送するとき,転送時間は何秒か。ここで,回線の伝送効率を50%とし,1Mバイト=10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1,600
    • 誤答選択肢 200
    • 400
    • 800

    解説

    伝送効率が50%である100,000ビット/秒の通信回線を使うので、実効転送量は、  100,000ビット×0.5=50,000ビット/秒 =6,250バイト/秒 したがって10Mバイトのデータ転送に要する時間は、  10,000,000÷6,250=1,600 1,600秒と計算できます。

  • 35

    LAN間接続装置に関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リピータは,同種のセグメント間で信号を増幅することによって伝送距離を延長する。
    • 誤答選択肢 ゲートウェイは,OSI 基本参照モデルにおける第1〜3層だけのプロトコルを変換する。
    • ブリッジは,IP アドレスを基にしてフレームを中継する。
    • ルータは,MAC アドレスを基にしてフレームを中継する。

    解説

    ゲートウェイは、OSI基本参照モデルの全階層(主に4層より上)を解釈し、ネットワークの接続を行う機器です。 ブリッジは、データリンク層に位置し、ネットワークに流れるフレーム(パケット)のMACアドレスを認識して通信を中継する装置です。 正しい。リピータは、物理層に位置し、ネットワークを流れる電流の増幅や整流を行う機器です。 ルータは、ネットワーク層に位置し、ネットワークに流れるパケットのIPアドレスをもとに通信制御をおこなう機器です。

  • 36

    インターネットにおける電子メールの規約で,ヘッダフィールドの拡張を行い,テキストだけでなく,音声,画像なども扱えるようにしたものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MIME
    • 誤答選択肢 HTML
    • MHS
    • SMTP

    解説

    MIME(Multipurpose Internet Mail Extension)は、ASCII文字しか使用できないSMTPを利用したメールで、日本語の2バイトコードや画像データを送信するための仕組みです。MIMEに暗号化とディジタル署名の機能を付け電子メールの機密性と完全性を高めたものをS/MIME(Secure MIME)といいます。 HyperText Markup Languageの略。Webページを記述するために、タグを使って文書構造を表現するマークアップ言語です。 Message Handling Systemの略。ITU-T X.400シリーズで勧告された電子メールについての標準を定めたメッセージ通信処理システムのことです。 正しい。 Simple Mail Transfer Protocolの略。インターネット環境において、メールの送信・転送をするのに用いられるプロトコルです。

  • 37

    プライベートIPアドレスの複数の端末が,一つのグローバルIPアドレスを使ってインターネット接続を利用する仕組みを実現するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAPT
    • 誤答選択肢 DHCP
    • DNS
    • RADIUS

    解説

    NAPT(Network Address Port Translation)は、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの相互変換するNATの考え方にポート番号を組み合わせた技術です。1つのグローバルIPアドレスで複数のプライベートIPアドレスを持つノードを同時にインターネットに接続させることが可能です。 Dynamic Host Configuration Protocolの略。TCP/IPネットワークで、ネットワークに接続するノードへのIPアドレスの割り当てをアドレスプールから自動的に行うプロトコルです。 Domain Name Systemの略。ドメイン名とIPアドレスを結びつけて変換する(名前解決する)仕組みです。 正しい。 Remote Authentication Dial In User Serviceの略。認証および利用ログの記録を単一のサーバに一元化することを目的としたプロトコルです。

  • 38

    電子メールシステムで使用されるプロトコルであるPOP3の説明として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メールサーバのメールボックスから電子メールを取り出すときに使用するプロトコルである。
    • 誤答選択肢 PPPのリンク確立後に,利用者IDとパスワードによって利用者を認証するときに使用するプロトコルである。
    • メールサーバ間でメールメッセージを交換するときに使用するプロトコルである。
    • 利用者が電子メールを送るときに使用するプロトコルである。

    解説

    POP3(Post Office Protocol Version 3)は、ユーザがメールサーバから自身のメールをとりだす処理において使用されるメール受信用プロトコルです。 CHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)やPAP(Password Authentication Protocol)の説明です。 SMTPの説明です。 正しい。POP3の説明です。 SMTPの説明です。

  • 39

    HTMLやXMLの要素をどのように表示するかを指示する場合に用いられ,表示クライアント側で処理されるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSS
    • 誤答選択肢 CGI
    • PHP
    • SSI

    解説

    CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLやXMLの要素を、どのように修飾して表示させるかを定義する文書で、構造とデザインを別の文書に分離させるために提唱されたスタイルシートの仕様のひとつです。HTMLファイルと同時にクライアントにダウンロードされ、ブラウザで解釈されて画面に表示されます。 Common Gateway Interfaceの略。 正しい。 Personal Home Pageの略。Webアプリケーションのサーバーサイド・スクリプトに専門化し、動的なWebページを生成することを主目的としたプログラム言語です。文法はCやJavaをベースとしていて比較的平易で習得がしやすく、簡易的なWebアプリケーション開発から大規模な開発でも用いられています。 Server Side Includeの略。HTML内にサーバで実行させるコマンドを埋め込み、サーバはそのコマンドを実行し、結果を差し込んだHTMLをクライアントに返す仕組みです。

  • 40

    送信者から電子メール本文とそのハッシュ値を受け取り,そのハッシュ値と,受信者が電子メール本文から求めたハッシュ値とを比較することで実現できることはどれか。ここで,受信者が送信者から受け取るハッシュ値は正しいものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子メール本文の改ざんの有無の検出
    • 誤答選択肢 電子メールの送達の確認
    • 電子メール本文の盗聴の防止
    • なりすましの防止

    解説

    通信データからハッシュ関数や共通鍵暗号を用いて生成される固定長のデータをMAC(Message Authentication Code,メッセージ認証コード)といいます。通信データにMACを付加したものを送信し、受信側でMACを検証することでデータの改ざんの有無を検知し、通信データの完全性を保証することができます。 したがって「電子メール本文の改ざんの有無の検出」が適切です。

  • 41

    文書の内容を秘匿して送受信する場合の公開鍵暗号方式における鍵と暗号化アルゴリズムの取扱いのうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗号化鍵と暗号化アルゴリズムは公開するが,復号鍵は秘密にしなければならない。
    • 誤答選択肢 暗号化鍵と復号鍵は公開するが,暗号化アルゴリズムは秘密にしなければならない。
    • 暗号化鍵は公開するが,復号鍵と暗号化アルゴリズムは秘密にしなければならない。
    • 復号鍵と暗号化アルゴリズムは公開するが,暗号化鍵は秘密にしなければならない。

    解説

    公開鍵暗号方式は、暗号化と復号に異なる鍵を使用する暗号方式です。暗号化鍵は誰もが使用できるように公開し(公開鍵)、復号鍵は受信者が厳重に管理します(秘密鍵)。 暗号化鍵と復号鍵は一対のペアとして生成され、1つの暗号化鍵で暗号化されたデータは、その鍵のペアである復号鍵でしか元のデータに戻せないため、復号を行えるのは正当な受信者のみであることが保証されています。 暗号化アルゴリズムには大きな数の素因数分解が困難なことを利用したRSA、離散対数問題を利用したエルガマル暗号などがあり、これらのアルゴリズムは広く公開されています。 したがって公開するのは暗号化鍵とアルゴリズム,秘密にするのは復号鍵になります。

  • 42

    システム障害を想定した事業継続計画(BCP)を策定する場合,ビジネスインパクト分析での実施事項はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報システムに許容される最大停止時間を決定する。
    • 誤答選択肢 BCPの有効性を検証するためのテストを実施する。
    • 情報システム障害時の代替手順と復旧手順について関係者を集めて教育する。
    • 情報システムに関する内外の環境の変化を踏まえてBCPの内容を見直す。

    解説

    ビジネスインパクト分析とは、障害や災害によりシステムが停止した場合の事業への影響を評価する分析手法です。 事業継続計画(BCP)策定の前提として行われ、分析の結果明らかになったビジネスへの影響度が高い項目について、許容可能な最大停止時間(MTD:Maximum Tolerable Downtime)や目標復旧時間(RTO:Recovery Time Objective)などを設定します。 障害や災害の発生時に、この許容可能な停止時間内にサービスが再開できるような内容のBCPを策定することが重要です。 BCM(Business Continuity Management:事業継続マネジメント)のプロセスにおける実施事項です。 BCM活動の1つです。 BCM活動の1つです。 正しい。

  • 43

    図のようなサーバ構成の二重化によって期待する効果はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可用性の向上
    • 誤答選択肢 完全性の向上
    • 機密性の向上
    • 責任追跡性の向上

    解説

    可用性(Availability)とは、システムが正常に稼働し続け、ユーザが必要な時にシステムが利用可能である特性を示します。 図のシステム構成はサーバを並列化し、障害発生時のサービス中断を最小限にとどめることで稼働率を向上させることを目的としてることがわかります。 他の3つの特性の意味は次の通りで、完全性と機密性は可用性と合わせて情報セキュリティで保つべき3要素であるとされています。 完全性(Integrity) 情報が完全で、改ざん・破壊されていない特性を示す。 機密性(Confidentiality) 許可された正規のユーザだけが情報にアクセスできる特性を示す。 責任追跡性(Accountability) 利用者やプロセスとそれらが行った動作を一意に追跡できる特性を示す。

  • 44

    通信を要求したPCに対し,ARPの仕組みを利用して実現できる通信可否の判定方法のうち,最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PCのMACアドレスを確認し,事前に登録されているMACアドレスである場合だけ通信を許可する。
    • 誤答選択肢 PCにインストールされているソフトウェアを確認し登録されているソフトウェアだけがインストールされている場合に通信を許可する。
    • PCのOSのパッチ適用状況を確認し,最新のパッチが適用されている場合だけ通信を許可する。
    • PCのマルウェア対策ソフトの定義ファイルを確認し,最新になっている場合だけ通信を許可する。

    解説

    ARP(Address Resolution Protocol)は、IPアドレスから対応する機器のMACアドレスを取得するプロトコルです。 無線LANルータなどでは、あらかじめMACアドレスを登録しておいた機器からのみの接続を許可するMACアドレスフィルタリングの機能を備えています。無線LANルータ側では接続を要求するPCのIPアドレスからARPを用いることで対応するMACアドレスを取得し、それを登録済みMACアドレスと比較することで正規の利用者以外からの接続を防止しています。

  • 45

    ディレクトリトラバーサル攻撃に該当するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管理者が意図していないパスでサーバ内のファイルを指定することによって,本来は許されないファイルを不正に閲覧する。
    • 誤答選択肢 Webアプリケーションの入力データとしてデータベースへの命令文を構成するデータを入力し,想定外のSQL文を実行させる。
    • Webサイトに利用者を誘導した上で,Webサイトの入力データ処理の欠陥を悪用し,利用者のブラウザで悪意のあるスクリプトを実行させる。
    • セッションIDによってセッションが管理されるとき,ログイン中の利用者のセッションIDを不正に取得し,その利用者になりすましてサーバにアクセスする。

    解説

    ディレクトリトラバーサル攻撃は、サーバ内の想定外のファイル名を直接指定することによって、本来許されないファイルを不正に閲覧する攻撃方法です。ユーザからの入力を受け付ける入力フォームで親ディレクトリの移動(../)などシステムが想定外のファイル名を指定することで不正なファイル取得を狙うなどの手法が使われます。 SQLインジェクションの説明です。 クロスサイトスクリプティングの説明です。 正しい。ディレクトリトラバーサル攻撃の説明です。 セッションハイジャックの説明です。

  • 46

    オブジェクト指向プログラミングの特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オブジェクトが相互にメッセージを送ることによって,協調して動作し,プログラム全体の機能を実現する。
    • 誤答選択肢 オブジェクトの外部からオブジェクトの内部のデータを直接変更できるので,自由度が高い。
    • 下位クラスは上位クラスの機能や性質を引き継くので,下位クラスに必要な性質は全て上位クラスに含まれる。
    • 個々のオブジェクトが使用するデータ(属性)は,あらかじめデータ辞書に登録しておく。

    解説

    オブジェクト指向プログラミングは、システムの構築や設計で、処理や対象の対象となるもの(オブジェクト)同士のやり取りの関係としてシステムをとらえる考え方です。データと手続きをひとまとめにしてカプセル化することで実現します。 オブジェクト指向の考え方を取り入れたプログラム言語(オブジェクト指向言語)には、C++, Javaなどがありカプセル化,継承,多態性などの特徴をもっています。 正しい。 オブジェクトの内部はブラックボックス化されています。外部からのアクセスは公開された性質を参照することで間接的にオブジェクト内部を変更します。 下位クラス独自の性質は、上位クラスに含まれません。 データとメソッドはオブジェクト内部に記述されています。

  • 47

    階層構造のモジュール群から成るソフトウェアの結合テストを,上位のモジュールから行う。この場合に使用する,下位モジュールの代替となるテスト用のモジュールはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタブ
    • 誤答選択肢 エミュレータ
    • シュミレータ
    • ドライバ

    解説

    ソフトウェア結合テストにおいて、未完成のモジュールの代わりに接合されるテスト用モジュールにスタブとドライバがあります。 スタブ トップダウンテストにおいて未完成の下位モジュールの代わりに結合されるテスト用モジュール。上位モジュールからの呼び出しに対して適切な値を返す役割をもつ。 ドライバ ボトムアップテストにおいて、未完成の上位モジュールの代わりとなるテスト用モジュール。上位モジュールの代わりに下位モジュール内の命令を呼び出す役割をもつ。問題では下位モジュールの代替となるものが問われていますので、答えは「スタブ」になります。 エミュレータは、所定のコンピュータや機械装置を模倣するシミュレータの一種で、他のコンピュータ向けの命令プログラムを解読しながら実行するマイクロプログラムです。 シュミレータは、現実の事象や業務をモデル化して模擬試験を行う装置やプログラムです。 正しい。 ドライバは、上位モジュールの代替となるテスト用モジュールです。

  • 48

    ソフトウェア開発におけるテスト技法のうち,ブラックボックステストに関する記述として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムが設計者の意図した機能を実現しているかどうかのテストを,主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
    • 誤答選択肢 ソースコードを解析し,プログラムの制御の流れと変数間のデータの流れのテストを,主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
    • プログラムの全ての命令について最低1回は実行することを完了の条件とするテストを,主にプログラム開発者自身が実施する。
    • プログラムの内部構造や論理が記述された内部仕様書に基づくテストを,主にプログラム開発者自身が実施する。

    解説

    ブラックボックステストは、システムへの入力とそれに対して得られる出力だけに着目して、様々な入力に対して仕様書どおりの出力が得られるかをプログラム開発者以外が検証していくテストで、「同値分割」「限界値分析」「原因−結果グラフ」「エラー推測」などの手法があります。 システムの内部構造とは無関係に外部から見た機能について検証するのでブラックボックステストと呼ばれています。逆にプログラムの内部仕様に注目してプログラム開発者自身が実施するテストをホワイトボックステストといいます。

  • 49

    サブルーチンへの引数の渡し方のうち,変数を引数として渡しても,サブルーチンの実行後に変数の値が変更されないことが保証されているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 値呼出し
    • 誤答選択肢 結果呼出し
    • 参照呼出し
    • 名前呼出し

    解説

    プログラムのサブルーチン(関数)に値を渡す方法には参照呼出し、値呼出し、および名前呼出しという3つの方法があります。 参照呼出し(pass by reference) 引数として変数のポインタ(メモリアドレス)を渡す方法。呼び出された関数内で引数の内容に直接アクセスすることになるため、変数の値を上書きすると元の変数の値にも反映される。 値呼出し(call by value) 引数に変数が保持する値のコピーを入れて渡す方法。渡された値は関数内でのみアクセスすることができ、関数内で値を保持する変数は新しいメモリ領域に作成されるため、上書きしても元の変数の値には反映されない。 名前呼出し(call by name) 引数として未評価の式(値)を渡す方法。関数の内部で必要となった場合に引数の式(値)が評価される。値呼出しでは、関数内で変数を上書きしても引数はコピーであるため元の変数の値に影響することはありません。

  • 50

    ソフトウェアのリバースエンジニアリングの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既存のソフトウェアを解析し,その仕様や構造を明らかにする。
    • 誤答選択肢 CASEツールなどを用いて,設計情報からソースコードを自動生成する。
    • 外部から見たときの振る舞いを変えずに,ソフトウェアの内部構造を変える。
    • 既存のソフトウェアを分析し理解した上で,ソフトウェア全体を新しく構築し直す。

    解説

    リバースエンジニアリング(Reverse Engineering)は、既存ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどを調査する技法です。 フォワードエンジニアリングの説明です。 リファクタリングの説明です。 正しい。リバースエンジニアリングの説明です。 リエンジニアリングの説明です。

  • 51

    ソフトウェア開発プロジェクトで行う構成管理の対象項目として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムのバージョン
    • 誤答選択肢 開発作業の進捗状況
    • 成果物に対するレビューの実施結果
    • プロジェクト組織の編成

    解説

    ソフトウェア開発における構成管理とは、ソフトウェアがどのような構成品目の組み合わせで構成されているかという構成識別体系を管理台帳や管理用のソフトウェアに記録して管理することをいいます。個々のプログラム,ライブラリ,設計書,マニュアルなどの構成要素ごとに、変更内容,最新のバージョン番号,リリース番号,ビルド番号などが記録されています。

  • 52

    プロジェクトのタイムマネジメントのために次のアローダイアグラムを作成した。クリティカルパスはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B→E→F
    • 誤答選択肢 A→C→E→F
    • A→D→G
    • B→E→G

    解説

    プロジェクト開始から完了に至るまでに存在する工程の流れは、 A→D→G A→C→E→F B→E→Fの3通りがあります。 点線で表されるダミー作業がありますので、工程Gの作業開始は工程Eが完了後ということになります。ダミー作業の矢印がなければ工程Gはプロジェクト開始後4日後に開始できるはずですが、E工程の完了は開始から9日後(A→C→E(8日)とB→E(9日)のうち時間のかかる方)なので5日間の作業開始待ちが生じます。 待ち時間を含めて、所要日数を足し合わせるとそれぞれの完了日数は次のようになります。 [A→D→(待ち)→G]  1+3+5+4=13日 [A→C→E→F]  1+3+4+5=13日 [B→E→F]  5+4+5=14日上記のうちで最も日数を要する「B→E→F」がクリティカルパスということになります。

  • 53

    設計書の作成状況が表のとおりであるとき, 3種類の設計書全ての作成を完了させるために必要な今後の工数(人時)は幾らか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1100
    • 誤答選択肢 550
    • 900
    • 2000

    解説

    表の作成枚数から現在までの作成済み枚数を引いた未完成の枚数は、 [基本設計書] 80−80=0枚 [概要設計書] 300−200=100枚 [詳細設計書] 500−50=450枚概要設計書100枚、詳細設計書450枚とわかるので、この2つの設計書の枚数と所要工数をかけ合わせて、  (100×2)+(450×2)=1100 したがってすべての設計書が完成するには残り1100人時の工数が必要とわかります。

  • 54

    システム開発プロジェクトにおける,ソフトウェア品質の管理指標のーつとして,最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成果物ごとのレビュー時間
    • 誤答選択肢 WBSを構成するワークパッケージの完了数
    • 個人別のプログラミングの生産性
    • プログラムのバージョン

    解説

    ワークパッケージの完了数は、進捗管理の指標として使われます。 生産性は、コスト見積りの指標として使われます。 正しい。レビューは各工程ごとに文書やプログラムなどの成果物に誤りが無いかを確認・検証する作業です。レビューの実施により潜在的なバグが取り除かれる確率が高まるので、レビュー時間が長いほど最終的な品質も高くなると言えます。 バージョンの更新が多くても品質が高いとは限りません。

  • 55

    ITサービスマネジメントの管理プロセスはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスレベル管理
    • 誤答選択肢 品質管理
    • スケジュール管理
    • リスク管理

    解説

    サービスレベル管理とは、サービス提供者と利用顧客の間で合意したサービスレベルを維持管理していくためのプロセスです。安定したITサービスを提供するためにSLAやSLMを実施し、それらの運用状況を管理する役割をもっています。 SLA(Service Level Agreement) 提供者と顧客の間でサービスの品質に関して結ぶ契約のことで、サービスの品目と水準、および水準を達成できなかった場合のペナルティ事項などが盛り込まれる。 SLM(Service Level Manegement) サービスレベル合意書に基づき,顧客要件を満たすITサービスの提供を実現し、その品質の継続的な改善に必要なプロセスを構築するという管理手法や考え方。

  • 56

    複数の業務システムがある場合のアクセス管理の方法のうち,最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者の職位にかかわらず,業務システムごとに役割に応じて適切なアクセス権限の設定を行う。
    • 誤答選択肢 業務の担当変更に迅速に対応するために,業務グループごとに共通の利用者IDを使用する。
    • 人事異動が頻繁に発生する場合には,年初にまとめてアクセス権限の変更を行う。
    • 新入社員の名簿に基づいて,あらかじめ全業務システムに全員の利用者登録を実施しておく。

    解説

    共通IDでは操作履歴から利用者が特定できないので不適切です。 移動後の不正利用を防ぐためにも、人事異動ごとにアクセス権限を変更する必要があります。 不正利用を防ぐためにも必要最小限のアクセス権を設定することが適切です。 正しい。

  • 57

    チェックディジットを利用する目的として,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入力したコードの値の誤りを検出する。
    • 誤答選択肢 数値項目へ入力したデータに,英字や記号が混入した誤りを検出する。
    • 入力したコードの桁数の誤りを検出する。
    • 入力したデータ値が,定められた範囲内に収まっていない誤りを検出する。

    解説

    チェックディジット(check digit, 検査数字)とは、符号の入力誤りなどを検出するために元の符号に付加される数字のことで、主にバーコードの読み取りなどにおける入力値のチェックに使われます。バーコードは光学読み取り装置(OMR)によってディジタル情報に変換されます。バーコードにゴミが付着していたりした場合に、誤った数値が入力されてしまうのを防ぐために検査文字を付加しています。 ニューメリックチェックを利用する目的です。 正しい。チェックディジットを利用する目的です。 フォーマットチェックを利用する目的です。 リミットチェックを利用する目的です。

  • 58

    システム監査人の独立性が保たれている状況はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 監査法人からシステム監査人を採用して内部監査人に位置付け,社内の業務システム開発についての監査を行わせる。
    • 誤答選択肢 営業部門の要員を監査チームのメンバに任命し,営業部門における個人情報保護対策についての監査を行わせる。
    • システム部門の要員を監査部門に異動させ,システム部門に所属していたときに開発に参加したシステムの保守についての監査を担当させる。
    • 社内の業務システム運用を委託しているITベンダの監査部門に依頼し,社内の業務システム運用についての外部監査を担当させる。

    解説

    システム監査人は、総合的に情報システムを評価し、助言・勧告・改善活動のフォローアップなどを行うという監査活動の特性上、客観的な判断をするために被監査部門と身体的・精神的に独立していることが求められます。 監査人自身が所属する部門の監査を行うことになるので不適切です。 正しい。社外の監査法人に所属する監査人は監査対象の情報システムから身分および精神上独立した立場です。 監査人自身が開発に携わったシステムを監査することになるので不適切です。 自身が運用業務を担当するシステムを監査することになるので不適切です。

  • 59

    システム開発を外部委託している部門が,委託先に対する進捗管理についてシステム監査を受ける場合,提出すべき資料はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 委託先から定期的に受領している業務報告及びその検証結果を示している資料
    • 誤答選択肢 成果物の検収方法を明確にしている資料
    • ソフトウェアの第三者への預託を行っていることを示している資料
    • データや資料などの回収と廃棄の方法を明確にしている資料

    解説

    正しい。進捗管理が適切であるかを調査できる資料です。 システムの受入れが適切であるかを調査するための資料です。 委託契約が適切であるかを調査するための資料です。 機密情報の管理が適切であるかを調査するための資料です。

  • 60

    システム監査において,監査証拠となるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム監査チームが被監査部門から入手したシステム運用記録
    • 誤答選択肢 システム監査チームが監査意見を取りまとめるためのミーティングの議事録
    • システム監査チームが監査報告書に記載した指摘事項
    • システム監査チームが作成した個別監査計画書

    解説

    監査証拠とは、情報システムで行った処理内容についてデータの発生から処理結果に至るまでを追跡できるログファイルやトランザクションデータ,出力帳票などや質問表による調査結果などのように、監査報告書の裏付けとなる記録のことです。システム監査人がシステム監査の本調査の段階で入手します。 したがって監査証拠となり得るのは「システム運用記録」だけということになります。

  • 61

    リスクや投資価値の類似性で分けたカテゴリごとの情報化投資について,最適な資源配分を行う手法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ITポートフォリオ
    • 誤答選択肢 3C分析
    • エンタープライズアーキテクチャ
    • ベンチマーキング

    解説

    ITポートフォリオは、ポートフォリオの考え方を情報化投資戦略に応用したものです。 IT投資をその目的やリスクの特性ごとにカテゴライズし、そのカテゴリごとに投資割合を管理することで、限りある経営資源を有効に配分することが可能になります。経済産業省が提唱するモデルでは「戦略目標達成型」「業務効率化型」「インフラ構築型」の3つのカテゴリに分類した後、いくつかの評価項目を用いて優先順位を決定します。 3C分析は、マーケティング分析に必要不可欠な3要素、顧客(Customer),自社(Company),競合他社(Competitor)について自社の置かれている状況を分析する手法です。 正しい。 エンタープライズアーキテクチャは、組織の全体最適化の観点より、業務及びシステム双方の改革を実践するために、業務及びシステムを統一的な手法でモデル化し、改善することを目的とした、設計・管理手法です。 ベンチマーキングは、自社の製品・サービス及びプロセスを定量的・定性的に測定し、それを業界で最も成功を収めている企業(ベスト企業)のものと比較しそのギャップを把握する分析手法です。

  • 62

    情報戦略の立案時に,必ず整合性をとるべき対象はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中長期の経営計画
    • 誤答選択肢 新しく登場した情報技術
    • 基幹システムの改修計画
    • 情報システム部門の年度計画

    解説

    情報戦略の立案では、経営事業目標,経営事業目標,中長期構想などの事業要件に沿って、経営課題に効果的な戦略を立案することが重要です。

  • 63

    ASPとは,どのようなサービスを提供する事業者か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 汎用的なアプリケーションシステムの機能をネットワーク経由で複数の顧客に提供するサービス
    • 誤答選択肢 顧客のサーバや通信機器を設置するために,事業者が所有する高速回線や耐震設備が整った施設を提供するサービス
    • 顧客の組織内部で行われていた総務,人事,経理,給与計算などの業務を外部の事業者が一括して請け負うサービス
    • 事業者が所有するサーバの一部を顧客に貸し出し,顧客が自社のサーバとして利用するサービス

    解説

    ASP(Application Service Provider)は、主に業務用のアプリケーションをインターネットを通じて顧客にレンタルするサービス形態又はその事業者のことをいいます。 サービス利用側には、購入や新規開発よりもコストを低く抑えることができることやシステム管理の負担が少なくなるというメリットがあります。 ハウンジングサービスの説明です。 アウトソーシングサービスの説明です。 ホスティングサービスの説明です。 正しい。ASPの説明です。

  • 64

    企業が保有する顧客や市場などの膨大なデータから,有用な情報や関係を見つけ出す手法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データマイニング
    • 誤答選択肢 データウェアハウス
    • データディクショナリ
    • データフローダイアグラム

    解説

    データウェアハウスは、企業内に散らばっているデータの有効活用を目的に、過去から現在までの基幹系データベースや外部データベースを統合し、効果的な戦略的意思決定を支援するためのデータベースのことです。 データディクショナリは、データベースやシステム開発においてデータの属性・性質などデータに関する情報の定義を保存するための辞書です。 データフローダイアグラム(DFD)は、データの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する構造化分析の手法です。 正しい。データマイニング(Data Mining)は、データウェアハウスに蓄積されている大量の生データから、今まで知られていなかったデータの規則や因果関係を見つけ出す手法です。

  • 65

    サプライチェーンマネジメントの改善指標となるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不良在庫の減少率
    • 誤答選択肢 残業時間の減少率
    • 販売単価下落の防止率
    • 優良顧客数の増加率

    解説

    サプライチェーンマネジメント(SCM)は、生産・在庫・購買・販売・物流など、すべての情報をリアルタイムに交換することによってサプライチェーン全体の効率を大幅に向上させる手法です。 素材,部品,製品,流通および販売までの連鎖(サプライチェーン)を最適化することで無駄な在庫や生産を減らし効率化を図ることができます。 したがってSCM運用の効果を確認するには、不良在庫率の減少率を指標とすることが適切と言えます。

  • 66

    図に示す手順で情報システムを調達する場合,bに入るものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RFP
    • 誤答選択肢 RFI
    • 供給者の選定
    • 契約の締結

    解説

    RFIとRFPはそれぞれ次のような意味をもっています。 RFI(Request for Information,情報提供依頼書) 企業が調達や業務委託をする場合や、初めての取引となる業者に対して情報の提供を依頼すること、または提出された文書のことをいう。RFIを発行することによって発注前に相手にどのような技術・経験があるのかを確認することが可能となる。 RFP(Request for Proposal,提案依頼書) 企業が発注先となるITベンダに対して具体的なシステム提案をするように求めること。またはシステム要件や調達要件を取りまとめた文書のこと。一般的な順序として相手の情報を得てから提案を依頼し、その後委託先の選定,契約の締結という流れが適切なので、aがRFI,bがRFP,cが供給者の選定,dが契約の締結 になります。

  • 67

    プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)における“花形”を説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場成長率,市場占有率ともに高い製品である。成長に伴う投資も必要とするので,資金創出効果は大きいとは限らない。
    • 誤答選択肢 市場成長率,市場占有率ともに低い製品である。資金創出効果は小さく,資金流出量も少ない。
    • 市場成長率は高いが,市場占有率が低い製品である。長期的な将来性を見込むことはできるが,資金創出効果の大きさは分からない。
    • 市場成長率は低いが,市場占有率は高い製品である。資金創出効果が大きく,企業の支柱となる資金源である。

    解説

    プロダクトポートフォリオマネジメントは、縦軸に市場成長率,横軸に市場占有率をとったマトリックス図を4つの象限に区分し,製品の市場における位置付けを分析して資源配分を検討する手法です。 4つの象限は、市場内の位置付けから以下のような名称で呼ばれています。 花形(star)…[成長率:高、占有率:高] 占有率・成長率ともに高く、資金の流入も大きいが、成長に伴い占有率の維持には多額の資金の投入を必要とする分野。 金のなる木(cash cow)…[成長率:低、占有率:高] 市場の成長がないため追加の投資が必要ではなく、市場占有率の高さから安定した資金・利益の流入が見込める分野。 問題児(problem child)…[成長率:高、占有率:低] 成長率は高いが占有率は低いので、花形製品とするためには多額の投資が必要になる。投資が失敗し、そのまま成長率が下がれば負け犬になってしまうため、慎重な対応を必要とする分野。 負け犬(dog)…[成長率:低、占有率:低] 成長率・占有率と主に低く、新たな投資による利益の増加も見込めないため市場からの撤退を検討されるべき分野。 正しい。花形の説明です。 負け犬の説明です。 問題児の説明です。 金のなる木の説明です。

  • 68

    コアコンピタンス経営を説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他社にはまねのできない,企業独自のノウハウや技術などの強みを核とした経営を行う。
    • 誤答選択肢 企業内に散在している知識を共有化し,全体の問題解決力を高める経営を行う。
    • 迅速な意思決定のために,組織の階層をできるだけ少なくした平型の組織構造によって経営を行う。
    • 優れた業績を上げている企業との比較分析から,自社の経営革新を行う。

    解説

    コアコンピタンス経営とは、長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる,または競争力の源となる企業独自のノウハウや技術を生かして市場における競争優位を確立することを目指す戦略です。 ナレッジマネジメントの説明です。 フラット型組織の説明です。 ベンチマーキングの説明です。 正しい。コアコンピタンス経営の説明です。

  • 69

    バランススコアカードの顧客の視点における戦略目標と業績評価指標の例はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主要顧客との継続的な関係構築が目標であるので,クレーム件数を指標とする。
    • 誤答選択肢 持続的成長が目標であるので,受注残を指標とする。
    • 製品開発力の向上が目標であるので,製品開発領域の研修受講時間を指標とする。
    • 製品の納期遵守が目標であるので,製造期間短縮日数を指標とする。

    解説

    バランススコアカード(Balanced Score Card,BSC)は、企業のビジョンと戦略を実現するために、「財務」「顧客」「内部ビジネスプロセス」「学習と成果」という4つの視点から業績を評価・分析する手法です。 バランススコアカードのプロセスである各視点については以下の通り。 財務の視点 株主や従業員などの利害関係者の期待にこたえるため、企業業績として財務的に成功するためにどのように行動すべきかの指標を設定する。 顧客の視点 企業のビジョンを達成するために、顧客に対してどのように行動すべきかの指標を設定する。 内部ビジネスプロセスの視点 財務的目標の達成や顧客満足度を向上させるために、優れた業務プロセスを構築するための指標を設定する。 学習と成長の視点 企業のビジョンを達成するために組織や個人として、どのように変化(改善)し能力向上を図るかの指標を設定する。このうち顧客の視点では、市場・顧客満足度・ニーズ・品質・サービス・コスト・納期などが戦略目標となります。目標と評価項目の対応について適切であると言えるのは「イ」だけです。

  • 70

    ワンチップマイコンの内蔵メモリとしてフラッシュメモリが採用されている理由として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイコン出荷後もソフトウェアの書換えが可能である。
    • 誤答選択肢 ソフトウェアのコードサイズを小さくできる。
    • マイコンの処理性能が向上する。
    • マスク ROM よりも信頼性が向上する。

    解説

    組込みシステムの内蔵メモリとして従来からあるマスクROMはデータ保護ができる反面、出荷後に書きかえることはできず、アップデートにはROMの交換などの莫大なコストを要することになります。 フラッシュメモリの登場により、機器のふたを開けなくてもユーザが電子的な操作だけでデータ書換えができるISP(In-System Programming)が可能になり、出荷後のアップデートが以前よりも容易に行えるようになっています。

  • 71

    (1)〜(3)の手順に従って処理を行うものはどれか。 (1)今後の一定期間に生産が予定されている製品の種類と数量及び部品構成表を基にして,その構成部品についての必要量を計算する。 (2)引き当て可能な在庫量から各構成部品の正味発注量を計算する。 (3)造/調達リードタイムを考慮して構成部品の発注時期を決定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MRP
    • 誤答選択肢 CAD
    • CRP
    • JIT

    解説

    MRP(Materials Requirements Planning)は、日本語では資材所要量計画と呼ばれ、部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、これを基準に在庫,発注,納入の管理を支援するシステムです。 将来どれだけの製品(商品)が販売されるか予測する。 それぞれの製品が組み立てられる時間を逆算する。 資材表を使い製品を組み立てるのに必要な部品のリストを展開する 組み立て時間から逆算し、部品を順次注文する。という計画のもとに資材を管理します。 Computer Aided Designの略。コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること、またはその設計システムのことをいいます。 Continuous Replenishment Programの略。在庫管理の手法で、連続補充方式のことです。 Just In Timeの略。必要な物を,必要なときに,必要な量だけ生産する方式で、在庫の無駄・作業の無駄をなくし生産を最適化する目的があります。 正しい。

  • 72

    個別生産,プロセス生産,連続生産,ロット生産の各生産方式の特徴を比較した表のaに当てはまるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個別生産
    • 誤答選択肢 プロセス生産
    • 連続生産
    • ロット生産

    解説

    各生産方式の意味と特徴は次の通りです。 個別生産 受注した注文ごとに仕様や製造計画・納期を設定し製品を生産する方式。 プロセス生産 食品/飲料、化学製品、医薬品、石油、素材などのように、液体やガスなどの原材料を加工することで製品価値を生み出す生産方式です。 連続生産 ライン生産方式とも呼ばれ、大量生産を行う工場で製品の組み立て工程、作業員の配置を一連化(ライン化)させ、ベルトコンベアなどにより流れてくる機械に部品の取り付けや小加工を連続的に行う生産方式です。 ロット生産 同じ製品をロットと呼ばれる単位で生産する方式。一度に大量に生産することで製品1つあたりに要する段取り時間を少なくすることができる。それぞれの特徴から a=個別生産,b=連続生産,c=ロット生産,d=プロセス生産 ということがわかります。

  • 73

    ICタグ(RFID)の特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 汚れに強く,記録された情報を梱(こん)包の外から読むことができる。
    • 誤答選択肢 GPSを利用し,受信地の位置情報や属性情報を表示する。
    • 専用の磁気読取り装置に挿入して使用する。
    • 大量の情報を扱うので,情報の記憶には外部記憶装置を使用する。

    解説

    RFID(Radio Frequency IDentification)は、ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)から電磁界や電波を用いて情報のやり取りを行う技術です。通信可能距離は数cm〜数m。 非接触型ICカードもRFIDを同様の技術がつかわれていて、現在使われているものには、乗車カード(Suica, PASMOなど)や電子マネー(Edyなど)、応用例として無人レジなどがあります。 特徴として「見えなくても読める」ことが挙げられRFタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取り可能です。このため、バーコードよりも広い用途が期待されています。 GPSは利用していません。 非接触型で無線通信による情報のやり取りが可能です。 内部のIC(集積回路)に記憶しておきます。 正しい。

  • 74

    パレート図を説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを幾つかの項目に分類し,出現頻度の大きさの順に棒グラフとして並べ,累積和を折れ線グラフで描き,問題点を絞り込む。
    • 誤答選択肢 原因と結果の関連を魚の骨のような形態に整理して体系的にまとめ,結果に対してどのような原因が関連しているかを明確にする。
    • 時系列的に発生するデータのばらつきを折れ線グラフで表し,管理限界線を利用して客観的に管理する。
    • 収集したデータを幾つかの区間に分類し,各区間に属するデータの個数を棒グラフとして描き,品質のばらつきを捉える。

    解説

    パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用されます。 特性要因図の説明です。 管理図の説明です。 ヒストグラムの説明です。 正しい。パレート図の説明です。

  • 75

    ある工場で製品A,Bを生産している。製品Aを1トン生産するのに,原料P,Qをそれぞれ4トン,9トン必要とし,製品Bについてもそれぞれ8トン,6トン必要とする。また,製品A,Bの1トン当たりの利益は,それぞれ2万円,3万円である。 原料Pが40トン,Qが54トンしかないとき,製品A,Bの合計の利益が最大となる生産量を求めるための線形計画問題として,定式化したものはどれか。ここで,製品A,Bの生産量をそれぞれxトン,yトンとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    線形計画法は、1次式を満たす変数の値の中で式を最大化または最小化する値を求める方法です。在庫としてもつ原材料を使用して最大の利益を得るための販売量や、機械の稼働時間を最大限に生かして製造する製品など、限りある資源を最大限に活用したい場合にその組合せを得るために使用されます。 問題の条件を整理すると、 製品A:1トン=P:4トン+Q:9トン 製品B:1トン=P:8トン+Q:6トン 利益を最大化する、 Pの在庫40トンをxトンの製品Aとyトンの製品Bの製造に割り当てる。 →4x+8y≦40 Qの在庫54トンをxトンの製品Aとyトンの製品Bの製造に割り当てる。 →9x+6y≦54 さらに、製品A,Bの利益は2万円,3万円で、計算で求められた条件下で利益を最大化したいので 2x+3y→最大化 この3つの式を満たすx,yを求めることで最適な生産量を求めることができます。つまり答えは「イ」になります。

  • 76

    図の損益計算書における経常利益は何百万円か。ここで,枠内の数値は明示していない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 434
    • 誤答選択肢 424
    • 474
    • 634

    解説

    経常利益は、売上高−売上原価−販売費および一般管理費 の式によって求められる営業利益に営業外収益(受取利息、受取配当金、有価証券売却益など)を加え、営業外費用(支払利息、有価証券売却損、有価証券評価損など)を差し引いたものです。 図の損益計算書では、  1,585−951−160=474 の計算から474万円が営業利益で、経常利益はそこから営業外収益80百万円と営業外費用120百万円を加減し、  474+80−120=434 434百万円となります。 損益計算書中の空欄は上からそれぞれ売上総利益,営業利益,経常利益,税引前当期純利益となっています。

  • 77

    図は二つの会社の損益分岐点を示したものである。A社とB社の損益分析に関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A社はB社より変動費率が小さいので,損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,B社に比べて利益が大きい。
    • 誤答選択肢 A社,B社ともに損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,固定費の少ないB社の方がA社よりも利益が大きい。
    • 両社の損益分岐点は等しいので,等しい利益を生み出すために必要な売上高は両社とも等しい。
    • 両社は損益分岐点が等しく,固定費も等しいので,売上高が等しければ,損益も等しい。

    解説

    損益分岐点は、売上高と費用の合計が等しく利益が0となる売上高のことです。費用は、売上高の大小にかかわらず一定してかかる固定費、売上高の増加に比例して増加する変動費の2つに分類することができます。 図中で売上高0の状態で発生している費用が固定費でA社では70,B社では30になります。変動費は売上高−固定費で求めることができ、売上高が100の時点で、  [A社]100−70=30  [B社]100−30=70 また売上高に対する割合である変動費率は、A社:0.3,B社:0.7になります。 固定費の多さは関係なく、損益分岐点を超えると変動費率の低いA社の利益が多くなります。 正しい。売上高が150の場合で計算してみると、  [A社]150−70−(150×0.3)=35  [B社]150−30−(150×0.7)=15 となり、A社の方が利益額が多くなることが確認できます。 損益分岐点前後の利益は売上高によって異なります。 固定費はA社とB社で異なっています。

  • 78

    著作権法によるソフトウェアの保護範囲に関する記述のうち,適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソースプログラムとオブジェクトプログラムの両方とも著作権法によって保護される。
    • 誤答選択肢 アプリケーションプログラムは著作権法によって保護されるが,OSなどの基本プログラムは権利の対価がハードウェアの料金に含まれるので,保護されない。
    • アルゴリズムやプログラム言語は,著作権法によって保護される。
    • アルゴリズムを記述した文書は著作権法で保護されるが,プログラムは保護されない。

    解説

    OSも著作権法で保護されます。 著作権法に「著作物に対するこの法律による保護は、その著作物を作成するために用いるプログラム言語、規約及び解法に及ばない。(第10条3項)」と規定されているため、アルゴリズムやプログラム言語は保護対象外です。 アルゴリズムは保護対象外ですが、それを記述した文書およびプログラムは著作権法で保護されます。 正しい。プログラムは著作権法における保護対象です。

  • 79

    事業者の取り扱う商品やサービスを,他者の商品やサービスと区別するための文字,図形,記号など(識別標識) を保護する法律はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商標法
    • 誤答選択肢 意匠法
    • 特許法
    • 著作権法

    解説

    商標とは、商品やサービスを認識可能とするために使用される文字や図形の組み合わせたトレードマーク,サービスマークのことです。商標法では、特許庁に出願され審査を経て登録された商標についてその権利を保護する法律です。 意匠法は、工業上価値のある製品の価値を高める形状やデザインを保護する法律です。 正しい。 特許法は、自然の法則や仕組みを利用した産業上価値ある発明を保護する法律です。 著作権法は、主に文芸,学術,美術,音楽など芸術分野、およびコンピュータの分野におけるプログラムやデータベースなどの創作物とその著作者の権利を保護する法律です。

  • 80

    製造物責任法の対象となる制御用ソフトウェアの不具合はどれか。ここで,制御用ソフトウェアはエレベータの制御装置に組み込まれているものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合
    • 誤答選択肢 エレベータの待ち時間が長くなる原因となった不具合
    • エレベータの可動部分の交換を早める原因となった不具合
    • エレベータメーカの出荷作業の遅延の原因となった不具合

    解説

    製造物責任法(PL法)は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた際に製造業者の損害賠償の責任について定めることで、被害者の保護を目的とした法律です。 選択肢の中で、製造物責任法の対象となる人の生命、身体又は財産に係る被害が生じたケースは「エ」だけなので、これが答えとなります。

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ