zuknow learn together

新しい教材を作成

行政書士 憲法 天皇

カード 29枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/01/19)

  • 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

行政書士 憲法 天皇

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第1条

    答え

    解説

  • 2

    皇位は、世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第2条

    答え

    解説

  • 3

    天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、国会がその責任を負う。

    補足(例文と訳など)

    • 内閣が責任を負う。 憲法第3条

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    天皇の国事に関するすべての行為には、内閣総理大臣の助言と承認を必要とし、内閣総理大臣がその責任を負う。

    補足(例文と訳など)

    • 内閣の助言と承認を必要とし、内閣がその責任を負う。 憲法第3条

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    天皇の国事に関する行為については内閣の助言と承認を必要とし、天皇はその行為の責任を負わない。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第3条

    答え

    解説

  • 6

    天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第4条第1項

    答え

    解説

  • 7

    天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第4条第2項

    答え

    解説

  • 8

    皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は天皇の名で国事に関する行為を行う。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第5条前段

    答え

    解説

  • 9

    天皇は、国会の指名に基づいて、内閣総理大臣を任命する。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第6条第1項

    答え

    解説

  • 10

    内閣総理大臣の指名は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。

    補足(例文と訳など)

    • 内閣総理大臣の指名は国会の権能である。 内閣総理大臣を任命することが天皇の国事行為である。 憲法第6条第1項

    答え

    解説

  • 11

    天皇は、国会の指名に基づいて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

    補足(例文と訳など)

    • 内閣の指名に基づく。 憲法第6条第2項

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    最高裁判所のすべての裁判官の任命は、天皇の国事行為である。

    補足(例文と訳など)

    • 最高裁判所の長たる裁判官以外の裁判官の任命は内閣の権限である。 憲法第79条第1項

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    憲法改正及び法律の公布は、天皇の国事に関する行為ではあるが、政令及び省令の公布は天皇の国事に関する行為ではない。

    補足(例文と訳など)

    • 天皇は、国事行為として、憲法改正、法律、政令及び条約を公布する。 憲法第7条第1号

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    憲法改正、法律、政令及び条約の裁可は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。

    補足(例文と訳など)

    • 公布が認められている。 憲法第7条第1号

    答え

    解説

  • 15

    国会の承認を経て条約を締結するのは天皇ではなく内閣であり、天皇は、内閣の助言と承認により、条約を公布する。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第73条第3号 憲法第7条第1号

    答え

    解説

  • 16

    国会の召集は、内閣が決定し、内閣総理大臣が内閣を代表して行う。

    補足(例文と訳など)

    • 国会はの召集は、内閣の助言と承認により国事行為として天皇が行う。 憲法第7条第2号

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    天皇は、内閣の助言と承認により、衆議院議員の総選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第7条第2号 憲法第54条第1項

    答え

    解説

  • 18

    天皇は、内閣の助言と承認により、両議院を解散する。

    補足(例文と訳など)

    • 衆議院についてのみ解散する。 憲法第7条第3号

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    天皇は、内閣の助言と承認により、国事に関する行為として衆議院を解散する。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第7条第3号

    答え

    解説

  • 20

    参議院議員の通常選挙の施行を公示することは、天皇の国事行為である。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第7条第4号

    答え

    解説

  • 21

    国務大臣の任免は、憲法上、天皇の国事行為として認められていない。

    補足(例文と訳など)

    • 国務大臣の任免は内閣総理大臣の権能である。 憲法68条第1項 天皇の国事行為は、国務大臣の任免の認証である。 憲法第7条第5号

    答え

    解説

  • 22

    大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定することは、天皇の国事行為である。

    補足(例文と訳など)

    • これらの決定は内閣が行う。 憲法第73条7号 天皇はこれらの認証を行う。 憲法第7条第6号

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    栄典の授与を認証することは、天皇の国事行為である。

    補足(例文と訳など)

    • 栄典を授与することは天皇の国事行為である。 憲法第7条第7号

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    内閣の総辞職を公示することは、天皇の国事行為である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    両議院の議長の任命は、天皇の国事行為である。

    補足(例文と訳など)

    • 議院の権能である。 憲法第58条第1項

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    皇室財産については、憲法上、すべて国に属するものと定められ、皇室の費用も、すべて予算に計上して国会の議決を経なければならないとされている。

    補足(例文と訳など)

    • 憲法第88条

    答え

    解説

  • 27

    天皇は、内閣の指名に基づいて、最高裁判所のすべての裁判官を任命する。

    補足(例文と訳など)

    • 最高裁判所の長たる裁判官を任命する。 第79条第1項

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    天皇は、内閣の助言と承認により、憲法改正、法律、政令及び予算を公布する。

    補足(例文と訳など)

    • 予算は天皇の国事行為ではない。

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    天皇は、内閣の助言と承認により、栄典の授与を認証する。

    補足(例文と訳など)

    • 栄典を授与する。

    答え

    • ×

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ