zuknow learn together

新しい教材を作成

スポーツと栄養 小テスト集

カード 92枚 作成者: torres (作成日: 2015/01/18)

  • 生物が生存に必要な物質を摂取して生命を維持する営みを***という。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生物が生存に必要な物質を摂取して生命を維持する営みを***という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養

    解説

  • 2

    生物が栄養のために摂取する物質を***という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養素

    解説

  • 3

    生体成分は食事から摂取した***から合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養素

    解説

  • 4

    栄養素の機能には、***、身体の材料、調節機能の3つがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー源

    解説

  • 5

    江戸時代のわが国で流行した「江戸患い」とは、***の欠乏症のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB1

    解説

  • 6

    ***には、「上限量」「目標量」「目安量」など5つの基準値が定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本人の食事摂取基準

    解説

  • 7

    栄養士という資格を、世界で最初に作ったのは、***である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐伯矩

    解説

  • 8

    ***は航海試験で乗員の食事改善に努め、脚気の発症予防に努力した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高木兼寛

    解説

  • 9

    順天堂2代堂主・***は、大学東校(現:東京大学医学部)の設立に協力した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐藤尚中

    解説

  • 10

    ***によるオリザニンの発見が、ビタミンの最初の発見である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鈴木梅太郎

    解説

  • 11

    生体はエネルギー源となる栄養素を***経路で酸化分解し、化学的エネルギーを産生して生命を維持している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異化

    解説

  • 12

    ***の分子に貯えられた化学的エネルギーは、この分子がADPと無機リン酸に分解されるときに放出されて生命の維持に役立つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 13

    ATPがもつエネルギーとは、***結合がもつエネルギーのことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高エネルギーリン酸

    解説

  • 14

    ATP分子内のリン酸基は***に帯電し、互いに反発しあった状態にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    基礎代謝量(kcal/日)は、***に快適な室内において***で測定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早朝空腹時、安静仰臥位

    解説

  • 16

    食物摂取によりエネルギー代謝が亢進し、体温が上昇する現象を***という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食事誘発性産熱(DIT)

    解説

  • 17

    身体活動レベル(PAL)は、1日の***を1日あたりの基礎代謝量で割った値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー消費量

    解説

  • 18

    健康な成人の推定エネルギー必要量(EER)は、***と身体活動レベルから算定できる。(妊婦、授乳婦を除く)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎代謝量

    解説

  • 19

    食事誘発性熱産生によるエネルギー代謝量は、総エネルギー摂取量の約***%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10%

    解説

  • 20

    一番正確に消費エネルギー量を測定できるのは、***である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒューマンカロリーメーター

    解説

  • 21

    日本人の食事摂取基準では、1日当たりの総エネルギー消費量としては、***による評価を基準にしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二重標識水法

    解説

  • 22

    ***はエネルギー消費量(kcal/日)と基礎代謝量(kcal/日)で求まられる指数である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体活動レベル(PAL)

    解説

  • 23

    推定エネルギー必要量は、***に身体活動レベルを乗じて計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎代謝量

    解説

  • 24

    ヒトの基礎代謝基準値には***があるので、エネルギー必要量を計算によって正確に推定するのは困難である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人差

    解説

  • 25

    3大栄養素(マクロ栄養素)はすべて***になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー源

    解説

  • 26

    3大栄養素の1g 当たりのエネルギーは、たんぱく質と炭水化物は***で、脂質は***である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4kcal、9kcal

    解説

  • 27

    加工食品の***には、その食品に含まれるエネルギーや三大栄養素の量などが書いてある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養表示

    解説

  • 28

    10gの炭水化物が身体に貯蔵されると、体重はおよそ***g増える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 27~40g

    解説

  • 29

    体重50kgのヒトが10km走ると約***kcalのエネルギーを消費する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 500kcal

    解説

  • 30

    ヒトは運動していなくても***により多くのエネルギーを消費している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎代謝

    解説

  • 31

    ATPの分解系には、細胞運動と、生体成分の合成、***、情報伝達の4つがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能動輸送

    解説

  • 32

    カリウムとナトリウムの能動輸送にはエネルギー源として***が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 33

    肝臓はエネルギーの大半を***に使っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体成分の合成

    解説

  • 34

    糖質は身体の主要な***源である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー源

    解説

  • 35

    唾液にはデンプンの消化酵素である***が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミラーゼ

    解説

  • 36

    膵液には***を消化する酵素であるアミラーゼが含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デンプン

    解説

  • 37

    糖質は、***にまで消化され小腸から吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単糖

    解説

  • 38

    単糖類は、小腸で吸収され門脈を経て***に運ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 39

    脳と赤血球は、エネルギー源として***のみを使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコース(ブドウ糖)

    解説

  • 40

    肝臓は、貯蔵した***を分解して、血中にグルコースを供給する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリコーゲン

    解説

  • 41

    貯蔵しているグリコーゲンの総量が最も多いのは***である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋肉

    解説

  • 42

    筋肉のグリコーゲンは、もっぱら***に使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動(筋肉)

    解説

  • 43

    肝臓のグリコーゲンが枯渇すると、肝臓はアミノ酸などから***を合成して血中に供給する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコース(ブドウ糖)

    解説

  • 44

    マルトースは***2分子が結合した二糖類である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコース

    解説

  • 45

    グリコーゲンは、動物の体内に存在するグルコースで構成される貯蔵多糖類であり、その構造は***に類似している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミロペクチン

    解説

  • 46

    解糖系では1分子のグルコースを2分子のピルビン酸に分解し2分子の***を産生する。***

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 47

    解糖系を構成する酵素群は、***に局在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質

    解説

  • 48

    解糖系で産生するNADH2は、嫌気的条件下では、ピルビン酸から***への変換に使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳酸

    解説

  • 49

    解糖系で産生するNADH2は、好気的条件下では、***でATP産生に利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子伝達系(ミトコンドリア)

    解説

  • 50

    クエン酸回路を構成する酵素群は***内に局在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア内

    解説

  • 51

    NAHD2やFADH2は、電子伝達系で***産生に利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 52

    ATP合成酵素は***を利用してATPを合成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロトン駆動力(プロトンの濃度勾配)

    解説

  • 53

    グルコース1分子が完全に酸化されると、38分子の***を生成する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 54

    電子伝達系では、電子伝達に伴いプロトン(H+)が***に蓄積し、プロトンの濃度勾配をつくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜間腔

    解説

  • 55

    ATP合成酵素(F1-ATPase)は、膜間腔から***へ流れるプロトン駆動力を利用してATPを合成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マトリクス

    解説

  • 56

    F1-ATPaseのエネルギー効率は、ほとんど***%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100%

    解説

  • 57

    ***は、回転の運動エネルギーをATPの化学エネルギーに変換する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • F1-ATPase

    解説

  • 58

    ミトコンドリアは***からのみ遺伝する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母親

    解説

  • 59

    ***は、PDHの補酵素としてはたらいている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB1

    解説

  • 60

    ***は、ASTの補酵素としてはたらいている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB6

    解説

  • 61

    食物繊維は、大腸内で***によって発酵される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸内細菌

    解説

  • 62

    有用な腸内細菌のことを***という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロバイオティクス

    解説

  • 63

    有用な腸内細菌を増やす食物繊維を、***という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレバイオティクス

    解説

  • 64

    脂質は、水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすい、***性の物質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疎水性

    解説

  • 65

    コレステロールは、***の構成成分として必要不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞膜

    解説

  • 66

    過剰な糖質はアセチルCoAを経て***に変換される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪酸

    解説

  • 67

    脂肪組織中の不飽和脂肪酸の二重結合は***型である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シス型

    解説

  • 68

    中性脂肪(トリグリセリド)は、1分子の***と3分子の脂肪酸がエステル結合してできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリセロール(脂溶、非極、中性脂肪、脂肪、グリセリン、グリセロール-3リン酸)

    解説

  • 69

    飽和脂肪酸に富むトリグリセリドは不飽和脂肪酸に富むものと比較して融点が***。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高い

    解説

  • 70

    リポタンパクは脂質と***が結合したものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アポ蛋白

    解説

  • 71

    小腸で吸収された中性脂肪は、リンパ管で***に取り込まれ、各組織へ運ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カイロミクロン

    解説

  • 72

    肝臓で合成された***は、VLDL として各組織へ運ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中性脂肪

    解説

  • 73

    脂肪組織は***を分泌し食欲を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レプチン(アポタンパク、ホルモン)

    解説

  • 74

    脂肪酸は、細胞内の***で酸化される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 75

    脂肪酸は、***によりアセチルCoAとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β酸化

    解説

  • 76

    脂肪酸をβ酸化する能力は、***が最も高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 77

    肝臓は、脂肪酸を完全には酸化せず***を血中に供給する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケトン体

    解説

  • 78

    ***は、グルコースや脂肪酸よりも優先的に末梢の細胞に取り込まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケトン体

    解説

  • 79

    筋肉のβ酸化能は、通常低いが、***できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訓練により誘導

    解説

  • 80

    不飽和脂肪酸のうち、***は人間が作ることができない必須脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リノール酸とα-リノレン酸

    解説

  • 81

    必須脂肪酸は不飽和結合の位置により、***に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • n-3系とn-6系

    解説

  • 82

    脂肪酸の役割は、細胞膜の構成成分、糖の解毒、***、ホルモンの原料の4つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー源

    解説

  • 83

    日本人にお酒を飲めない人がいるのは、アルデヒド脱水素酵素ALDH2に***があるからである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝的多型

    解説

  • 84

    タンパクは***で構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸(C,H,O,N)

    解説

  • 85

    タンパクはDNAの遺伝情報を元にアミノ酸を***によってつなげて作られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプチド結合

    解説

  • 86

    全身のタンパクの約***%が、日々作り直されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2%

    解説

  • 87

    体タンパクの分解で生じるアミノ酸(A)と、小腸から吸収されるアミノ酸(B)とでは、***の方が多い。[答えはA かB ]

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (A)

    解説

  • 88

    ヒトの生体内で合成されないアミノ酸を***という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必須アミノ酸

    解説

  • 89

    アミノ酸は、タンパク以外に***の原料としても使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 核酸やホルモンなど(グルコース、エネルギー、ケトン体)

    解説

  • 90

    エネルギー摂取量が不足すると、アミノ酸が***として使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー源

    解説

  • 91

    空腹時、肝臓でグルコースの原料として使われるのは***である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸(グルタミン)

    解説

  • 92

    アミノ酸の分解によって生じる***は毒なので、肝臓でオルニチン回路により***として無毒化され排出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンモニア、尿素

    解説

56990

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ