zuknow learn together

新しい教材を作成

【中小企業診断士/財務編】出る順!FOCUSテキスト

公認 カード 23枚 作成者: LEC東京リーガルマインド公式アカウント (作成日: 2015/01/16)

  • 株式会社の会社法上の計算書類は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、【 ? 】である。


    会社法で規定されている書類であるが、このうち「計算書類」に含まれるのは、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表のみである。 【周辺知識】 企業の目的とその活動/企業会計の目的/財務諸表とは 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.6) 1 - 1 企業会計の目的より

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ご好評いただいております書籍「出る順!FOCUSテキスト」が、新たに単語帳としてラインナップとして登場!「出る順!FOCUSテキスト」から特に追えるべき基本テーマに絞り出題しております。
基本知識をしっかり抑え、実力を伸ばしていきましょう!

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    株式会社の会社法上の計算書類は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、【 ? 】である。

    補足(例文と訳など)

    • 会社法で規定されている書類であるが、このうち「計算書類」に含まれるのは、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表のみである。 【周辺知識】 企業の目的とその活動/企業会計の目的/財務諸表とは 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.6) 1 - 1 企業会計の目的より

    答え

    • 個別注記表
    • 誤答選択肢 付属明細書
    • 事業報告書
    • 四半期財務諸表

    解説

  • 2

    売上高から売上原価と販売費および一般管理費を控除したものは【 A 】、経常利益から特別利益を加算し、特別損失を控除したものは【 B 】である。

    補足(例文と訳など)

    • 売上高から売上原価と販売費および一般管理費を控除したものは「営業利益」、経常利益から特別利益を加算し、特別損失を控除したものは「税引前当期純利益」である。 【周辺知識】 損益計算書の内容/1 - 3 貸借対照表 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.10) 1 - 2 損益計算書より

    答え

    • A:営業利益、 B:税引前当期純利益
    • 誤答選択肢 A:営業利益、 B:当期純利益
    • A:売上総利益 B:税引前当期純利益
    • A:営業外利益、 B:経常利益

    解説

  • 3

    恒常在庫品や余剰品については、長期間にわたって所有するものであっても固定資産とせず【 ? 】に含ませる。(正常営業循環基準を適用する。)

    補足(例文と訳など)

    • 恒常在庫品や余剰品については、長期間にわたって所有するものであっても固定資産とせず流 動資産に含ませる。(正常営業循環基準を適用する。) また、正常営業循環基準とは、企業の主たる営業活動にかかる循環過程(正常営業循環過程)の中にある資産や負債を流動資産あるいは流動負債に分類する基準です。 【周辺知識】 貸借対照表のひな形/正常営業循環基準/1 年基準(ワンイヤールール)/ 流動固定分類 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.16) 1 - 3 貸借対照表より

    答え

    • 流動資産
    • 誤答選択肢 固定資産
    • 流動負債
    • 固定負債

    解説

  • 4

    キャッシュフロー計算書において、営業活動キャッシュフロー、投資活動キャッシュフロー、および財務活動キャッシュフローを合計したものは、【 ? 】の増加額である。

    補足(例文と訳など)

    • キャッシュフロー計算書において、営業活動キャッシュフロー、投資活動キャッシュフロー、および財務活動キャッシュフローを合計したものは、現金及び現金同等物の増加額である。 キャッシュフローは、1年間のキャッシュの増減であり、期末時点のキャッシュの総額ではないことに注意すること。 【周辺知識】 キャッシュフロー計算書の意義/キャッシュフロー計算書のひな形/キャッシュフロー計算書の分析 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.22) 1 - 4 キャッシュフロー計算書より

    答え

    • 現金及び現金同等物
    • 誤答選択肢 固定資産
    • 棚卸資産
    • 有価証券

    解説

  • 5

    固定比率(%)の算出式

    補足(例文と訳など)

    • 固定比率は、固定資産投資の調達と運用のバランスを示します。固定資産投資は回収に長期間を要するので、返済義務のない自己資本で賄うのが望ましいという考えによる指標です。 固定比率(%)=固定資産(*4)/自己資本(*5)  ×100 *4 固定資産=貸借対照表の固定資産総額 *5 自己資本=貸借対照表の純資産の部-新株予約権(-少数株主持分) 【周辺知識】 短期流動性の分析/長期流動性の分析 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.30) 2 – 1 流動性分析(短期長期) より

    答え

    • 固定比率(%)=固定資産/自己資本  ×100
    • 誤答選択肢 固定比率(%)=固定資産/(固定負債+自己資本)  ×100
    • 固定比率(%)=流動資産/(固定負債+自己資本)  ×100
    • 固定比率(%)=流動資産/自己資本  ×100

    解説

  • 6

    資本利益率=【 ? 】×資本回転率

    補足(例文と訳など)

    • 資本利益率は、売上高利益率と資本回転率の掛け算に分解できます。 資本利益率=売上高利益率×資本回転率 【周辺知識】 経営分析/資本利益率/売上高利益率/ 資本回転率 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.34) 2 – 2 利益率と回転率より

    答え

    • 売上高利益率
    • 誤答選択肢 経常利益率
    • 売上債権回転率
    • 有形固定資産回転率

    解説

  • 7

    損益分岐点売上高(円)の算出式

    補足(例文と訳など)

    • 損益分岐点売上高(円) =固定費/1 - 変動費率 一般に、売上高から変動費だけを引いた利益を限界利益、単位売上高あたりの限界利益を限界利益率といい、以下のようにも計算されます。 損益分岐点売上高(円) = 固定費/限界利益率 【周辺知識】 株価の基本式/株価評価の指標 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.44) 2 – 4 株価や配当などに関する比率より

    答え

    • 損益分岐点売上高(円) = 固定費/限界利益率
    • 誤答選択肢 損益分岐点売上高(円) = 固定費/限界利益率
    • 損益分岐点売上高(円) = 固定費/目標売上高
    • 損益分岐点売上高(円) = 目標売上高/限界利益率

    解説

  • 8

    投資案件の経済性を評価する方法において、設備投資案件の年ごとの増分キャッシュフローを資本コストで割引いた価値を算定し、その合計額から初期投資額を控除する方法をなんというか?

    補足(例文と訳など)

    • 正味現在価値(NPV)法とは、設備投資案件の年ごとの 増分キャッシュフロー(投資を行ったことによって実質的に増加したキャッシュフロー)を資本コストで割引いて現在価値を算定し、その合計額から初期投資額を控除して正味現在価値(NPV)を算定することにより、投資案件の経済性(採算性)を評価する方法です。 【周辺知識】 複利現価係数と年金現価係数/正味現在価値(NPV)法 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.74) 3 – 6 正味現在価値(NPV)法より

    答え

    • 正味現在価値(NPV)法
    • 誤答選択肢 内部利益率(IRR)法
    • 回収期間法
    • 損益分岐点法

    解説

  • 9

    投資案件の経済性を評価する方法において、設備投資案件の年ごとの増分キャッシュフローの合計額が初期投資額と等しくなるような割引率計算する方法をなんというか?

    補足(例文と訳など)

    • 内部利益率(IRR)法とは、設備投資案件の年ごとの増 分キャッシュフロー(投資を行ったことによって実質的に増加したキャッシュフロー)を様々な割引率で割引いて現在価値を算定し、その合計額が初期投資額と等しくなるような割引率(内部利益率)を試行錯誤的に求めることにより、当該割引率と資金提供者の期待収益率(資本コスト)の比較で投資案件の経済性(採算性)を評価する方法です。 【周辺知識】 内部利益率(IRR)法/ 内部利益率(IRR)と正味現在価値(NPV)の関係 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.78) 3 – 7 内部利益率(IRR))法より

    答え

    • 内部利益率(IRR)法
    • 誤答選択肢 回収期間法
    • 損益分岐点法
    • 正味現在価値(NPV)法

    解説

  • 10

    信用取引で使用される勘定科目において、後日、代金を受け取ることができる権利を何というか?

    補足(例文と訳など)

    • 一般に、企業が取引を行う場合、その場での現金決済は行われず、あらかじめ決められた期日に決済を行います。これを信用取引といいます。信用取引には、掛取引や手形取引があります。 信用取引で使用される勘定科目について整理します。 売掛金:後日、代金を受け取ることができる権利をいいます(掛けで売る)。 買掛金:後日、代金を支払う義務をいいます(掛けで買う)。 受取手形:自分または自社が手形代金の受取人である手形をいいます。 支払手形:自分または自社が手形代金の支払人である手形をいいます。 【周辺知識】 信用取引で使用される勘定科目/ 信用取引の仕訳と元帳への転記 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.100) 4 – 3 信用取引より

    答え

    • 売掛金
    • 誤答選択肢 買掛金
    • 受取手形
    • 支払手形

    解説

  • 11

    【 ? 】は、品質不良・破損等による商品の返品である。

    補足(例文と訳など)

    • 売上値引は、品質不良・破損等による商品代金の控除である。売上戻りは、品質不良・破損等による商品の返品である。売上割戻は、大量購入等に伴う代金の一部免除である。 売上値引、売上戻り、売上割戻は、いずれも総売上高の控除項目である。なお、売上割引は総売上高の控除項目ではなく、営業外費用であることに注意すること。 【周辺知識】 返品とは/ 値引きとは/ 損益計算書上の表示 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.104) 4 – 4 値引き返品の会計処理より

    答え

    • 売上戻り
    • 誤答選択肢 売上値引
    • 売上割戻
    • 仕入割引

    解説

  • 12

    売上割引は損益計算書の【 ? 】として処理する

    補足(例文と訳など)

    • 売掛金の決済を決済期日より早く行った得意先に対して、掛代金の一部を免除する場合、当該免除額は「売上割引(損益計算書の営業外費用)」として処理します。返品や値引とは異なり、直接「売上」勘定を減額することはありません。 【周辺知識】 仕入割引/ 売上割引 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.108) 4 – 5 仕入割引と売上割引より

    答え

    • 営業外費用
    • 誤答選択肢 仕入高からの控除
    • 営業外収益
    • 売上高からの控除

    解説

  • 13

    仕入割引は損益計算書の【 ? 】として処理する

    補足(例文と訳など)

    • 仕入割引とは、買掛金の決済を支払期日より早く行ったことにより、仕入先から掛代金の一部を免除された場合の当該金額を意味します。この代金の免除額を「仕入割引(損益計算書の営業外収益)」として処理します。 【周辺知識】 仕入原価と売上原価/ 売上原価の算定式 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.112) 4 – 6 売上原価の算定より

    答え

    • 営業外収益
    • 誤答選択肢 仕入高からの控除
    • 営業外費用
    • 売上高からの控除

    解説

  • 14

    棚卸減耗費について、当該棚卸減耗費に原価性が【 A 】場合には「売上原価ないしは製造原価の内訳科目」または「販売費」に計上する。また、原価性が【 B 】場合には「営業外費用」または「特別損失」に計上する。

    補足(例文と訳など)

    • 棚卸減耗とは、紛失・盗難・蒸発などの原因によって生じる棚卸資産の数量的な減少を意味します。当該棚卸資産の数量的な減少は「棚卸減耗費」の科目を用いて費用として処理し、その金額は帳簿上の数量と実際数量との差に棚卸資産の単価を乗じて算定します。発生した棚卸減耗費について、当該棚卸減耗費に原価性がある場合には「売上原価ないしは製造原価の内訳科目」または「販売費」に計上し、原価性がない場合には「営業外費用」または「特別損失」に計上します。 【周辺知識】 棚卸差損とは/ 棚卸差損の計算/ 損益計算書上の表示 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.116) 4 – 7 棚卸資産の評価より

    答え

    • A:ある B:ない
    • 誤答選択肢 A:ない B:ある
    • A:ある B:ある
    • A:ない B:ない

    解説

  • 15

    引当金の設定要件は以下の4つである。 ① 将来の特定の費用又は損失であること ② その発生が【 A 】の事象に起因すること ③ その発生の可能性が高いこと ④ その金額を【 B 】に見積もることができること

    補足(例文と訳など)

    • 引当金は、特定化されていなければなりません。つまり、何かのときのために、といった理由では引当金を計上することができません。 引当金の設定要件は以下の4つである。 ① 将来の特定の費用又は損失であること ② その発生が当期以前の事象に起因すること ③ その発生の可能性が高いこと ④ その金額を合理的に見積もることができること 【周辺知識】 引当金の意義と貸倒引当金/ 引当金の設定要件(4つ)/ 評価性引当金/ 負債性引当金 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.124) 4 – 9 引当金より

    答え

    • A:当期以前 B:合理的
    • 誤答選択肢 A:当期 B:合理的
    • A:前期 B:一般的
    • A:当期以前 B:一般的

    解説

  • 16

    経過勘定項目について、一定の契約に従い、継続して役務の提供を【 A 】場合、【 B 】対価は、当期の損益計算【 C  】するとともに賃借対照表の【 D 】の部に計上しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • 経過勘定項目とは、時間の経過に伴い収益・費用として認識される 項目であり、いわゆる費用収益の見越し・繰延べに係る項目である。 詳しくは http://www.lec-jp.com/shindanshi/mb/focus/zaimu/kakomon26.html を参照 【周辺知識】 前払費用の意義(不動産を借りている会社の場合)/前受収益の意義(不動産会社の立場) 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.130) 4 –10 経過勘定項目より

    答え

    • A:行う B:いまだ提供していない役務に対し支払いを受けたC:から除去 D:負債 
    • 誤答選択肢 A:受ける B:いまだ提供されていない役務に対し支払われたC:に計上 D:資産 
    • A:受ける B:既に提供された役務に対し支払いが終わらない 
    • A:行う B:既に提供した役務に対し支払いを受けていないC:に計上 D:負債 

    解説

  • 17

    次のa~dのうち、繰延資産に計上することが認められるものとして最も適切なものの組み合わせを下 記の解答群から選べ。 a 株式交付費 b 研究開発費 c 社債発行差金 d 創立費

    補足(例文と訳など)

    • 繰延資産に関する出題である。繰延資産に関しては、平成16 年度第4問において、空欄補充の組み合わせ問題として出題されている。 詳細は、 http://www.lec-jp.com/shindanshi/mb/focus/zaimu/kakomon30.html を参照 【周辺知識】 繰延資産の意義 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.152) 5 – 2 繰延資産より

    答え

    • aとd
    • 誤答選択肢 aとb
    • bとc
    • cとd

    解説

  • 18

    キャッシュ・フロー計算書が対象とするキャッシュの範囲は、現金及び現金同等物(取得日から満期日または償還日までの期間が【 ? 】以内の短期投資)である。

    補足(例文と訳など)

    • キャッシュ・フロー計算書が対象とするキャッシュの範囲は、現金(手許現金および要求払預金(当座預金、普通預金、通知預金など))、及び現金同等物(取得日から満期日または償還日までの期間が3ヶ月以内の短期投資)である。起点は「取得日」であるから、「決算から3ヵ月以内に満期の来る定期預金」は現金同等物の定義からは外れる。 【周辺知識】 キャッシュの範囲/ キャッシュフロー計算書の構造 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.190) 6 – 1 キャッシュの範囲より

    答え

    • 3ヶ月
    • 誤答選択肢 1ヶ月
    • 半年
    • 1年

    解説

  • 19

    営業活動によるキャッシュフローを計算する2つの方法は(【 ? 】)である。

    補足(例文と訳など)

    • 営業活動によるキャッシュフローにおいて、小計より上を営業収入、商品仕入による支出、人件費の支出などの加減によって計算する方法を「直接法」という。また、小計より上を税引前当期純利益を起点として計算する方法を「間接法」という。 営業活動によるキャッシュフローを計算する2つの方法(直接法と間接法)は、問題文の記述の通りである。 【周辺知識】 営業活動におけるキャッシュフローと直説法/ 間接法 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.194) 6 – 2 営業キャッシュフローに関する直接法と間接法より

    答え

    • 直接法と間接法
    • 誤答選択肢 直接法と中間法
    • 直接原価計算と全部原価計算
    • 投資法と間接法

    解説

  • 20

    営業活動によるキャッシュフローを直接法で計算する場合、売上債権の増加額と棚卸資産の増加額は【 A 】する。また、仕入債務の増加額は【 B 】する。

    補足(例文と訳など)

    • 営業活動によるキャッシュフローを直接法で計算する場合、売上債権の増加額と棚卸資産の増加額は減算し、仕入債務の増加額は加算する。 営業活動によるキャッシュフローを直接法で計算する場合、売上債権と棚卸資産の増加はキャッシュ以外の資産の増加になるため、相対的にキャッシュは減少する。一方、仕入債務の増加は、当面は支払わなくてもよい負債が増加することになるため、相対的にキャッシュは増加する。 【周辺知識】 営業キャッシュフローの構成要素(間接法)/ 間接法の4 つの調整/ 間接法のひな形 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.198) 6 – 3 営業キャッシュフローの算定(間接法)より

    答え

    • A:減算、B:加算
    • 誤答選択肢 A:加算、B:減算
    • A:減算、B:減算
    • A:加算、B:加算

    解説

  • 21

    無差別曲線において、同一のリターンならよりリスクの低い資産を望む投資家をなんというか?

    補足(例文と訳など)

    • 無差別曲線における投資家は以下に分類されます。 リスク回避的投資家:同一のリターンならよりリスクの低い資産を望む投資家。 リスク愛好的投資家:同一のリターンならよりリスクの高い資産を望む投資家。 リスク中立的投資家:リスク水準に関わらず、より高いリターンを望む投資家。 リスク回避的投資家は、「悪い方に外れること」を考えて行動します。そのため、①リスクが低いときはリターンも低くてよい、②リスクが大きいときはリターンが大きくなれば、悪い方に外れてもリターンを確保できると考えます。 【周辺知識】 無差別曲線とリスク回避的投資家/ポートフォリオと有効フロンティア 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.268) 8 – 7 効率的ポートフォリオより

    答え

    • リスク回避的投資家
    • 誤答選択肢 リスク愛好的投資家
    • リスク中立的投資家
    • リスク排除的投資家

    解説

  • 22

    オプションにはコール・オプションとプット・オプションがある。【 A 】は原資産を売却する権利であり、【 B 】は原資産を購入する権利である。また、将来の一定時点にだけ権利行使ができるオプションは【 C 】と呼ばれ、将来の一定時点までならばいつでも権利行使できるオプションは【 D 】と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    • オプションとは、所定の原資産を将来の一定時点にあるいは一定時点までに、所定の価格で売買する権利を意味する。 「プット・オプション」は原資産を売却する権利であり、「コール・オプション」は原資産を購入する権利である。また、将来の一定時点にだけ権利行使ができるオプションは「ヨーロッパ型」と呼ばれ、将来の一定時点までならばいつでも権利行使できるオプションは「アメリカ型」と呼ばれている。 【周辺知識】 オプション取引 出典:「FOCUS テキスト 財務会計」( P.284) 8 –11 オプション取引より

    答え

    • A:プット・オプション B:コール・オプション C:ヨーロッパ型 D:アメリカ型
    • 誤答選択肢 A:プット・オプション B:コール・オプション C:アメリカ型 D:ヨーロッパ型
    • A:コール・オプション B:プット・オプション C:ヨーロッパ型 D:アメリカ型
    • A:コール・オプション B:プット・オプション C:アメリカ型 D:ヨーロッパ型

    解説

  • 23

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56721

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ