zuknow learn together

新しい教材を作成

【中小企業診断士/企業経営理論編】出る順!FOCUSテキスト

公認 カード 31枚 作成者: LEC東京リーガルマインド公式アカウント (作成日: 2015/01/14)

  • 企業にとって起こり得る悪影響等の不測の事態を予め想定し、万一不測の事態が発生した場合に取る
    べき行動方針・計画等を予め策定することにより対応を図るものは?


    経営計画の策定は、その先の実行段階を考えれば、経営企画室などの特定部署のみではなく全社的に取り組む必要がある。また、経営計画の前提となる目標は必ずしも全てが定量的な目標である必要はなく、例えば顧客満足の獲得といった定性的目標なども適切な経営目標といえるであろう。【周辺知識】 経営計画/ 変化に対応する経営計画立案手法/ バランススコアカード出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.10) 1 - 2 経営計画より

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ご好評いただいております書籍「出る順!FOCUSテキスト」が、新たに単語帳としてラインナップとして登場!「出る順!FOCUSテキスト」から特に追えるべき基本テーマに絞り出題しております。
基本知識をしっかり抑え、実力を伸ばしていきましょう!

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    企業にとって起こり得る悪影響等の不測の事態を予め想定し、万一不測の事態が発生した場合に取る べき行動方針・計画等を予め策定することにより対応を図るものは?

    補足(例文と訳など)

    • 経営計画の策定は、その先の実行段階を考えれば、経営企画室などの特定部署のみではなく全社的に取り組む必要がある。また、経営計画の前提となる目標は必ずしも全てが定量的な目標である必要はなく、例えば顧客満足の獲得といった定性的目標なども適切な経営目標といえるであろう。【周辺知識】 経営計画/ 変化に対応する経営計画立案手法/ バランススコアカード出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.10) 1 - 2 経営計画より

    答え

    • コンティンジェンシー・プラン 
    • 誤答選択肢 ローリングプラン
    • バランス・スコアカード 
    • デカップリングポイント

    解説

  • 2

    アンゾフの製品=市場マトリックスにおいて、既存市場に既存製品を投入する戦略で、既存市場での自社事業の占有率を拡大していくため、販売促進活動などによる売上向上や設備投資による生産性向上などを図る戦略は?

    補足(例文と訳など)

    • 他社の参入を阻止するために自社の市場シェアを強化するための体制を整備することは市場浸透戦略の補強行動として適切である。 【周辺知識】 アンゾフの製品市場マトリックス/ シナジー/ リストラクチャリング 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.26) 2 – 4 成長戦略①(市場浸透戦略等) より

    答え

    • 市場浸透戦略
    • 誤答選択肢 新製品開発戦略
    • 新市場開拓戦略
    • 多角化戦略

    解説

  • 3

    多角化戦略において、既存市場の顧客に対し、新しい事業を展開していくもので、既存顧客網を活用したシナジー効果が期待できるものは?

    補足(例文と訳など)

    • 多角化戦略は関連多角化と非関連多角化に分類されます。一般的に、現在展開している事業と関連の深い事業へ展開する関連多角化の方が、成功する確率は高いとされています。主力事業で競合する企業は、互いにしばしば類似の多角化行動をとるので、業界内の既存の競争関係が維持されやすい。日本企業の行動特性として、同質的行動が指摘されることがある。 【周辺知識】 多角化戦略/ 多角化のメリット/ 多角化の類型 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.30) 2 – 5 成長戦略②(多角化) より

    答え

    • 水平的多角化
    • 誤答選択肢 垂直的多角化
    • 集中的多角化
    • 集成的多角化

    解説

  • 4

    競争を通じて、同業者は似通った戦略をとるグループを形成することがあるが、このようなグループを何というか。

    補足(例文と訳など)

    • ポーターの提示する「戦略グループ」とは業界内の企業をその戦略の特徴に応じて便宜上グルーピングした集合体を示しているに過ぎず、グループ内の構成員同士が連携しているわけではない。したがって、戦略グループの形成はグループ内での競争になんら影響を及ぼさない。【周辺知識】 戦略グループの特徴/戦略グループの形成要因/ 業界内の各戦略グループの競争要因出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.54) 3 – 4 戦略グループマップより

    答え

    • 戦略グループ 
    • 誤答選択肢 共同グループ 
    • 戦略カテゴリー
    • M&A

    解説

  • 5

    規模の経済性をもたらす生産効果として、原材料の投入量の伸び率に比べて製品の出荷量の伸び率が増大する生産効果は一般にどのように呼ばれているか。

    補足(例文と訳など)

    • 「収穫逓減」は、投入する経営資源の単位当りのリターンが、経営資源の追加的投入につれて低下していくことを意味する。それに対し、「収穫逓増」は、経営資源を投入すればするほど、経営資源の単位当りのリターンがより大きくなることを意味する。「収穫逓増」は、経済学の基本用語である「収穫逓減」とセットでおさえておきたいキーワードの一つである。 【周辺知識】 規模の経済/ 経験曲線効果/ 範囲の経済 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.58) 3 – 5 事業の経済性①(規模の経済等) より

    答え

    • 収穫逓増
    • 誤答選択肢 過剰生産
    • 技術進歩
    • 最適操業度

    解説

  • 6

    競争地位別戦略において、基本戦略方針は、集中による特定市場での「ミニリーダー戦略」で、製品および価格は高めを狙い、高収益を目指す地位は?

    補足(例文と訳など)

    • ニッチャーは、業界の他の企業が見過ごすか無視している小さなセグメントに注力する企業である。ニッチャーの基本戦略は、集中による特定市場でのミニリーダー戦略であり、市場シェアは小さくても成長が期待できる特定の領域で独自の地位を築こうとする。 【周辺知識】 競争地位別戦略の特徴 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.70) 3 – 8 競争地位別の戦略より

    答え

    • ニッチャー
    • 誤答選択肢 チャレンジャー
    • フォロワー
    • リーダー

    解説

  • 7

    競争商品間の差別化特性が失われ、価格や量を判断基準に売買が行われるようになること。

    補足(例文と訳など)

    • 企業が技術経営により市場における競争優位性を獲得しても、その優位性を長期的に持続するのは難しいと考えられています。その理由は、技術の進歩が急激なため、保有する技術が片端から陳腐化し、コモディティ化していくからです。企業間の競争能力は、市場シェアや商品・サービスの性能・仕様等の水準を超える、商品構想力、事業構想力、技術構想力での競い合いに移行し、それによって「技術」と「経営」とをどう考え併せるかがより重要になっています。【周辺知識】 技術経営(MOT)/ 技術イノベーション出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.74) 3 – 9 技術経営と技術イノベーションより

    答え

    • コモディティー化  
    • 誤答選択肢 差別化 
    • ダーウィンの海 
    • MOT 

    解説

  • 8

    「全体システムをあらかじめ明確に定義されたインターフェースにより、相互調整が不要となるような下位システムに分解する」という設計思想。

    補足(例文と訳など)

    • モジュール化とはある製品がいくつかのまとまり(部品)に分けられることである。モジュール化が進めば、モジュール同士を組み合わせて製品を作ることができるので、安価なモジュールを調達することで、製造コストを下げることが可能になる。したがって、モジュール化が進めば、価格による競争が激化することになる。【周辺知識】 製品アーキテクチャ/ モジュール化/ インテグラル型アーキテクチャ戦略出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.78) 3 –10 製品アーキテクチャより

    答え

    • モジュール化
    • 誤答選択肢 コモディティ化 
    • デファクト・スタンダード化
    • インテグラル化 

    解説

  • 9

    トップを頂点としたピラミッド型の階層構造となっていて、最も基本的で一般的な組織形態。

    補足(例文と訳など)

    • 機能別部門組織では、各機能部門が専門機能を基礎に編成されているため、全社的なコントロールを担当する次世代のトップマネジメントを養成することが難しい。 機能別に組織が分かれているため、トップマネジメントに権限は集中するが、各部門長は各機能を部分的に担うため、会社全体をマネジメントすることはない。そのため、トップマネジメントを養成することは、事業部制組織に比べ困難となる。 【周辺知識】 戦略と組織/ 組織の基本概念/ 組織構造の設計原理/機能別組織の主な特徴とメリットデメリット 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.90) 4 – 1 機能別組織より

    答え

    • 機能別組織
    • 誤答選択肢 マトリックス組織
    • 事業部制組織
    • ライン組織

    解説

  • 10

    機能別組織の持つ効率性や専門性などのメリットと、事業部制組織の持つ外部環境への適応の速さなどといったメリットの双方を追求した組織形態。

    補足(例文と訳など)

    • マトリックス組織のデメリットは、複数の命令系統(ツー・ボス・システム)となり、命令一元化の原則に抵触することである。マトリックス組織を採用するためには、組織間のコミュニケーションが闊達で、共通目的に対する強いコミットがあるといった組織文化の裏づけが必要である。 【周辺知識】 マトリックス組織の特徴/ マトリックス組織のメリットデメリット/ プロジェクト組織の特徴 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.98) 4 – 3 マトリックス組織 より

    答え

    • マトリックス組織
    • 誤答選択肢 機能別組織
    • ライン組織
    • 事業部制組織

    解説

  • 11

    欲求5 段階説を準用し、低次の欲求に基づくX理論と、高次の欲求に基づくY理論の人間観を用いて、モチベーション理論を唱えたのは?

    補足(例文と訳など)

    • マグレガーは、管理者が部下に対して持つ人間観の理念型として、X理論・Y理論を提唱し、Y理論に従うと、部下を意思決定に参加させる方が仕事への意欲が高まるとした。また、マグレガーのX理論・Y理論において、Y理論は性善説の立場に立ち、人間は条件次第で責任を引き受けるし自ら進んで仕事に取り組むこともあり得るというものである。この考え方に当てはめると、自ら意思決定に参加した方が仕事への意欲が高まるというのは納得できる。【周辺知識】 マズローの欲求5段階説/ アルダファのERG 理論/ マクレガーのX 理論Y 理論出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.102) 4 – 4 欲求階層説より

    答え

    • マクレガー
    • 誤答選択肢 アダルファー 
    • マズロー
    • ハーズバーグ 

    解説

  • 12

    欲求を2つの独立な欲求、すなわち、職務に付随する外的な欲求(衛生要因)と職務そのものを中心とする内的な欲求(動機づけ要因)に分類した理論は?

    補足(例文と訳など)

    • ハーズバーグは、欲求を職務に付随する外的な欲求(衛生要因)と職務そのものを中心とする内的な欲求(動機づけ要因)に分類し、衛生要因よりも、動機づけ要因を重視すべきであると主張している。職務充実(ジョブ・エンリッチメント)によって動機づけ要因を増やして、仕事に対する動機を強めればよいとしています。仕事を通して認められることや仕事のやり方を自己決定できるという心理的要因は従業員の動機づけ要因に該当する。 【周辺知識】 アージリスの未成熟成熟理論/ハーズバーグの動機づけ衛生理論(二要因論)/ マクレランドの達成動機説/職務設計 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.106) 4 – 5 その他欲求理論より

    答え

    • 2要因論
    • 誤答選択肢 ERG理論
    • X理論、Y理論
    • マズローの欲求段階説

    解説

  • 13

    個人の努力が公平に評価されているかどうかが、モチベーションに影響を与えるとし、自己と他者の努力あたりの報酬が等しくない場合に不公平感を抱き、努力あたりの報酬が等しくなる方向に行動する動機が生まれるとした理論。

    補足(例文と訳など)

    • アダムスは、個人の努力が公平に評価されているかどうかが、モチベーションに影響を与えるとしました。自己と他者の努力あたりの報酬が等しくない場合に不公平感を抱き、努力あたりの報酬が等しくなる方向に行動する動機が生まれます。公平理論によると、出来高給制度の下では、過大な報酬をもらっていると感じている従業員は、公平な報酬を得ている従業員と比較して生産量を低く抑え、品質を高くするように努力する。 【周辺知識】 ブルームの期待理論/ アダムスの公平理論/ ロックの目標設定理論 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.110) 4 – 6 過程理論より

    答え

    • 公平理論
    • 誤答選択肢 期待理論
    • PM理論
    • 目標設定理論

    解説

  • 14

    リッカートのリーダーシップ理論において、最も好ましいとされるリーダシップスタイルは?

    補足(例文と訳など)

    • ミシガン大学のリッカートは、従業員の権利を重視する「従業員指向」と、効率をあげて組織の生産性を高める「生産性指向」に基づいて、リーダーシップの類型化を試みています(リッカートのシステム4)。また、リッカートは連結ピンモデルを提唱しています。組織は複数の小集団から成り立っており、それぞれの小集団のリーダーが上位組織との連結ピンの役割を果たすことで、コミュニケーションや意思決定をスムーズに行うことができると主張しています。連結ピンとしてのリーダーは、上向きの影響力が大きいほど、下位組織のメンバーへの影響力も強くなるとしている。 【周辺知識】 リーダーシップの行動理論の特徴 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.114) 4 – 7 リーダーシップの行動理論より

    答え

    • 集団参加型
    • 誤答選択肢 独善的専制型
    • 相談型
    • 温情的専制型

    解説

  • 15

    リーダーシップの諸学説に関する記述として、最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    • ブレークとムートンは、リーダーの持つ人間への関心の強さと、同じく仕事への関心の強さによってリーダーシップを類型化し、マネジリアル・グリッドと呼ばれるマトリックスで表現しています。成果を出そうとするリーダーの発想パターンを示しているともいえます。このうち、人間への関心、仕事への関心がともに高い「9.9型=チームマネジメント型」が最も望ましいとされています。【周辺知識】 マネジリアルグリッド/ PM理論出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.118) 4 – 8 リーダーシップの二元論より

    答え

    • 9.9 型: チームマネジメント型 
    • 誤答選択肢 9.1 型: タスク志向型 
    • 1.9 型: 社交クラブ型 
    • 5.5 型: 中間型 

    解説

  • 16

    リーダーシップを「指示型・支援型・達成志向型・参加型」の4つのスタイルに類型化した上で、環境に適合しつつ組織メンバーを満足させるスタイルを選択した場合に、リーダーシップが発揮されるとする理論は。

    補足(例文と訳など)

    • ハウスによるパス・ゴール理論は、リーダーシップを「指示型・支援型・達成志向型・参加型」の4つのスタイルに類型化した上で、環境に適合しつつ組織メンバーを満足させるスタイルを選択した場合に、リーダーシップが発揮されると考えています。また、リーダーの職務は部下の業務目標の達成を助けることであり、そのために必要な方向性や支援を与えることにあるとした。【周辺知識】 フィードラーのコンティンジェンシー理論/ パス=ゴール理論出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.122) 4 – 9 リーダーシップの状況適応理論より

    答え

    • パス=ゴール理論 
    • 誤答選択肢 コンティンジェンシー理論 
    • PM理論
    • 目標設定理論

    解説

  • 17

    コンフリクトの発生要因において、資源には限りがあり、かつ十分にはないため、その配分をめぐって互いに 競合する要因は?

    補足(例文と訳など)

    • 組織では、利害調整や意見調整が常に行われているため、潜在的なコンフリクトは必ず存在しています。それが次第に顕在化し、対立や競合に発展します。「コンフリクトは、互いが意志を疎通させないことに由来する、いわば、誤解にもとづくことが多い」(桑田耕太郎他『組織論』有斐閣P264)。そして、誤解を解消するために次のことが必要という。すなわち、(1)コミュニケーションの機会を大きくする。(2)仲介者を設ける。(3)互いのことがよく理解できるようにするために、人事交流を図る、である。 【周辺知識】 コンフリクトとは/ コンフリクトの発生要因/ コンフリクトの機能 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.146) 4 –14 コンフリクトより

    答え

    • 資源の希少性
    • 誤答選択肢 自律性の確保
    • 意図関心の分岐
    • 集団凝集性の低下

    解説

  • 18

    既存の枠組みの中で継続的な改善を加えていく組織学習で、手段や方法の改善を主眼とする学習。

    補足(例文と訳など)

    • 組織変革をマネジメントするのは経営者であり、シングルループ学習とダブルループ学習を切り替えるのも経営者の役割である。計画策定部門と執行部門を明確に区分することで、どちらに権限を委譲するかを意識的に選択することができる。つまり、企業の成長・発展段階に応じて、適切にシングルループ学習とダブルループ学習を切り替えることができる。近年の執行役員制度(執行部門に権限を委譲する)は、この切り替えを狙ったものと考えることもできる。 【周辺知識】 低次学習と高次学習/ 学習レベルの決定要因/ 組織の変革過程と組織学習 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.150) 4 –15 低次高次学習より

    答え

    • シングルループ学習
    • 誤答選択肢 ダブルループ学習
    • 高次学習
    • 革新的変革過程

    解説

  • 19

    組織慣性において現状に不満がないため、変革を起こそうとしないことをなんと言うか?

    補足(例文と訳など)

    • 組織学習は多くの場合、低次学習になりやすく、高次学習が困難である。その理由は、一定期間以上、目標水準を超える業績が続くと、いわゆる「有能性のわな(competency trap)」が発生し、現在の能力を磨く方向にしか関心がいかなくなるからである。【周辺知識】 組織慣性とその要因/ 変革の障害出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.158) 4 –17 組織慣性より

    答え

    • 有能性のワナ
    • 誤答選択肢 グループシンク 
    • ゆでガエルシンドローム 
    • 流動性のわな

    解説

  • 20

    職場の規律、賃金、労働時間など 労働条件を具体的に定めた規則をなんというか?

    補足(例文と訳など)

    • 就業規則の適用範囲、目的や用語の定義など、企業が必要とする事項を就業規則に定めることは任意であり、これを「任意記載事項」といいます。任意に付与される特別休暇は相対的必要記載事項です。退職とは、労働者の意思に基づく任意退職のほか、定年や解雇など労働契約が終了するすべての場合をいいます。 【周辺知識】 労働者派遣法 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.174) 5 – 3 その他の労働法規より

    答え

    • 就業規則
    • 誤答選択肢 労働協約
    • 労働契約
    • 労使協定

    解説

  • 21

    消費者の情報処理(ブランドカテゴライゼーション)において、消費者が買ってもいいと思っているブランド(商品群)のこと。

    補足(例文と訳など)

    • 消費者は過去の購買活動などを中心とした様々な刺激によって、市場にある商品群をいくつかのカテゴリーに分類しています。これをブランドカテゴライゼーションといいます。 【周辺知識】 消費者の情報処理(ブランドカテゴライゼーション)/ 新製品の普及過程/ 準拠集団 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.190) 7 – 1 消費者購買行動と準拠集団より

    答え

    • 想起集合
    • 誤答選択肢 知名集合
    • 拒否集合
    • 関与集合

    解説

  • 22

    購買習慣において、購買頻度の低いブランドや趣味性を重視する消費財買い物に先駆けて選好が確立していることがある商品分類を何というか?

    補足(例文と訳など)

    • 消費者が買い求めるさまざまな商品は、購買習慣に基づいて、最寄品、買回品、専門品、非探索品に分類される。専門品は、独自の特性やブランド・アイデンティティを備えた商品のことで、消費者が購買するための努力を惜しまないものである。買回品は、顧客が選択し購入する過程で、適合性、品質、価格、スタイルなどをも 【周辺知識】 製品の3階層構造/ 製品の分類 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.206) 9 – 1 製品の概念や特徴より

    答え

    • 専門品
    • 誤答選択肢 最寄品
    • 非探索品
    • 買回品

    解説

  • 23

    製品ライフサイクルの4段階において、製品認知を目標とする広告を追加する。

    補足(例文と訳など)

    • 製品ライフサイクル(PLC)は製品が市場に登場してから淘汰されるまでを表した概念で「導入期・成長期・成熟期・衰退期」の4つの段階に分かれます。「導入期」は、まだ顧客が製品自体を知ら ないため、製品の認知度を向上させることが重要です。 【周辺知識】 プロダクトミックス(製品ラインとアイテム)/ 製品ライフサイクル(PLC) 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.210) 9 – 2 PLCとマーケティング戦略より

    答え

    • 導入期
    • 誤答選択肢 成長期
    • 成熟期
    • 衰退期

    解説

  • 24

    ブランドの使用体験や消費体験によって、そのブランドへの【 ? 】が形成されやすい。

    補足(例文と訳など)

    • マーケティングを遂行する上で、近年、特にブランド価値が注目されている。ブランド価値を高めることにより、価格競争が発生しても、そこに巻き込まれにくい、高品質のイメージによって高価格を設定できるといったメリットがある。【周辺知識】 ブランド価値/ ブランドの先発優位性/ ブランドの後発優位性出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.218) 9 – 4 ブランドの先発優位より

    答え

    • ブランドロイヤルティ 
    • 誤答選択肢 ブランドスイッチ 
    • 関連ブランド
    • 経験効果

    解説

  • 25

    ブランド戦略を展開していくうえで、既存製品で確立したブランドを別の新しい製品に利用する戦略をなんというか?

    補足(例文と訳など)

    • ブランドの基本戦略として、ブランド名と製品の組み合わせによって、「ライン拡張・ブランド拡張・マルチブランド・新ブランド」の4種類に分類されます。ブランド拡張は既存製品で確立したブランドを別の新しい製品に利用することです。例えば、あるメーカーが、石鹸で使用するブランド名を、新たなボディソープ、シャンプー、ハンドソープなどの他製品に使用する場合が当てはまります。デメリットとして、製品群を増やすことにより、既存ブランドの位置づけは不明確になることがあります。【周辺知識】 ブランドの基本戦略/ ブランド拡張/ マルチブランド出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.222) 9 – 5 ブランドの基本戦略より

    答え

    • ブランド拡張
    • 誤答選択肢 ライン拡張
    • マルチブランド 
    • 新ブランド

    解説

  • 26

    価格決定方針において、需要の価格弾力性が高いときに採用される場合が多い政策は?

    補足(例文と訳など)

    • 「市場浸透価格政策」とはすばやく大きな市場シェアを勝ち取るために、新製品の価格を意図的に低く設定する戦略で初期低価格政策ともいう。「需要の価格弾力性が高い」場合、価格によって需要が変動する度合いが大きいので低い価格を設定して需要を刺激する。 【周辺知識】 上澄み吸収価格戦略(スキミングプライシング戦略)/ 市場浸透価格戦略(ペネトレーションプライシング戦略) 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.230) 10– 2 新製品の価格設定戦略より

    答え

    • 市場浸透価格政策
    • 誤答選択肢 上層吸収価格政策
    • 端数価格政策
    • 威光価格政策

    解説

  • 27

    プロモーション政策は、【 ? 】とプル政策とに類型化できる。

    補足(例文と訳など)

    • プッシュ戦略は、メーカーが流通業者に対して働きかけ、流通業者を通じて自社製品を積極的に販売してもらう戦略です。顧客と双方向のコミュニケーションを行う人的販売や、流通業者、消費者、社内向けの販売促進が用いられます。プル戦略は、メーカーが消費者に対して直接的に働きかけ、購買意欲を刺激する戦略です。広告やパブリシティが用いられます。プル政策とプッシュ政策は組み合わせて採用されることがある。具体的には、消費者向けの広告、すなわちプル政策と、販売店に対する販売促進活動、すなわちプッシュ政策が同時に、また組み合わせて採用されるケースである。【周辺知識】 プロモーションミックス(コミュニケーションミックス)/ プロモーションミックスの決定要因出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.234) 11– 1 プッシュ戦略プル戦略より

    答え

    • プッシュ政策
    • 誤答選択肢 コミュニケーション戦略 
    • 人的販売
    • パブリシティ

    解説

  • 28

    マッカーシーの4Pの1つであるプロモーション活動の要素として、消費者に対し購入への短期的インセンティブを与える要素は何か?

    補足(例文と訳など)

    • マッカーシーの4Pの1つであるプロモーション活動の要素として広告、人的販売、パブリシティ、販売促進(SP)がある。販売促進は、消費者に対し購入への短期的インセンティブを与える。よって販売促進は広告よりも短時間で効果が表れる。例えば、コーヒーショップや飲食チェーン店の割引券を思い浮かべてほしい。割引券は、店内や路上で配布されたり、ポスティングされたりするが、消費者に対し来店を促す即効性がある。 【周辺知識】 販売促進(セールスプロモーション、SP)/ 人的販売 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.242) 11– 3 プッシュ戦略より

    答え

    • 販売促進
    • 誤答選択肢 広告
    • 人的販売
    • パブリシティ

    解説

  • 29

    流通チャネルの機能として、流通業者が介在することで取引数が効率化される機能をなんというか?

    補足(例文と訳など)

    • 所有権移転機能とは、製造業者から購入し、小売業者へ販売することで商品の所有権を移転する機能をいう。一般的には「製造業者→卸売業者→小売業者→消費者」の順に所有権が移転する。本肢のケースは卸売業者が商品を引き取っており、小売業者へ所有権を移転していない。 【周辺知識】 流通チャネルの意義/ チャネルの長さ 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.246) 12– 1 流通チャネルの意義より

    答え

    • 取引最小化機能
    • 誤答選択肢 所有権移転機能
    • リスク分担機能
    • 財務機能

    解説

  • 30

    メーカーの流通チャネル政策において、新規事業で流通業者を探しているときに採用される政策は?

    補足(例文と訳など)

    • メーカーの流通チャネル政策には、開放的チャネル政策、専属的チャネル政策、選択的チャネル政策がある。 選択的チャネル政策はブランドイメージの確保やシェア拡大の目的で選択され、買回品に採用される場合が多い。 【周辺知識】 チャネル政策の基本類型/ 垂直型マーケティングシステム(VMS) 出典:「FOCUS テキスト 企業経営理論」( P.250) 12– 2 流通チャネルの分類より

    答え

    • 選択的チャネル政策
    • 誤答選択肢 開放的チャネル政策
    • 専属的チャネル政策
    • 専門的チャネル政策

    解説

  • 31

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56632

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ