zuknow learn together

新しい教材を作成

精選現代文B 語彙編

カード 22枚 作成者: トシー (作成日: 2015/01/12)

  • 絶対

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

教科書の最後の方にのってる語彙。
教科担任から語彙をもっとつけた方がいいと言われたので
作ってみました。
今後は模試などの語彙も入れようかと思います!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    絶対

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他との比較、関係無しに唯一のものとして存在すること。

    解説

  • 2

    相対

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他との関係において存在すること

    解説

  • 3

    創造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新しいものを作り出すこと

    解説

  • 4

    模倣

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既にあるものをまねること

    解説

  • 5

    秩序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正しくまとまっている状態

    解説

  • 6

    混沌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入り混じって区別がつかない状態

    解説

  • 7

    中心

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文化を扱う評論において文化の正統性を担う部分

    解説

  • 8

    周縁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少数派であったり、異文化と近接していたりといった、異端とされている部分

    解説

  • 9

    理性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理立てて考える能力

    解説

  • 10

    感性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚によって感じ取る能力

    解説

  • 11

    矛盾

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つじつまが合わないこと。転じて、社会や制度において整合性が取れない状態を表す

    解説

  • 12

    自家撞着

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ人物の言動が前と後で食い違っていること (例)科学文明を否定する文章をパソコンで書いているのは自家撞着だ。

    解説

  • 13

    二律背反

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じように根拠を持つ命題が互いに矛盾してしまうこと。転じて一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ない状態 (例)賃上げをすれば給料が上がらず賃上げしなければ従業員がやめてしまうという二律背反に陥ってしまった。

    解説

  • 14

    ジレンマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相反する二つの事柄のどちらを選んでも良くない状況が訪れる板挟みの状態 (例)現代は、環境破壊か生活レベルの低下というジレンマに陥っている。

    解説

  • 15

    葛藤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心の中に相反する欲求が同時に起こり、そのどちらを選ぶか迷うこと。 単に感情的にもつれていがみあっている状態を表すこともある。 (例)義理と人情の間で葛藤する。

    解説

  • 16

    記号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あるものやことを、別のもので表すこと。 言語がその代表だが、しるし、身振り、象徴、表象に至るまで多く含まれている

    解説

  • 17

    コンテクスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文脈。ある言葉の意味を成立させる背景となる意味のつながり。

    解説

  • 18

    差異

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あるものやことを、他のモノやコトと比べた場合の違い

    解説

  • 19

    テクスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言葉によって書かれたもの。書かれたものの解釈について、読者が読むという行為の中でのさまざまな読解を肯定する意味合いで用いられることが多い。

    解説

  • 20

    表象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ものやことをかたちに表すこと。 ものやことをかたちとして捉えること。 また、そうして表されたり捉えられたりしたかたち

    解説

  • 21

    分節

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つながりものに区切りをつけること。 また、区切られたもの。分節する事によって差異が認識される。

    解説

  • 22

    物語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 様々なジャンルの表現において、受け手の意識を始めから終わりへと導く、筋のまとまりのこと。 近代は理性と自由の開放によりじんるいがゆたかになっていく「大きな物語」が信じられた時代とされる。

    解説

56576

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ