zuknow learn together

新しい教材を作成

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目五択

カード 62枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/01/12)

  • 65歳以上の人口の総人口に占める割合である「高齢化率」によって呼び方が変わるが、日本は2012年10月1日時点で()にある。
    1 高齢化率14%、高齢社会
    2 高齢化率20%、高齢社会
    3 高齢化率24%、超高齢社会
    4 高齢化率28%、超高齢社会
    5 高齢化率30%、超高齢社会

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目五択

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    65歳以上の人口の総人口に占める割合である「高齢化率」によって呼び方が変わるが、日本は2012年10月1日時点で()にある。 1 高齢化率14%、高齢社会 2 高齢化率20%、高齢社会 3 高齢化率24%、超高齢社会 4 高齢化率28%、超高齢社会 5 高齢化率30%、超高齢社会

    補足(例文と訳など)

    • 日本は2007年に超高齢社会に突入し、2012年10月1日時点で、高齢化率24%の超高齢社会にある。

    答え

    • 3

    解説

  • 2

    国の総人口に占める65歳以上の人口の割合を「高齢化率」というが、主要国のうち、日本に続き高齢化率が20%を超える国は、()である。 1 アメリカとイギリス 2 イギリスとイタリア 3 ドイツとフランス 4 イタリアとドイツ 5 韓国と中国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 3

    少子化の要因を示す、女性が一生に子供を産む数を統計的に求めた()という指標があるが、我が国は他の先進国と比較してこの値が低く、かつ減少傾向が続いている。日本は先進国では最も少ないグループで、1.4人前後である。アメリカは2.0人を超えている。 1 自然人口増加率 2 標準化出生率 3 新生児死亡率 4 中絶率 5 合計特殊出生率

    補足(例文と訳など)

    • 1は地域内における出生数と死亡数の差増率をいう。 2標準化出生率は「観察しようとする人口の女子の年齢別出生率(年齢別特殊出生率)」に「標準となる人口の年齢別人口構成割合(女子の年齢別人口を人口総数で除した値)」を乗じたものを年齢別に集計することよって計算される。

    答え

    • 5

    解説

  • 4

    少子化は大問題である。今まで発展してきた国に少子化の前例が無いし、若者が少ない国は活力が無くなる。と10年以上前に日本に対し警鐘を鳴らした学者は()である。 1 マイケル・サンデル 2 マイケル・ポーター 3 フィリップ・コトラー 4 P・F・ドラッカー 5 セオドア・レビット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 5

    マーケターは、()を別分野のこととして考えるのではなく、マーケティング活動の緊密な関係分野であるという認識の上に立って製品開発、市場開発に取り組む姿勢が求められる。 1生産、流通 2 人事、採用 3 調査、分析 4 財務、経理 5 企画、開発

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 6

    市場のニーズやウォンツをとらえ、消費者が求めるモノを作って提供しようとする発想を()といい、現代のマーケティングの鉄則とされる。 1 ソーシャル・マーケティング 2 マーケット・イン 3 オンデマンド 4 プロダクト・アウト 5 サプライヤー・イニシアチブ

    補足(例文と訳など)

    • 昨今では、マーケット・インをさらに推し進めたカスタマー・イン(顧客一人一人の要望に 沿って、商品やサービスを提供していく考え方)の発想が求められている。

    答え

    • 2

    解説

  • 7

    市場の成熟化とそれに伴う消費者の多様化・個性化により、市場の主導権は()へと移行している。 1 小売業からメーカー 2 消費者からメーカー 3 政府から民間 4 メーカーから小売業 5 大企業から小企業

    補足(例文と訳など)

    • 市場の主導権は消費者の情報を最もキャッチしやすい位置づけにある小売業に移っている。

    答え

    • 4

    解説

  • 8

    循環型社会のなかで、商品やサービスの購買行動において、商品やサービスの購買行動において、環境のことを重視する消費者を()と呼ぶ。 1 賢い消費者 2 エコ・コンシューマー 3 グリーン・コンシューマー 4 貧しい消費者 5 プロ・シューマー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 9

    マイケル・ポーターは、企業の社会的責任を受動的に捉えるのではなく、経済価値を創造しながら、社会のニーズに対応することで社会的価値も同時に創造するという()の創造を提唱している。 1 企業価値 2 顧客生涯価値 3 共通価値 4 経験価値 5 未来価値

    補足(例文と訳など)

    • マイケル・ポーターは経済的価値を創造しながら、社会のニーズに対応することで社会的価値も同時に創造するという共通価値の想像を提唱している。

    答え

    • 3

    解説

  • 10

    今日の組織は、営利、非営利を問わず、マーケティング思考のコンセプトに基づいて自らの特色をアピールし、()を高めて「選ばれる存在」となるための努力が求められる。 1 CS 2 SC 3 PR 4 3C 5 4P

    補足(例文と訳など)

    • カスタマーサティスファクションの略で顧客満足度を意味する。

    答え

    • 1

    解説

  • 11

    特定の市場、あるいは測定の製品分野に限定してビジネスを展開し、その分野におけるリーダーを目指すのは()の戦略である。 1 リーダー 2 チャレンジャー 3 フォロワー 4 ニッチャー 5 バイヤー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 12

    リーダー企業は市場のシェアの確保・拡大と同時に市場そのものの拡大をも目標とし、その戦略は広範な顧客層を対象とする()による全方位カバーとなる。 1 製品フルライン 2 他社の模倣 3 低価格商品 4 高性能商品 5 市場特定化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 13

    アスクルの文具通販(スタート時)、1000円カットのQBハウス等は、従来の成熟した市場での競争を避け、新しいビジネスモデルでの展開を志向するものであり、競争者のいない静かな市場空間を意味する()戦略に該当する。 1 レッド・オーシャン 2 ブルー・オーシャン 3 グルーバル 4 ニッチ 5 ドミナント

    補足(例文と訳など)

    • 激しい「血みどろ」の争いが繰り広げられている既存の市場をレッド・オーシャンという。

    答え

    • 2

    解説

  • 14

    CRMとは、顧客を中心に据えたマネジメントの仕組みを構築することであり、その一例として()が挙げられる。 1 コーポレートアイデンティティ 2 ブランドエクイティ 3 リバタイリゼーション 4 ゴーイングコンサーン 5 リコメンドサービス

    補足(例文と訳など)

    • 1は企業文化を構築し 特性や独自性を統一されたイメージやデザイン、またわかりやすいメッセージで発信し 社会と共有することで存在価値を高めていく企業戦略のひとつ。 2はあるブランドが持っている資産価値のこと。 3は再生。蘇生。復興のこと。 4は企業が将来にわたって無期限に 事業を継続することを前提とする考え方のこと。

    答え

    • 5

    解説

  • 15

    CI戦略とは、()を通じて、企業の経営理念を広く世間に訴え、正しく理解してもらうための活動を意味し、旧来の社名や社名ロゴを変更、刷新するという手段がとられる場合が多い。 1 IT技術 2 顧客満足 3 市場調査 4 視覚的手段 5 口コミ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 16

    バリューイノベーションにより、市場の境界線を引き直すという考え方がある。そのための代表的なフレームワークの1つは()である。 1 3つの価値基準 2 3つの事業戦略類型 3 4つのアクション 4 5つの力 5 製品・市場マトリックス

    補足(例文と訳など)

    • 1はマイケル・トレーシーとフレッド・ウィアセーマが提唱した、成功する企業が顧客に対する価値を創造する3つの方法。 2と4はマイケル・ポーターの競争戦略である。 5はあんぞふの成長戦略類型である。

    答え

    • 3

    解説

  • 17

    CVSのマーケティング戦略は、商品戦略を()に合わせ、それをモノとコトの両面から追求しているのが特徴である。 1 専門性 2 機能性 3 流行性 4 利便性 5 汎用性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 18

    CVSの単品販売職はスーパー、百貨店をもしのぎ、独自の商品開発を可能にしている。特にメーカーの開発力を活用した「製販一環体制」により新規に開発された商品(PB)は他店で取り扱っていないため、差別化と同時に有効な()戦略となっている。 1 チャネル 2 細分化 3 価格 4 プロモーション 5 立地

    補足(例文と訳など)

    • PBは他店で取り扱っていないため、差別化と同時に価格比較がされにくく、安定した収益を確保することができ有効な価格戦略となっている。

    答え

    • 3

    解説

  • 19

    マーケティング戦略を構築する要素である自社、顧客、そして競合他社を、それぞれの頭文字をとって()という。 1 3M 2 3G 3 3S 4 3P 5 3C

    補足(例文と訳など)

    • company、customer、competitorのこと。

    答え

    • 5

    解説

  • 20

    ()とは、同一の商品分野で同一の消費者層をターゲットとしている他企業 を指し、市場をどう捉えるかによってさまざまに想定することが可能である。 1 コンペティター 2 カテゴリーキラー 3 フランチャイザー 4 ベンダー 5 イノベーター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 21

    「やってみなはれ」「利益三分主義」の創造の精神を継承、発展させている企業は()である。 1 クロネコヤマト 2 ソニー 3 ホンダ 4 ワタミ 5 サントリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 22

    商品に¥付されたバーコードを販売時点において読み取って単品管理を行い、商品在庫の正確な把握と、過剰在庫や欠品の防止に不可欠なのが()システムである。 1 SCM 2 CRM 3 CVS 4 POS 5 POP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 23

    市場が成熟化している今日、より有効かマーケティング戦略は()である。 1 多角化経営 2 市場細分化 3 少品種大量生産 4 製品差別化 5 多品種少量生産

    補足(例文と訳など)

    • 市場が成熟化して消費者が多様化・個性化する今日において、より有効なマーケティング戦略は、新たな市場を創出する市場細分化である。

    答え

    • 2

    解説

  • 24

    市場細分化を製品ライフサイクルの視点から見ると、()にかけて行われるのが特徴である。 1 導入期〜成長期 2 成熟期〜衰退期 3 成長期〜衰退期 4 成長期〜成熟期 5 導入期〜成熟期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 25

    性別、年齢、学歴、職業など、客観的事実に基づく消費者個人のプロフィールを()という。 1 ライフステージ 2 サイコグラフィックス 3 デモグラフィックス 4 ライフスタイル 5 セグメンテーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 26

    成熟化した市場に対応すべく、市場の地域差に着目して、地域ごとにマーケティング戦略を策定・実施する手法を()という。 1 ワン・トゥ・ワンマーケティング 2 インタラクティブ・マーケティング 3 エクスターナル・マーケティング 4 エリア・マーケティング 5 インターナル・マーケティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 27

    ()歳以上のシルバー人口は3千万人を超え、市場規模は100兆円を超えるとみられている。シルバー市場は、高齢化の進展とともに今後しばらく拡大することが確実であり、マーケットの可能性に期待が寄せられている。 1 50 2 55 3 60 4 65 5 70

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 28

    女性の社会進出が進み、調理時間を節約したいという働く女性のニーズがあること、また商品開発が進み保存体制や配送技術が高度化したことなどから()が長期間にわたり拡大している。弁当、惣菜専門店だけでなく、ドラッグストアやディスカウントショップが弁当屋惣菜の取り扱いを開始するなど()をめぐる業態間での競争も激化している。 1 外食市場 2 内食市場 3 中食市場 4 間食市場 5 健康食品市場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 29

    企業の多角化が進む今日、鉄道会社によるデパート経営、家庭用品メーカーによるOAサプライ発売など、一つの企業がまったく異なる複数の()で事業を展開している場合がある。 1 ドメイン 2 セグメンテーション 3 チャネル 4 コンセプト 5 プロモーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 30

    ()とは、市場において、自社あるいは自社の製品・サービスをどのように位置づけるかを明確にし、他者との差別化を通じて自社の優位性を確立するための戦略をいう。 1 ディファレンシエーション 2 セグメンテーション 3 ポジショニング 4 コミュニケーション 5 プロモーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 31

    製品パリティの今日、マーケティングのフェーズは製品そのものの競争から、消費者にどのようにイメージづけるか、どのように明快な()を確立するかという「知覚」の競争にシフトしている。有効な()は、製品・サービスの独自性を確立した上で、独自のコミュニケーション戦略とあいまって可能になり、そのコミュニケーションはシンプルでありながら消費者の頭の中に確実に留まるようなものが必要である。 1 プロモーション 2 コミュニケーション 3 セグメンテーション 4 ターゲティング 5 ポジショニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 32

    インターネットリサーチの手法は2つに大別されるが、現在の主流は特定多数を調査対象とする()型である。 1 オープン 2 アンケート 3 アウトバウンド 4 クローズ 5 インバウンド

    補足(例文と訳など)

    • クローズ型とオープン型がある。 設題はクローズ型。一方のオープン型は不特定多数の回答者を受け入れるため、同一人による恣意的な複数回答や、懸賞狙いの回答を識別、排除することが難しく、その信頼性に疑問符が付く。

    答え

    • 4

    解説

  • 33

    マーケティングリサーチにおける5W1Hについて、アンケート調査、郵送調査、電話調査、観察調査、インターネット調査などから、最適な手法の選択は()に該当する。 1 Where 2 Who 3 What 4 Why 5 How

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 34

    消費者カンケーと調査により店舗を解析する手法として、買い物をした消費者の意識データを利用して、どのような購買パターンの消費者が存在するかを明らかにするといった、ここのデータ要素間の背後に存在し、そこに共通して存在する特性を抽出する方法は、()である。 1 クラスター分析 2 因子分析 3 主成分分析 4 回帰分析 5 コーホート分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 35

    その商品の性能や機能を重視して理性的な基準で判断するのではなく、シンボル性やデザイン性を重視して「好きか嫌いか」という基準で購買を決定するのが()の特徴である。 1 感性消費 2 選択的消費 3 サービス消費 4 計画購買 5 ブランド志向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 36

    最近の身の回り品の消費行動として、ブルーレイ・ハードディスクレコーダーやハイビジョン大画面薄型テレビなど、従来品に比べちょっと高めの高級品を買い求める消費が目立っている。この現象を()消費とよぶ。 1 利便性 2 徹底探索 3 こだわり 4 プレミアム 5 感性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 37

    コンピュータのデータ交換、ビデオの録画データ、ゲームソフトなど、消費者間に頻繁な相互作用が存在する状況において、同じ製品を持つ他の消費者が多ければ多いほどその製品の価値が大きくなるという性質を()という。 1 価格弾力性 2 ライフタイム・バリュー 3 ネットワーク外部性 4 価値連鎖 5 ブランドロイヤルティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 38

    ジェフリー・ムーアは、利用者の行動様式に変化を強いるハイテク製品の普及プロセスにおいて、特に()の間には深くて大きな溝(キャズム)があると指摘した。 1 イノベーターとアーリーアダプター 2 アーリーアダプターとアーリーマジョリティ 3 アーリーマジョリティとレイトマジョリティ 4 レイトマジョリティとラガード 5 イノベーターとレイトマジョリティ

    補足(例文と訳など)

    • アーリーアダプターとアーリーマジョリティ間の普及率16%を超える段階に、意向を阻害する深い溝があることを指摘した。これを普及率16%の論理という。

    答え

    • 2

    解説

  • 39

    消費者の生活構造、意識、行動に関する社会的パターンを()といい、消費者のセグメンテーションや商品ターゲットの絞り込みに活用される。 1 ライフステージ 2 ライフプラン 3 ライフライン 4 ライフスタイル 5 ライフサイクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 40

    ()商品はすべての人に使いやすいものは障害者にも使いやすいという考え方で製品を開発するため、もともとのデザインが障害、障壁を感じさせないものになっているのが特徴である。 1 バリアフリー 2 ボーダーレス 3 エイジレス 4 グッドデザイン 5 ユニバーサル・デザイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 41

    これまでの民放では、損害賠償請求にあたり消費者が製造物の欠陥と被害の因果関係や業者の過失を立証しなければならなかったが、()ではこの点が大幅に緩和され、製造業者の側が因果関係や過失がないことを立証しなければならない。 1 独占禁止法 2 消費者保護基本法 3 民事訴訟法 4 PL法 5 大規模小売店舗立地法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 42

    さまざまな製品概念に共通して重要なことは、製品というものが、幾つかの階層からなり、消費者はトータルとしての製品、すなわち「()の束」として製品を購入しているということである。 1 利益 2 コンセプト 3 ニーズ 4 機能 5 ベネフィット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 43

    資生堂シャンプー「TSUBAKI」に代表されるように、1つの製品分野に共通のブランドで、広告宣伝を行うマーケティング戦略を()戦略という。 これに対し、ビール飲料のように、1メーカーのここの製品ごとに異なるブランドを展開する戦略をマルチブランド戦略という。 1 ナショナル・ブランド 2 メガブランド 3 ジェネリック・ブランド 4 ファミリー・ブランド 5 コーポレート・ブランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 44

    「カルピス」や「チキンラーメン」などのようにロングセラーと呼ばれる商品の多くは、その商品が衰退期に入る前に、斬新なデザインや機能・性能に改良するなどの商品に修正を加えて再活性化し、商品寿命の延命を図ってきた。これを()という。 1 計画的陳腐化 2 リポジショニング 3 リバイタリゼーション 4 イノベーション 5 リノベーション

    補足(例文と訳など)

    • 再活性化ともいう。

    答え

    • 3

    解説

  • 45

    寡占市場が形成されているような業界では、競合する企業の間で協定や申し合わせがなくても、ある企業が値上げを行うと他の企業も同調して値上げを行い、値下げをすると同様な値下げを行う()によって、価格が定められている。 1 カルテル 2 プライス・リーダーシップ 3 再販売価格維持 4 コスト・リーダーシップ 5 EDLP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 46

    ()は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもので、景気が過熱気気味か停滞気味かといった景気判断に用いられるなど、経済の体温計とも呼ばれる指標である。 1 経済成長率 2 為替レート 3 景気動向指数 4 企業物価指数 5 消費者物価指数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 47

    カジュアルウェア業界で、コスト・リーダーシップを発揮しているユニクロが、商品の高品質、低価格化を実現できているのは、商品の企画、生産、物流、販売までを一貫して自社で行う()であることが理由の1つである。 1 ファブレス 2 ディスカウントショップ 3 LCC 4 フランチャイズチェーン 5 SPA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 48

    ハンバーガーチェーンである日本マクドナルドが経営の基本として徹底している、レストランビジネスの基本理念でもあるQSC+VのCの意味は()である。 1 Customer 2 Cost 3 Convenience 4 Communication 5 Cleanliness

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 49

    2006年に見直された新しいまちづくり3法は、中心市街地にさまざまな都市機能を集中させたヨーロッパの都市でみられる()シティを目指す構想が強く意識されている。 1 ユニバーサル 2 ドーナツ 3 タウン 4 ダイヤモンド 5 コンパクト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 50

    大手流通外資として、1995年にアメリカから進出したカジュアル衣料の専門店は()であり、世界のカジュアル衣料品の売上高でトップの企業である。 1 ZARA 2 H&M 3 ギャップ 4 ユニクロ 5 バーニーズニューヨーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 51

    財務、税務のアドバイス、POSシステムの提供とデータ分析、売り場レイアウト、棚割、マーチャンダイジングの提供など、メーカーや卸売業が小売業を支援する活動を()という。 1 リベート 2 インストアプロモーション 3 ディーラー・ヘルプス 4 プラノグラム 5 リテール・サポート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 52

    ()システムとは、本部と加盟店が一定地域内における営業に関する契約を結び、統一されたイメージで多店舗展開する経営システムをいう。 1 特約店 2 フランチャイズ 3 ボランタリー 4 代理店 5 販売会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 53

    消費者の購買行動の代表的なプロセスモデルであるAIDMAモデルに対して、インターネットでの購買行動のプロセスモデルとしてAISASやAISCEASというモデルが提唱されている。これらのモデルの最初のAはAttention、2番目のIはInterest。3番目のSはSearchを、最後のSは()を表す。 1 Simulation 2 Share 3 Search 4 Satisfaction 5 Strategy

    補足(例文と訳など)

    • 共有を意味する。

    答え

    • 2

    解説

  • 54

    人の多く集まる野球場やサッカー場などのスポーツ施設や公共施設に、企業名や商品名をつける権利を()という。 1 ブランドエクイティ 2 フィランソロフィー 3 メセナ 4 ネーミングライツ 5 オーナーシップ

    補足(例文と訳など)

    • フィランソロフィーは企業の社会貢献活動。メセナは、芸術文化支援活動である。

    答え

    • 4

    解説

  • 55

    顧客が来店してから購買の意思を決定するまでの行動に対して、最も効果的、効率的に商品を提示して生産性を最大化しようとする活動を()という。 1 POP 2 ISM 3 BGM 4 POS 5 FSP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 56

    実際に商品を使って見せ、その商品の機能や性能、使用方法や使い心地などを消費者に直接訴求することで購買に結びつける手法を()という。 1 特売 2 エンド販売 3 デモンストレーション販売 4 サンプリング 5 POP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 57

    図書券、ビール券、お米券など、特定の商品やサービスと交換できる引換券を()という。 1 バウチャー 2 POP 3 ノベルティ 4 プレミアム 5 クーポン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 58

    ()は広告主が見込客に向けて郵送する広告で、宛名広告ともいう。自社が扱う商品、サービスの販売触診を目的とし、広告の携帯は印刷物が主流である。 1 チラシ広告 2 屋外広告 3 POP広告 4 DM広告 5 交通広告

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 59

    東京ディズニーリゾートのテーマパークの運営ではSCSEという4つの行動基準を設けている。これらは王道基準の頭文字を優先順位の高い順に並べたものであるが、最初のSの意味する内容は()である。 1 Show 2 Service 3 Sincerity 4 Safety 5 Seisou

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 60

    アジアの国、地域への外国人訪問者数はm中国への訪問が突出して多く、2位は()である。 1 日本 2 韓国 3 インド 4 マレーシア 5 タイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 61

    インターネットに接続できるデジタル機器として、近い将来最も数が拡大することが予想される機器は()である。 1 スマートフォン 2 タブレット端末 3 ノートパソコン 4 電子書籍 5 デスクトップパソコン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 62

    ()コンピューティングとは、インターネットなどのネットワーク上に存在するサーバが提供するサービスを、それらのサーバ群を意識することなしに利用できるというコンピュータの利用形態を表す言葉である。 1 スマート 2 タブレット 3 ソーシャル 4 グリッド 5 クラウド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

56636

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ