zuknow learn together

新しい教材を作成

生産士2級⑤調達・製造日程計画のしくみ

カード 17枚 作成者: ノーエクスチェンジ (作成日: 2015/01/08)

  • 調達するものを発注して、発注したものを入手するまでの期間を

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    調達するものを発注して、発注したものを入手するまでの期間を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リードタイムという

    解説

  • 2

    入手が必要なものは、入手が必要な時点よりリードタイムの分だけ前になるような( )を立てて発注する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調達計画

    解説

  • 3

    調達計画を立てるには対象とする( )が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造計画

    解説

  • 4

    製造計画の計画時点は( )よりも前になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リードタイム

    解説

  • 5

    この時調達計画で必要としている製造計画を( )といい、通常は( )などの期間で定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調達対象製造計画、月度

    解説

  • 6

    調達計画の為に製造計画を立てる時点を( )という。調達計画は、調達対象製造計画の実現に必要な( )を製造計画時点で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造計画時点、インプット調達計画

    解説

  • 7

    見込生産型の場合、顧客要求確定時点は( )なので、製造計画時点は顧客要求確定時点より( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品完成後、早い

    解説

  • 8

    繰返生産型・繰返型式受注生産型では 顧客要求確定時点より製造計画時点を( )事が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前に持ってくる

    解説

  • 9

    個別受注生産型は、( )から設計、調達と活動が活発行われるので、製造計画時点は顧客要求確定時点より( )になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客要求確定時点、後

    解説

  • 10

    調達対象製造計画の計画時点は、通常、第1次、第2次、第3次の3段階があり、それぞれの製造計画が立てられる。これらの製造計画をそれぞれ、( )、( )、( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大日程計画、中日程計画、小日程計画

    解説

  • 11

    余りがあるときは、余った材料・部品を次の調達対象製造計画に用いることができ、次の製造計画に有効である。これをと( )いい、次の式で示すことができる。 ある調達対象製造計画の見込材料・部品調達量( ) ーその調達対象製造計画の確定した材料・部品必要量( ) =以後の調達対象製造計画への ( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効残、見込発注量、引当量、有効残

    解説

  • 12

    6欄式在庫台帳とは 通常の在庫台帳は( )の3欄式ですが、製造計画との関 係が分かりにくい欠点があり、このままでは有効残がすぐに分かりません。 そこで、この3つの欄に、調達の( )(注文したが未納入の量)、( )(確定した製造量)、( )の3欄を追加して、6欄にします。有効残は6欄式在庫台帳で示すことができます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入庫、出庫、在庫、注文残、引 当量、有効残

    解説

  • 13

    材料・部品の調達計画は調達対象製造計画に基づいて展開され、その調達量は製造計画時点の有効残を考慮して、次の計算で求める。 材料・部品の調達量=ある調達対象製造計画を展開した材料・ 部品の必要量ーその調達対象製造計画に繰り越す有効残 なお、材料・部品の調達の( )が長いときには、有効残による発注調整は、その長さだけ( )ことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リードタイム、遅れる

    解説

  • 14

    製造活動では( )が発生する。これを工程ごとに把握するために、工程在庫を把握する方法がある。しかし、製造活動には( )があり、それによって( )は計画的に発生するので、日程の進度統制を行っていれば、工程ごとの在庫を把握するための情報処理コストをかける必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕掛在庫、日程計画、仕掛在庫

    解説

  • 15

    日程は( )と( )(製造主体の( ))を対比させて決定する。 日程の決め方には3つの方法がある。 ①( )を固定して、( )をある順序で加えることで日程を仮に決 め、( )を満たせないときにはを増加させる。これを繰り返して日程を決定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負荷、能力、能力、能力、負荷、納期、能力

    解説

  • 16

    基準日程で最終工程を0時刻として、これを基に逐次、前工程に時刻(通常は日単位)を累計して日程を示した数字を( )という。 第一工程の( )が多いものほど ( )が長くなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手番、製造期間

    解説

  • 17

    手番の単位幅(1日単位、週単位など)のことを( )(Time BucKet)という。( )は次の3点を考慮して設定する。 ①現場部門の都合により、( )の変更を許される範囲であること ②1ロット、あるいは1オーダーの()より長いこと ③統計的に能力が( )する期間であること なお、時間域をあまり大きくし過ぎると()が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間域、加工順序、加工時間、平均化、停滞

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ