zuknow learn together

新しい教材を作成

【証券外務員資格試験】17-特定店頭デリバティブ取引等

カード 57枚 作成者: Gaimuin (作成日: 2015/01/08)

  • 店頭デリバティブは、特に高い専門性を要求され、リスクも高いため、第一種金融商品取引業の登録が必要とされている

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    店頭デリバティブは、特に高い専門性を要求され、リスクも高いため、第一種金融商品取引業の登録が必要とされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    第一種金融商品取引業を行う者は、市場デリバティブ・店頭デリバティブともに扱うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    店頭デリバティブは、特定投資家、一般投資家のどちらとの間でも取引を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    社債等に係るクレジット・デリバティブ取引は、当該社債等を発行する上場会社等に係る未公表の重要事実を知りながら行う場合は内部者取引(インサイダー取引)規制の対象となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    契約の当事者である二者間で、スタート日付から満期までの一定間隔の支払日(ペイメント日)にキャッシュ・フロー(変動金利と固定金利など)を交換する取引をフォワード取引という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    カウンターパーティ・リスクとは、取引相手の信用リスクのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    デリバティブ取引において、カウンターパーティ・リスクを考慮する必要がほとんどないのは店頭デリバティブである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    店頭デリバティブにおいて、ベンチマークとして参照される金利は、LIBORやスワップレートが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    店頭デリバティブは、顧客ニーズに沿った商品設計をするなど、オーダーメイド的な要素を有するオプション(エキゾティック・オプション)を含んだものが多いため、流動性は市場デリバティブに比べて高いといわれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    店頭デリバティブにおいて、市場価格や金利、為替レートなどが予見不能な、あるいは、確率的に変動するリスクを流動性リスクという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    店頭デリバティブにおいて、信用力の予期しない変化に関連して、価格が確率的に変化するリスクを信用リスクという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    店頭デリバティブにおいて、ポジションを解消する際に、十分な出来高がなく取引ができないリスクを市場リスクという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    カウンターパーティ・リスクにおけるエクスポージャーとは、スワップ取引の相手方がデフォルトした場合に同じ経済効果を享受するために別の相手方と再度契約をし直す再構築コストのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    クレジット・デリバティブは、日本証券業協会の自主規制の適用対象となる店頭デリバティブに含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    天候デリバティブは、日本証券業協会の自主規制の適用対象となる店頭デリバティブに含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    災害デリバティブは、日本証券業協会の自主規制の適用対象となる店頭デリバティブに含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    エクイティ・デリバティブは、特定店頭デリバティブ取引等の範囲に含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    コモディティ・デリバティブは、特定店頭デリバティブ取引等の範囲に含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    いわゆるプロ同士の店頭デリバティブ取引(有価証券関連店頭デリバティブ取引を除く)は、日本証券業協会の自主規制の適用対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    金利スワップとは、取引者Aと取引者Bが異なる通貨間で、変動金利と固定金利、変動金利と異種の変動金利、固定金利又は変動金利と一定のインデックス(参照指標)を変換する取引のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    金利スワップの取引の主流は、固定金利とLIBORなどの変動金利を交換するスワップである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    金利スワップにおいては、元本の交換が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    金利スワップのうち、固定金利と変動金利を交換するスワップは最も基本的な金利スワップであり、ベーシス・スワップと呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    金利スワップで交換される変動金利には、長期プライムレートや短期プライムレートなどが含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    LIBORなどの変動金利を対象としたコール・オプションをフロア(Floor)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    フロア(Floor)の買い手は、オプション料を支払う代わりに、LIBORなどの変動金利がストライクレートを下回った場合にストライクレートとの差額を売り手から受け取ることができ、これにより金利下落リスクのヘッジが可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    フロア(Floor)の買い手は、オプション料を支払う代わりに、LIBORなどの変動金利がストライクレートを上回った場合にストライクレートとの差額を売り手から受け取ることができ、これにより金利上昇リスクのヘッジが可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    将来の市場金利低下により保有金利資産の受取金利収入の減収リスクをヘッジしようとするときは、フロア(Floor)を買うことでヘッジすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    スワップションのうち、「固定金利払い・変動金利受け」のタイプをレシーバーズ・スワップションという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    通貨スワップ(クロス・カレンシー・スワップ)とは、取引者Aと取引者Bが、異なる通貨のキャッシュ・フロー(元本及び金利)をあらかじめ合意した為替レートで交換する取引である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    通貨スワップのうち、元本交換を行わず、金利の交換のみ行う場合をクーポン・スワップという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    事業法人が銀行との間で通貨スワップを行う場合の事業法人のリスクには、取引相手方の信用リスクがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    一定期間内に原資産価格があらかじめ定めた一定の水準に達するとオプションが発生又は消滅する取引をバイナリーオプション(ディジタル・オプション)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    将来の特定の一時点に原資産価格が特定領域に入っている場合のみあらかじめ定められた金額を支払う取引をバリア・オプションという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    エクイティ・デリバティブのうち、投資家と金融商品取引業者が、変動金利と株価指数や個別株価のパフォーマンスを交換する取引をエクイティ・スワップという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    エクイティ・デリバティブのうち、投資家と金融商品取引業者が、日経平均株価等の株価指数や個別株価の価格変動性の実現値と固定価格を交換する取引をバリアンス・スワップという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    トータル・リターン・スワップ(TRS)は、プロテクション・セターが取引期間中にプロテクション・バイヤーに社債等の参照資産から生ずるクーポン及び値上がり益を支払い、代わりに値下がり分及び短期金利を受け取るスワップ取引である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    トータル・リターン・スワップ(TRS)の取引期間中に参照資産である社債等のデフォルトが生じた場合、プロテクション・セラーは当該資産を額面で引きとることで、プロテクション・バイヤーの評価損を補償する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    トータル・リターン・スワップ(TRS)では、プロテクション・バイヤーは、社債等を保有したまま、売却した場合と同じような経済効果が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    トータル・リターン・スワップ(TRS)では、プロテクション・セラーは、少ない資金負担で社債等を保有した場合と同じような経済効果が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    クレジット・イベント(信用事由)が発生したときにペイオフが発生するデリバティブをCDSという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)において、リスクヘッジする側をプロテクション・バイヤーという。                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)において、信用事由が発生せずに取引が終了した場合、買い手が支払ったプレミアムは買い手に払い戻される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)における信用事由とは、一般に「倒産・破産」「債務不履行」「債務リストラクチャリング」と定義されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のプロテクション・セラーは、参照企業に信用事由(クレジット・イベント)が発生した場合にはその分の保障額を支払うことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    複数の企業の信用リスクをまとめたバスケット型クレジット・デリバティブにおいてそのうち、1社でもデフォルトしたときにクレジット・イベント決済が行われるものをFTDという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    CDOとは、ローン債券や社債、CDSを多数集めてプールし、これを裏付けにして発行される証券のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    天候デリバティブ(ウェザー・デリバティブ)とは、オプションの買い手からみて、異常気象や天候不順などを原因とする利益の減少等のリスクをヘッジするためのリスクヘッジ商品である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    天候デリバティブは、実損填補を目的としていないため、一定の条件が満たされれば、実際に損害が発生しなくても決済金が支払われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    日本における天候デリバティブでは、一般にオプションの売り手の最大支払金額が定められていることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    天候デリバティブは、多くは相対取引の店頭デリバティブであるが、一部、取引所に上場されているものもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    天候デリバティブにおいて、(累積)CDDが大きくなればなるほど、夏期は猛暑であることを意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    天候デリバティブにおいて、(累積)HDDが大きくなればなるほど、冬期は暖冬であることを意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    CATスワップは、国内の損害保険会社同士が、それぞれ引き受けた自然災害保険の再保険として、その自然災害保険に係るリスクを交換する取引である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    損害保険会社は、CATスワップにより、自然災害の発生頻度に影響されることなく、再保険調達を図ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    地震オプションは、実損填補を目的としていないため、一定の条件が満たされれば、実際に存在が発生しなくても決済金が支払われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    地震オプションの顧客のリスクは「決済金だけでは実際の存在金額をカバーできないリスク」のみである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

57045

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ