zuknow learn together

新しい教材を作成

内分泌

カード 41枚 作成者: 水音♥︎ (作成日: 2015/01/08)

  • RNAの種類

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

テスト対策中心
関連事項も

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    RNAの種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リボソームRNA(rRNA) トランスファーRNA(tRNA) メッセンジャーRNA(mRNA)

    解説

  • 2

    RNAの正式名称は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リボ核酸 ribonucleic acid リボヌクレオチドがホスホジエステル結合でつながった核酸

    解説

  • 3

    インスリンの効果(短期、秒単位)は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン感受性細胞内へのグルコース、アミノ酸およびK+輸送の促進

    解説

  • 4

    インスリンの主な効果(中期、分単位)は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質合成促進 タンパク質分解抑制 グリコーゲン合成と解糖酵素の促進 ホスホリラーゼと糖新生酵素の抑制

    解説

  • 5

    インスリンの主な効果(長期、時間単位)は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂質生成酵素とその他の酵素のmRNA群の増加

    解説

  • 6

    脂質生成のプロセスを簡単に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ※マッキー参照

    解説

  • 7

    内分泌と外分泌の違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 導管を介して分泌物を排出することを「外分泌」 導管を持たずに分泌化学物質が分泌細胞から血液中に放出される現象を「内分泌」

    解説

  • 8

    糖尿病を簡単に説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン作用不足により慢性的な高血糖と様々な代謝異常、それに伴う代謝異常

    解説

  • 9

    糖尿病のインスリン作用不足の主な原因は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①膵B細胞からのインスリン分泌不全 ②末梢組織におけるインスリン感受性の低下(インスリン抵抗性)

    解説

  • 10

    生理的の意味

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①体の機能や組織に関するさま ②理屈ではなく本能的であるさま

    解説

  • 11

    グルカゴンの主な作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空腹、運動時に体内に貯蔵されているエネルギーを動員すること。(エネルギー:グリコーゲンや中性脂肪として体内にある)

    解説

  • 12

    インスリンがエネルギーを貯蔵する作用をもつことに対して、グルカゴンはエネルギーを⚪︎⚪︎するホルモンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遊離

    解説

  • 13

    ヌクレオチドとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヌクレオシドにリン酸基が結合した物質である。語源は“nucleo(核の)tide(結ばれた)”と言う意味であり、これをローマ字読みしたもの

    解説

  • 14

    ヌクレオシド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩基と糖が結合した化合物の一種

    解説

  • 15

    ステロイドとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎(両方の腎臓の上端にある)から作られる副腎皮質ホルモンの1つ。薬として使うことがある。

    解説

  • 16

    ステロイドの主な働き二つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗炎症作用 免疫抑制作用

    解説

  • 17

    脳下垂体とはどこにあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    甲状腺はどこにあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    副甲状腺はどこにあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    副腎はどこにあるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    ランゲルハンス島はどこにあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    ホルモンと認められるための条件はいくつあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7つ

    解説

  • 23

    ホルモンの化学的性状は大きく分けて3つである。何と何と何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステロイド、たんぱく質、アミノ酸誘導体(チロシン誘導体)

    解説

  • 24

    ステロイドホルモンとはどんなものか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・ステロイド骨格を持っている ・結合する受容体によって5つに分類される

    解説

  • 25

    ステロイドホルモン5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖質コルチコイド 鉱質コルチコイド アンドロゲン エストロゲン 黄体ホルモン

    解説

  • 26

    ホルモンの略称について 覚えておきたい4つのアルファベットとそれが表す意味は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • R:releasing 放出 I:inhibiting 抑制 S:stimulating H:hormone ホルモン

    解説

  • 27

    コルチコイドとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質(cortical)から分泌されるステロイド様物質の総称。コルチコステロイドのこと。

    解説

  • 28

    糖質コルチコイドの存在意義は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ糖およびたんぱく質の代謝に関与する。人間は主にコルチゾルがその役割を担う。

    解説

  • 29

    電解質(鉱質)コルチコイドの存在意義は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Naの貯留作用など、NaやKの排泄に関与しているホルモンである。代表的なものとしてはアルドステロン

    解説

  • 30

    副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンで主なもの3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、アンドロゲン活性を持つステロイド

    解説

  • 31

    アンドロゲンは作用を持つ副腎皮質ホルモンで代表的なものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デヒドロエピアンドロステロン

    解説

  • 32

    ヌクレオチドとヌクレオシドの関係は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヌクレオチド=ヌクレオシド+リン酸

    解説

  • 33

     RNAとDNAの構成成分の違いは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・糖 ・四種類の塩基の内の一つ

    解説

  • 34

    糖質コルチコイドと電解質コルチコイドの説明をするときに書く三要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作用機序 作用 分泌調節

    解説

  • 35

    ヒト糖質コルチコイドの生理作用@肝臓

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖新生増加 グリコーゲン合成貯蓄増加 グルコース6-ホスファターゼ活性上昇

    解説

  • 36

    糖新生とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖質以外の物質から、グルコースを生産する経路のこと。

    解説

  • 37

    糖質コルチコイドの生理作用@筋肉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパクの分解→糖原生アミノ酸生成増加(ここでできたアミノ酸は肝臓に運ばれる)

    解説

  • 38

    甲状腺ホルモンを具体的に挙げよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・トリヨードサイロニン(トリヨードチロニン、Triiodothyronine、T3) ・サイロキシン(チロキシン、Thyroxin、T4)

    解説

  • 39

    カルシトニンは甲状腺から分泌されるが、甲状腺ホルモンとは呼ばない。その理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 別の生理作用を持つから

    解説

  • 40

    T3とT4の違いは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルモン1分子中のヨードの数。 生理活性は、T3の方が強いが、血中を循環する甲状腺ホルモンのほとんどはT4である。

    解説

  • 41

    ①グリコーゲンと②グルカゴンの違いは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①α-Dグルコースが枝分かれして、たくさん繋がったもの ②ペプチドホルモンのこと。インスリンとは逆に血糖値をあげる。

    解説

56782

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ