zuknow learn together

新しい教材を作成

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目三択

カード 11枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/01/07)

  • ミクロ・マーケティングの説明で正しいのは次のどれか。
    1 商品が生産者から最終消費者へと流れている全体のプロセスを経済的に把握してとらえるものである。
    2 企業が展開する対市場活動のことであり、マーケティングは企業の経営者によって管理される。
    3 企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目三択

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ミクロ・マーケティングの説明で正しいのは次のどれか。 1 商品が生産者から最終消費者へと流れている全体のプロセスを経済的に把握してとらえるものである。 2 企業が展開する対市場活動のことであり、マーケティングは企業の経営者によって管理される。 3 企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

    補足(例文と訳など)

    • 1はマクロ・マーケティングの説明。 3は1990年に日本マーケティング協会から発表された日本独自んおマーケティングの定義である。

    答え

    • 2

    解説

  • 2

    マーケティング・コンセプトの発展過程において、消費者の求めていない必要以上のものを提供する近視眼的な企業の思考が現れるのは次のどの段階か。 1 「作れば売れる時代」の生産志向 2 「良い製品を作りさえすれば売れる時代」の製品志向 3 「ハードセリングによって売っていく時代」の販売志向

    補足(例文と訳など)

    • 1は供給が需要に追いつかない時代の市場。 3は顧客は二の次となるような猛烈な売り込みや販売促進が行われた時代。

    答え

    • 2

    解説

  • 3

    マーケティング環境のうち、企業を取り巻く一般社会レベルの外部環境でマーケティング活動に対して重要な影響を与える関節環境は次のうちどれか。 1 マクロ環境 2 タスク環境 3 企業内環境

    補足(例文と訳など)

    • 2は企業の利害に直接、間接に影響を与える外部環境で、取引関係、競争業者、供給業者、物流業者、広告会社、市場調査会社、金融、保険業者などのステークホルダーである。 3はマーケティング活動に影響を与える企業内のすべての要因で、トップ、マネジメントの方針や生産、財務会計、人事、購買部門である。

    答え

    • 1

    解説

  • 4

    市場細分化を行う際に、市場に関するデータの収集が比較的容易でその測定もしやすいことから、最も広く一般的に使われている基準は次のどれか。 1 地理的基準 2 心理的基準 3 人口統計的基準

    補足(例文と訳など)

    • デモグラフィック・セグメンテーションとも呼ばれる。 1は市場を国や民族、文化など地域がもつ特性で区分けする方法。 2は市場を消費者の社会階層、ライフスタイル、パーソナリティ特性などの心理的要因で区分する方法で、ファッションや貴金属などの買回品や自動車などの専門品の分野で多く用いられている。

    答え

    • 3

    解説

  • 5

    エーベルのあげる5つの標的市場設定方法のうち、選択的専門型の説明として正しいのは次のどれか。 1 限定された製品ラインを複数の市場にアプローチする戦略であり、特定の製品分野で名声を得る可能性がある。 2 特定の市場、顧客層に限定して、その中で多くのニーズに対応していく戦略で、特定の顧客の要求を満たす専門業者としての地位を確立する可能性がある。 3 製品や市場を限定せず、市場のニーズと企業のもつ経営資源が一致した市場にアトランダムに進出する戦略。

    補足(例文と訳など)

    • 1は製品専門型の説明。 2は市場専門型の説明。

    答え

    • 3

    解説

  • 6

    心理学的な技法を用いて、定性的データを収集し測定するモチベーション・リサーチに該当しないのは次のどれか。 1 消費者の購買動向などを把握するパネル調査。 2 被調査者の態度や意見を自由に述べてもらう投影技法。 3 被調査者をグループとして面談する集団面接法。

    補足(例文と訳など)

    • 1は、調査の対象者として予定されたメンバーであるパネラーに対して一定期間、同一事項を繰り返し行う調査方法のことである。

    答え

    • 1

    解説

  • 7

    消費者の購買意思決定プロセスにおける購買後の評価で、購入した商品を実際に使用してその結果と購入前の期待を比較して評価するのは次のどれか。 1 満足度 2 印象度 3 関心度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 8

    消費者行動の決定要因で、内的要因の近くに関する説明は次のどれか。 1 過去の同一または類似の心理的、行動的な経験の繰り返しにより、行動の仕方が発展すること。 2 個人の内的、外的環境にある刺激から一定の意味を付与するプロセス。 3 目標へと行動のエネルギーをかりたて方向付けるもの、行動のきっかけとなる条件。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 9

    寄与品がもつ一般的な特徴でないものは次のどれか。 1 高い商品回転率 2 高い利益率 3 高い購買頻度

    補足(例文と訳など)

    • 寄与品は、食料品や日用品などにみられるように、消費者が価格や品質の比較にあまり時間や労力を費やさずに購買するもので比較的短い時間のうちに消費されるものが多い。

    答え

    • 2

    解説

  • 10

    製品に対する消費者の近くに焦点を当て、消費者の心の中における製品、ブランド間の相対的な位置づけを明確にする製品ポジショニング分析の主な目的でないのはつぎのどれか。 1 自社製品の見直し 2 新規市場への参入 3 生産性の追求

    補足(例文と訳など)

    • 既存製品で充足されていないニーズを明確にして(自社製品の見直し)、今後の製品開発などの方向性を示すこと(新規市場への参入)を目的とするものである。

    答え

    • 3

    解説

  • 11

    流通業者に対する価格政策の1つである業者割引についての説明は次のどれか。 1 販売業者が流通段階や遂行する流通機能に対して行われる割引。 2 買い手が一度の大量購買する場合に売り手が行う一定の割引。 3 買い手が売り手の代わりに販売促進活動を行う場合に提供される割引。

    補足(例文と訳など)

    • 2は数量割引。3は販売促進割引。

    答え

    • 1

    解説

56679

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ