zuknow learn together

新しい教材を作成

【民法条文:第1編総則】期間の計算

カード 7枚 作成者: コビー (作成日: 2013/12/17)

  •  第六章 期間の計算(期間の計算の通則)138条

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

     第六章 期間の計算(期間の計算の通則)138条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 期間の計算方法は、法令若しくは裁判上の命令に特別の定めがある場合又は法律行為に別段の定めがある場合を除き、この章の規定に従う。

    解説

  • 2

    (期間の起算)139条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間によって期間を定めたときは、その期間は、即時から起算する。

    解説

  • 3

    140条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。

    解説

  • 4

    (期間の満了)141条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前条の場合には、期間は、その末日の終了をもって満了する。

    解説

  • 5

    142条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 期間の末日が日曜日、国民の祝日に関する法律 (昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日その他の休日に当たるときは、その日に取引をしない慣習がある場合に限り、期間は、その翌日に満了する。

    解説

  • 6

    (暦による期間の計算)143条1項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。

    解説

  • 7

    143条2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

    解説

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ