zuknow learn together

新しい教材を作成

【証券外務員資格試験】15-先物取引

カード 69枚 作成者: Gaimuin (作成日: 2015/01/07)

  • 先渡取引は商品の種類、取引単位、満期、決済方法等の条件を、すべて売買当事者間で任意に定めることができる相対取引であり、先物取引は諸条件ですべて標準化された取引所取引である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    先渡取引は商品の種類、取引単位、満期、決済方法等の条件を、すべて売買当事者間で任意に定めることができる相対取引であり、先物取引は諸条件ですべて標準化された取引所取引である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    先物取引では、買い方は代金の融資を受け、売り方は引き渡す有価証券の貸与を受けて売買が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    先物取引の持つ価格変動リスクの移転機能は、市場での取引を通じて、リスクを開始したいヘッジャーの間でリスクが移転されあったり、ヘッジャーからスペキュレーターにリスクが転嫁されることにより果たされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    先物市場は、ヘッジャーに対してはリスク回避の手段を、アービトラージャーに対しては投機利益獲得の機会を、スペキュレーターに対しては裁定利益獲得の機会を提供する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    先物市場において、現物と反対のポジションを設定することによって、現物の価格変動リスクを回避しようとする取引を裁定取引といい、あるものの価格関係において、一時的に乖離が生じた場合、割高のものを打って、同時に割安なものを買い、後にこの2つが適正な価格に戻ったところでそれぞれ決済を行い、利益を得る取引をスペキュレーション取引という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    限月の異なる先物の価格差が一定の水準近辺で動くことを利用した取引をベーシス取引という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    先物の価格変動をとらえて利益を獲得することのみに着目する取引を、スペキュレーション取引という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    顧客が国債先物取引を行う場合の注文方法には、指値注文及び成行き注文がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    長期国債先物取引では、国内では東京証券取引所においてのみ取引が行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    長期国債先物取引は、償還期限10年、利益率6%、取引単位が額面1億円の長期国債標準物(架空の国債)を取引対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    中期国債先物取引は、償還期間5年、利益率3%、取引単価が額面1億円の中期国債標準物(架空の国債)を取引対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    超長期国債先物取引は、償還期限30年、利益率10%、取引単位が額面1億円の超長期国債標準物(架空の国債)を取引対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    国債先物取引の限月は3月、6月、9月および12月であり、常時5限月が取引されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    国債先物取引の取引最終日は、受渡決済期日の7営業日前の日とされている(ミニ長期国債先物取引を除く)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    国債が着物取引の新限月の取引開始日は、直近限月の取引最終日の翌営業日である(ミニ長期国債先物取引は除く)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    国債先物取引の売買単位は、額面1億円である(ミニ長期国債先物取引は除く)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    中期国債先物取引、長期国債先物取引、超長期国債先物取引の呼値の単位は、いずれも額面100円につき1銭である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    長期国債先物取引の制限値幅は、通常時は基準値段から上下3円とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    ミニ長期国債先物取引の取引最終日は、同一限月の長期国債先物取引の取引最終日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    ミニ長期国債先物取引の呼値の単位は、0.5銭とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    国債先物取引に係るカレンダースプレッド取引(限月間スプレッド取引)のストラテジーの売呼値は、期近限月取引の売付けと期先限月取引の買付けに係る呼値をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    国債先物取引が一時中断される場合、国債先物取引当該限月を含むストラテジー取引も一時中断される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    標準物というのは、利益と償還期限を常に一定とする架空の債権であり、長期国債先物取引は、これを対象商品としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    長期国債先物取引における期限満了の場合の受渡決済では、適格となる銘柄を複数定めるバスケット方式によっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    長期国債先物取引は、売買最終日までに反対売買をして受渡決済することもできるし、期限満了で差金決済することもできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    ミニ長期国債先物取引における建玉が売買最終日までに反対売買により決済されなかった場合、全て現渡し・現引きによる受渡決済となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    取引所は、現渡し・現引きによる決済のため、現存する国債のうち、一定の条件を満たしたものを受渡適格銘柄として、この中から現渡し・現引きをするように定めている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    国債先物取引について受渡決済を行う場合の受渡銘柄は、買い方が受渡適格銘柄の中から選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    国債先物取引は、取引の一時中断措置(サーキット・ブレーカー制度)が採用されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    取引所の指定精算機関であるクリアリング機構において、建玉をある参加者から別の参加者に移管する制度をギブアップ制度という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    スペキュレーション取引において相場がこれまで上昇してきたから今後は下落すると見込んで売ったり、相場がこれまで下落してきたから今後は上昇すると見込んで買うような取引方法を逆張りという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    国債先物取引において、価格や出来高などの過去の相場データを様々な方法で分析し、それにより将来の相場の行方を予測する分析方法をファンダメンタル分析という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    長期国債取引を額面10億円保有している投資家が、先行き金利が上昇することを懸念して、保有する当該長期国債と同額面の長期国債先物を売り建てた。この取引方法は、一般にヘッジ取引と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    TOPIX先物取引は、東京証券取引所で取引が行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    日経平均株価先物取引は、大阪取引所で行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    日経平均株価先物取引の限月は、3月、6月、9月及び12月の5限月取引制とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    配当指数先物取引は、いずれも3月、6月、9月及び12月限月の8限月取引制とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    日経平均株価先物取引の限月は、3月、6月、9月及び12月であり、最長1年3か月とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    日経225miniは、16限月取引制とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    日経225miniの取引機関は、最長6か月とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    配当指数先物取引の取引期間は、最長8年3か月とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    ミニTOPIX先物取引の限月は、3月、6月、9月及び12月の5限月取引制とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    ミニTOPIX先物取引の限月は、3月、6月、9月及び12月であり、最長9か月とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    TOPIX先物取引及び日経平均株価先物取引の取引最終日は、各限月の第2金曜日(休業日に当たるときは順次繰り上げ)とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    TOPIX先物取引及び日経平均株価先物取引の未決済建玉の最終決済は、取引最終日から逆算して3営業日目の日に行うこととされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    TOPIX先物取引及び日経平均株価先物取引の新限月の取引開始日は、直近限月の取引最終日の翌営業日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    TOPIX先物取引の取引単位は、東証株価指数(TOPIX)の1万倍(TOPIX x 1万円)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    日経平均株価先物取引の取引単位は、日経平均株価の1万倍(日経平均株価 x 1万円)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    日経225miniの取引単位は、日経平均株価の100倍(日経平均株価 x 100円)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    ミニTOPIX先物取引の取引単位は、TOPIXの1,000倍(TOPIX x 1,000円)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    TOPIX先物取引の呼値の単位は、5ポイントである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    日経平均株価先物取引の呼値の単位は、10円である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    ミニTOPIX先物取引の呼値の単位は、1ポイントである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    日経225miniの呼値の単位は、1円である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    日経225miniは、大阪取引所で取引が行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    配当指数先物取引の新限月の取引開始日は、1月第一営業日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    配当指数先物取引の取引最終日は、各限月の翌年の12月最終営業日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    配当指数先物取引の注文方法は、指値注文又は成行き注文とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    TOPIX先物取引には、制限値幅が定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    TOPIX先物取引では、サーキット・ブレーカー制度(取引の一時中断措置)が採用されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    指数先物取引の決済の方法には、期限日までに反対売買して差金決済を行う方法のほか、期限満了時点で現物決済を行う方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    指数先物取引に係るカレンダースプレッド取引(限月間スプレッド取引(ストラテジー取引))のストラテジーの買呼値とは、期近限月取引の買付けと期先限月取引の売付けに係る呼値をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    指数先物取引に係るカレンダースプレッド取引(限月間スプレッド取引(ストラテジー取引))の取引単位は、期近限月取引の1単位の売付け(又は買付け)と期先限月取引の1単位の買付け(又は売付け)とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    顧客は、指数先物取引を行うに当たっては、取引が成立した日の翌営業日の金融商品取引業者の指定する日時までに、金融商品取引業者に証拠金を差し入れるものとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    金融商品取引業者は、指数先物取引及び国債先物取引において顧客から受け入れる証拠金については、現金以外に、有価証券により代用できるとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    指数先物取引において金融商品取引業者が顧客から受け入れることができる証拠金代用有価証券の範囲には、政府保証債が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    指数先物取引において金融商品取引業者が顧客から受け入れることができる証拠金代用有価証券の範囲には、国内の金融商品取引所に上場されている外国投資証券が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    先物取引において、注文の執行業務とポジション・証拠金の管理などの清算業務を異なった取引参加者に依頼することができる制度をギブアップ制度という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    長期国債先物を買い建てている顧客において、長期国債先物の価格が下落し、委託証拠金として差し入れている代用有価証券の価格も下落して委託証拠金の追加差入れが必要となった場合は、全額現金により差し入れなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ