zuknow learn together

新しい教材を作成

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目二択

カード 30枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/01/06)

  • 現代のマーケティングの役割は、()が経営全体をコントロールする機能をもち、マーケティングはそれらを統合する機能である。
    A 組織
    B 顧客

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目二択

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    現代のマーケティングの役割は、()が経営全体をコントロールする機能をもち、マーケティングはそれらを統合する機能である。 A 組織 B 顧客

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B

    解説

  • 2

    企業がマーケティング活動を行う場合、その企業は利潤の追求とともに企業の()にも目を向けるべきであるという視点がソーシャル・マーケティングの考え方の1つである。 A 社会的責任 B 新製品開発

    補足(例文と訳など)

    • 設題はレイザーらに代表される考え方。

    答え

    • A

    解説

  • 3

    マーケティング機能に適合した組織の編成において、取り扱う製品の種類が単一で、顧客が各地域に散在する場合に適した組織は()である。 A 製品中心型組織 B 販売地域中心型組織

    補足(例文と訳など)

    • 多くの種類の製品を販売する場合には製品中心組織。様々なタイプの顧客に販売する場合には顧客中心組織が適している。

    答え

    • B

    解説

  • 4

    市場細分化を行う際に取る基準の1つである状況基準とは、消費者をどのような()によって商品を購入するのかに焦点を当てて区分するものである。 A 使用状況 B 心理状況

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A

    解説

  • 5

    標的市場の設定とは()の基準で明確になった部分市場のうちから標的となる市場を選別し、その選別した市場にマーケティング活動を集中展開することである。 A 製品差別化 B 市場細分化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B

    解説

  • 6

    市場調査法での観察法の1つ()とは、事実を直接観察することによって必要なデータを収集する方法で会ある。 A 動機調査 B 動線調査

    補足(例文と訳など)

    • 動機調査は、消費者の購買動機などを把握するために、消費者の心理プロセスなどを詳しく分析する質的な調査である。

    答え

    • B

    解説

  • 7

    消費者の購買意思決定スタイルにおける限定的問題解決では追加的な情報の提供が必要となるが、その購買対象となる商品は()である。 A 未知のブランド商品 B 既存のブランド商品

    補足(例文と訳など)

    • 消費者はその商品に対して知識とブランド選好をもつため、購買頻度が高く廉価品の場合、反復的問題解決(日常的反応行動)を行う。

    答え

    • A

    解説

  • 8

    製品ライフサイクルにおいて、市場シェアの維持を図りブランド・ロイヤルティの構築・維持が主たるマーケティング目標となる段階は、()である。 A 成長期 B 成熟期

    補足(例文と訳など)

    • 成長期のマーケティング目標は、ブランド地位の確立である。

    答え

    • B

    解説

  • 9

    包装の種類で()とは、物品を箱、袋、タルなどの容器に入れた状態をいう。 A 外装 B 内装

    補足(例文と訳など)

    • 内装とは、物品に適切な材料や容器などを施した、包装貨物の内部包装のことである。

    答え

    • A

    解説

  • 10

    新製品開発によって自社の既存製品との間でシェアの奪い合いが生じることで、全体の売り上げや利益を損失してしまう現象のことを()という。 A トレード・オフ B カニバリゼーション

    補足(例文と訳など)

    • トレード・オフとは、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の状態・関係のこと。

    答え

    • B

    解説

  • 11

    価格戦略目標としての()は、企業イメージやブランドイメージの維持向上にも有効である。 A 売上の最大化 B 価格の安定化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B

    解説

  • 12

    垂直マーケティングシステムの中で、流通経路の全体またはかなりの部分を同一企業が単一所有しているシステムを()システムという。 A 契約型 B 企業型

    補足(例文と訳など)

    • 契約型システムは、チャネル構成メンバーがお互いに契約を交わすことによってシステムを構築するもので、その代表的な形がフランチャイズチェーンシステムである。

    答え

    • B

    解説

  • 13

    サプライチェーン・マネジメントを構築するためにチェーンを構成するメンバー間に必要なことは、()である。 A 情報ネットワークの構築 B 物流機能のアウトソーシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A

    解説

  • 14

    消費者の購買行動の心理的プロセスを5つの段階で捉えたアイドマ(AIDMA)理論において、口コミの影響力が最も強く及ぼすのは()である。 A 欲求段階 B 記憶段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A

    解説

  • 15

    自社の指定商品の文字や写真を雑誌やチラシ広告の一定スペースに優先して掲載してもらう場合に、その販売業者に援助金を提供することがあるが、これはメーカーによる()の一例である。 A ディーラー・ヘルプス B アローワンスの提供

    補足(例文と訳など)

    • ディーラー・ヘルプスは、メーカーが販売業社の経営体質を強化するために行う経営指導、店舗診断、店頭での販売援助などといった金銭を直接伴わない援助策である。

    答え

    • B

    解説

  • 16

    マーケティング理念の()は、価格に対して品質や性能が良い製品づくりを基本としており、近視眼的企業志向の考え方である。 A 生産志向 B 製品志向

    補足(例文と訳など)

    • 生産志向は、1段階目で供給が需要に追いつかない時代の市場において通用する「作れば売れる時代」の志向である。

    答え

    • B

    解説

  • 17

    企業目標としての()には、地域社会への貢献や環境活動、文化活動などがある。 A 経済的目標 B 非経済的目標

    補足(例文と訳など)

    • 経済的目標は、企業の存続や成長に必要な利潤や売上高、マーケットシェアなどである。

    答え

    • B

    解説

  • 18

    消費者の社会階層、ライフスタイル、パーソナリティ特性などの要因で市場を区分する方法は、()による市場細分化である。 A 心理的基準 B 状況基準

    補足(例文と訳など)

    • 状況基準は、消費者の反応による区分の1つで、消費者を「どのような使用状況によって商品を購入するのか」に焦点を当てて区分するものである。

    答え

    • A

    解説

  • 19

    エーベルの5つの標的市場設定方法のうち、中小企業にとっては効果・効率ともに高い戦略である一方、他の有望な市場機会を逸する可能性があり環境変化に弱いという特徴をもつのは()である。 A 単一セグメント集中型 B 市場専門型

    補足(例文と訳など)

    • 市場専門型は、特定の市場・顧客層に限り、その多くのニーズに対応していく戦略である。

    答え

    • A

    解説

  • 20

    標本(サンプル)調査において、母集団の中から統一的に一定の確率でサンプルを選ぶ方法は、()である。 A 有意標本抽出法 B 無作為標本抽出法

    補足(例文と訳など)

    • 有意標本調査は、調査者のなんらかの意図に基づいて母集団からサンプルを選ぶ方法である。

    答え

    • B

    解説

  • 21

    調査員が質問を直接あるいは郵送によりあらかじめ被調査者に渡し、期限を定めて回答を依頼し、後日調査員が訪問して回収する調査方法は、()である。 A 郵送法 B 留置法

    補足(例文と訳など)

    • 郵送法は、質問票を郵送し、回答を記入後に返送してもらう方法。広範な調査に有効だが回収率は低い。

    答え

    • B

    解説

  • 22

    マズローの欲求5段階説は、()の順で、低次欲求から高次欲求へと段階的に進んでいくという考え方である。 A 生理的欲求→安全の欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現の欲求 B 生理的欲求→安全の欲求→承認欲求→社会的欲求→自己実現の欲求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A

    解説

  • 23

    ()は、機能的にはまだ十分な能力を有する製品について、定期的・計画的にデザインやスタイルなどを変更し、これによって現行製品を心理的に流行遅れにしたり、旧型化することである。 A 計画的陳腐化 B 製品ライフサイクルの延命策

    補足(例文と訳など)

    • 製品ライフサイクルの延命策は、成熟期における製品の活性化策で、「製品の改良」、「新用途の開拓」などによって製品寿命を延ばす政策である。

    答え

    • A

    解説

  • 24

    新製品開発の基本プロセスは、()である。 A アイデアの収集→アイデアの選別・評価→新製品の設計・開発→商品化・市場導入→テスト・マーケティング B アイデアの収集→アイデアの選別・評価→新製品の設計・開発→テスト・マーケティング→商品化・市場導入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B

    解説

  • 25

    ブランドを育成することで競争上の優位を確立するために、ブランドに関する要素を総合して資産としてとらえる考え方を()という。 A ブランド・ロイヤルティ B ブランド・エクイティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B

    解説

  • 26

    価格設定方法の基本は、製品コストの限界と消費者の()の限界との間で設定される。 A 価格価値の認識 B 所得水準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A

    解説

  • 27

    卸売業は、取引・輸送・保管などにより、商品を製造業者から収集・中継し、小売業へ分散する役割として()を担っている。 A 危険負担機能 B 需要調整機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B

    解説

  • 28

    専門能力を備えた物流業者が、企業の物流管理業務を一括して代行することを()という。 A サードパーティ・ロジスティクス B アウトバウンド・ロジスティクス

    補足(例文と訳など)

    • アウトバウンド・ロジスティクスとは、企業と顧客との間の物流管理、在庫管理のことである。

    答え

    • A

    解説

  • 29

    ブランド選好があり差別化しやすい製品について、消費財メーカーが不特定多数の消費者を対象に、直接行う販売促進戦略は()である。 A プッシュ戦略 B プル戦略

    補足(例文と訳など)

    • プッシュ戦略は、製造業者が卸売業者や小売業者に対して、人的販売と販売促進を中心に商品を販売していくもので、差別化しにくい商品やユーザーが特定化する生産財や産業剤に有効である。

    答え

    • B

    解説

  • 30

    プロモーション・ミックスの4つの構成要素は、()である。 A 広告・パブリシティ・人的販売・狭義の販売促進 B 広告・プレミアム・人的販売・狭義の販売促進

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A

    解説

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ