zuknow learn together

新しい教材を作成

マーケティング・ビジネス実務検定C級 マーケティング科目○×

カード 25枚 作成者: G.O.K. (作成日: 2015/01/06)

  • マーケティングが対象とするのは、私たちが日常購入し消費する消費財や事業者などが使用する産業財であって、無形財としてのサービス財は対象としない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マーケティング・ビジネス実務検定C級

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    マーケティングが対象とするのは、私たちが日常購入し消費する消費財や事業者などが使用する産業財であって、無形財としてのサービス財は対象としない。

    補足(例文と訳など)

    • 学校での教育や病院での治療、宅配便や理美容などの無形財(サービス)も含まれる。

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    プロダクト・アウトとは、市場の求める便益を探りそのニーズを満たす製品を開発するという考え方であり、マーケット・インとは、独自能力を生かして製品を作り出し、市場でその是非を問うという考え方である。

    補足(例文と訳など)

    • 市場のニーズやウォンツをとらえ、消費者が求めるモノを作って提供しようと考えるのが「マーケット・イン」。 「プロダクト・アウト」はかつて我が国の高度成長期に見られた、生産する側の論理や都合を優先する「作ったモノを売る」という発想。

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    マーケティング業務が当初の計画通りに進んだかどうかをチェックするマーケティング業務統制のプロセスは、目標の設定→業績の測定→差異分析→改善の実施の4段階である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    コトラーの唱える標的市場の設定方法の1つである無差別型マーケティングは、最大の売り上げが期待できるが、その反面対象とする市場規模が大きくなることからマーケティング・コストが大幅に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    • 設題は差別型マーケティングの説明。 無差別型は、幅広い訴求点をもつ一部の製品に応用でき、またこの戦略をとる場合には、相対的なマーケティング・コストは、他の戦略に比べて最小になる。

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    市場調査の実施に際して一部の標本を抽出して調査する標本調査と違い、市場調査の対象となるものをすべて調査する全数調査は、調査結果がまとまるまでに多くの時間を要すること等から、一部の場合を除いてほどんど実施されていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    消費者の購買決定要因における外的要因の1つである準拠集団要因で、第一次集団とは、対面的なコミュニケーションをもつ集団である仕事仲間、隣人、遊び仲間などのことである。

    補足(例文と訳など)

    • 準拠集団とは、個人の態度や行動に影響を与える実在または架空の集団。 第二次集団は、社会組織としての学会、宗教団体、労働組合などがある。

    答え

    解説

  • 7

    製品の品揃えを決める製品ミックスにおいて、コンビニエンス・ストアの品揃えは、製品の種類やメーカーのブランドといった製品ラインは狭いが、色やサイズ、価格、味などといった製品アイテムは深い。

    補足(例文と訳など)

    • 製品ミックスとして、コンビニエンス・ストアの品揃えは、製品ラインはやや広く製品アイテムは浅い。問題文の製品ラインが狭く製品アイテムが深いのは、専門店の品揃えである。

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    毛皮や宝石、高級時計などといった高級品に関して、意図的に高価格を設定することで消費者に品質の良さを印象づけようとする価格のことを名声価格という。

    補足(例文と訳など)

    • 心理的価格設定方法には他に慣習的に認知されている慣習価格、割安感を与える端数価格などがある。

    答え

    解説

  • 9

    流通チャネル内においてチャネルの特定のメンバーが、自社のマーケティング政策を他のチャネル・メンバーに影響を及ぼすような主導権をもち、リーダーシップを発揮することをチャネル・コンフリクトという。

    補足(例文と訳など)

    • 設題はチャネル・コントロールの説明。 チャネル・コンフリクトはマーケティング活動での様々な経路で生じる企業間の衝突や対立のこと。

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    新聞広告は不特定多数の人を対象に訴求でき、記録性があり、定期購読者に対して反復訴求が可能な宣伝媒体の1つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    マーケティング活動とは、製造業者や卸売り業者、小売業者などが常に変化を続ける市場環境に、①製品・商品やサービス、②価格、③流通経路や物流、④プロモーションなどを統合して、適切に対応しながら自らの存在価値を向上していく活動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    マーケティング研究機関であるアメリカ・マーケティング協会(AMA)は、マーケティングの定義を2007年に再改訂し、交換ということばをふたたび採用し、社会全体という点を強調し、より大きなマーケティングの役割を重視した概念になった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    自社の製品やサービスの売上高の一部を寄付するキャンペーンを行うなど、企業がNPO法人などの非営利組織と連携をして関心の高い社会的問題を解決しようとする社会貢献活動が、コーズ・リレイテッド・マーケティングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    マーケティング統制における戦略的統制は、年度ごとに行われる短期的な統制であり、業績と目標の差異分析後に時期の計画目標が達成できるように、業務内容を改善し調整する。

    補足(例文と訳など)

    • 設題は、マーケティング統制における業務統制(計画統制)のこと。 戦略的統制とは、中長期的な観点から企業の全体的なマーケティング活動を、定期的、包括的、系統的に検討して改革、改善するもの。

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    市場細分化の基準における消費者の反応による区分の1つで、ベネフィット基準でいうベネフィットとは、製品によってもたらされる利益や便益、効用のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    コトラーの標的市場設定方法には、無差別型、差別型、全市場浸透型マーケティングがある。

    補足(例文と訳など)

    • 無差別型、差別型、集中型マーケティングの3つである。

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    消費財の市場は垂直的・限定的な市場であり、生産財の市場は水平的・開放的な市場である。

    補足(例文と訳など)

    • 消費財の市場は、さまざまな形の流通チャネルが選定される水平的、開放的な市場であり、生産財の市場は、小売業者を経由せず垂直的、限定的な市場である。

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    価格弾力性とは、商品の価格が変化したときに、需要がどれだけの割合で変化したかを表す比率である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    製造業者自ら販売会社や支店・営業所などを設け、強力な販売網を確立する経路政策を統合的経路政策という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    企業が景品を提供し、特定の商品の購買を促進させようとする景品付販売である消費者プレミアムにおけるオープン方式とは、取引に付随する景品付販売のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    マーケティングが対象とする組織には、企業以外の教育・医療・行政などの非営利組織は含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    顧客には、消費者のみならず、取引先や関係機関、地域住民なども含んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    マーケティングは、無形でソフトなアイデアやコンセプトなどのベネフィットを重視している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    現代におけるマーケティングの役割は、他の製造・財務・人事などの機能より重要な機能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    マーケットにおける製品の流れは、一般的には製造業者から卸売業者へ、そして小売御者へと渡り、消費者などに到着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57038

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ