zuknow learn together

新しい教材を作成

マクロ経済学用語集その18

カード 12枚 作成者: kitashin (作成日: 2013/12/17)

  • 物価水準の古典派モデル

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マクロ経済学の用語集です。後期試験のために作成しました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    物価水準の古典派モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実質貨幣量はいつも長期均衡の水準にある。

    解説

  • 2

    ディスインフレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予想に組み込まれたインフレを取り除くプロセスのこと。

    解説

  • 3

    フィッシャー効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予想インフレ率の上昇は名目利子率のみを上昇させ、予想実質利子率は変化しない。

    解説

  • 4

    名目利子率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貨幣で測った利子率。

    解説

  • 5

    物価の安定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんどの中央銀行はこれを目指し、わずかにプラスのインフレを目指す。

    解説

  • 6

    ゼロ下限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 名目利子率にある。これがある限り名目利子率はゼロを下回ることはできない。

    解説

  • 7

    インフレ税

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフレによって国民が保有する貨幣価値が減少すること。

    解説

  • 8

    計算単位コスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフレが貨幣という尺度を低下させることによる費用。

    解説

  • 9

    実質利子率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフレを調整した利子率であり、名目利子率からインフレ率を差し引いた値に等しい。

    解説

  • 10

    靴底コスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人々がインフレ税から逃れようとして取引回数を増やすために生じる費用。

    解説

  • 11

    流動性の罠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 名目利子率がゼロ加減を下回ることができないために金融政策が使えなくなる状況のこと。

    解説

  • 12

    債務デフレ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デフレによって未払い債務の実質負担が重くなることでもたらされる総需要の減少。

    解説

56611

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ