zuknow learn together

新しい教材を作成

マクロ経済学用語集その17

カード 14枚 作成者: kitashin (作成日: 2013/12/17)

  • 職探し(ジョブサーチ)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マクロ経済学の用語集です。後期試験のために作成しました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    職探し(ジョブサーチ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 就職先を探すことにい時間を費やしている労働者はこれを行っている。

    解説

  • 2

    循環的失業率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際の失業率と自然失業率のギャップのこと。

    解説

  • 3

    インフレ非加速的失業率(NAIRU)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間が経過してもインフレ率が変化しない失業率のこと。

    解説

  • 4

    摩擦的失業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が職探しを欠けるために生じる失業。

    解説

  • 5

    産出量ギャップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実質GDPの実際の水準と潜在産出量との違いを比率で表したもの。

    解説

  • 6

    長期フィリップス曲線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十分な時間が経過してインフレ予想が経験に適応するようになったあとで成り立つ失業率とインフレ率との関係を表したもの。

    解説

  • 7

    固定的賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働供給の過剰や不足に直面した跡犬氏が賃金を変更するのに時間がかかっているときに生じる。

    解説

  • 8

    短期フィリップス曲線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失業率とインフレ率の間にある短期的な負の関係のこと。

    解説

  • 9

    予想インフレ率(期待インフレ率)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇い主と労働者が予想する近い将来のインフレ率のこと。

    解説

  • 10

    効率賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者からより良いパフォーマンスを引き出すためのインセンティブとして、雇い主が均衡賃金率よりも高く設定する賃金のこと。

    解説

  • 11

    オークンの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産出量ギャップが1%上がるごとに、失業率は1%未満だけ低下する。

    解説

  • 12

    構造的失業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現行賃金率の下で、提供される職の数よりも多くの求職者が労働市場にいる結果生じる失業のこと。

    解説

  • 13

    自然失業率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常な失業率のことで、実際の失業率はその周りを変動する。

    解説

  • 14

    メニューコスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格の変更に対応するための小さな費用のこと。

    解説

56981

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ