zuknow learn together

新しい教材を作成

ポケモン アルファ・オメガ

カード 44枚 作成者: 妖怪博士 (作成日: 2015/01/05)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

http://www.pokemon.co.jp/ex/oras/pokemon/05.html

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    補足(例文と訳など)

    • 森の大木に巣を作り暮らしているポケモン。冷静沈着な性格で縄張り意識が強く、近づいてきた敵には大きなしっぽをたたきつけてこうげきをする。
    • 分類:もりトカゲポケモン タイプ:くさ 特性:しんりょく 高さ:0.5m 重さ:5.0kg

    答え

    • キモリ

    解説

  • 2

    補足(例文と訳など)

    • おなかに炎袋を持っており、抱きしめるとポカポカ暖かい。愛らしい見た目だが、1000度にもなる火の玉を口から飛ばし、敵を黒焦げにする力を持っている。
    • 分類:ひよこポケモン タイプ:ほのお 特性:もうか 高さ:0.4m 重さ:2.5kg

    答え

    • アチャモ

    解説

  • 3

    補足(例文と訳など)

    • 小さい体だが、力が自慢のポケモン。ピンチになると、体より大きな岩を粉々に砕くほどのパワーを発揮する。
    • 分類:ぬまうおポケモン タイプ:みず 特性:げきりゅう 高さ:0.4m 重さ:7.6kg

    答え

    • ミズゴロウ

    解説

  • 4

    補足(例文と訳など)

    • キモリの進化形。ぐーんと発達した太ももの筋肉が驚異的な瞬発力と跳躍力を生み出す。枝から枝へと身軽に飛び回ることから、密林に暮らす木登りの名手といわれているポケモン。
    • 分類:もりトカゲポケモン タイプ:くさ 特性:しんりょく 高さ:0.9m 重さ:21.6kg

    答え

    • ジュプトル

    解説

  • 5

    補足(例文と訳など)

    • アチャモの進化形。かくとうタイプが加わり、大きく発達した足腰を使って、1秒間に10発のキックを繰り出して戦う。スピードとパワーを兼ね備えた、闘争本能の強いポケモン。
    • 分類:わかどりポケモン タイプ:ほのお・かくとう 特性:もうか 高さ:0.9m 重さ:19.5kg

    答え

    • ワカシャモ

    解説

  • 6

    補足(例文と訳など)

    • ミズゴロウの進化形。ぬかるんだ泥沼での生活により足腰が鍛えられ、二本足で歩くようになった。じめんタイプが加わり、泥を使ったこうげきも得意。
    • 分類:ぬまうおポケモン タイプ:みず・じめん 特性:げきりゅう 高さ:0.7m 重さ:28.0kg

    答え

    • ヌマクロー

    解説

  • 7

    補足(例文と訳など)

    • ジュプトルの進化形。体に生えた葉っぱは、大木をもすっぱり切り倒すほどのするどい切れ味を持つ。すばやい身のこなしで、ジャングルの中では敵なしの強さを誇る。
    • 分類:みつりんポケモン タイプ:くさ 特性:しんりょく 高さ:1.7m 重さ:52.2kg

    答え

    • ジュカイン

    解説

  • 8

    補足(例文と訳など)

    • ワカシャモの進化形。さらに強化された脚力は、30階建てのビルをジャンプでらくらく飛び越すほど。強敵に出会うと手首から炎を噴出し、勇敢に挑みかかる。手首の炎は、相手が手ごわいほど激しく燃え上がる。
    • 分類:もうかポケモン タイプ:ほのお・かくとう 特性:もうか 高さ:1.9m 重さ:52.0kg

    答え

    • バシャーモ

    解説

  • 9

    補足(例文と訳など)

    • ヌマクローの進化形。大型船を引っ張って泳ぐほどのパワーの持ち主。たくましい両腕は岩のように固く、ひと振りするだけで巨大な岩を粉々に砕くことができる。
    • 分類:ぬまうおポケモン タイプ:みず・じめん 特性:げきりゅう 高さ:1.5m 重さ:81.9kg

    答え

    • ラグラージ

    解説

  • 10

    補足(例文と訳など)

    • 雨雲を吹き払い、光と熱で水を蒸発させ、大地を広げたといわれているポケモン。カイオーガとの死闘の末、地下マグマの中で長い眠りについたといわれている。
    • 分類:たいりくポケモン タイプ:じめん 特性:ひでり 高さ:3.5m 重さ:950.0kg

    答え

    • クラードン

    解説

  • 11

    補足(例文と訳など)

    • 空一面を覆う雨雲を作りだし、大雨を降らせて海を広げたといわれているポケモン。グラードンとの死闘の末、海底で長い眠りについたといわれている。
    • 分類:みずポケモン タイプ:かいてい 特性:あめふらし 高さ:4.5m 重さ:352.0kg

    答え

    • カイオーガ

    解説

  • 12

    補足(例文と訳など)

    • 全身にみなぎるエネルギーがマグマと化してあふれ出し、超高温で放熱しているため、身体の周囲には陽炎が揺らめいている。マグマ状の肉体が常に流動し、赤い皮膚はルビーのような質感で輝く。全身に浮き上がったマグマは、暗闇でも光を放つ。より迫力と重量感のある姿となったぞ!
    • 分類:たいりくポケモン タイプ:じめん・ほのお 特性:おわりのだいち 高さ:5.0m 重さ:999.7kg

    答え

    • ゲンシグラードン

    解説

  • 13

    補足(例文と訳など)

    • 全身にみなぎるエネルギーが海水と化して、体から湧き出している。肉体は海水に近い状態で、青い皮膚はサファイアのような質感で輝く。身体が半透明となり、体内から黄色い光を放つ。より神秘的で壮麗な姿となった!
    • 分類:みずポケモン タイプ:かいてい 特性:はじまりのうみ 高さ:4.8m 重さ:430.0kg

    答え

    • ゲンシカイオーガ

    解説

  • 14

    補足(例文と訳など)

    • 何億年もオゾン層の中で生き続けていると言われるポケモン。真夜中に飛ぶ姿は、流れ星のように見える。 伝説には、グラードンとカイオーガが戦うと、地上に降りてくると語られている。
    • 分類:てんくうポケモン タイプ:ドラゴン・ひこう 特性:エアロック 高さ:7.0m 重さ:206.5kg

    答え

    • レックウザ

    解説

  • 15

    補足(例文と訳など)

    • 高い知能を持つという、むげんポケモンのラティオス。 人間の言葉を理解することができる。腕を折りたたんで飛べば、ジェット機を追い越すスピードだ。
    • 分類:むげんポケモン タイプ:ドラゴン・エスパー 特性:ふゆう 高さ:2.0m 重さ:60.0kg

    答え

    • ラティオス

    解説

  • 16

    補足(例文と訳など)

    • 高い知能を持つという、むげんポケモンのラティアス。 人間の心を敏感に感じとることができる。光を屈折させる羽毛で全身を包み込み、姿を見えなくする能力を持つ。
    • 分類:むげんポケモン タイプ:ドラゴン・エスパー 特性:ふゆう 高さ:1.4m 重さ:40.0kg

    答え

    • ラティアス

    解説

  • 17

    補足(例文と訳など)

    • 七色のみごとな翼で世界の空を飛び続けるという、伝説のポケモン。ホウオウが飛んだあとには、虹ができると言われている。
    • 分類:にじいろポケモン タイプ:ほのう・ひこう 特性:プレッシャー 高さ:3.8m 重さ:199.0kg

    答え

    • ホウオウ

    解説

  • 18

    補足(例文と訳など)

    • 強靭な翼と能力を持ち、海の神様と伝えられる、伝説のポケモン。ルギアが羽ばたくと、40日嵐が続くと言われている。
    • 分類:せんすいポケモン タイプ:エスパー・ひこう 特性:プレッシャー 高さ:5.28m 重さ:216.0kg

    答え

    • ルギア

    解説

  • 19

    補足(例文と訳など)

    • 過去や未来へ移動することができるという、伝説のポケモン。時間の流れを自在に操る。
    • 分類:じかんポケモン タイプ:エスパー・ひこう 特性:プレッシャー 高さ:5.28m 重さ:216.0kg

    答え

    • ディアルガ

    解説

  • 20

    補足(例文と訳など)

    • 遠くの場所や異空間に移動できるという、伝説のポケモン。空間のつながりを自在に操る。
    • 分類:くうかんポケモン タイプ:みず・ドラゴン 特性:プレッシャー 高さ:4.2m 重さ:336.0kg

    答え

    • パルキア

    解説

  • 21

    補足(例文と訳など)

    • 炎で世界を燃やしつくせる、伝説のポケモン。 真実の世界を築く人を助けると言われている。
    • 分類:はくようポケモン タイプ:ドラゴン・ほのう 特性:ターボブレイズ 高さ:3.2m 重さ:330.0kg

    答え

    • レシラム

    解説

  • 22

    補足(例文と訳など)

    • 稲妻で世界を焼きつくせる、伝説のポケモン。 理想の世界をつくる人を補佐すると言われている。
    • 分類:こくいんポケモン タイプ:ドラゴン・でんき 特性:テラボルテージ 高さ:2.9m 重さ:345.0kg

    答え

    • ゼクロム

    解説

  • 23

    補足(例文と訳など)

    • 隕石に付着していた宇宙ウィルスのDNAが変異して生まれたポケモン。知能が高く、超能力を操る。
    • 分類:DNAポケモン タイプ:エスパー 特性:プレッシャー 高さ:1.7m 重さ:60.8kg

    答え

    • デオキシス

    解説

  • 24

    補足(例文と訳など)

    • ジュカインが「メガシンカ」したポケモン、メガジュカイン。強い脚力を活かして相手に急接近。自らの尾を切り、ミサイルのように相手めがけて発射することもできる。メガシンカすることで、ドラゴンタイプが追加され、有利になるタイプが増えたぞ。また、特性「ひらいしん」は、でんきタイプの技のダメージを無効化し、自分のとくこうを一段階上げることができる。
    • 分類:みつりんポケモン タイプ:くさ・ドラゴン 特性:ひらいしん 高さ:1.9m 重さ:55.2kg

    答え

    • メガジュカイン

    解説

  • 25

    補足(例文と訳など)

    • バシャーモが「メガシンカ」したポケモン、メガバシャーモ。自慢のキック力にさらに磨きがかかった。鋭い蹴りを繰り出すと、大気との摩擦で脚が燃え上がる。体内の温度が上昇すると、パワー、スピードがさらにアップする。メガシンカすることで、そのこうげきにさらに磨きがかかるぞ! 特性「かそく」で毎ターン自分のすばやさを上げていけば、メガバシャーモは、もう誰にも止められない!
    • 分類:もうかポケモン タイプ:ほのお・かくとう 特性:かそく 高さ:1.9m 重さ:52.0kg

    答え

    • メガバシャーモ

    解説

  • 26

    補足(例文と訳など)

    • ラグラージが「メガシンカ」したポケモン、メガラグラージ。上半身の筋肉が大きく発達し、よりいっそう、たくましい姿となった。水中での行動に必要な力も強化され、陸上でも水中でも、その強靭な力を発揮する。メガシンカすることで特性が「すいすい」に変化。大きな体だが、天気があめのときは、すばやさがなんと2倍に! 磨きがかかったこうげきで、相手を一気に仕留めるぞ!
    • 分類:ぬまうおポケモン タイプ:みず・じめん 特性:すいすい 高さ:1.9m 重さ:102.0kg

    答え

    • メガラグラージ

    解説

  • 27

    補足(例文と訳など)

    • ピンク色に輝く身体は世界一の美しさを誇ると言われる、幻のポケモン「ディアンシー」。幻のポケモンのメガシンカが確認されたのは、「ディアンシー」がはじめて。体表の不純物が剥がれ落ち光を浴びると、裸眼では正視できないほどまばゆく輝く。頭部のダイヤは、2000カラットを超える。その気高く美しい様相から、通称「ロイヤルピンクプリンセス」と呼ばれている。 特性「マジックミラー」は、状態異常にしたり、「のうりょく」を下げる変化技をはね返したりすることができるぞ。
    • 分類:ほうせきポケモン タイプ:いわ・フェアリー 特性:マジックミラー 高さ:1.1m 重さ:27.8kg

    答え

    • メガディアンシー

    解説

  • 28

    補足(例文と訳など)

    • ホウエン地方に登場するポケモン、ヤミラミのメガシンカした姿が公開! メガシンカのエネルギーが胸にあった赤い宝石に集中することで、巨大化して体から分離した。巨大化した宝石は強度を誇り、どんな攻撃でも傷がつかないと言われている。 メガシンカすることで、とくこうとぼうぎょは飛躍的にパワーアップするが、巨大な宝石のためか、すばやさはやや下がる。特性「マジックミラー」は、状態異常にしたり、能力を下げるような変化技をはね返すことができるぞ!
    • 分類:くらやみポケモン タイプ:あく・ゴースト 特性:マジックミラー 高さ:0.5m 重さ:161.0kg

    答え

    • メガヤミラミ

    解説

  • 29

    補足(例文と訳など)

    • メタグロス、メタング、ダンバル2匹の計4匹が、サイコパワーによって合体した。個々の脳が並列的に情報を収集し処理を行っている。とてつもない賢さ故に、戦いでは冷徹そのもの。 メガシンカすると、特性は直接こうげきの威力が上がる「かたいツメ」に変わる。すばやさが大きく上昇して、よりバランスのとれた能力に! こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼうもアップして、攻守に優れたポケモンとなる。
    • 分類:てつあしポケモン タイプ:はがね・エスパー 特性:かたいツメ 高さ:2.5m 重さ:942.9kg

    答え

    • メガメタグロス

    解説

  • 30

    補足(例文と訳など)

    • 真珠のように輝く特殊な羽毛が全身を包み込む。増えた羽毛は、身を守る能力として特化した。より美しい鳴き声でさえずることができ、人懐っこく物おじしない性格。 メガシンカすると、タイプが「ドラゴン・フェアリー」に変化! 特性は、ノーマルタイプの技がフェアリータイプになる「フェアリースキン」へ。 さらにこうげき、とくこうが大きく伸びて、ぼうぎょも上昇する。その活躍は、コンテストに留まらない!
    • 分類:ハミングポケモン タイプ:ドラゴン・フェアリー 特性:フェアリースキン 高さ:1.5m 重さ:20.6kg

    答え

    • メガチルタリス

    解説

  • 31

    補足(例文と訳など)

    • メガシンカのエネルギーが翼に集中。2枚の翼がくっつき、巨大な三日月状の1枚の翼に変化した。 高速で飛行しているとき、翼は巨大な刃と化し、行く手を遮るものすべてを切り裂く。 メガシンカによって、ぼうぎょが飛躍的に向上する。もともと高い能力も強化されて、さらに活躍が期待できるポケモンとなった。 特性は、ノーマルタイプの技がひこうタイプになる「スカイスキン」に変化して、戦いの幅が広がった。
    • 分類:ドラゴンポケモン タイプ:ドラゴン・ひこう 特性:スカイスキン 高さ:1.8m 重さ:112.6kg

    答え

    • メガボーマンダ

    解説

  • 32

    補足(例文と訳など)

    • 秘められていた野生の闘争本能が覚醒した。渾身の力を込めた耳の一撃は、分厚い鉄板をもへし曲げる。非常に好戦的な性格に変化するので、トレーナーが戸惑うことも多い。 メガシンカでこうげきが抜群に高まり、もともと高いすばやさも強化された。 特性「きもったま」で、ゴーストタイプのポケモンにもノーマルタイプの技と、かくとうタイプの技が当たるようになる。
    • 分類:うさぎポケモン タイプ:ノーマル・かくとう 特性:きもったま 高さ:1.3m 重さ:28.3kg

    答え

    • メガミミロップ

    解説

  • 33

    補足(例文と訳など)

    • 尻尾に噛みついていたシェルダーにエネルギーが集まった結果、殻の硬度は跳ね上がり、何者にも傷つけられない強固な鎧となっている。戦いになると尻尾を使って直立し、移動は尻尾をバネのようにしならせて飛び跳ねて行う。 メガシンカ後の特性「シェルアーマー」は、相手の技が急所に当たらない。能力は、もともと優れているぼうぎょが大幅上昇し、とくこうも上がるため、粘り強い持久戦でも頼れるポケモンだ。
    • 分類:やどかりポケモン タイプ:みず・エスパー 特性:シェルアーマー 高さ:2.0m 重さ:120.0kg

    答え

    • メガヤドラン

    解説

  • 34

    補足(例文と訳など)

    • 敵意をそぐ癒やしの波動を作り出し、体から放出している。 癒やしの波動は強力で、どんな者でも心穏やかになる。第二の触角に接触してしまった者は、誰でも深い眠りに落ちてしまう。 メガシンカ前の特性は「いやしのこころ」か「さいせいりょく」だが、メガシンカすると必ず「いやしのこころ」になり、フェアリータイプが追加される。ぼうぎょ・とくぼうが強化され、ダブルバトルなどで良きサポート役となるだろう。
    • 分類:ヒヤリングポケモン タイプ:ノーマル・フェアリー 特性:いやしのこころ 高さ:1.5m 重さ:32.0kg

    答え

    • メガタブンネ

    解説

  • 35

    補足(例文と訳など)

    • 背中のコブが巨大な一つの活火山に変化した。体内のマグマは常に沸き立っている。水や湿気を極度に嫌い、血の気の多い短気な性格。相手を威嚇しようと、噴火を繰り返す。 メガシンカすると、特性は「ちからずく」に変化。 力が強くなり、追加効果がある技の威力がアップするが、追加効果を出すことはできなくなるので注意が必要だ。 能力は満遍なく強化されるが、すばやさが低下する。後手になることを見越した作戦を考えておこう。
    • 分類:ぶんかポケモン タイプ:ほのお・じめん 特性:ちからづく 高さ:2.5m 重さ:320.5kg

    答え

    • メガバクーダ

    解説

  • 36

    補足(例文と訳など)

    • 口内のキバが変質して、頭部に生えるトゲは、何度でも生え替わる。黄色い模様はそれまでの戦いで刻まれた傷痕。 爆発的な推進力を持っており、瞬間時速は200キロを超える。 メガシンカ後は能力全体がアップして、もともと高かったこうげきに、より磨きがかかる。さらに、特性が「がんじょうあご」に変化して、かみついて攻撃する技の威力が上がる。特性を活かせる技を覚えさせてみよう。
    • 分類:きょうぼうポケモン タイプ:みず・あく 特性:がんじょうあご 高さ:2.5m 重さ:130.3kg

    答え

    • メガサメハダー

    解説

  • 37

    補足(例文と訳など)

    • 両腕にはプレートが現れ、頭部や背中は、兜やマントのような形になって、騎士を思わせる姿になった。 状況に応じて両腕同時にサイコパワーの刃を形成して、二刀流で戦うこともある。 メガシンカすると、特性は「せいしんりょく」に変化して、ひるまなくなる。こうげき・すばやさがさらに高まって、先行して仕掛けて行きやすいポケモンだ。
    • 分類:やいばポケモン タイプ:エスパー・かくとう 特性:せいしんりょく 高さ:1.6m 重さ:56.4kg

    答え

    • メガエルレイド

    解説

  • 38

    補足(例文と訳など)

    • レックウザがメガシンカしたポケモン、メガレックウザ。 突き出したアゴから伸びた長い髭から粒子を放っている。この粒子で気体の濃度や湿度をコントロールし、天気を操ることができる。 緑の皮膚は、エメラルドに似た質感で輝く。 伝説のポケモンであるレックウザは、その特異な生態から、他のポケモンたちとは異なる特殊な方法でメガシンカを遂げると言われている。
    • 分類:てんくうポケモン タイプ:ドラゴン・ひこう 特性:デルタストリーム 高さ:10.8m 重さ:392.0kg

    答え

    • メガレックウザ

    解説

  • 39

    補足(例文と訳など)

    • ラティオスが「メガシンカ」したポケモン、メガラティオス。メガラティアスよりも体が大きく、高速飛行に優れている。 ラティオスは、高いすばやさととくこうを兼ね備えたポケモン。メガシンカすることで、とくこうだけでなく、こうげきも大幅にアップ。バトルでは、すばやさを生かしつつ、多彩な攻撃を仕掛けることができるポケモンに!
    • 分類:むげんポケモン タイプ:ドラゴン・エスパー 特性:ふゆう 高さ:2.3m 重さ:70.0kg

    答え

    • メガラティオス

    解説

  • 40

    補足(例文と訳など)

    • ラティアスが「メガシンカ」したポケモン、メガラティアス。メガラティオスよりも体が小さい。旋回性能に優れ小回りが利く。 ラティアスは、高いすばやさと、ぼうぎょ・とくぼうを兼ね備えた、耐久力のあるポケモン。メガシンカすることで、さらに打たれ強さに磨きがかかる! ダブルバトルでは、味方をサポートする技などを使い、援護に回ることもできるぞ。
    • 分類:むげんポケモン タイプ:ドラゴン・エスパー 特性:ふゆう 高さ:1.8m 重さ:52.0kg

    答え

    • メガラティアス

    解説

  • 41

    補足(例文と訳など)

    • ピジョットが「メガシンカ」したポケモン、メガピジョット。 羽を中心に全身の筋力が大幅に強化された。羽に渡る栄養バランスが変化し、一部の羽色が変化した。 発達した強靭な羽から繰り出す突風は、巨木をへし折るほどの威力。伸びたトサカは敏感なアンテナの役割を果たし、飛行時の安定性が向上した。 メガシンカすることで、とくこうが大幅に上昇。もともと高いすばやさを生かし、一気にたたみかけることができる。特性「ノーガード」は、自分と相手の攻撃が必ず当たるというもの。命中の低い技でも、必ずダメージを与えられる。
    • 分類:とりポケモン タイプ:ノーマル・ひこう 特性:ノーガード 高さ:2.2m 重さ:50.5kg

    答え

    • メガピジョット

    解説

  • 42

    補足(例文と訳など)

    • スピアーが「メガシンカ」したポケモン、メガスピアー。 両手とお尻にあった毒針が大きく成長。両足までも毒針に変化した。四肢の毒針の毒は即効性、お尻の毒針の毒は遅効性。前者の毒で相手を逃げられなくし、後者の毒で相手を仕留める。6枚になった羽で飛び回り、高速で相手を襲撃する。 メガシンカによって、こうげきとすばやさが爆発的に上昇。「てきおうりょく」は、自分とタイプが同じ技の威力が1.5倍から2倍になる特性。高いこうげきと併せれば、大ダメージを狙える!
    • 分類:どくばちポケモン タイプ:むし・どく 特性:てきおうりょく 高さ:1.4m 重さ:40.5kg

    答え

    • メガスピアー

    解説

  • 43

    補足(例文と訳など)

    • ハガネールが「メガシンカ」したポケモン、メガハガネール。 メガシンカのエネルギーにより結晶化した体内の細胞は、どんな鉱物よりも硬く、どんな高温にも耐えうる。動作は極めて遅いものの、強度を増した体が傷つけられることはほぼないため、ひるむことなく敵に襲いかかる。 メガシンカによって、驚異的なぼうぎょの高さを手にする。先手を取られても耐え、高まったこうげきで反撃が可能だ。また、特性「すなのちから」で、天気がすなあらし状態のときに、いわ・じめん・はがねタイプの技の威力が1.3倍になる。
    • 分類:てつへびポケモン タイプ:はがね・じめん 特性:すなのちから 高さ:10.5m 重さ:740.0kg

    答え

    • メガハガネール

    解説

  • 44

    補足(例文と訳など)

    • オニゴーリが「メガシンカ」したポケモン、メガオニゴーリ。 あり余るメガシンカのエネルギーが口からあふれ出し、顎が外れて壊れてしまった。もはや口を閉じることはできないが、冷気を放出する力は大幅にアップ。敵を巨大な口に放り込み、一気に冷気を出して瞬間的に冷凍してしまう。 メガシンカすることで、こうげき・とくこうが大幅にアップ。また、すばやさも上昇した。特性は、ノーマルタイプの技がこおりタイプになる「フリーズスキン」に変化。ノーマルタイプの技を、高威力で放てるぞ。
    • 分類:がんめんポケモン タイプ:こおり 特性:フリーズスキン 高さ:2.1m 重さ:350.2kg

    答え

    • メガオニゴーリ

    解説

56609

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ